• HOME
  • 最新情報
  • 舞台・演劇
  • ある殺人に関する物語と、ある愛に関する物語『デカローグ 5・6』5月18日(土)から新国立劇場 小劇場で開幕

ある殺人に関する物語と、ある愛に関する物語『デカローグ 5・6』5月18日(土)から新国立劇場 小劇場で開幕

『デカローグ5』撮影:宮川舞子
『デカローグ5』撮影:宮川舞子

舞台『デカローグ 5・6』が、5月18日(土)から新国立劇場 小劇場で開幕した。

 
『デカローグ』は、「トリコロール」三部作、『ふたりのベロニカ』で知られる、ポーランドの名匠クシシュトフ・キェシロフスキが発表した作品。旧約聖書の十戒をモチーフに 1980年代のポーランド、ワルシャワのとある団地に住む人々を描いた十篇の連作集だ。人間を裁き断罪するのではなく、人間を不完全な存在として認め、その迷いや弱さを含めて向き合うことが描かれたこの作品は、人への根源的な肯定と愛の眼差しで溢れているという。
十篇の物語は、オムニバス形式のそれぞれが独立した1時間前後の作品です。別々の作品でありながら、緩やかにリンクし、実はひそかなつながりを持っているというのも見どころの一つだ。

上演台本は『私の一ケ月』(2022年)の作家、須貝英が担当。演出は新国立劇場演劇芸術監督の小川絵梨子と、『エンジェルス・イン・アメリカ』二部作(2023年)の演出を手掛けた上村聡史の二人が手がける。
そして、全篇に登場する、登場人物たちを見守る”天使“と呼ばれる存在。物語ごとに全く違う職業の人間になり、各エピソードの主人公の選択や岐路には関与せず、ただ見守るという難役を、小川、上村両名が信頼を寄せる、亀田佳明が演じる。

 
全10話を大きく3つのブロックに分け、4~5月は『デカローグ1~4』を、5~6月は『デカローグ5~6』を、そして6~7月は『デカローグ7~10』を上演する。

今回、5月18日(土)に開幕したのは、十戒の「殺してはならない」に対応する、小川絵梨子演出の「デカローグ5 ある殺人に関する物語」。そして「姦淫してはならない」に対応する、上村聡史演出の「デカローグ6 ある愛に関する物語」だ。

『デカローグ5』撮影:宮川舞子
『デカローグ5』撮影:宮川舞子

デカローグ5 ある殺人に関する物語 [演出:小川絵梨子]

<あらすじ>
20歳の青年ヤツェク(福崎那由他)は、街中で見かけた中年のタクシー運転手ヴァルデマル(寺十 吾)のタクシーに乗り込み、人気のない野原で運転手の首を絞め、命乞いする彼に馬乗りになり石で撲殺する。
殺人により法廷で裁かれることになったヤツェクの弁護を担当したのは、新米弁護士のピョトル(渋谷謙人)だった……。

 

福崎那由他
「デカローグ」プログラムC、初日開幕致しました。僕が出演するデカローグ5は観た人によって思うこと、抱く感情が違うと思っています。僕自身が皆様一人一人に感想を聞きたくなる、そんなお話です。演出の小川絵梨子さんを始め、キャストやスタッフの皆様と共に深めてきたデカローグの世界観を、是非沢山の方々に感じていただきたいです。最後まで怪我なくヤツェクとして舞台の上で生きられてるよう、全力を尽くして頑張ります。

渋谷謙人
敬愛する演出家が温めてきた作品に参加できた事をとても嬉しく思うのと同時に、彼女の作りたい演劇、そしてこの素晴らしい脚本を少しでも体現したいという一心で、毎日稽古に食らいつく日々でした。僕がキェシロフスキの映画を観て感じた衝撃を、劇場で体感して頂けたら幸いです。素晴らしいスタッフと温かい優秀な共演者に感謝しながら、全身全霊で千穐楽までピョトルを演じさせていただきます。

寺十 吾
本日無事初日を迎えられた事を感謝します。
改めて沢山の方々に支えられて舞台が成立しているのだと強く実感しています。
今日から14ステージ14回殺されるのかと思うとまるでRPGをやっているかの様な錯覚を憶えます。ああ、またここで殺されるのか、ならば、それまでをより実感を持ってしっかり生きようと思う初日でした。そして1〜6話まで観て頂いたお客様に是非「全話観たい!」と思って頂けるよう、一意専心頑張ります。

 
『デカローグ6』撮影:宮川舞子
『デカローグ5』撮影:宮川舞子

デカローグ6 ある愛に関する物語 [演出:上村聡史]

<あらすじ>
郵便局に勤務する19歳のトメク(田中 亨)。彼はシリアに派遣されている友人の母親マリアと暮らしていた。そして彼は向かいに住む30代の魅力的な女性マグダ(仙名彩世)の生活を日々望遠鏡で覗き見ていた。マグダと鉢合わせしたトメクは、彼女に愛を告白するが、自分に何を求めているのかとマグダに問われてもトメクは答えられない。その後デートをした二人、マグダはトメクを部屋に招き入れるが……。

 

仙名彩世
無事に初日を迎えることができました!
ありがとうございます!
作品を創り上げていく稽古場はいつも豊かな想像力と活気に溢れていて、私自身、色んな所に寄り道したり迷ったりしながらも、少しずつ積み重ねて来られたように感じています。
ぜひ劇場で登場人物それぞれの人生を見つめていただけたらと思います。
みなさまのご来場をお待ちしています!

田中 亨
いよいよ始まりました。あっという間の開幕です。無事に初日を迎えられた事にホッとしています。
前半の5話と、後半の6話にかけて、心が忙しい毎日になりそうですが、楽しみながら、千秋楽まで頑張りたいと思います。劇場でお待ちしております。

詳細は公式サイトで。
https://www.nntt.jac.go.jp/play/dekalog-c/

(文:エントレ編集部)

『デカローグ 5・6』

【公演期間】2024年5月18日(土)~6月2日(日)
【会場】新国立劇場 小劇場

【原作】クシシュトフ・キェシロフスキ、クシシュトフ・ピェシェヴィチ
【翻訳】久山宏一  【上演台本】須貝 英  【演出】小川絵梨子/上村聡史

デカローグ5  ある殺人に関する物語
演出:小川絵梨子
出演: 福崎那由他、渋谷謙人、寺十 吾 / 斉藤直樹、内田健介、名越志保、田中 亨、坂本慶介 / 亀田佳明

デカローグ6 ある愛に関する物語
演出:上村聡史
出演:仙名彩世、田中 亨 / 寺十 吾、名越志保、斉藤直樹、内田健介 / 亀田佳明

公式サイト
https://www.nntt.jac.go.jp/play/dekalog-c/

関連記事一覧