2022.8.18  3

岡本健一と成河による二人芝居『建築家とアッシリア皇帝』11月21日からシアタートラムで上演



『建築家とアッシリア皇帝』宣伝美術:秋澤一彰 宣伝写真:山崎伸康
『建築家とアッシリア皇帝』 Ⓒ宣伝美術:秋澤一彰 宣伝写真:山崎伸康
 

岡本健一と成河による二人芝居『建築家とアッシリア皇帝』11月21日からシアタートラムで上演。

 
『建築家とアッシリア皇帝』は、自らの作品を「テアトル・パニック(恐慌の演劇)」と称した劇作家フェルナンド・アラバールによる作品。
1967年にパリで初演。以来、55年を経た今でも色褪せない衝撃作として、世界各地で上演され続けている。

日本では1974年に劇団雲で皇帝役・山﨑努、建築家役・立川三貴(旧芸名・光貴)の2人による上演が注目を集めた。
そして今回は、山﨑努を師と仰ぐ岡本健一が同じ皇帝役を演じ、建築家役は成河が演じる。

演出は文学座の生田みゆきが手がける。

 
『建築家とアッシリア皇帝』宣伝美術:秋澤一彰 宣伝写真:山崎伸康
『建築家とアッシリア皇帝』 Ⓒ宣伝美術:秋澤一彰 宣伝写真:山崎伸康

 

STORY

“なんでもいいから俺に奇跡を見せてくれ、お前の存在を感じたいんだ”

絶海の孤島に墜落した飛行機から現れた男は自らを皇帝(岡本健一)と名乗り、島に先住する一人の男を建築家(成河)と名付けて、近代文明の洗礼と教育を施そうとする。お互いの存在を求め合いながらも、ぶつかりあう二人。
そのうち二人は、いろいろな人物の役を演じはじめ、心の底にある欲望、愛憎、そして罪の意識をあからさまに語り出す。

その行為はやがて衝撃的な結末を生みだすきっかけになっていく……。

 

生田みゆきコメント

『建築家とアッシリア皇帝』を初めて読んだのは数年前のことですが、たくさんの要素が詰め込まれた膨大な台詞に面喰らったり、母親に対する異常なまでの愛憎に一女性として戸惑ったりしつつも、演劇という表現に託して何かをしつこく描き出そうとする作家の途轍もないエネルギーにとにかく圧倒されたことを覚えています。このエネルギーが、作家が幼少期に経験したスペイン内戦に深く根差していることは多くの方が指摘されていますが、その悲しみや憤りが少し実感をもって私に迫ってきたのは、今年2月のロシアによるウクライナへの軍事侵攻以降でした。

連日様々なメディアを通して伝わってくる戦地の惨状と各国の対応。ある日を境に突然日常が崩壊し死が迫る不条理に怒りを覚えつつも、正義と悪という風に極めて単純化された構図の報道や、西側諸国のウクライナに対する手厚い支援から垣間見える無意識の人種差別に対する疑問なども浮かんできました。
そんな中で戯曲を改めて読みなおしたときに、演出の道筋がおぼろげながらも見えてきたように思えました。これまで実験精神や開拓心のある作品を数々送り出してきたシアタートラムで、客席と一体感のある空間や、この戯曲の中に散りばめられた遊びの要素を最大限に生かしながら、より良き未来を目指す人類の矛盾と葛藤を、赤裸々に描き出せたらと目論んでいます。

そして岡本健一さんと成河さんは、そんなハードな挑戦にユーモアを忘れずに果敢に飛び込んでくださる素晴らしい舞台人だと感じています。「皇帝」を名乗る男は、尊大であると同時に卑屈でもあるという振幅の大きなキャラクターです。岡本さんの少年のような自由さと好奇心そして正直さが、どのような表現となって立ち上がるのかとても楽しみです。そしてその皇帝を受け止める「建築家」は、いつも作品の細部まできちんと把握したうえで相手役のすべてを受け入れて、自分もどんどん飛躍される成河さん。「二人芝居」という、人間同士の関係が最もシンプルな形で構成されている戯曲ですが、「ごっこ遊び」を利用してその関係はどんどん変化します。

演出者としては、岡本さんと成河さんが持っていらっしゃる強靭な声と身体を駆使して遊び倒せる空間を準備し、今こそ上演する意義のある作品を創りたいと思います。劇場でしか体感できない生の身体を、是非お楽しみください。

 
岡本健一コメント
この作品を 2022年11月・12月に上演するということに、私は心を躍らせています。
躍らせているとともに、感傷的に陥ったり、攻撃的な感情が高鳴ってきたり、支離滅裂な思いをひとつひとつに細かく細分化したり、そして何よりも成河との二人芝居であることに、全く予想のつかない事件性のある過激で愛に溢れた物語になるのだと思います。
登場人物が、どんな喋り方をするのか、どんな気持ちで時間が進んで行くのか、私自身がどのような姿になっていくのか、何も決められない、決めてはいけないような作品な気がします。
演出の生田さんが、ごく普通のマトモな人間とは言えない私達二人を何処に導いてくれるのかも予想がつきません。
演劇は LIVE なのだと思います。
今までに自分が関わってきた演劇の中で、こんなにも凄まじい戯曲は初めてです。
あらゆる枠を超えてしまっている、今の私達でしか成り得ない自由で演劇ならではの二人芝居。
是非、シアタートラムという冒険心が豊かで濃密な劇場で体感して下さい。
要必見です。

 
成河コメント
ありそうでなさそうな奇妙な設定、色鮮やかな演劇ごっこみたいな楽しさが散りばめられていたかと思ったら、明確な近代文明批判を繰り広げたり、突如としてドロドロの人間心理の闇に落ちていったり。とにかく読み解くのに相当なエネルギーのいる作品です。これを「不条理演劇」とひとことで言い表すのは現代としてはやはりそぐわない、今からおよそ60年前の先鋭の娯楽、思想というのはともすれば古びたものに感じてしまう、その難しさも感じています。この戯曲を現代に開いていくのはとても大きな挑戦であり、大冒険です。

僕が強く惹かれるのは、アラバールが筆を打ち付けるようにして書いた、言外の雑多なエネルギーです。言葉で説明出来るものを優に超えたところにある、強い執念のようなもの。それを現代の感覚でどこまで具体的に掴めるか、そういう挑戦になると思います。掴んで、開く。
その作業を岡本健一さん、生田みゆきさんと、こだわりにこだわりにこだわり抜いて、やってみようと思います。大冒険です。

 
公演の詳細は公式サイトで。
https://setagaya-pt.jp/performances/202211assyria.html

 
(文:エントレ編集部)

 

 

公演情報

『建築家とアッシリア皇帝』

【作】フェルナンド・アラバール
【翻訳】田ノ口誠悟
【上演台本・演出】生田みゆき

【出演】
岡本健一 成河

 
2022年11月21日(月)~12月11日(日)/東京・シアタートラム

  
公式サイト
https://setagaya-pt.jp/performances/202211assyria.html

チケットを探す
ぴあicon ローチケicon イープラス

最近の記事

ミュージカル『モダン・ミリー』写真提供:東宝演劇部
仕事も恋も”計画と違う”ことばかり! ミュージカル『モダン・ミリー』観劇レビュー
2
公演中 09月07日(水) 〜 10月02日(日)
SHINKANSEN☆RX『薔薇とサムライ2 -海賊女王の帰還-』ライブビューイング 11月26日(土)に開催
古田新太、天海祐希らの出演で大ヒット上演中の新感線☆RX『薔薇とサムライ2−海賊女王の帰還−』ライブビューイングが11月26日(土)に開催
56
公演中 09月09日(金) 〜 12月06日(火)
演劇ユニットスターチス『絢爛とか爛漫とか~モダンガール版~』
多くのカンパニーで上演され続けた名作! 演劇ユニットスターチス『絢爛とか爛漫とか~モダンガール版~』10月15日(土)から東京・キーノート・シアターで上演
3
公演日程 10月15日(土) 〜 10月16日(日)
『コムサ de MANZAI!』
室龍太が気持ちいい程ツッコミまくる!『コムサdeMANZAI!』観劇レビュー
41
公演中 09月15日(木) 〜 10月08日(土)
昭和精吾事務所が寺山修司戯曲原作の歌と語りの音楽アルバム『仮面劇・犬神』を全国発売
昭和精吾事務所が寺山修司戯曲原作の歌と語りの音楽アルバム『仮面劇・犬神』を全国発売/9月23日に発売記念ライブ『天蓋境』を開催/11月に演劇公演
22
公演日程 11月11日(金) 〜 11月13日(日)
舞台『わたしがピアスをあけたLala...』
NGT48三村妃乃主演「親子」×「ラップ」×「コメディー」!? NBOpresent『わたしがピアスをあけたLala…』11月30日から東京・福島で上演
107
公演日程 11月30日(水) 〜 12月18日(日)
『歌妖曲〜中川大志之丞変化〜』製作発表 撮影:田中亜紀
【動画9分】中川大志、松井玲奈らが出演する音楽劇『歌妖曲〜中川大志之丞変化〜』製作発表レポート
50
公演日程 11月06日(日) 〜 12月25日(日)
『8人の女たち』
8人の真実が生む一つの結末とは『8人の女たち』観劇レビュー
64
公演終了 08月27日(土) 〜 09月12日(月)
SHINKANSEN☆RX『薔薇とサムライ2 -海賊女王の帰還-』古田新太・天海祐希 撮影:田中亜紀
【動画3分】古田新太の石川五右衛門&天海祐希の海賊女王アンヌのコンビがついに復活! 新感線☆RX『薔薇とサムライ2−海賊女王の帰還−』富山公演が開幕/前作のゲキ×シネ上映も
117
公演中 09月09日(金) 〜 12月06日(火)
妄烈キネマレコード2作品同時公演『真昼間の君にさようなら/真夜中のユートピア』
【名古屋】「昼」と「夜」、同じ場所で巻き起こる2つの物語 妄烈キネマレコード2作品同時公演『真昼間の君にさようなら/真夜中のユートピア』9月22日(木)からG/PITにて上演
16
公演終了 09月22日(木) 〜 09月25日(日)
鈴木裕美
【9/28締切】演出家 鈴木裕美による俳優のためのワークショップ参加者募集
5
「WORLD ~Run for the Sun~」
校條拳太朗、杉江大志、佐々木優佳里らが出演の舞台『WORLD ~Run for the Sun~』スペース・ゼロで開幕/9月11日(日)まで
6
公演終了 09月03日(土) 〜 09月11日(日)
劇団☆新感線「薔薇とサムライ」舞台写真 古田新太、天海祐希
劇団☆新感線『薔薇とサムライ2-女王の帰還-』の上演を記念して ゲキ×シネ『薔薇とサムライ』などが各地で上映!/9月12日(月)の富山上映から開始
19
公演終了 09月12日(月) 〜 (木)
100点un・チョイス!『誰かが彼女を知っている』
多田​直人、花奈澪、松村優、近江谷太朗らが出演 100点un・チョイス!『誰かが彼女を知っている』中野 ザ・ポケットで開幕/上演は9月4日(日)まで
27
公演終了 08月31日(水) 〜 09月04日(日)
舞台『蜘蛛巣城』
早乙女太一、倉科カナが
《戦乱の世に翻弄される若き夫婦役》で出演 赤堀雅秋 演出舞台『蜘蛛巣城』2023年2月25日からKAAT神奈川芸術劇場ほかで上演
59
公演日程 02月25日(土) 〜 03月12日(日)
『レオポルトシュタット』に出演の音月桂
浜中文一、音月桂らが出演の舞台『レオポルトシュタット』10月14日から新国立劇場中劇場で上演/音月桂のインタビューが到着
43
公演日程 10月14日(金) 〜 10月31日(月)
ミュージカル『ダディ・ロング・レッグズ』
“幸せの秘密は目の前にある” ミュージカル『ダディ・ロング・レッグズ』観劇レビュー
88
公演終了 08月14日(日) 〜 08月31日(水)
ミュージカル『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』撮影:伊藤智美
岩本照が軽やかに欺く!ミュージカル『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』観劇レビュー
296
公演終了 08月11日(木) 〜 09月15日(木)
音楽劇『スラムドッグ$ミリオネア』写真提供/東宝演劇部
人生を切り開くエネルギー溢れる 音楽劇『スラムドッグ$ミリオネア』観劇レビュー
58
公演終了 08月06日(土) 〜 09月11日(日)
『建築家とアッシリア皇帝』宣伝美術:秋澤一彰 宣伝写真:山崎伸康
岡本健一と成河による二人芝居『建築家とアッシリア皇帝』11月21日からシアタートラムで上演
3
公演日程 11月21日(月) 〜 12月11日(日)
寺で出来る演劇『クォンタム・アリアの碧い首』
東京・大阪の「寺」で演劇公演!「クォンタム・アリアの碧い首」作演出に架空畳の小野寺邦彦/8月26日開幕
9
公演終了 08月26日(金) 〜 08月28日(日)
ミュージカル『ダディ・ロング・レッグズ』写真提供:東宝演劇部
【動画3分】井上芳雄・上白石萌音によるミュージカル『ダディ・ロング・レッグズ』シアター1010で開幕/8月24日からはシアタークリエで上演
90
公演終了 08月14日(日) 〜 08月31日(水)
©音楽劇『刻』製作委員会/撮影:岩田えり
【動画2分】伊藤裕一、大沢健、大山真志、東山光明らの出演で《極限の愛》を描く 音楽劇『刻』浅草九劇で上演中/9月11日(日)まで
38
公演終了 08月04日(木) 〜 09月11日(日)
TEAM909 第7回公演『役役役役』
百花繚乱 人間模様の墓参りサスペンス! TEAM909 第7回公演『役役役役』8月20日、21日にひつじ座にて上演
8
公演終了 08月20日(土) 〜 08月21日(日)
浦井健治
ミュージカル『アルジャーノンに花束を』浦井健治の主演で2023年GWに上演
37
音楽劇『スラムドッグ$ミリオネア』写真提供/東宝演劇部
屋良朝幸、川平慈英出演の音楽劇『スラムドッグ$ミリオネア』8月6日(土)夜公演からシアタークリエで上演開始
35
公演終了 08月06日(土) 〜 09月11日(日)
撮影:宮川舞子 ©ニッポン放送
音が人をつなぐヒューマンストーリー 室龍太主演『ONAIR~この音をキミに~』観劇レビュー
95
公演終了 07月28日(木) 〜 08月14日(日)
『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』
佐々木蔵之介×プルカレーテのタッグが復活『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』11月23日から東京芸術劇場プレイハウスで上演
5
公演日程 11月23日(水) 〜 12月11日(日)
パルコ・プロデュース 2022『スルメが丘は花の匂い』 撮影:岡千里
シュールさとファンタジーの中にリアルのエッセンス『スルメが丘は花の匂い』観劇レビュー
22
公演終了 07月22日(金) 〜 08月26日(金)
令和座第3回公演『宗教研究クラブ』
宗教研究をテーマに展開する静かで奇妙な一幕劇 令和座『宗教研究クラブ』がAPOCシアターで開幕/上演は7月31日(日)まで
19
公演終了 07月27日(水) 〜 07月31日(日)

 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2022 Village Inc.