2018.8.8  19

【制作コラム001】「自由席」を、真に「自由な席」にするために(前編)



【制作コラム001】「自由席」を、真に「自由な席」にするために(前編)
【制作コラム001】「自由席」を、真に「自由な席」にするために(前編)
 

【制作コラム001】「自由席」を、真に「自由な席」にするために(前編)

 

大森晴香と申します。演劇プロデューサー・制作・演劇スタジオ十色庵の管理人をしています。縁あって、こちらでコラムを書かせていただくことになりました。

今回は、駆け出しの小劇場制作スタッフの方々、もしくは専任の制作者がいない小規模なカンパニー向けの記事を書いてみたいと思います。

 

「自由席」なのに「自由じゃない」ことがある問題

観客が自由に座席を選択できる。それが自由席の定義のはずです。ところが、自由席だと聞いていたのに座りたい席に座れなかった、という現象がたまに起こります。

・座りたい席に「関係者席」「予約席」という札が貼ってあって座らせてもらえない
・後ろの方で全体を観たいのに、前から座ることを強く勧められる
・通路寄りの席だと思って座ったら、あとから席を足されて通路寄りではなくなった

…などなど。自分より早く劇場に着いたひとがすでに座っているならともかく、なぜか後から来た人が座りたかったあの席に座っていたりすると、なかなかにストレスな状況です。観る前からちょっといやな気分になっちゃう可能性もあります。

なんで「自由席」なのに自由に選ばせてくれないのか。その事情と解決策を考えていきます。

 

自由席なのに自由席じゃないときにありがちな事情

よくある事情に、遅れてきたお客さんをスムーズに入れられる席を確保する、いわゆる「遅れ席の確保」というものがあります。出入り口に近く、足元に段差が少なく、ほかのお客さんの視界を横切らずに入れる座席をいくつか残して開演したい。でも、脚の調子が悪かったり、お手洗いが近かったり、終演したらダッシュで帰りたかったり、その席で観劇したい事情を持つお客さんもいるかもしれません。それを「遅れ席だから」と言って移動を促すのはどうなんでしょう。だからと言って、遅れていらした方を入りにくいお席に誘導してもいいかというと、そういうことでもないような…。

 
「遅れ席」と「見切れ席」
「遅れ席」と「観切れ席」

観づらいシーンがあったり、逆に見えてはいけないものが見えてしまうようないわゆる「観切れ席」もあります。席を変えれば観やすくなるのでお客さんも喜んでくださるだろうと思いがちですが、お客さんにはお客さんの意図があってそのお席を選んでいる可能性もあります。「どうしてもお友達と隣の席で観たい」「観切れでもいいから最前列がいい」などなど。
観切れであることを知らせずに観づらい観劇体験を強いてしまうのは避けたいですが、だからと言って意思をもってそのお席を選んだ方に無理にご移動いただくことは、ベターな問題解決と言えるでしょうか。

また、「お席をとっておきたい特別な事情のお客さんがいる」ケースもあります。原則的にはお客さんは全員等しく大切なのですけど、席をとっておかないと客席が混乱したり、お客さんの安全が守れないと判断される場合があるのです。著名な方がお忍びで来場される、みたいなケースがこれで、なんの対策もせずに「自由席」にしてしまったら、ご本人だけでなく周りのお客様も混乱に巻き込まれてしまう危険性があります。ただ、その確保の仕方によっては「特別扱い」が不快感を生み出すケースも。

 

お客さんとクリエイター、両方の幸せを考える

この問題に限ったことではありませんが、問題解決には想像力が必要だと思っています。

お客さんはどんな動線で客席に入って、どんなふうに視線を動かして、どういう基準でお席を選ぶだろうか。座りたいと思ったお席に座れない、という体験はどんな気持ちを誘発するだろうか。

客席での出来事は、舞台上のひとびとにどんな影響を与えるだろうか。舞台は、照明は、音響は、映像は、どういう目的でどういう効果を狙った設計をしているのか。

なにかしらの問題を解決したいとき、お客さん・クリエイター双方が幸せであるかを追求します。利益がぶつかってしまうこともないわけではありませんが、どちらかのために選んだ行動がもう一方のプラスにもなる、というポジティブな連鎖は不可能ではないはずです。解決のためにほかのスタッフやキャスト、場合によってはお客さんのご協力が必要な場合もあるかもしれません。大事なのは問題解決することであって、必ずしも制作だけで解決する必要はないと思います。

では、具体的にはどうしたらいいのか。私が実践していることは4つあります。

 
⇒大森さんが「実践していること4つとは?」後編に続く!


  
⇒舞台制作スタッフや俳優・観客の役に立つコンテンツ集
制作コラム、映像制作コラムなどの読み物もあります!

 
(文:大森晴香)

この記事を書いたのは

大森晴香
おおもり はるか|専門学校で舞台俳優の勉強をしたのち、応用演劇への関心から大学へ進学、学業の傍ら当日運営として活動。卒業後は人事系経営コンサルティング会社の営業職を4年弱経験。退職後はフリーの制作として活動。
2012年2月、時間堂に専属プロデューサーとして加入。全国ツアー、海外小説の舞台化、専有スタジオ十色庵の開設、劇団法人化に中心的に関わる。2016年末に時間堂が解散したのちは、小劇場から商業演劇まで、さまざまな演劇団体に制作協力やコンサルタントとして関わる傍ら、スタジオ十色庵の運営を続けている。
https://twitter.com/haruharuharu306

 

 

 シェアする

 ツイート

 シェアする


最近の記事

演劇集団ワンダーランド『沖縄の火種 -1947年のナツ子-』 撮影:田中亜紀
演劇集団ワンダーランド『沖縄の火種 -1947年のナツ子-』紀伊國屋ホールで開幕/上演は7月3日(日)まで
17
公演中 07月01日(金) 〜 07月18日(月)
木下晴香、中村倫也、福士誠治
中村倫也の主演ミュージカルに木下晴香、福士誠治の出演が決定 『ルードヴィヒ ~Beethoven The Piano~』に10月から東京・大阪・金沢・仙台で上演
74
公演日程 10月29日(土) 〜 11月30日(水)
ゲキ×シネ『狐晴明九尾狩』舞台挨拶 左から吉岡里帆、中村倫也、向井理 撮影:田中亜紀
【動画5分】舞台挨拶に中村倫也、吉岡里帆、向井理が登壇! ゲキ×シネ『狐晴明九尾狩』が6月24日から全国公開
374
公演終了 06月24日(金) 〜 (木)
Enziru LifeTheater「しあわせの三角おにぎり」
長野県・地域市民と俳優で作り上げる舞台 Enziru LifeTheater 陽のあたる教室『しあわせの三角おにぎり』7月2日・3日に飯田市・かざこしホールで上演
36
本日初日 07月02日(土) 〜 07月03日(日)
井上芳雄 ほか
人生は賭けの連続。運命の女神が見せる、夢の先は。ミュージカル『ガイズ&ドールズ』観劇レビュー
155
公演中 06月09日(木) 〜 07月29日(金)
ミュージカル『ガイズ&ドールズ』
【動画3分】井上芳雄ら和気あいあい、初日迎えた高揚感『ガイズ&ドールズ』が開幕/帝国劇場で7月9日まで
187
公演中 06月09日(木) 〜 07月29日(金)
舞台『パンドラの鐘』撮影:引地信彦
成田凌&葵わかなW主演、古代から現代へ時空を超えた舞台『パンドラの鐘』シアターコクーンで上演中
23
公演中 06月06日(月) 〜 07月05日(火)
舞台『ようこそ、ミナト先生』 撮影:田中亜紀
相葉雅紀12年ぶりの舞台『ようこそ、ミナト先生』/町民の機微に触れ動き出す人間関係
284
公演中 06月04日(土) 〜 07月03日(日)
これは美しく残酷な物語。植物を前に露呈する人間のリアル『バイオーム』観劇レビュー
74
公演終了 06月08日(水) 〜 06月12日(日)
ミュージカル『The Fantasticks』出演者
岡宮来夢、豊原江理佳、今拓哉らが出演 ミュージカル『The Fantasticks』10月23日から日比谷シアタークリエで上演
10
公演日程 10月23日(日) 〜 11月14日(月)
ゲキ×シネ『狐晴明九尾狩』
中村倫也、吉岡里帆、向井理が登壇予定 ゲキ×シネ『狐晴明九尾狩』舞台挨拶が6月24日(金)に新宿バルト9で開催/全国の映画館にも生中継
39
公演終了 06月24日(金) 〜 (木)
AyK本公演vol.3『メフィストの瞳』
妃咲歩美・来栖梨紗のユニットAyK本公演vol.3 『メフィストの瞳』6月10日〜12日に遊空間がざびぃで上演/写真撮影可能な公演あり
21
公演終了 06月10日(金) 〜 06月12日(日)
ミュージカル『るろうに剣心 京都編』 撮影:引地信彦
小池徹平らが縦横無尽に走り、歌い、戦う! ミュージカル『るろうに剣心 京都編』観劇レビュー
79
公演終了 05月17日(火) 〜 06月24日(金)
LOVE in SMOKE
スラステ初のなんちゃってミュージカル!THE ROB CARTON 村角太洋が作・演出『Love in Smoke』7月1日~3日にABCホールで上演
11
公演中 07月01日(金) 〜 07月03日(日)
新感線☆RX『薔薇とサムライ2−海賊女王の帰還−』
古田新太と天海祐希の圧巻のビジュアルが公開 新感線☆RX『薔薇とサムライ2−海賊女王の帰還−』9月9日から富山・新潟・大阪・東京で上演/6月10日からVAC先行開始
32
公演日程 09月09日(金) 〜 12月06日(火)
RENT (C)Tomoko-Hidaki
感謝しよう今日という日があることを。 胸を熱くさせる名曲揃い!ミュージカル「RENT」観劇レポート
12
公演終了 05月18日(水) 〜 05月29日(日)
歌妖曲〜中川大志之丞変化
中川大志が初舞台に挑戦! 倉持裕が作・演出する昭和歌謡版リチャード三世 『歌妖曲〜中川大志之丞変化〜』11月6日から東京・福岡・大阪で上演
22
公演日程 11月06日(日) 〜 12月25日(日)
三ツ星キッチンに早見優が出演 涙と笑いで包まれた「愛」の物語  Original J-Musical『mother』7月13日から中野 ザ・ポケットで上演
10
公演日程 07月13日(水) 〜 07月17日(土)
劇団☆新感線『ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックⅢ』
新感線作品がサイレントシアターに! 『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ』Blu-ray特別上映 シアターギルド代官山にて6/9〜11に開催
8
公演終了 06月09日(木) 〜 06月11日(土)
Art-Loving『かもめ』映像版
Art-Loving映像版「かもめ」一般販売開始/視聴可能期間は5月31日まで
12
鮭スペアレ版『マクベス』
ミラノ公演を成功させた鮭スペアレが5月22日に東京・銕仙会能楽研修所にてマクベスを上演!
32
公演終了 05月22日(日) 〜 05月22日(日)
ミュージカル『るろうに剣心 京都編』
【動画3分】小池徹平、黒羽麻璃央らが美しく歌い、激しく闘う! ミュージカル『るろうに剣心 京都編』がIHIステージアラウンド東京で開幕/上演は6月24日まで
105
公演終了 05月17日(火) 〜 06月24日(金)
NODA・MAP『Q』
松たか子、上川隆也、広瀬すず、志尊淳などオリジナルメンバーの出演でNODA・MAP『Q』が再演/7月29日から東京・大阪で上演
4
公演日程 07月29日(金) 〜 10月16日(日)
舞台『みんな我が子』撮影:細野晋司
アーサー・ミラーの代表作のひとつに堤真一、森田剛、西野七瀬らが挑む 舞台『みんな我が子』シアターコクーンで開幕
48
公演終了 05月10日(火) 〜 06月08日(水)
くちびるに硫酸#4『骨を捨てる』
母の散骨のために海を渡る姉妹を描く くちびるに硫酸#4『骨を捨てる』5月5日(木)にシアター・バビロンの流れのほとりにて で開幕
11
公演終了 05月05日(木) 〜 05月08日(日)
キノG-7、第4弾「モナ美」
竹内銃一郎 最後の演劇企画キノG-7、第4弾『モナ美』5月18日から22日までTHEATRE E9 KYOTOにて上演
6
公演終了 05月18日(水) 〜 05月22日(日)
中村倫也主演 ゲキ×シネ『狐晴明九尾狩』の試写会やムビチケが当たる! <狐晴明さんの式神宣伝隊>企画がスタート
36
公演終了 06月24日(金) 〜 (木)
詩劇『われに五月を2022』
寺山修司の命日に贈る詩の激流! 昭和精吾事務所 詩劇『われに五月を2022』5月4日、5日に東高円寺K’sスタジオで上演
1
公演終了 05月04日(水) 〜 05月05日(木)
右から福士蒼汰、宮野真守 撮影:田中亜紀
【動画5分】福士蒼汰・宮野真守の最強バディが殺陣あり歌あり大迫力のお祭り騒ぎ! 劇団☆新感線『神州無頼街』4月26日に東京公演が開幕/5月14日にライブビューイング
217
公演終了 03月17日(木) 〜 05月28日(土)
100点un・チョイス!『たいせつ』
とある旅館が舞台の切ないヒューマンサスペンス 100点un・チョイス!『たいせつ』4月20日(水)にシアターサンモールで開幕
16
公演終了 04月20日(水) 〜 04月29日(金)

 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2022 Village Inc.