2019.8.5  66

解明される事件の真実と、岡田将生が魅せる多彩な顔にゾクッとする 舞台「ブラッケン・ムーア~荒地の亡霊~」観劇レビュー



舞台「ブラッケン・ムーア」 写真提供:東宝演劇部
舞台「ブラッケン・ムーア」 岡田将生、木村多江 写真提供:東宝演劇部
 

解明される事件の真実と、岡田将生が魅せる多彩な顔にゾクッとする 舞台「ブラッケン・ムーア~荒地の亡霊~」観劇レビュー

 
本作は、イギリスで最大の演劇賞とされる、ローレンス・オリヴィエ賞を受賞した、劇作家アレクシ・ケイ・キャンベルが描くサスペンスドラマの日本初演版。
演出は、第22回読売演劇大賞最優秀演出家賞や第69回文化庁芸術祭賞大賞など、多くの賞を受賞し注目を浴びる文学座出身の演出家・上村聡史が手掛けます。
そしてキャスト陣には、TV、映画、舞台など多方面で活躍する実力派が集結し、ウェルメイドな(二転三転する物語の最後に大どんでん返しが待ち受ける)戯曲の世界観を、重厚且つ繊細に彩ります!

ちなみに、タイトルの解説ですが、英語でBracken(ブラッケン)は植物のワラビ、Moor(ムーア)は原野や荒地を意味します。劇中では何十年も前に閉鎖され、今はワラビに覆い尽くされている炭鉱を「ブラッケン・ムーア(ワラビの野)」と呼んでおり、これは、近代以降、物理的・合理的という名のもとに人間が封鎖してきた精神性、神秘性を同時に表しているそうです。

 
舞台「ブラッケン・ムーア」 写真提供:東宝演劇部
舞台「ブラッケン・ムーア」岡田将生、木村多江、峯村リエ 写真提供:東宝演劇部
 

物語の舞台は、1930年代のイギリス。裕福な炭鉱主のハロルド・プリチャード(益岡徹)とその妻、エリザベス(木村多江)の元に、ジェフリー・エイブリー(相島一之)と妻のヴァネッサ(峯村リエ)、そして息子のテレンス(岡田将生)が訪ねて来ます。
この両家、かつては家族同士で仲良くしていたのですが、10年前にプリチャード夫妻の一人息子だったエドガー(大西統眞、宏田力のWキャスト)が、ブラッケン・ムーアという荒野の廃坑に落ちて亡くなった事故をきっかけに疎遠になっていました。

エドガーの父、ハロルドは、堅物で少し取っ付きにくそうな、The・一家の大黒柱!という威厳のある強いオーラを纏った人。しかし物語が進むにつれて、真の感情、息子への愛が垣間見えます。鋭く周りを観察するように動く益岡さんの目が、時折呼ばれる『お父さん!』という声に反応した時、とても悲しげな目に見えて、厳しくも、良いお父さんだったのだろうな…と、描かれることの無い、過去の父と息子の姿を想像して胸が熱くなりました。

 
舞台「ブラッケン・ムーア」 写真提供:東宝演劇部
舞台「ブラッケン・ムーア」益岡徹 写真提供:東宝演劇部
 

対して、エドガーの母、エリザベスは愛する息子を失った現実を受け入れられず、未だふさぎ込んだまま。目は開いていても、前は見えていない。手荒に扱えばすぐにでも壊れてしまいそうな儚さ。息子の死から立ち直らせようと周囲が力を尽くしても、『前を向くなんて無理』と、か細い声で返すだけ。木村さんの繊細な芝居が、静かに、でもドスンと重く、観客の心に強烈な息子への愛を訴えかけて来ます。

エドガーの親友だった青年、テレンスは、難しい長台詞を話しながら、座ったと思えば立ち上がり、あまり落ち着きの無い印象。(「岡田将生さんはどの椅子に座っても映えるなぁ」という楽しみ方は出来ました・・・笑) そんな、大人の男性へと成長を遂げたテレンスの姿を久しぶりに見て、エリザベスが亡き息子への思いを溢れんばかりに話し始めます。

 
舞台「ブラッケン・ムーア」 写真提供:東宝演劇部
舞台「ブラッケン・ムーア」木村多江  写真提供:東宝演劇部

 
しかしその日から毎晩、うなされたテレンスの恐ろしい叫び声が、屋敷中に響き渡るようになってしまいます。なんと、亡くなった当時12歳だったエドガーの霊が、何かを訴えるためにテレンスに憑依していたのです。
この、“22歳の青年=テレンス”から、“12歳の少年=エドガー”になった時の、岡田さんの豹変ぶりが凄まじい!初日前会見で木村さんも話されていたのですが、まるで捨てられた子犬の様に潤った瞳と、優しく甘える声。膝から崩れ落ちるように座り込む姿は、心なしか本当の子供のように小さく見えました。
 
外身はテレンス、中身はエドガー。目の前で起こっている信じがたい出来事に、両家の人々は混乱。特に、二人の母親達。エリザベスは、正気か狂気かわからない程に真剣な眼差しで、エドガーの母として寄り添い、話を聞き、愛を伝えますが、ヴァネッサからしてみたら、例え憑依されていても身体は自分の息子。テレンスとエリザベスの異様な空気感を悟って、必死で息子を守ろうとします。
この様子を客席から観ていて、とても複雑な恐怖感を味わうと共に、“母親”という生き物の強さと弱さを見ました。

 
舞台「ブラッケン・ムーア」 写真提供:東宝演劇部
舞台「ブラッケン・ムーア」岡田将生 写真提供:東宝演劇部

 
エドガーの霊に取り憑かれたテレンスは、プリチャード家のかかりつけ医であるギボンズ(立川三貴)でさえも手には負えず、やがて、家政婦のアイリーン(前田亜季)をも巻き込みながら、10年前、ブラッケン・ムーアで起きた知られざる事件の真相を明らかにして行くのですが、それは全て2幕のお話。
その全貌はぜひ、皆様ご自身で目撃していただきたいと思います。

全編を通して、セットは同じ屋敷のリビングですが、風や音、照明の使い方で、時に広くて暖かみのある部屋に、時に何かが出そうな不気味な空間に印象を変え、観ている間の体感が忙しい作品。加えて、けして明るい話ではありませんが、親子の愛・夫婦の愛など、総じて凄く“愛”に溢れた感動作だと思いました。

舞台「ブラッケン・ムーア」 写真提供:東宝演劇部
舞台「ブラッケン・ムーア」木村多江、益岡徹 写真提供:東宝演劇部

 
最後に、主演の岡田将生さんについて。
個人的なお話ですが、私は岡田さんを舞台で拝見するまで、「色が白くてスタイルが良く、親しみやすそうで可愛い方」というイメージでした。舞台に立つ岡田さんは、確かにそのイメージを裏切らない華やかさはありながら、映像で見ているよりも色んな顔を持っている方。本作に関しては、悩む姿さえも美しい。ずっと、苦悩しておいて欲しいくらいに・・・(笑)
そして、危うく吸い込まれてしまいそうな程の迫力がある。一度は、生で観て欲しい俳優さんのお一人だなと、本作で再確認させられました!

 

8月2日(金)から北千住・シアター1010で行われたプレビュー公演は既に終了。続いて、8月6日(火)から長野、愛知、静岡、東京、大阪で上演されます。
詳細は公式サイトで。

 
(文:越前葵)

このレビューを書いたのは

越前葵
えちぜん あおい|舞台・演劇は酸素。生きるために必要な要素のひとつ。趣味は、観劇・お城巡り・御朱印集め。劇団☆新感線の「髑髏城の七人」に影響されて、絶賛殺陣を習い中。

 


 
[PR]あなたの公演も『観劇レビュー』を掲載しませんか?
ご依頼はこちらへ!

 

 

公演情報

舞台「ブラッケン・ムーア~荒地の亡霊~」

【作】アレクシ・ケイ・キャンベル
【翻訳】広田敦郎
【演出】上村聡史

【出演】岡田将生、木村多江、峯村リエ、相島一之、立川三貴、前田亜季、益岡徹、大西統眞(Wキャスト)、宏田力(Wキャスト)

2019年8月2日(金)~8月4日(日)/東京・シアター1010 ※プレビュー公演
2019年8月6日(火)/長野・ホクト文化ホール
2019年8月8日(木)・9日(金)/愛知・日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
2019年8月11日(日・祝)/静岡・静岡市清水文化会館(マリナート)
2019年8月14日(水)~27日(火)/東京・シアタークリエ
2019年8月30日(金)~9月1日(日)/大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

公式サイト
舞台「ブラッケン・ムーア~荒地の亡霊~」

プレイガイドで検索
ぴあicon ローチケicon イープラス

最近の記事

演劇集団ワンダーランド『沖縄の火種 -1947年のナツ子-』 撮影:田中亜紀
演劇集団ワンダーランド『沖縄の火種 -1947年のナツ子-』紀伊國屋ホールで開幕/上演は7月3日(日)まで
16
公演中 07月01日(金) 〜 07月18日(月)
木下晴香、中村倫也、福士誠治
中村倫也の主演ミュージカルに木下晴香、福士誠治の出演が決定 『ルードヴィヒ ~Beethoven The Piano~』に10月から東京・大阪・金沢・仙台で上演
74
公演日程 10月29日(土) 〜 11月30日(水)
ゲキ×シネ『狐晴明九尾狩』舞台挨拶 左から吉岡里帆、中村倫也、向井理 撮影:田中亜紀
【動画5分】舞台挨拶に中村倫也、吉岡里帆、向井理が登壇! ゲキ×シネ『狐晴明九尾狩』が6月24日から全国公開
374
公演終了 06月24日(金) 〜 (木)
Enziru LifeTheater「しあわせの三角おにぎり」
長野県・地域市民と俳優で作り上げる舞台 Enziru LifeTheater 陽のあたる教室『しあわせの三角おにぎり』7月2日・3日に飯田市・かざこしホールで上演
36
本日初日 07月02日(土) 〜 07月03日(日)
井上芳雄 ほか
人生は賭けの連続。運命の女神が見せる、夢の先は。ミュージカル『ガイズ&ドールズ』観劇レビュー
155
公演中 06月09日(木) 〜 07月29日(金)
ミュージカル『ガイズ&ドールズ』
【動画3分】井上芳雄ら和気あいあい、初日迎えた高揚感『ガイズ&ドールズ』が開幕/帝国劇場で7月9日まで
187
公演中 06月09日(木) 〜 07月29日(金)
舞台『パンドラの鐘』撮影:引地信彦
成田凌&葵わかなW主演、古代から現代へ時空を超えた舞台『パンドラの鐘』シアターコクーンで上演中
23
公演中 06月06日(月) 〜 07月05日(火)
舞台『ようこそ、ミナト先生』 撮影:田中亜紀
相葉雅紀12年ぶりの舞台『ようこそ、ミナト先生』/町民の機微に触れ動き出す人間関係
284
公演中 06月04日(土) 〜 07月03日(日)
これは美しく残酷な物語。植物を前に露呈する人間のリアル『バイオーム』観劇レビュー
74
公演終了 06月08日(水) 〜 06月12日(日)
ミュージカル『The Fantasticks』出演者
岡宮来夢、豊原江理佳、今拓哉らが出演 ミュージカル『The Fantasticks』10月23日から日比谷シアタークリエで上演
10
公演日程 10月23日(日) 〜 11月14日(月)
ゲキ×シネ『狐晴明九尾狩』
中村倫也、吉岡里帆、向井理が登壇予定 ゲキ×シネ『狐晴明九尾狩』舞台挨拶が6月24日(金)に新宿バルト9で開催/全国の映画館にも生中継
39
公演終了 06月24日(金) 〜 (木)
AyK本公演vol.3『メフィストの瞳』
妃咲歩美・来栖梨紗のユニットAyK本公演vol.3 『メフィストの瞳』6月10日〜12日に遊空間がざびぃで上演/写真撮影可能な公演あり
21
公演終了 06月10日(金) 〜 06月12日(日)
ミュージカル『るろうに剣心 京都編』 撮影:引地信彦
小池徹平らが縦横無尽に走り、歌い、戦う! ミュージカル『るろうに剣心 京都編』観劇レビュー
79
公演終了 05月17日(火) 〜 06月24日(金)
LOVE in SMOKE
スラステ初のなんちゃってミュージカル!THE ROB CARTON 村角太洋が作・演出『Love in Smoke』7月1日~3日にABCホールで上演
11
公演中 07月01日(金) 〜 07月03日(日)
新感線☆RX『薔薇とサムライ2−海賊女王の帰還−』
古田新太と天海祐希の圧巻のビジュアルが公開 新感線☆RX『薔薇とサムライ2−海賊女王の帰還−』9月9日から富山・新潟・大阪・東京で上演/6月10日からVAC先行開始
32
公演日程 09月09日(金) 〜 12月06日(火)
RENT (C)Tomoko-Hidaki
感謝しよう今日という日があることを。 胸を熱くさせる名曲揃い!ミュージカル「RENT」観劇レポート
12
公演終了 05月18日(水) 〜 05月29日(日)
歌妖曲〜中川大志之丞変化
中川大志が初舞台に挑戦! 倉持裕が作・演出する昭和歌謡版リチャード三世 『歌妖曲〜中川大志之丞変化〜』11月6日から東京・福岡・大阪で上演
22
公演日程 11月06日(日) 〜 12月25日(日)
三ツ星キッチンに早見優が出演 涙と笑いで包まれた「愛」の物語  Original J-Musical『mother』7月13日から中野 ザ・ポケットで上演
10
公演日程 07月13日(水) 〜 07月17日(土)
劇団☆新感線『ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックⅢ』
新感線作品がサイレントシアターに! 『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ』Blu-ray特別上映 シアターギルド代官山にて6/9〜11に開催
8
公演終了 06月09日(木) 〜 06月11日(土)
Art-Loving『かもめ』映像版
Art-Loving映像版「かもめ」一般販売開始/視聴可能期間は5月31日まで
12
鮭スペアレ版『マクベス』
ミラノ公演を成功させた鮭スペアレが5月22日に東京・銕仙会能楽研修所にてマクベスを上演!
32
公演終了 05月22日(日) 〜 05月22日(日)
ミュージカル『るろうに剣心 京都編』
【動画3分】小池徹平、黒羽麻璃央らが美しく歌い、激しく闘う! ミュージカル『るろうに剣心 京都編』がIHIステージアラウンド東京で開幕/上演は6月24日まで
105
公演終了 05月17日(火) 〜 06月24日(金)
NODA・MAP『Q』
松たか子、上川隆也、広瀬すず、志尊淳などオリジナルメンバーの出演でNODA・MAP『Q』が再演/7月29日から東京・大阪で上演
4
公演日程 07月29日(金) 〜 10月16日(日)
舞台『みんな我が子』撮影:細野晋司
アーサー・ミラーの代表作のひとつに堤真一、森田剛、西野七瀬らが挑む 舞台『みんな我が子』シアターコクーンで開幕
48
公演終了 05月10日(火) 〜 06月08日(水)
くちびるに硫酸#4『骨を捨てる』
母の散骨のために海を渡る姉妹を描く くちびるに硫酸#4『骨を捨てる』5月5日(木)にシアター・バビロンの流れのほとりにて で開幕
11
公演終了 05月05日(木) 〜 05月08日(日)
キノG-7、第4弾「モナ美」
竹内銃一郎 最後の演劇企画キノG-7、第4弾『モナ美』5月18日から22日までTHEATRE E9 KYOTOにて上演
6
公演終了 05月18日(水) 〜 05月22日(日)
中村倫也主演 ゲキ×シネ『狐晴明九尾狩』の試写会やムビチケが当たる! <狐晴明さんの式神宣伝隊>企画がスタート
36
公演終了 06月24日(金) 〜 (木)
詩劇『われに五月を2022』
寺山修司の命日に贈る詩の激流! 昭和精吾事務所 詩劇『われに五月を2022』5月4日、5日に東高円寺K’sスタジオで上演
1
公演終了 05月04日(水) 〜 05月05日(木)
右から福士蒼汰、宮野真守 撮影:田中亜紀
【動画5分】福士蒼汰・宮野真守の最強バディが殺陣あり歌あり大迫力のお祭り騒ぎ! 劇団☆新感線『神州無頼街』4月26日に東京公演が開幕/5月14日にライブビューイング
217
公演終了 03月17日(木) 〜 05月28日(土)
100点un・チョイス!『たいせつ』
とある旅館が舞台の切ないヒューマンサスペンス 100点un・チョイス!『たいせつ』4月20日(水)にシアターサンモールで開幕
16
公演終了 04月20日(水) 〜 04月29日(金)

 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2022 Village Inc.