2019.8.23  34

佐藤アツヒロ、内博貴らが出演のお仕事コメディ『ブラックorホワイト?あなたの上司、訴えます!』観劇レビュー


 ≫広告掲載のご案内


写真前列左より、羽場裕一、内博貴、佐藤アツヒロ、真琴つばさ 後列左より、斉藤優里、福田転球、八十田勇一、愛原実花
写真前列左より、羽場裕一、内博貴、佐藤アツヒロ、真琴つばさ
後列左より、斉藤優里、福田転球、八十田勇一、愛原実花

 

『ブラックorホワイト?あなたの上司、訴えます!』観劇レビュー

 
ハラスメント問題は近年の “ムーブメント”ですか?って思えるぐらいにアチコチの会社で浮上してますよね。でも、意外と舞台やテレビなどで題材にして表現されることは少ない。題材として扱いにくのかもしれないし、楽しい気分になれないイメージが強いのかも…

でもご安心を!本作では個性的な登場人物が、これまた独創的なキャストによって楽しませてくれます。

お話も、佐藤アツヒロさん扮するエリート倫太郎が、身分を隠して営業所に侵入するというスパイ映画のようなワクワク展開で、面白おかしく【パワハラ】の真相を突き止めていきます!

 

あらすじ

とあるリフォーム会社の本社に、地方営業所でのパワハラを告発するメールが届く。罪を問われたのは、一尺八寸倫太郎(佐藤アツヒロ)にとって、若き日の憧れの先輩・久保田所長(羽場裕一)。「先輩がパワハラなんてするはずがない!」いまや本社でエリート街道を進む倫太郎だが、恩を返すため、名前を伏せてアルバイトとして問題の営業所に潜入する。

倫太郎は本社との連絡役を部下の中本(内博貴)に任せ、ダメアルバイトを演じて営業所のパワハラ気質を見極めようとする。しかし、憧れの久保田は人が変わったように仕事への情熱を失っており、ミスにも怒らずパワハラの気配すらない。さらに、ベテラン社員・春山(八十田勇一)、小松(愛原実花)、蕪木(斉藤優里)たち営業所の面々は、外面と本心を使い分けて正体を掴ませない。はたして久保田は黒なのか白なのか。

フリーランスゆえに自由に発言するインテリアデザイナーの大徳寺(真琴つばさ)の言葉だけがヒントになるが……。

ある日―――。クレーム続きの客・立浪(福田転球)がトラブルをおこす。その対応に久保田の昔と変わらぬ真心を感じた倫太郎は、さらなる大芝居を打つことを決心する。

はたして倫太郎は恩人を救えるのか? 大芝居の結末は…?!

 
早速ですが…スパイ映画や推理小説のように謎解きをする作品じゃないです!(笑) なんなら倫太郎はスター性&カッコ良さがありすぎてスパイ感ないです(爆) ただ昔のアニメで帽子を被ってメガネをかけたら変装した、という暗黙のルールがあったように、今回もそれを理解して観た方が笑えていいですよ!

本作の見どころは、やはり登場人物たち。めちゃくちゃ変な人というより、少しズレていたりマイペースな感じの人物ばかり。

営業所の人達は意志を隠して過ごしていて、お客様は“お客様態度”だし、なんならエリートの身分を隠してアルバイトとして恩師の所長に会ってもバレないと思っている倫太郎もやっぱり変かと(笑)
演じている演者の出身も、アイドル、宝塚歌劇団、小劇場とバラバラだから、空気感や存在が違ってより良かった!個人的には福田転球さんがやっぱりツボでした(←関西の頃から観ていたので)。前半は登場人物の伏線を敷いているので後半に楽しみを取って置いてください。物語は、一幕終わりに倫太郎が久保田所長に問い詰め、この緊迫感で一気に引き込まれるのは自分だけではないはず!

自分も近年、ハラスメント問題防止の映像作品をたくさん製作してきました。ただその内容は【なにがパワハラ】で【パワハラをしないための防止】というもの。
本作ではそういったことを取り扱っているわけではなく、もっと大事な人と人との心のつながりを表現してます!

人は生きながらいろんな事情を抱えるじゃないですか?それを表に出す人もいれば隠す人もいるし、理解しようとする人も破壊しようとする人もいて千差万別。学校は社会の縮図だなと本作を見て思ったのは、“変に見えている人”たちのことをみんな(観客も含めて)が理解し始め、解決する様がホームルームのような時間に見えたからかな(笑)

そして特に心に響いたのは、倫太郎がゆとり世代の中本に対して「世代なんかで区切ってどうする! 一緒に同じ時代を生きてるんじゃないか!」と激励する言葉。どこかで自分も偏見を持っていたんだなと気付かされた。最後は全員愛おしく見えた、ハッピー素敵な作品です!

 
東京公演は新橋演舞場で25日(日)まで。
その後、愛知、北海道、石川、富山、大阪で上演されます!

詳細は公式サイトで。

 
(文:かみざともりひと)

このレビューを書いたのは

かみざともりひと
演出家。映画監督。エンタメ劇団・骸骨ストリッパー主宰。劇団☆新感線『轟天』シリーズが大好物!
劇団骸骨ストリッパー 11/29(金)~12/3(火)カラベラDX 武蔵野芸能劇場。
2020年春本公演予定!
Twitter ⇒ @gai_suto

 


 
[PR]あなたの公演も『観劇レビュー』を掲載しませんか?
ご依頼はこちらへ!

 

 

公演情報

舞台『ブラックorホワイト?あなたの上司、訴えます!』

【作・演出】藤井清美

【出演】佐藤アツヒロ、内博貴、真琴つばさ、八十田勇一、斉藤優里、愛原実花、福田転球、羽場裕一 / 小林美江、佐藤銀平、上野健

2019年8月21日(水)~8月25日(日)/東京・新橋演舞場
2019年8月31日(土)・9月1日(日)/愛知・御園座
2019年9月5日(木)・6日(金)/北海道・道新ホール
2019年9月13日(金)/石川・北國新聞赤羽ホール
2019年9月14日(土)/富山・南砺市井波総合文化センター メモリアホール
2019年9月16日(月・祝)/大阪・森ノ宮ピロティホール

 
公式サイト
舞台『ブラックorホワイト?あなたの上司、訴えます!』

プレイガイドで検索
ぴあicon ローチケicon イープラス

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2019 Village Inc.