2018.8.8  19

【制作コラム001】「自由席」を、真に「自由な席」にするために(前編)



【制作コラム001】「自由席」を、真に「自由な席」にするために(前編)
【制作コラム001】「自由席」を、真に「自由な席」にするために(前編)
 

【制作コラム001】「自由席」を、真に「自由な席」にするために(前編)

 

大森晴香と申します。演劇プロデューサー・制作・演劇スタジオ十色庵の管理人をしています。縁あって、こちらでコラムを書かせていただくことになりました。

今回は、駆け出しの小劇場制作スタッフの方々、もしくは専任の制作者がいない小規模なカンパニー向けの記事を書いてみたいと思います。

 

「自由席」なのに「自由じゃない」ことがある問題

観客が自由に座席を選択できる。それが自由席の定義のはずです。ところが、自由席だと聞いていたのに座りたい席に座れなかった、という現象がたまに起こります。

・座りたい席に「関係者席」「予約席」という札が貼ってあって座らせてもらえない
・後ろの方で全体を観たいのに、前から座ることを強く勧められる
・通路寄りの席だと思って座ったら、あとから席を足されて通路寄りではなくなった

…などなど。自分より早く劇場に着いたひとがすでに座っているならともかく、なぜか後から来た人が座りたかったあの席に座っていたりすると、なかなかにストレスな状況です。観る前からちょっといやな気分になっちゃう可能性もあります。

なんで「自由席」なのに自由に選ばせてくれないのか。その事情と解決策を考えていきます。

 

自由席なのに自由席じゃないときにありがちな事情

よくある事情に、遅れてきたお客さんをスムーズに入れられる席を確保する、いわゆる「遅れ席の確保」というものがあります。出入り口に近く、足元に段差が少なく、ほかのお客さんの視界を横切らずに入れる座席をいくつか残して開演したい。でも、脚の調子が悪かったり、お手洗いが近かったり、終演したらダッシュで帰りたかったり、その席で観劇したい事情を持つお客さんもいるかもしれません。それを「遅れ席だから」と言って移動を促すのはどうなんでしょう。だからと言って、遅れていらした方を入りにくいお席に誘導してもいいかというと、そういうことでもないような…。

 
「遅れ席」と「見切れ席」
「遅れ席」と「観切れ席」

観づらいシーンがあったり、逆に見えてはいけないものが見えてしまうようないわゆる「観切れ席」もあります。席を変えれば観やすくなるのでお客さんも喜んでくださるだろうと思いがちですが、お客さんにはお客さんの意図があってそのお席を選んでいる可能性もあります。「どうしてもお友達と隣の席で観たい」「観切れでもいいから最前列がいい」などなど。
観切れであることを知らせずに観づらい観劇体験を強いてしまうのは避けたいですが、だからと言って意思をもってそのお席を選んだ方に無理にご移動いただくことは、ベターな問題解決と言えるでしょうか。

また、「お席をとっておきたい特別な事情のお客さんがいる」ケースもあります。原則的にはお客さんは全員等しく大切なのですけど、席をとっておかないと客席が混乱したり、お客さんの安全が守れないと判断される場合があるのです。著名な方がお忍びで来場される、みたいなケースがこれで、なんの対策もせずに「自由席」にしてしまったら、ご本人だけでなく周りのお客様も混乱に巻き込まれてしまう危険性があります。ただ、その確保の仕方によっては「特別扱い」が不快感を生み出すケースも。

 

お客さんとクリエイター、両方の幸せを考える

この問題に限ったことではありませんが、問題解決には想像力が必要だと思っています。

お客さんはどんな動線で客席に入って、どんなふうに視線を動かして、どういう基準でお席を選ぶだろうか。座りたいと思ったお席に座れない、という体験はどんな気持ちを誘発するだろうか。

客席での出来事は、舞台上のひとびとにどんな影響を与えるだろうか。舞台は、照明は、音響は、映像は、どういう目的でどういう効果を狙った設計をしているのか。

なにかしらの問題を解決したいとき、お客さん・クリエイター双方が幸せであるかを追求します。利益がぶつかってしまうこともないわけではありませんが、どちらかのために選んだ行動がもう一方のプラスにもなる、というポジティブな連鎖は不可能ではないはずです。解決のためにほかのスタッフやキャスト、場合によってはお客さんのご協力が必要な場合もあるかもしれません。大事なのは問題解決することであって、必ずしも制作だけで解決する必要はないと思います。

では、具体的にはどうしたらいいのか。私が実践していることは4つあります。

 
⇒大森さんが「実践していること4つとは?」後編に続く!


  
⇒舞台制作スタッフや俳優・観客の役に立つコンテンツ集
制作コラム、映像制作コラムなどの読み物もあります!

 
(文:大森晴香)

この記事を書いたのは

大森晴香
おおもり はるか|専門学校で舞台俳優の勉強をしたのち、応用演劇への関心から大学へ進学、学業の傍ら当日運営として活動。卒業後は人事系経営コンサルティング会社の営業職を4年弱経験。退職後はフリーの制作として活動。
2012年2月、時間堂に専属プロデューサーとして加入。全国ツアー、海外小説の舞台化、専有スタジオ十色庵の開設、劇団法人化に中心的に関わる。2016年末に時間堂が解散したのちは、小劇場から商業演劇まで、さまざまな演劇団体に制作協力やコンサルタントとして関わる傍ら、スタジオ十色庵の運営を続けている。
https://twitter.com/haruharuharu306

 

 

 シェアする

 ツイート

 シェアする


最近の記事

ミュージカル『ダニー・ガール』トライアウト・リーディング公演
想像力、それは希望の光 ミュージカル『ダニー・ガール』トライアウト・リーディング公演が10月21日から高円寺 Studio Kで上演
4
公演日程 10月21日(木) 〜 10月23日(土)
『霧の中のノスフェラトゥ』撮影:圓岡淳
田村升吾、永田聖一朗、前田隆太朗らが出演の舞台『霧の中のノスフェラトゥ〜ドラキュラ伝説〜』9月16日にシアターサンモールで開幕
3
公演終了 09月16日(木) 〜 09月23日(木)
劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『狐晴明九尾狩』 撮影:田中亜紀
【動画3分】安倍晴明・中村倫也 VS 九尾の狐・向井理の熾烈な頭脳戦! 劇団☆新感線『狐晴明九尾狩』が開幕/追加公演決定、10月6日にはライブビューイングも開催
340
公演中 09月17日(金) 〜 11月11日(木)
『LUNGS』
神山智洋(ジャニーズWEST)と谷村美月が二人芝居に挑む! 舞台『LUNGS』10月10日から東京・大阪で上演
239
公演日程 10月10日(日) 〜 11月09日(火)
緒川たまき・仲村トオル 撮影:引地信彦
緒川たまき・仲村トオルが出演した舞台 ケムリ研究室 no.2『砂の女』9月30日から期間限定でオンデマンド配信
14
公演終了 08月22日(日) 〜 09月10日(金)
箱田暁史
「痛快なエンターテインメントとして表現できれば」新国立劇場『イロアセル』箱田暁史インタビュー
3
公演日程 11月11日(木) 〜 11月28日(日)
NODA・MAP番外公演『THE BEE』
阿部サダヲ、長澤まさみ等の出演で9年ぶりに上演! NODA・MAP番外公演『THE BEE』11月1日から東京・大阪で上演
30
公演日程 11月01日(月) 〜 12月26日(日)
KAATカナガワ・ツアー・プロジェクト 第一弾 冒険者たち ~JOURNEY TO THE WEST~
柄本時生、菅原永二らが演じる三蔵法師一行が神奈川県内で大冒険! 『冒険者たち』2022年2月からKAATほか県内6都市を巡演
6
公演日程 02月08日(火) 〜 03月19日(土)
劇団☆新感線『狐晴明九尾狩』10月6日(水)にライブビューイング
中村倫也、吉岡里帆、向井理らが出演の劇団☆新感線『狐晴明九尾狩』10月6日(水)に全国の映画館でライブビューイング生中継
132
公演中 09月17日(金) 〜 11月11日(木)
ミュージカル『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』
鈴木拡樹と三浦宏規がWキャストで出演 ミュージカル『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』がシアタークリエで開幕
9
公演終了 08月26日(木) 〜 09月11日(土)
ピンク・リバティ『とりわけ眺めの悪い部屋』出演者
山西竜矢が主宰するピンク・リバティ 2年半ぶりの新作公演『とりわけ眺めの悪い部屋』11月10日(水)から浅草九劇で上演
8
公演日程 11月10日(水) 〜 11月14日(日)
舞台『ムサシ』
藤原竜也、溝端淳平、鈴木杏らが出演の舞台『ムサシ』8月25日(水)から彩の国さいたま芸術劇場で開幕
15
公演中 08月25日(水) 〜 10月24日(日)
朗読劇 天切り松 闇がたり ~闇の花道~
市川猿之助の新たな演劇プロジェクトに尾上右近、石橋正次らが出演 猿之助と愉快な仲間たち『朗読劇 天切り松 闇がたり ~闇の花道~』9月6日から京都芸術劇場 春秋座で上演
16
公演終了 09月06日(月) 〜 09月08日(水)
緒川たまき・仲村トオル 撮影:引地信彦
緒川たまき・仲村トオル出演舞台 ケムリ研究室 no.2『砂の女』8月22日にシアタートラムで開幕/9月9日から兵庫で上演
2
公演終了 08月22日(日) 〜 09月10日(金)
ミュージカル『オリバー』歌唱披露イベント
【動画5分】市村正親、武田真治、濱田めぐみ、ソニンらが子役たちと共に劇中歌を披露! ミュージカル『オリバー』歌唱披露イベント
119
公演日程 10月07日(木) 〜 12月14日(火)
『ブライトン・ビーチ回顧録』
佐藤勝利らが出演 ニール・サイモンによる心あたたまる自伝的名作『ブライトン・ビーチ回顧録』9月18日(土)から東京・京都で上演
124
公演中 09月18日(土) 〜 10月13日(水)
『Greatest Moment』
レジェンドたちが豪華共演 宝塚歌劇 花組・月組100th anniversary『Greatest Moment』11月3日から大阪・東京で上演
18
公演日程 11月03日(水) 〜 11月22日(月)
KUNIO10『更地』©️吉野洋三
南沢奈央、濱田龍臣が杉原邦生の演出で二人芝居に挑む KUNIO10『更地』10月9日(土)から京都・新潟・東京で上演
10
公演日程 10月09日(土) 〜 11月14日(日)
新国立劇場バレエ団『白鳥の湖』 ©Takuya Uchiyama
演劇的要素が盛り込まれた重厚な作品に 新国立劇場バレエ団『白鳥の湖』10月23日からオペラパレスで上演
19
公演日程 10月23日(土) 〜 11月03日(水)
TEAM909「憧れはいつも隣にいた」
舞台は色のない世界。TEAM909による青春カルトサスペンス『憧れはいつも隣にいた』8月28日、29日にひつじ座にて上演
6
公演終了 08月28日(土) 〜 08月29日(日)
『BROADWAY MUSICAL LIVE 2021』出演者
鈴木壮麻、湖月わたる、大原櫻子らが豪華共演! 『BROADWAY MUSICAL LIVE 2021』 11月13日、14日に東京建物 Brillia HALLで開催
21
公演日程 11月13日(土) 〜 11月14日(日)
ナイロン100℃ 『イモンドの勝負』出演者
ナイロン100°C 約3年ぶりの劇団公演は本道のナンセンスコメディ!『イモンドの勝負』 11 月 20 日(土)から下北沢・本多劇場で上演/兵庫、広島、北九州公演あり
22
公演日程 11月20日(土) 〜 12月26日(日)
左から堤真一、黒木華 中島裕翔(Hey! Say! JUMP)
黒木華、中島裕翔(Hey! Say! JUMP)、堤真一らが出演の舞台『ウェンディ&ピーターパン』8月13日(金)にBunkamuraオーチャードホールで開幕
12
公演終了 08月13日(金) 〜 09月05日(日)
(左から)高畑淳子、渡辺えり
渡辺えり、高畑淳子らが出演の喜劇『老後の資金がありません』8月13日(金)に新橋演舞場で開幕
24
公演終了 08月13日(金) 〜 09月15日(水)
音楽劇『海王星』
寺山修司が「天井棧敷」結成前に書いた未上演作品に山田裕貴、松雪泰子、ユースケ・サンタマリアらが出演! 音楽劇『海王星』12月6日(月)からPARCO劇場で上演
16
公演日程 12月06日(月) 〜 12月30日(木)
slatstick produce petitslat #1「SAME TIME, NEXT YEAR」
大人のロマンチックコメディーの金字塔「セイムタイム・ネクストイヤー」をslatstickプロデュースで8月20日~22日までSPACE9で上演
3
公演終了 08月20日(金) 〜 08月22日(日)
撮影:宮川舞子
のん、村上虹郎、宮藤官九郎ら豪華キャストが歌って踊って生演奏! 大パルコ人4マジロックオペラ『愛が世界を救います(ただし屁が出ます)』PARCO劇場で開幕
26
公演終了 08月09日(月) 〜 09月17日(金)
ブロードウェイ・ミュージカル『エニシング・ゴーズ』左から大野拓朗・紅ゆずる
【動画3分】紅ゆずるが名曲を軽やかに歌い踊る! ミュージカル『エニシング・ゴーズ』8月11日(水)に東京・明治座で開幕
171
公演中 08月11日(水) 〜 10月05日(火)
ミュージカル『CROSS ROAD~悪魔のヴァイオリニスト パガニーニ~』
中川晃教&相葉裕樹/水江建太(Wキャスト)主演 藤沢文翁の新作ミュージカル『CROSS ROAD~悪魔のヴァイオリニスト パガニーニ~』2022年6月、シアタークリエで上演
22
生駒里奈、田村心、池田純矢
【動画3分】生駒里奈×池田純矢W主演 エン*ゲキ#05「-4D-imetor」が紀伊國屋ホールで開幕
24
公演終了 08月05日(木) 〜 08月29日(日)

 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2021 Village Inc.