2018.2.21  22

生鑑賞では見れない細部も目が離せない!METライブビューイング『トスカ』石丸幹二イベント&鑑賞レポート



オペラ「トスカ」(c) Ken Howard/Metropolitan Opera
METライブビューイング「トスカ」(c) Ken Howard/Metropolitan Opera
 

生鑑賞では見れない細部も目が離せない!METライブビューイング『トスカ』イベント&鑑賞レポート

 
2月17日、新宿ピカデリーで行われたMETライブビューイング「トスカ」石丸幹二さんのトークイベント付きに行ってまいりました。
当日は、「朝から今日はオリンピックなのに(笑)」という軽妙なトークでスタート。登場もこの日試合があったフィギュアスケートでもおなじみのトスカの3幕の名アリア「星は光りぬ」をBGMに登場。

METことメトロポリタン歌劇場はニューヨークにある世界に名だたるオペラハウス。そこで上演されている公演をなんと石丸さんもびっくり、終演後1ヶ月ほどの短いインターバルで世界中の映画館で見ることができるのがこの「METライブビューイング」です。

METライブビューイング「トスカ」上映前イベントに登壇した石丸幹二
METライブビューイング「トスカ」上映前イベントに登壇した石丸幹二

イベントでは「ミュージカル俳優・石丸幹二」の目線から様々なトークが展開。確かに「ミュージカル」と「オペラ」は「歌って芝居して」という共通点があるのに意外と「オペラって敷居 高そう」というイメージがありますがそれを「いやいやそんなことない、ここ見所!」と観劇慣れてる人から初心者までわかりやすいお話でした。

例えば「『トスカ』の登場人物・トスカは歌手の設定だけど、実はオペラ歌手が主役という設定のオペラって『トスカ』だけ」というのも知ってる人には「言われてみれば!」だし詳しくない人には「えっ、そうなんだ!」と食いつくポイント。また、作中の悪役・スカルピオについては「これが憎々しい悪役なんだけどすごく魅力的!役者として見習おうと思いました」とご自身も役者だからこそですよね!のご意見。いやはや、見所ポイントわかりやすい!

METライブビューイング「トスカ」(c) Ken Howard/Metropolitan Opera
METライブビューイング「トスカ」(c) Ken Howard/Metropolitan Opera

そして本編については、まず、実際にオペラ歌手として活動している若手歌手、イザベル・レナードの解説からスタート。彼女がナビゲーターそしてインタビュアーとして観客をガイドします。
実際の「トスカ」は曲だけだと1時間50分ほどの比較的見やすい演目。生観劇もいいけれど、ライブビューイングのいいところは「カメラが様々な角度から撮影しているので実際の会場の客席だと席によっては見えない役者の表情・動きなどがばっちり見える」そしてセットや衣装、舞台でいわゆる「見切れ」ていたところまでバッチリ。

そしてレナードによるインタビューで展開される特典映像のところが超貴重映像!
今さっきまで舞台で歌っていた(ここもすごい!)トスカ役のヨンチェヴァ、スカルピオ役のルチッチ、カヴァラドッシ役のグリゴーロへのインタビューはいわば歌手同士だからこそできるインタビュー。
加えて、幕が下りた後のセット転換の大道具さんたちが動いている様子、そのセットを作るまでに至る美術デザインのスケッチや模型についてのストーリーは、意外と舞台関係者でも見たことがない光景なのでは?というもの。
まさに「裏側」ではこのようなことが行われているのですが、これもまたある意味では「表側」の光景。

METライブビューイング「トスカ」(c) Ken Howard/Metropolitan Opera
METライブビューイング「トスカ」(c) Ken Howard/Metropolitan Opera

そしてストーリーについてはインタビューの途中にもあった悪役の悪役らしい魅力や、それぞれの役の技術的なところもさすが世界最高峰のオペラハウスなだけあってクオリティはお墨付き。
そして、「愛のために死ねるか」というのは実際難しいけれど、「愛のために死ねるかも。ただし。オペラの中なら」という感情移入しちゃうよね、というトークで終わった後に見ただけに、「うん、観客でも愛のために死ねちゃうかも、ただし、フィクションに限る!」と悲劇だけどそれ以上のものを作品で見れます。
内容もたっぷり、オペラ見たことない人から玄人まで、全ての人が色々な楽しみ方ができる、そんなライブビューイングです。

 
「トスカ」の上映は、2月23日(金)まで。
東銀座の東劇さんでは、3月2日(金)まで上映されるそうです!

 
(文・藤田侑加)
 
このレビューを書いたのは

藤田侑加
ふじた ゆか|兵庫県神戸市出身。武蔵野美術大学で舞台美術を専攻後、卒業後演劇の制作として活動を開始。現在はフリーで演劇の企画・広報・制作から海外の演劇祭などにも参画中。https://twitter.com/Yukarienne

 

 

 

公演情報

METライブビューイング『トスカ』

プッチーニ《トスカ》
上映期間:2018年2月17日(土)~2月23日(金)
※東劇のみ3月2日(金)までの2週上映

公式サイト
METライブビューイング『トスカ』

プレイガイドで検索
ぴあicon ローチケicon

 シェアする

 ツイート

 シェアする


最近の記事

『コムサ de MANZAI!』
室龍太が気持ちいい程ツッコミまくる!『コムサdeMANZAI!』観劇レビュー
41
公演中 09月15日(木) 〜 10月08日(土)
昭和精吾事務所が寺山修司戯曲原作の歌と語りの音楽アルバム『仮面劇・犬神』を全国発売
昭和精吾事務所が寺山修司戯曲原作の歌と語りの音楽アルバム『仮面劇・犬神』を全国発売/9月23日に発売記念ライブ『天蓋境』を開催/11月に演劇公演
22
公演日程 11月11日(金) 〜 11月13日(日)
舞台『わたしがピアスをあけたLala...』
NGT48三村妃乃主演「親子」×「ラップ」×「コメディー」!? NBOpresent『わたしがピアスをあけたLala…』11月30日から東京・福島で上演
107
公演日程 11月30日(水) 〜 12月18日(日)
『歌妖曲〜中川大志之丞変化〜』製作発表 撮影:田中亜紀
【動画9分】中川大志、松井玲奈らが出演する音楽劇『歌妖曲〜中川大志之丞変化〜』製作発表レポート
50
公演日程 11月06日(日) 〜 12月25日(日)
『8人の女たち』
8人の真実が生む一つの結末とは『8人の女たち』観劇レビュー
64
公演終了 08月27日(土) 〜 09月12日(月)
SHINKANSEN☆RX『薔薇とサムライ2 -海賊女王の帰還-』古田新太・天海祐希 撮影:田中亜紀
【動画3分】古田新太の石川五右衛門&天海祐希の海賊女王アンヌのコンビがついに復活! 新感線☆RX『薔薇とサムライ2−海賊女王の帰還−』富山公演が開幕/前作のゲキ×シネ上映も
117
公演中 09月09日(金) 〜 12月06日(火)
妄烈キネマレコード2作品同時公演『真昼間の君にさようなら/真夜中のユートピア』
【名古屋】「昼」と「夜」、同じ場所で巻き起こる2つの物語 妄烈キネマレコード2作品同時公演『真昼間の君にさようなら/真夜中のユートピア』9月22日(木)からG/PITにて上演
16
公演中 09月22日(木) 〜 09月25日(日)
鈴木裕美
【9/28締切】演出家 鈴木裕美による俳優のためのワークショップ参加者募集
5
「WORLD ~Run for the Sun~」
校條拳太朗、杉江大志、佐々木優佳里らが出演の舞台『WORLD ~Run for the Sun~』スペース・ゼロで開幕/9月11日(日)まで
6
公演終了 09月03日(土) 〜 09月11日(日)
劇団☆新感線「薔薇とサムライ」舞台写真 古田新太、天海祐希
劇団☆新感線『薔薇とサムライ2-女王の帰還-』の上演を記念して ゲキ×シネ『薔薇とサムライ』などが各地で上映!/9月12日(月)の富山上映から開始
19
公演終了 09月12日(月) 〜 (木)
100点un・チョイス!『誰かが彼女を知っている』
多田​直人、花奈澪、松村優、近江谷太朗らが出演 100点un・チョイス!『誰かが彼女を知っている』中野 ザ・ポケットで開幕/上演は9月4日(日)まで
27
公演終了 08月31日(水) 〜 09月04日(日)
舞台『蜘蛛巣城』
早乙女太一、倉科カナが
《戦乱の世に翻弄される若き夫婦役》で出演 赤堀雅秋 演出舞台『蜘蛛巣城』2023年2月25日からKAAT神奈川芸術劇場ほかで上演
59
公演日程 02月25日(土) 〜 03月12日(日)
『レオポルトシュタット』に出演の音月桂
浜中文一、音月桂らが出演の舞台『レオポルトシュタット』10月14日から新国立劇場中劇場で上演/音月桂のインタビューが到着
43
公演日程 10月14日(金) 〜 10月31日(月)
ミュージカル『ダディ・ロング・レッグズ』
“幸せの秘密は目の前にある” ミュージカル『ダディ・ロング・レッグズ』観劇レビュー
88
公演終了 08月14日(日) 〜 08月31日(水)
ミュージカル『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』撮影:伊藤智美
岩本照が軽やかに欺く!ミュージカル『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』観劇レビュー
296
公演終了 08月11日(木) 〜 09月15日(木)
音楽劇『スラムドッグ$ミリオネア』写真提供/東宝演劇部
人生を切り開くエネルギー溢れる 音楽劇『スラムドッグ$ミリオネア』観劇レビュー
58
公演終了 08月06日(土) 〜 09月11日(日)
『建築家とアッシリア皇帝』宣伝美術:秋澤一彰 宣伝写真:山崎伸康
岡本健一と成河による二人芝居『建築家とアッシリア皇帝』11月21日からシアタートラムで上演
3
公演日程 11月21日(月) 〜 12月11日(日)
寺で出来る演劇『クォンタム・アリアの碧い首』
東京・大阪の「寺」で演劇公演!「クォンタム・アリアの碧い首」作演出に架空畳の小野寺邦彦/8月26日開幕
9
公演終了 08月26日(金) 〜 08月28日(日)
ミュージカル『ダディ・ロング・レッグズ』写真提供:東宝演劇部
【動画3分】井上芳雄・上白石萌音によるミュージカル『ダディ・ロング・レッグズ』シアター1010で開幕/8月24日からはシアタークリエで上演
90
公演終了 08月14日(日) 〜 08月31日(水)
©音楽劇『刻』製作委員会/撮影:岩田えり
【動画2分】伊藤裕一、大沢健、大山真志、東山光明らの出演で《極限の愛》を描く 音楽劇『刻』浅草九劇で上演中/9月11日(日)まで
38
公演終了 08月04日(木) 〜 09月11日(日)
TEAM909 第7回公演『役役役役』
百花繚乱 人間模様の墓参りサスペンス! TEAM909 第7回公演『役役役役』8月20日、21日にひつじ座にて上演
8
公演終了 08月20日(土) 〜 08月21日(日)
浦井健治
ミュージカル『アルジャーノンに花束を』浦井健治の主演で2023年GWに上演
37
音楽劇『スラムドッグ$ミリオネア』写真提供/東宝演劇部
屋良朝幸、川平慈英出演の音楽劇『スラムドッグ$ミリオネア』8月6日(土)夜公演からシアタークリエで上演開始
35
公演終了 08月06日(土) 〜 09月11日(日)
撮影:宮川舞子 ©ニッポン放送
音が人をつなぐヒューマンストーリー 室龍太主演『ONAIR~この音をキミに~』観劇レビュー
95
公演終了 07月28日(木) 〜 08月14日(日)
『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』
佐々木蔵之介×プルカレーテのタッグが復活『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』11月23日から東京芸術劇場プレイハウスで上演
5
公演日程 11月23日(水) 〜 12月11日(日)
パルコ・プロデュース 2022『スルメが丘は花の匂い』 撮影:岡千里
シュールさとファンタジーの中にリアルのエッセンス『スルメが丘は花の匂い』観劇レビュー
22
公演終了 07月22日(金) 〜 08月26日(金)
令和座第3回公演『宗教研究クラブ』
宗教研究をテーマに展開する静かで奇妙な一幕劇 令和座『宗教研究クラブ』がAPOCシアターで開幕/上演は7月31日(日)まで
19
公演終了 07月27日(水) 〜 07月31日(日)
たやのりょう一座『虚構の森でハローハロー』
一人の女の子が虚構に巻き込まれながら成長していく物語 たやのりょう一座『虚構の森でハローハロー』8月24日から六本木トリコロールシアターで上演
19
公演終了 08月24日(水) 〜 08月28日(日)
劇団☆新感線『狐晴明九尾狩』Blu-ray
中村倫也、吉岡里帆、向井理らが出演した劇団☆新感線『狐晴明九尾狩』Blu-ray 8月8日(月)から予約開始/発売は10月27日(木)
156
公演日程 10月27日(木) 〜 (木)
KERA・MAP#010 『しびれ雲』
ケラリーノ・サンドロヴィッチが架空の島“梟島”を舞台に新たな物語を描く KERA・MAP#010 『しびれ雲』11月6日から本多劇場ほか兵庫・北九州・新潟で上演
15
公演日程 11月06日(日) 〜 12月25日(日)

 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2022 Village Inc.