2019.4.18  174

浦井健治が口を裂かれた青年を熱演し、“本物の笑顔”を探し求める ミュージカル「笑う男 The Eternal Love-永遠の愛-」観劇レビュー



ミュージカル「笑う男」浦井健治
ミュージカル「笑う男」浦井健治
 

浦井健治が口を裂かれた青年を熱演し、“本物の笑顔”を探し求める ミュージカル「笑う男 The Eternal Love-永遠の愛-」観劇レビュー

 
原作となるのは、『レ・ミゼラブル』などの著者として知られるヴィクトル・ユゴーによる同名小説。2018年初夏に韓国で世界初演の幕を開け話題を呼んだ大作ミュージカルが、早くも日本初演を迎えます。
ロバート・ヨハンソンが手掛ける脚本に、数多くの傑作を生み出したゴールデンコンビ、フランク・ワイルドホーンとジャック・マーフィーが紡ぐ重厚で壮大な音楽・歌詞が鮮やかに色を加え、日本版演出を担う上田一豪により、美しく繊細な舞台として日本のミュージカル史に新たな1ページが刻まれます!

 
本作はまず、舞台セットがとても不思議な役割を果たしていると思いました。まるで鳥の巣のように編み込まれた木造のセットがずっと変わらず存在しているのですが、周りのセット転換によって全く違う雰囲気を纏って見えるのです。森の中、にぎやかな見世物小屋、華々しい王宮。その全てに絶妙に溶け込み、時には複雑に絡み合った木々の姿が、登場人物達の心の葛藤を表しているようにも見えて、とても面白い。

ミュージカル「笑う男」山口祐一郎
山口祐一郎

1689年、冬のイングランド。“子供買い”の異名を持つコンプラチコの手により、見世物として口を裂かれた少年・グウィンプレンが、一行の船から放り出されて、極寒の雪の中をさ迷い歩く場面から物語は始まります。あてもなく雪道を歩いていると、凍え死んだ女性の腕の中から赤ん坊の泣き声がすることに気づき、彼は、その赤ん坊にデアと名付け、子守唄を歌いながら再び雪道を歩き出します。

その道すがら、グウィンプレンは移動馬車を見つけて助けを求めます。そこで生活をしていたのは興行師のウルシュス(山口祐一郎)。初めは冷たく接するものの二人を馬車に招き入れ、彼はグウィンプレンの顔を見てすぐにコンプラチコの仕業だと悟り、そして赤ん坊のデアは盲目であることを知ります。
『どうやって生き延びればよいのか』と悩みながらも、二人と生活を共にする事を決めるウルシュス。山口祐一郎さんの劇場全体を優しく包み込むような歌声の中に、ウルシュスの強い決心が伺えて、物語序盤からじんわりと心が温かくなりました。

浦井健治、夢咲ねね
浦井健治、夢咲ねね

それから15年の月日が流れ、青年に成長したグウィンプレン(浦井健治)はその奇妙な顔から“笑う男”と呼ばれて話題の人となっており、兄妹のように育ったデア(衛藤美彩 ※夢咲ねねとのWキャスト)と共に自らの生い立ちを紹介する興行が人気を博していました。

グウィンプレン役の浦井健治さんは、残酷な運命に翻弄されながらも、家族や仲間を愛し、ひたむきに生きる青年の姿をころころと表情を変えて魅力的に体現。無邪気な笑顔を見せ、デアに語り掛ける声は柔らかく耳に優しい。けれど、自分の境遇に悩み葛藤する時は一気に目の色が変わり、ダークなオーラを放ちます。持ちうる引き出しを少しずつ開けたり閉めたりを繰り返すその巧みさ故に、上演時間約3時間弱の間で何度もギャップにやられました。浦井さんの色んな顔を見て、一石に十鳥くらい得たい!という方は絶対に必見の作品だと思います(笑)

ミュージカル「笑う男」浦井健治、衛藤美彩
浦井健治、衛藤美彩

盲目の少女・デア役の衛藤美彩さんは今年3月に乃木坂46を卒業して、初の舞台。そのフレッシュさが、心は子供のまま体が成長したような、手荒に触れたらすぐに傷ついてしまいそうなデアの脆さや、周りの人達が守ってあげたくなる汚れを知らない無垢さによくマッチしていた様に思いました。

グウィンプレンとデア。15年かけて築きあげられた二人の“信頼関係”は、いつしか“愛(Love)”へと変化して行きます。

ミュージカル「笑う男」
ミュージカル「笑う男」

ところ変わって、貴族達の生活は豪華絢爛。しかし、日々権力争いが行われ、皆誰かの顔色を伺い、本当の顔を煌びやかな衣装に隠して生きているよう。広々とした王宮で暮らしていてもどこか窮屈そうな不気味さを感じました。

宮原浩暢、石川禅
宮原浩暢、石川禅

中でも特徴的な人物が、石川禅さん演じる王宮の使用人・フェドロ。対する人によって見せる顔が違えば声も違う。王宮の中を器用に立ち回っている様に見えて、心の奥底ではとても計算高くて野心家。静かに燃える青い炎のように、ゆっくりと物語をかき乱して行く石川さんの見事なストーリーテラーぶりにはゾクッとしました。

その王宮では、女王の異母妹のジョシアナ公爵(朝夏まなと)が退屈な生活に刺激を求めていると知った、婚約者のデヴィット・ディリー・ムーア卿(宮原浩暢)が、彼女をグウィンプレン達の興行観劇へと誘い、この観劇をきっかけに物語は大きく動き出します。

ミュージカル「笑う男」浦井健治、朝夏まなと
浦井健治、朝夏まなと

ジョシアナ公爵が、グウィンプレンの醜い顔の中に眠る魅力に心惹かれ、彼を自分のものにしようと誘惑を始めるのですが、この場面の妖艶さが物凄い。2年前まで宝塚歌劇団で男役として輝きを放っていた朝夏さんだからこその、パワフルな歌声と危険な強引さ。心に空いた寂しさを埋める何かを求めて必死にもがく姿は、可哀想ながらも、妙な色っぽさもあります。そんな彼女に、醜い顔なのに求められることへの戸惑いと、大人の色気にされるがままのグウィンプレンの瞳が子犬のようでとても可愛かったです(笑)

対して、デヴィット・ディリー・ムーア卿も可哀想な人。今まで散々遊んで来た結果、財政は破綻寸前。ジョシアナ公爵の愛も手に入らず、心の安定を酒に頼り、その勢いでデアに手を出そうとします。デヴィット役の宮原さんは、悪役ですが、彼の惨めさを丁寧に表現されていて、聞いていてズドンと胸に響く歌声も本当に痺れます。

ミュージカル「笑う男」浦井健治、山口祐一郎
浦井健治、山口祐一郎

ジョシアナ公爵の元からグウィンプレンが逃げ帰ると、怖い目にあって震えるデアと、彼女を慰める仲間達の姿。遅く帰って来たグウィンプレンをウルシュスは叱ります。けれども、グウィンプレンは『自分にも幸せになる権利がある』と対抗。そこから軽い対立が始まってしまうのですが、ウルシュスがグウィンプレンの反発をなだめるのも彼への愛情ゆえ。血は繋がっていなくても、彼らの間に“家族の愛”が見えた瞬間のように思いました。

浦井健治、夢咲ねね
浦井健治、夢咲ねね

 
ここまで長々とお伝えしたのはすべて、1幕の物語。ある日、突然見世物小屋に姿を表したフェドロに捕まり、衝撃の事実を聞かされるグウィンプレン。2幕は怒濤の勢いで物語が展開して行きます。
本当に醜いものの正体は何か。醜い“笑い顔”を刻まれたグウィンプレンが、本物の“笑顔”を探す旅の続きと行く末はぜひ皆さんの目で見届けていただきたいと思います。

 
ベースにあるのは残酷なお話なはずなのに、全く重たく感じず、彼らなりに懸命にささやかな幸せを感じて生きているのが伝わってくるので、むしろ裕福に暮らす貴族達の方がけして幸せには見えなかったりして、この作品の持つメッセージ性の高さを感じました。そして、私達が生活する世界でも、「ありきたりな毎日の中にある、小さな幸せを大切にしなさい」と背中を押されたような気がしました。

ミュージカル「笑う男」浦井健治、衛藤美彩
浦井健治、衛藤美彩

 
東京公演は、日生劇場にて上演中。4月29日(月)まで公演された後、名古屋、富山、大阪、福岡で公演されます。
詳細は公式サイトで。

 
(写真提供:東宝演劇部 文:越前葵)

 
このレビューを書いたのは

越前葵
えちぜん あおい|舞台・演劇は酸素。生きるために必要な要素のひとつ。趣味は、観劇・お城巡り・御朱印集め。劇団☆新感線の「髑髏城の七人」に影響されて、絶賛殺陣を習い中。

 


 
あなたの公演も『観劇レビュー』を掲載しませんか?
ご依頼はこちらへ!

 

 

公演情報

ミュージカル「笑う男 The Eternal Love -永遠の愛-」

【脚本】ロバート・ヨハンソン
【音楽】フランク・ワイルドホーン
【歌詞】ジャック・マーフィー
【翻訳・訳詞・演出】上田一豪

【出演】
グウィンプレン:浦井健治
デア(Wキャスト):夢咲ねね、衛藤美彩
ジョシアナ公爵:朝夏まなと
デヴィット・ディリー・ムーア卿:宮原浩暢
フェドロ:石川禅
ウルシュス:山口祐一郎

中山昇、上野哲也、宇月颯、清水彩花

榎本成志、小原和彦、仙名立宗、早川一矢、藤岡義樹、堀江慎也、森山大輔、石田佳名子、内田智子、岡本華奈、栗山絵美、コリ伽路、富田亜希、安田カナ、吉田萌美(男女50音順)

リトル・グウィンプレン(トリプルキャスト):大前優樹、下之園嵐史、豊島青空

2019年4月9日(火)~4月29日(月・祝)/東京・日生劇場
2019年5月3日(金・祝)~5月6日(月・休)/名古屋・御園座
2019年5月10日(金)~5月12日(日)/富山・新川文化ホール
2019年5月16日(木)~5月19日(日)/大阪・梅田芸術劇場メインホール
2019年5月25日(土)~5月26日(日)/福岡・北九州ソレイユホール

公式サイト
ミュージカル「笑う男 The Eternal Love -永遠の愛-」

プレイガイドで検索
ぴあicon ローチケicon ほか

最近の記事

劇団フルタ丸『ねむる広告塔』
2年ぶりの本公演は驚きと温かみのある新作コメディ! 劇団フルタ丸『ねむる広告塔』11月19日からAPOCシアターで上演
0
公演日程 11月19日(金) 〜 11月21日(日)
ミュージカル『ダニー・ガール』トライアウト・リーディング公演
想像力、それは希望の光 ミュージカル『ダニー・ガール』トライアウト・リーディング公演が10月21日から高円寺 Studio Kで上演
4
公演日程 10月21日(木) 〜 10月23日(土)
『霧の中のノスフェラトゥ』撮影:圓岡淳
田村升吾、永田聖一朗、前田隆太朗らが出演の舞台『霧の中のノスフェラトゥ〜ドラキュラ伝説〜』9月16日にシアターサンモールで開幕
3
公演終了 09月16日(木) 〜 09月23日(木)
劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『狐晴明九尾狩』 撮影:田中亜紀
【動画3分】安倍晴明・中村倫也 VS 九尾の狐・向井理の熾烈な頭脳戦! 劇団☆新感線『狐晴明九尾狩』が開幕/追加公演決定、10月6日にはライブビューイングも開催
340
公演中 09月17日(金) 〜 11月11日(木)
『LUNGS』
神山智洋(ジャニーズWEST)と谷村美月が二人芝居に挑む! 舞台『LUNGS』10月10日から東京・大阪で上演
239
公演日程 10月10日(日) 〜 11月09日(火)
緒川たまき・仲村トオル 撮影:引地信彦
緒川たまき・仲村トオルが出演した舞台 ケムリ研究室 no.2『砂の女』9月30日から期間限定でオンデマンド配信
14
公演終了 08月22日(日) 〜 09月10日(金)
箱田暁史
「痛快なエンターテインメントとして表現できれば」新国立劇場『イロアセル』箱田暁史インタビュー
3
公演日程 11月11日(木) 〜 11月28日(日)
NODA・MAP番外公演『THE BEE』
阿部サダヲ、長澤まさみ等の出演で9年ぶりに上演! NODA・MAP番外公演『THE BEE』11月1日から東京・大阪で上演
30
公演日程 11月01日(月) 〜 12月26日(日)
KAATカナガワ・ツアー・プロジェクト 第一弾 冒険者たち ~JOURNEY TO THE WEST~
柄本時生、菅原永二らが演じる三蔵法師一行が神奈川県内で大冒険! 『冒険者たち』2022年2月からKAATほか県内6都市を巡演
6
公演日程 02月08日(火) 〜 03月19日(土)
劇団☆新感線『狐晴明九尾狩』10月6日(水)にライブビューイング
中村倫也、吉岡里帆、向井理らが出演の劇団☆新感線『狐晴明九尾狩』10月6日(水)に全国の映画館でライブビューイング生中継
132
公演中 09月17日(金) 〜 11月11日(木)
ミュージカル『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』
鈴木拡樹と三浦宏規がWキャストで出演 ミュージカル『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』がシアタークリエで開幕
9
公演終了 08月26日(木) 〜 09月11日(土)
ピンク・リバティ『とりわけ眺めの悪い部屋』出演者
山西竜矢が主宰するピンク・リバティ 2年半ぶりの新作公演『とりわけ眺めの悪い部屋』11月10日(水)から浅草九劇で上演
8
公演日程 11月10日(水) 〜 11月14日(日)
舞台『ムサシ』
藤原竜也、溝端淳平、鈴木杏らが出演の舞台『ムサシ』8月25日(水)から彩の国さいたま芸術劇場で開幕
15
公演中 08月25日(水) 〜 10月24日(日)
朗読劇 天切り松 闇がたり ~闇の花道~
市川猿之助の新たな演劇プロジェクトに尾上右近、石橋正次らが出演 猿之助と愉快な仲間たち『朗読劇 天切り松 闇がたり ~闇の花道~』9月6日から京都芸術劇場 春秋座で上演
16
公演終了 09月06日(月) 〜 09月08日(水)
緒川たまき・仲村トオル 撮影:引地信彦
緒川たまき・仲村トオル出演舞台 ケムリ研究室 no.2『砂の女』8月22日にシアタートラムで開幕/9月9日から兵庫で上演
2
公演終了 08月22日(日) 〜 09月10日(金)
ミュージカル『オリバー』歌唱披露イベント
【動画5分】市村正親、武田真治、濱田めぐみ、ソニンらが子役たちと共に劇中歌を披露! ミュージカル『オリバー』歌唱披露イベント
119
公演日程 10月07日(木) 〜 12月14日(火)
『ブライトン・ビーチ回顧録』
佐藤勝利らが出演 ニール・サイモンによる心あたたまる自伝的名作『ブライトン・ビーチ回顧録』9月18日(土)から東京・京都で上演
124
公演中 09月18日(土) 〜 10月13日(水)
『Greatest Moment』
レジェンドたちが豪華共演 宝塚歌劇 花組・月組100th anniversary『Greatest Moment』11月3日から大阪・東京で上演
18
公演日程 11月03日(水) 〜 11月22日(月)
KUNIO10『更地』©️吉野洋三
南沢奈央、濱田龍臣が杉原邦生の演出で二人芝居に挑む KUNIO10『更地』10月9日(土)から京都・新潟・東京で上演
10
公演日程 10月09日(土) 〜 11月14日(日)
新国立劇場バレエ団『白鳥の湖』 ©Takuya Uchiyama
演劇的要素が盛り込まれた重厚な作品に 新国立劇場バレエ団『白鳥の湖』10月23日からオペラパレスで上演
19
公演日程 10月23日(土) 〜 11月03日(水)
TEAM909「憧れはいつも隣にいた」
舞台は色のない世界。TEAM909による青春カルトサスペンス『憧れはいつも隣にいた』8月28日、29日にひつじ座にて上演
6
公演終了 08月28日(土) 〜 08月29日(日)
『BROADWAY MUSICAL LIVE 2021』出演者
鈴木壮麻、湖月わたる、大原櫻子らが豪華共演! 『BROADWAY MUSICAL LIVE 2021』 11月13日、14日に東京建物 Brillia HALLで開催
21
公演日程 11月13日(土) 〜 11月14日(日)
ナイロン100℃ 『イモンドの勝負』出演者
ナイロン100°C 約3年ぶりの劇団公演は本道のナンセンスコメディ!『イモンドの勝負』 11 月 20 日(土)から下北沢・本多劇場で上演/兵庫、広島、北九州公演あり
22
公演日程 11月20日(土) 〜 12月26日(日)
左から堤真一、黒木華 中島裕翔(Hey! Say! JUMP)
黒木華、中島裕翔(Hey! Say! JUMP)、堤真一らが出演の舞台『ウェンディ&ピーターパン』8月13日(金)にBunkamuraオーチャードホールで開幕
12
公演終了 08月13日(金) 〜 09月05日(日)
(左から)高畑淳子、渡辺えり
渡辺えり、高畑淳子らが出演の喜劇『老後の資金がありません』8月13日(金)に新橋演舞場で開幕
24
公演終了 08月13日(金) 〜 09月15日(水)
音楽劇『海王星』
寺山修司が「天井棧敷」結成前に書いた未上演作品に山田裕貴、松雪泰子、ユースケ・サンタマリアらが出演! 音楽劇『海王星』12月6日(月)からPARCO劇場で上演
16
公演日程 12月06日(月) 〜 12月30日(木)
slatstick produce petitslat #1「SAME TIME, NEXT YEAR」
大人のロマンチックコメディーの金字塔「セイムタイム・ネクストイヤー」をslatstickプロデュースで8月20日~22日までSPACE9で上演
3
公演終了 08月20日(金) 〜 08月22日(日)
撮影:宮川舞子
のん、村上虹郎、宮藤官九郎ら豪華キャストが歌って踊って生演奏! 大パルコ人4マジロックオペラ『愛が世界を救います(ただし屁が出ます)』PARCO劇場で開幕
26
公演終了 08月09日(月) 〜 09月17日(金)
ブロードウェイ・ミュージカル『エニシング・ゴーズ』左から大野拓朗・紅ゆずる
【動画3分】紅ゆずるが名曲を軽やかに歌い踊る! ミュージカル『エニシング・ゴーズ』8月11日(水)に東京・明治座で開幕
171
公演中 08月11日(水) 〜 10月05日(火)
ミュージカル『CROSS ROAD~悪魔のヴァイオリニスト パガニーニ~』
中川晃教&相葉裕樹/水江建太(Wキャスト)主演 藤沢文翁の新作ミュージカル『CROSS ROAD~悪魔のヴァイオリニスト パガニーニ~』2022年6月、シアタークリエで上演
22

 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2021 Village Inc.