【動画3分】新国立劇場でミュージカル『ロミオ&ジュリエット』開幕 


©ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』公演事務局【撮影:渡部考弘/田中亜紀】

5月16日より、新国立劇場にてミュージカル『ロミオ&ジュリエット』が開幕した

本作は、2001年にフランスで生まれ、世界20カ国以上で600万人以上を動員したメガヒット作品だ。
日本では小池修一郎演出により2010年に宝塚歌劇団によって初演され、2011年にミュージカル『ロミオ&ジュリエット』〈日本オリジナルバージョン〉が誕生。
有名なシェイクスピアの名作を原作としながら、“ティボルトの従妹ジュリエットへの密かな恋情”、“ロミオに恋人の死をベンヴォーリオが伝える”といったオリジナルの設定を加え、登場人物の葛藤をより繊細に描き出し、全編を通じて登場する”死のダンサー”によって愛と死、破壊と再創造といった哲学的テーマを表出させている。
2017年に演出を一新し、今回が2021年以来3年ぶり6度目の上演となる。

2024年公演のロミオ役を務めるのは、『ジャンヌ・ダルク』『キングダム』など多くの舞台に出演経験のある小関裕太と、2.5次元作品を中心に活躍し、本人たっての希望でオーディションに挑み、出演が決定した岡宮来夢。
ジュリエット役には、22年までミュージカル『ピーターパン』の10代目ピーターパンを務めた吉柳咲良と、本作が初舞台・初ミュージカルとなる奥田いろは(乃木坂46)。

ベンヴォーリオ役には内海啓貴と石川凌雅、マーキューシオ役に伊藤あさひと笹森裕貴、ティボルト役に太田基裕と水田航生。
死のダンサー役を栗山廉(K-BALLET TOKYO)とキム・セジョン(東京シティ・バレエ団)、キャピュレット夫人役を彩吹真央、乳母役を吉沢梨絵、ロレンス神父役を津田英佑、モンタギュー卿役を田村雄一、モンタギュー夫人役をユン・フィス、パリス役を雷太、ヴェローナ大公役を渡辺大輔、キャビュレット卿役を岡田浩暉が演じる。

本作の公開舞台稽古が行われ、報道向けに公開された。
ロミオ:小関裕太
ベンヴォーリオ:内海啓貴
死:栗山廉(K-BALLET TOKYO)
ジュリエット:吉柳咲良
マーキューシオ:伊藤あさひ
ティボルト:太田基裕
以下の動画はこれを撮影、編集したもの。【動画3分】

 

あらすじ

キャピュレット家とモンタギュー家が代々憎しみ合い、争いを続けてきたイタリアの街・ヴェローナ。
治まらない両家の争いに苦悩した大公は「今後、争いごとを起こした者を処する」と言い渡す。
大人たちの確執とは無縁の両家の子供達、ロミオとジュリエット。ふたりはそれぞれ未来の大恋愛を夢見ている。

ある日、キャピュレット家ではひとり娘のジュリエットに、大富豪パリス伯爵を求婚者として紹介しようと舞踏会を開催。
そこへ、モンタギュー家のひとり息子ロミオが友人のベンヴォーリオ、マーキューシオと共に忍び込む。
その舞踏会で、ロミオ&ジュリエットは運命的な出会いをはたし、一目惚れの恋に落ちた。
舞踏会にモンタギュー家の侵入者がいることに気付いたティボルト(ジュリエットの従兄弟)の介入で、お互いが敵対する家の者だと知り、ショックを受ける。
しかし気持ちをおさえきれないふたりは、密かにジュリエットの部屋のバルコニ一で永遠の愛を誓い合う。
ふたりの強い気持ちに心打たれたロレンス神父は、この結婚が憎みあう両家の和解に繋がるかもしれないと考え、密かにふたりの結婚式を執り行う。

しかし、そんな矢先、両家の若者の間でいさかいが勃発。
ロミオは仲裁に入るが、親友のマーキューシオがティボルトに刺され、親友の死を目の当たりにしたロミオは逆上し、ティボルトを殺してしまう。
真昼の街中で起きた惨劇は、瞬く間に人々に知れ渡り、ロミオはヴェローナから永久追放されるがジュリエットの乳母の計らいで、夜が明けるまでのつかの間の時間、結婚初夜を過ごすことができる。

ひばりが鳴くころジュリエットに別れを告げ、ロミオはヴェローナを後にマントヴァへ向かう。
ふたりの結婚の事実を知ったキャピュレット卿は、ジュリエットとパリス伯爵をすぐに結婚させてしまおうと企てる。その事を知ったジュリエットは、ロレンス神父に救いを求めに行く。打ちひしがれるジュリエットをみかねたロレンス神父は、仮死状態になる薬をジュリエットに渡し、眠りから覚める前にロミオを霊廟に向かわせるという策略を企てる。しかし、神父からの計画の知らせはロミオの元には届かなかった…。

親友のベンヴォーリオから、ジュリエットの死を聞かされたロミオは、ジュリエットの居るヴェローナへと急ぐ。
愛する人の横たわる姿を目の前に苦悩する口ミオ。
ロミオはジュリエットに最後の愛を告げ、死の世界での再会を約束し、毒薬を飲んで自ら命を絶つ。仮死状態から目覚めたジュリエット。
隣には、冷たくなったロミオが横たわる。息絶えたロミオを目撃したジュリエットもまた、彼なしでは生きていきえないと自らの命を絶つ。
冷たくなったふたりを前に事の結末を信じられない、ロレンス神父。

両家の対立が招いた悲劇。罪びととなってしまった両家の人々。
死の世界で結ばれたふたりを前に、争いの「醜さ・むなしさ」を知る。
両家の人々は永い争いに終止符を打ち、手と手を取り合う。

ふたりの真実の愛は、固く閉ざされていた両家の人々の心を動かしたのだ・・・・・。

 

コメント

【小関裕太(ロミオ役/Wキャスト)】

ロミジュリ2024が開幕いたします!
6度目の上演となる演目ですが、リハーサル時に演出の小池先生がおっしゃっていた「新しいロミジュリが見れた。とても新鮮でした。」という言葉がとても印象的で嬉しかったです。
400年以上愛される戯曲「ロミオ&ジュリエット」の作品が持つパワーと、小池先生の潤色による美しさと儚さを大事にしながら、この新メンバーでしか辿り着けない公演にできたらと意気込んでいます。
名作の今を楽しんでいただけますように。

【岡宮来夢(ロミオ役/W キャスト)】
いよいよ2024年版、僕たちが創ってきた「ロミオ&ジュリエット」の幕が上がります。
ずっと憧れていたロミオになります。
僕は今回スケジュールの都合上、なかなか稽古に参加することが叶いませんでした。
ですが参加するたびにカンパニーの皆さんがどんどん素敵になっていっているのを見て、焦る気持ちもありましたが、このカンパニーの一員であることを誇らしく思い、僕も頑張ろうと自分を奮い立たせて準備を進めてきました。
僕がここまで辿り着くことができたのは小池先生はじめ、キャストの皆様、スタッフの皆様、そして何より、小関裕太くんと中村翼くんのおかげです。
心から感謝しております。
歴代の皆様が命を吹き込んできたこの作品を、僕たちの色で自信を持ってお届けします。
是非楽しみにしていてください!
劇場でお待ちしております!

【吉柳咲良(ジュリエット役/Wキャスト)】
毎日積み重ねていく稽古の中での新しい発見や、自分自身の中の心情の変化。沢山のことを経て、やっと、本番を迎えます。
私が見てきた稽古場は、毎日たくさんのトキメキで溢れていて、充実感でいっぱいでした。カンパニーの皆さんの熱量や迫力は想像を遥かに超えるもので、何度もパワーをいただきましたし、涙が止まらない時ばかりでした。
20歳になったとはいえ私はまだまだ悩むことだらけで、ロミオのお二人をはじめ、他のキャストの皆様の支えが本当に大きかったなと感じております。何よりも、私には心強いダブルキャストである奥田いろはさんがいたおかげで、乗り越えられてきた日々でもありました。
そんな素敵なカンパニーで作り上げる2024年版の「ロミオ&ジュリエット」が、どのように皆様に届くのか、今はただ楽しみでなりません。長く愛され続け、再演され続けるこの作品を私自身も、最後まで向き合い、愛し抜けたらと思います。
これから東京、愛知、大阪とたくさんの公演をさせていただけるので、カンパニー一同、全力で、安全に、楽しく最後まで走り抜けられるよう切磋琢磨して頑張っていきますので、温かく見守っていただけたらと思います。
最後までどうか、よろしくお願い致します。

【奥田いろは(ジュリエット役/Wキャスト)】
最初から最後まで何度も通して稽古して、客観的にも沢山作品と向き合ってきましたが、毎回新しい発見があり新鮮な日々でした。何度見てもときめくし、悲しいし、虚しいし、美しい。
作品自体の力も大きいけれどやっぱりー人一人の努力がゆえにここまで作品の魅力を引き出せてるなと思います。
初めて舞台に出演させていただくので、お稽古が始まった最初の頃は何も分からず、本当にゼロの状態だった私に、演出の小池先生はじめキャスト・スタッフの皆さんからのアドバイスでようやく私の中のジュリエットを見つけ、掴んできています。
皆さんにお届けするのが楽しみです!
このお稽古期間、カンパニーの皆さんに助けられて励まされてすごく救われてきました。
何があってもそばにいてくれた同じジュリエット役の吉柳咲良さん、そしてロミオのお二人をはじめとするキャストの皆さん、スタッフの皆さんへも感謝の気持ちを込めていいお芝居ができるようまだまだ頑張りたいと思います!
ぜひ劇場にお越しください、お待ちしています!

詳細は公式サイトで。
https://www.rj-2024.com/

(撮影・文:西出佳礼)

公演情報

ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』

【原作】ウィリアム・シェイクスピア
【作】ジェラール・プレスギュルヴィック
【潤色・演出】小池修一郎(宝塚歌劇団)
【出演】小関裕太/岡宮来夢、吉柳咲良/奥田いろは(乃木坂46)
内海啓貴/石川凌雅、伊藤あさひ/笹森裕貴、太田基裕/水田航生
栗山廉(K-BALLET TOKYO)/キム・セジョン(東京シティ・バレエ団)
彩吹真央、吉沢梨絵、津田英佑、田村雄一、ユン・フィス、雷太、渡辺大輔、岡田浩暉 ほか

2024年5月16日(木)~6月10日(月)/東京・新国立劇場 中劇場
2024年6月22日(土)・6月23日(日)/愛知・刈谷市総合文化センター
2024年7月3日(水)~7月15日(月・祝)/大阪・梅田芸術劇場メインホール

公式サイト
https://www.rj-2024.com/

関連記事一覧