2022.2.24  9

[スタジオ術 Ⅰ ] 劇場を捨て、スタジオに籠ろう!? 〜日常と世界が交差する場所〜



[スタジオ術 Ⅰ ] 劇場を捨て、スタジオに籠ろう!? 〜日常と世界が交差する場所〜
[スタジオ術 Ⅰ ] 劇場を捨て、スタジオに籠ろう!? 〜日常と世界が交差する場所〜
 

[スタジオ術 Ⅰ ] 劇場を捨て、スタジオに籠ろう!? 〜日常と世界が交差する場所〜

 
ええ、先ずは個人的な近況報告(というには既に結構前の話だったりするのだが)となってしまいますが、“コロナ禍”なる言葉が生まれるが早いか、私は所有していた芝居小屋をさっさと手放し、その代わりに小規模だが本格的な録音が可能なレコーディングスタジオを所有すべく早速、準備を始めたのでした。

というわけで、今回はレコーディングスタジオのお話。

 
何故、レコーディングスタジオ?という向きも多いとは思いますが、これはもともと私自身が音楽家(作・編曲家)としてスタートしたこととも関係ありますが、そのキャリアの始めがちょうどプロ用録音機材の低価格化(とは言っても、今から比べると相当に高かった!)に伴い、ミュージシャンのプライベートスタジオという概念が定着しつつある頃だったというのが大きく影響している様な気がします。そう、漏れなく私も20代半ばにして、プライベートスタジオなるものを自宅近くの防音が施されたマンションの1室に設けました。

機材の低価格化とはいっても、当時の機材はそれなりに高額で、今みたいにMacにDAWソフトを入れればとりあえずOKとはいかなかった(それに当時はMacも信じられないぐらい高かった)。もちろん、私は大金持ちの御子息であろう筈もなく、そんな高額商品をとりあえず揃えてみるなんて芸当は出来っこない。

ところがある日、某タレントさんのスポンサー氏が200万円投資してくれると言うではないか! その当時、既にバブルはとっくにはじけており、そう易々とそんなうまい話にありつけるご時世ではなかったが、その“タレントさんの歌手デビューに向けて各種サポートをする”という条件と引き換えにまんまとスタジオ機材を手に入れたのでした。

8trデジタルレコーダーが1台40万近くしたがそれを2台、32チャンネルのミキサーが80数万、コンプレッサー、アンプ、スピーカー、マスターテープを作る為のDATレコーダー等々、締めて約200万円也。これがその後、音楽プロデューサーとして仕事をする上で活きて来るもんだから有難い。まあ、それはまた別の話。

 

このスタジオでは、当時テレビで活躍していたお笑い芸人の単独ライブ用音楽や台湾の女優兼歌手のプロデュース、各種イベントや企業案件の音楽、ミュージカル志望者の歌唱レッスン、果ては知り合いだった某芸能プロダクションの社長に頼まれて、その事務所の所属タレントのデモテープ録音に至るまで、頼まれればとりあえず何でもやったものです。当時は不本意だったけれど、今思い返すと20代青年音楽家の“駆け出し感”がなかなかいい感じです。

このマンションはデザインもテレビのセットの様な独特なものでしたが、その住人たちも各方面でご活躍されている音楽家の方ばかりでした。よくご挨拶したり、たまにお部屋(スタジオ)にお邪魔させて頂いたりしたのは、ムーンライダーズのキーボーディストで作・編曲家の岡田徹さんや、作曲家の小森田実さん。

天気の良い日にスタジオに行くと、その中庭でサングラス姿で寝椅子に寝転び、タバコを吸いながらキーボードマガジンやサウンド&レコーディングマガジンを読んでいる岡田さんが「おはよう!」と気さくに声をかけて下さる。「コーヒーでも如何ですか?」とハワイ在住の親戚から届いたチョコレート味のコーヒーを勧めると「じゃあ、ご馳走になっちゃおうかな」と僕のスタジオにいらっしゃる。僕のスタジオには公園のベンチみたいなベンチがあったのだけれど、3千円で買ったと告げると「えらいっ!」なんて褒められたっけ。

岡田さんはそのマンションの事を「ここはピカソの洗濯船みたいなものだから」と仰っていらした。ちなみにピカソの洗濯船とは、若かりし頃の貧乏なピカソが暮らし、他にもモディリアーニや、ピカソと共にキュビズムを生み出したジョルジュ・ブラックなどの画家、芸術家が多く暮らした、モンマルトルにある集合アトリエ兼住居のことである。実際のところ、洗濯船にしては皆さん既にご活躍されている方々ばかりで、海のものとも山のものとも分からない20代の若者は僕一人だったのだけれど・・・。  

まあ、それでも岡田さんの言わんとされていることはよく分かる様な気がする。実際、岡田さんからは色々教えて頂いたり、CDを貸して頂いたりしてかなり勉強になった。そして自分が当時の岡田さんと同じぐらいの歳になった現在、当時を振り返って「有難かったなあ」と思う反面、自分は後輩にあんなに気さくで寛大に接してきただろうかと反省したりもするのだ。

ムーンライダーズの曲で岡田さんの作曲した「ニットキャップマン」という曲があるが、これは僕の大好きな曲の一つで、聴く度に“音は人柄を表す”と思い知らされる。ちなみに、この曲は矢野顕子さんが歌うバージョンも存在するのだが、これなんかは音楽のみならず、スタジオで創造されうる演劇の一つの可能性を示していると言っても過言ではない様に思われる。

小森田さんは当時、SMAPの「SHAKE」が大ヒットする直前ぐらいで、確か初めて「SHAKE」を聴いたのも、小森田さんのスタジオで機材に関する説明をして頂いた際に小森田さんが歌っているバージョンだったと記憶している。後日、テレビC Mで曲が流れて「あっ、小森田さんの曲だ!」と思った記憶がある。僕は音楽に関する記憶は良い方なので、チラッと一部分耳にしただけだったけどハッキリ覚えていたのだ。

要するに、そこは日常と世界が交差する空間だったのだ。その後、アイドルの曲を書いたりなんかして立派なスタジオに籠らせてもらったり、その曲が「番組のエンディングに流れるよ」とか、サウンドプロデューサーとして取材を受けたりとか・・・自分自身、確かにそういう中に居たりもしたんだけれど、何かいつも他人事の様な気がしていた。気忙しくも淡々と過ぎていく単なる日常でしかなかった。

ちょっと位相をずらして演劇をやってみたところでそれは同じ。「ちょっと地味になったかなあ」ぐらいの差。まあ、見方を変えれば、それこそが曲がりなりにもプロの証ということなのかもしれないけれど、日常と世界が交差する創造の場、そう、あの感覚にはあれ以降出会っていない様な気がする。

 
実際のところ、僕があの新宿区の洗濯船に居たのは1〜2年ぐらいで、その後は事務所の一角にスタジオを移してしまったのだが、当時のことを何故だか最近よく思い出す。もしかすると、今回また再びスタジオを所有したことと、コロナ禍という他人とのコミュニケーションが取りづらい環境が続く中、脳の中で何かが整理、再構築されているのかもしれない。

 
さて、次回はいよいよ演劇における音楽制作について考えて行きたい。演劇人でパソコンを持っている方にはお役に立てる情報をお送りしたい。具体的には、音楽制作のインフラを如何に整えるか?と、具体的な音を如何に制作するのか?について、その歴史から具体的な機材、創作方法について、数回に分けてお送りしたいと思う。題して「演劇人のための音楽講座」。ないしは「演劇音楽講座」。まあ、そんな感じ。正式な名称は次回までの宿題ということでお願いします。

それでは。

 
 


 
⇒舞台制作スタッフや俳優・観客の役に立つコンテンツ集
制作コラム、映像制作コラムなどの読み物もあります!

 

 
(文:関口純 ※文章・写真の無断転載を禁じます)

この記事を書いたのは

関口純
劇作・演出・作曲家。楽劇座芸術監督として7年間で100作品以上の演出を担当する。曽祖父は新劇の演出家、祖母はギタリスト、父は新劇プロデューサー、母は女優という芸術一家に生まれる。幼少期よりピアノ、十代の頃より音大教授に作曲を師事。その後、クラシックからポップス、劇音楽に至るまで幅広い分野でミュージシャンとして活動する傍ら、劇作・演出家の津上忠氏のもとで演出の研鑽を積む。日本テレビ音楽(株)顧問(サウンドプロデューサー)等を経て、現職。

 

 

最近の記事

観客参加型ミステリー 安楽椅子版 『切り裂きジャックを待ちながら2022』
原作・有栖川有栖 観客参加型ミステリー 安楽椅子版『切り裂きジャックを待ちながら2022』11月5日(土)から大阪・世界館で上演
14
公演日程 11月05日(土) 〜 11月06日(日)
音楽芝居「天満屋お初最期の一日」
役者は一人、共演者は音楽。 音楽芝居『天満屋お初最期の一日』10月11日(火)から吉祥寺STAR PINE’S CAFEで上演
6
もうすぐ 10月11日(火) 〜 10月12日(水)
令和座第4回公演『クリエイター偏差値35』
脚本家同士の価値観がぶつかり合う! 令和座第4回公演『クリエイター偏差値35』10月19日(水)からAPOCシアターで上演
7
公演日程 10月19日(水) 〜 10月23日(日)
桜餅総本舗プロデュース『クロミネンス・クロニクル2』
桜餅総本舗プロデュース 朗読劇『クロミネンス・クロニクル2』西日暮里キーノートシアターで開幕/上演は10月2日まで
24
公演終了 09月28日(水) 〜 10月02日(日)
永井大、大貫勇輔 Mayn、上田堪大 伊礼彼方、福井晶一 小西遼生、大貫勇輔 福井晶一 大貫勇輔 (c)武論尊・原哲夫/コアミックス 1983 版権許諾証GS-111
暴力に対して歌で抵抗する姿に心を打たれた! ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』観劇レビュー
0
公演中 09月25日(日) 〜 10月10日(月)
ミュージカル『モダン・ミリー』写真提供:東宝演劇部
仕事も恋も”計画と違う”ことばかり! ミュージカル『モダン・ミリー』観劇レビュー
2
公演終了 09月07日(水) 〜 10月02日(日)
SHINKANSEN☆RX『薔薇とサムライ2 -海賊女王の帰還-』ライブビューイング 11月26日(土)に開催
古田新太、天海祐希らの出演で大ヒット上演中の新感線☆RX『薔薇とサムライ2−海賊女王の帰還−』ライブビューイングが11月26日(土)に開催
66
公演中 09月09日(金) 〜 12月06日(火)
演劇ユニットスターチス『絢爛とか爛漫とか~モダンガール版~』
多くのカンパニーで上演され続けた名作! 演劇ユニットスターチス『絢爛とか爛漫とか~モダンガール版~』10月15日(土)から東京・キーノート・シアターで上演
12
公演日程 10月15日(土) 〜 10月16日(日)
『コムサ de MANZAI!』
室龍太が気持ちいい程ツッコミまくる!『コムサdeMANZAI!』観劇レビュー
41
公演中 09月15日(木) 〜 10月08日(土)
昭和精吾事務所が寺山修司戯曲原作の歌と語りの音楽アルバム『仮面劇・犬神』を全国発売
昭和精吾事務所が寺山修司戯曲原作の歌と語りの音楽アルバム『仮面劇・犬神』を全国発売/9月23日に発売記念ライブ『天蓋境』を開催/11月に演劇公演
22
公演日程 11月11日(金) 〜 11月13日(日)
舞台『わたしがピアスをあけたLala...』
NGT48三村妃乃主演「親子」×「ラップ」×「コメディー」!? NBOpresent『わたしがピアスをあけたLala…』11月30日から東京・福島で上演
107
公演日程 11月30日(水) 〜 12月18日(日)
『歌妖曲〜中川大志之丞変化〜』製作発表 撮影:田中亜紀
【動画9分】中川大志、松井玲奈らが出演する音楽劇『歌妖曲〜中川大志之丞変化〜』製作発表レポート
50
公演日程 11月06日(日) 〜 12月25日(日)
『8人の女たち』
8人の真実が生む一つの結末とは『8人の女たち』観劇レビュー
64
公演終了 08月27日(土) 〜 09月12日(月)
SHINKANSEN☆RX『薔薇とサムライ2 -海賊女王の帰還-』古田新太・天海祐希 撮影:田中亜紀
【動画3分】古田新太の石川五右衛門&天海祐希の海賊女王アンヌのコンビがついに復活! 新感線☆RX『薔薇とサムライ2−海賊女王の帰還−』富山公演が開幕/前作のゲキ×シネ上映も
117
公演中 09月09日(金) 〜 12月06日(火)
妄烈キネマレコード2作品同時公演『真昼間の君にさようなら/真夜中のユートピア』
【名古屋】「昼」と「夜」、同じ場所で巻き起こる2つの物語 妄烈キネマレコード2作品同時公演『真昼間の君にさようなら/真夜中のユートピア』9月22日(木)からG/PITにて上演
16
公演終了 09月22日(木) 〜 09月25日(日)
鈴木裕美
【9/28締切】演出家 鈴木裕美による俳優のためのワークショップ参加者募集
5
「WORLD ~Run for the Sun~」
校條拳太朗、杉江大志、佐々木優佳里らが出演の舞台『WORLD ~Run for the Sun~』スペース・ゼロで開幕/9月11日(日)まで
6
公演終了 09月03日(土) 〜 09月11日(日)
劇団☆新感線「薔薇とサムライ」舞台写真 古田新太、天海祐希
劇団☆新感線『薔薇とサムライ2-女王の帰還-』の上演を記念して ゲキ×シネ『薔薇とサムライ』などが各地で上映!/9月12日(月)の富山上映から開始
19
公演終了 09月12日(月) 〜 (木)
100点un・チョイス!『誰かが彼女を知っている』
多田​直人、花奈澪、松村優、近江谷太朗らが出演 100点un・チョイス!『誰かが彼女を知っている』中野 ザ・ポケットで開幕/上演は9月4日(日)まで
27
公演終了 08月31日(水) 〜 09月04日(日)
舞台『蜘蛛巣城』
早乙女太一、倉科カナが
《戦乱の世に翻弄される若き夫婦役》で出演 赤堀雅秋 演出舞台『蜘蛛巣城』2023年2月25日からKAAT神奈川芸術劇場ほかで上演
59
公演日程 02月25日(土) 〜 03月12日(日)
『レオポルトシュタット』に出演の音月桂
浜中文一、音月桂らが出演の舞台『レオポルトシュタット』10月14日から新国立劇場中劇場で上演/音月桂のインタビューが到着
43
公演日程 10月14日(金) 〜 10月31日(月)
ミュージカル『ダディ・ロング・レッグズ』
“幸せの秘密は目の前にある” ミュージカル『ダディ・ロング・レッグズ』観劇レビュー
88
公演終了 08月14日(日) 〜 08月31日(水)
ミュージカル『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』撮影:伊藤智美
岩本照が軽やかに欺く!ミュージカル『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』観劇レビュー
296
公演終了 08月11日(木) 〜 09月15日(木)
音楽劇『スラムドッグ$ミリオネア』写真提供/東宝演劇部
人生を切り開くエネルギー溢れる 音楽劇『スラムドッグ$ミリオネア』観劇レビュー
58
公演終了 08月06日(土) 〜 09月11日(日)
『建築家とアッシリア皇帝』宣伝美術:秋澤一彰 宣伝写真:山崎伸康
岡本健一と成河による二人芝居『建築家とアッシリア皇帝』11月21日からシアタートラムで上演
3
公演日程 11月21日(月) 〜 12月11日(日)
寺で出来る演劇『クォンタム・アリアの碧い首』
東京・大阪の「寺」で演劇公演!「クォンタム・アリアの碧い首」作演出に架空畳の小野寺邦彦/8月26日開幕
9
公演終了 08月26日(金) 〜 08月28日(日)
ミュージカル『ダディ・ロング・レッグズ』写真提供:東宝演劇部
【動画3分】井上芳雄・上白石萌音によるミュージカル『ダディ・ロング・レッグズ』シアター1010で開幕/8月24日からはシアタークリエで上演
90
公演終了 08月14日(日) 〜 08月31日(水)
©音楽劇『刻』製作委員会/撮影:岩田えり
【動画2分】伊藤裕一、大沢健、大山真志、東山光明らの出演で《極限の愛》を描く 音楽劇『刻』浅草九劇で上演中/9月11日(日)まで
38
公演終了 08月04日(木) 〜 09月11日(日)
TEAM909 第7回公演『役役役役』
百花繚乱 人間模様の墓参りサスペンス! TEAM909 第7回公演『役役役役』8月20日、21日にひつじ座にて上演
8
公演終了 08月20日(土) 〜 08月21日(日)
浦井健治
ミュージカル『アルジャーノンに花束を』浦井健治の主演で2023年GWに上演
37

 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2022 Village Inc.