2021.8.17  6

舞台は色のない世界。TEAM909による青春カルトサスペンス『憧れはいつも隣にいた』8月28日、29日にひつじ座にて上演



TEAM909「憧れはいつも隣にいた」
TEAM909「憧れはいつも隣にいた」
 

TEAM909による舞台「憧れはいつも隣にいた」が8月28日(土)から南阿佐ヶ谷・ひつじ座で上演される。

 
TEAM909は、横浜国立大学劇団三日月座OBで普段は広告映像ディレクターとして働くBobsonが、2017年7月に新宿で結成。
2018年2月に新宿演劇祭にて第1回公演「川の流れにイシをぶつけろ!!!」を上演後、「世界一かわいいのは絶対私で後はみんなブスばっか。」「愛されたいとか言ってる奴は全員死ね」「負け犬だけど生きてていいですか?」など人目を惹く長いタイトルの公演を次々に上演。

「点が線になるカラフルエンターテインメント」を劇団キャッチコピーとして、個性的なキャラクターを用いて現代的なテーマをポップな世界観に昇華させた伏線回収劇を得意としている。

 
そんなTEAM909の最新作『憧れはいつも隣にいた』は出演者全員女性の青春カルトサスペンス。

青春の美しさや危うさが真っ白な世界の中で表現される。
霧の深い森の中へ入っていくような、渦巻く展開が見所だ。

 

 

STORY

「その日、世界は真っ白になった。」

その日を境に、昴舞香(すばるまいか)の世界も一変した。
かつて独特な色使いで天才女子高生画家として名を馳せた彼女だったが、スランプに陥り、今は見る影もない。
自暴自棄な日々を過ごしていた舞香は、ある日、自分に絵を描くきっかけをくれた親友、琥珀エレンが「月虹病(げっこうびょう)」という奇病に侵されて、余命が残りわずかだということを知る。

エレンが舞香に告げた最後の願い。
その実現には、舞香が高校時代を共に過ごした仲間たち『フェイクファントム』の再結成が必要不可欠だった。

『フェイクファントム』の再結成ーーそれは世界のために法を冒し、神に代わって、罪を犯した男たちの命を奪うことを意味していた。

それでも舞香は、エレンのために、バラバラになってしまったかつての仲間たちの元を訪れる。
一方、行方不明だったフェイクファントムのリーダー、赤星愛論(あかぼしめろん)も、別の目的のために動き出していた…。

色がなくなった世界でも、青さを忘れられなかった女の子たちによる、ひと夏の青春カルトサスペンス!

 

Bobson(脚本・演出)

TEAM909、1年半ぶりの本公演でございます。
「2020年、才能ひしめくオリンピックイヤーに放つ負け犬たちの物語。」などと銘打って前回本公演を行ったにもかかわらず、そのオリンピックイヤーは今年(2021年)になってしまいました。
状況は改善していってるとはいえず、多くの演劇人、いや演劇人だけでなく、たくさんの方が苦労をされているかと思います。

そんな中で、まだまだ様々な制約はあるものの、
こうしてご挨拶の文章を読んでいただけるということは、本当に幸せな事でございます。

暖かい皆様に支えられて、私は本当に幸せ者だと思います。

その一方で、世間一般では、人々の攻撃性が強まっているような気がします。
それがこの非常時のせいなのか、SNSの普及による弊害なのか、学術的な分析はさておき、直感としてどうにもならない事を嘆いて他人に当たる様子は、どこか思春期、反抗期の子供に近いものを感じます。

そして同時に「思春期」=「青春」そのものを嫌う人も増えたような気がします。
「青春は陽キャのもの」なんて言ってる人もいました。
一方で「青春」をテーマした映画や小説、CMなどは、相変わらず定期的に注目を集めています。
でもそんなものをつくってる人たちは、所謂「青春」を謳歌できていなかったなどと言ってるのを耳にしたり…。

「青春」ってなんでしょうね。
大人になってから「青春」を見ると、どこか気恥ずかしさや気持ち悪さを感じたりもします。
その気持ち悪さは「カルト」に通ずるものがあるような気も。

この感情を
「大人になったから。」
なんて言葉で片付けてしまってよいのでしょうか。
「青春」に「輝き」があるとすれば、大人になって、それを失ってしまうのは、よいことなのでしょうか。

今、この非常事態の中、所謂「青春」の機会を奪われた子たちがたくさんいます。

その子たちは将来、「それでもあの頃楽しかったよね」となるのでしょうか、それとも「あんな事があったから、私に青春はなかった」となるのでしょうか。

人は「今」を生きていますが、
人は「過去」から形成されます。
「今」が「過去」になった時、
人はどんな「今」を生きるのでしょうかね。

そんなことをふわふわと考えながら、
この作品をつくりました。

909初の出演者全員女性。Bobson × 女8人。

割と男社会で生きてきた私には、
彼女たちがどこか遠くの存在に思えます。

遠くで輝く存在。
私と彼女たちとの距離は、私と「青春」との距離に似ているかもしれません。

「憧れはいつも隣にいた」

楽しんで頂けますと幸いです!

 
本作は8月28日(土)から東京・ひつじ座で上演される。
詳細は公式サイトで。

 
(文:エントレ編集部)

 

 

公演情報

TEAM909 第6回公演『憧れはいつも隣にいた』

【脚本・演出】Bobson
【出演】
叶かのん・笹森あき・純奈・空木空・萬ゆこ・斎宮凛・三浦ひかる・イトウエリ

2021年8月28日(土) 13:00 / 17:00
2021年8月29日(日) 13:00 / 17:00

会場 南阿佐ヶ谷・ひつじ座

公式サイト
https://team909-engeki.amebaownd.com/

チケットを予約する
https://www.quartet-online.net/ticket/akoita

最近の記事

ミュージカル『リトル・プリンス』
【動画3分】加藤梨里香、土居裕子のWキャストで名作を上演! ミュージカル『リトルプリンス』1月8日に日比谷シアタークリエで開幕
45
公演中 01月08日(土) 〜 02月06日(日)
『ミネオラ・ツインズ』宮川舞子撮影
性格は正反対の双子姉妹を大原櫻子が演じ分ける! 舞台『ミネオラ・ツインズ』1月7日にスパイラルホールで開幕
11
公演中 01月07日(金) 〜 01月31日(月)
『META歌舞伎 Genji Memories』
中村壱太郎、中村隼人出演 リアルとバーチャルが融合する仮想空間の歌舞伎公演『META歌舞伎 Genji Memories』1月下旬に配信予定
1
劇団☆新感線『乱鶯』『けむりの軍団』Blu-rayが2022年3月17日(木)に同時発売
古田新太主演の2作 劇団☆新感線『乱鶯』『けむりの軍団』Blu-rayが2022年3月17日(木)に同時発売
3
『怪盗☆ドラゴンカンパニーvol.2 グレイン島のレジスタンスと禁断の果実』
あいつらが、帰ってくる! たやのりょう一座公演に内木志、天木じゅんらが出演! 『怪盗☆ドラゴンカンパニーvol.2 グレイン島のレジスタンスと禁断の果実』1月19日からCBGKシブゲキ!!で上演
11
もうすぐ 01月19日(水) 〜 01月23日(日)
PLAY/GROUND Creation #2『Navy Pier 埠頭にて』稽古場レポート
PLAY/GROUND Creation # 2『Navy Pier 埠頭にて』稽古場レポート
33
公演終了 12月18日(土) 〜 12月26日(日)
コンテンポラリーダンス公演『awayness』
坂田有妃子が長年想い描いていた構想を実現する コンテンポラリーダンス公演『awayness』12月21日から千葉市美術館さや堂ホールで開催
10
公演終了 12月21日(火) 〜 12月23日(木)
Japan Musical Festival 2022 ライブ・ビューイング
中川晃教、加藤和樹らが出演のミュージカルコンサート『Japan Musical Festival 2022』が1月28日に全国の映画館でライブビューイング
74
公演日程 01月28日(金) 〜 01月28日(金)
41周年興行『狐晴明九尾狩』完走記念! 劇団☆新感線エグゼクティブプロデューサー・細川展裕がオリジナルNFTを1セット限定で販売
6
音楽劇『海王星』山田裕貴、松雪泰子 撮影:岡千里
【動画3分】山田裕貴、松雪泰子、ユースケ・サンタマリアらが出演の音楽劇『海王星』が12月6日にPARCO劇場で開幕
51
公演中 12月06日(月) 〜 01月27日(木)
音楽劇『夜来香ラプソディ』左から木下晴香、松下洸平、白洲迅
松下洸平、白洲迅、木下晴香が出演する音楽劇『夜来香ラプソディ』2022年3月からBunkamuraシアターコクーンほかで上演
14
COCOON PRODUCTION 2022『広島ジャンゴ2022』
天海祐希×鈴木亮平のダブル主演のウエスタン活劇!?『広島ジャンゴ2022』2022年4月5日からシアターコクーンで上演
6
公演日程 04月30日(土) 〜 05月16日(月)
ゴットサンZ『ミル貝の逆襲』
ゴットサンZ兼子佳那子作品、連続上演第2弾『ミル貝の逆襲』参宮橋トランスミッションで12月17日~19日に上演
13
公演終了 12月17日(金) 〜 12月19日(日)
狂夏の市場『あたま山心中 散ル散ル、満チル』
狂夏の市場が、竹内銃一郎の名作『あたま山心中 散ル散ル、満チル』を尼崎・狂夏の市場劇場で12月3日から12日まで上演
11
公演終了 12月03日(金) 〜 12月12日(日)
昭和精吾事務所 誕生月企画公演『氾濫原3』
語りだけで情景を鮮明に想起させる昭和精吾事務所による短篇集『氾濫原3』12月9日(木)から絵空箱で上演
8
公演終了 12月09日(木) 〜 12月10日(金)
近藤芳正Solo Work『ナイフ』reboot 特別インタビュー
近藤芳正Solo Work『ナイフ』reboot 特別インタビュー/2022年1月21日から水戸・豊橋・東京・兵庫・山口で上演
4
もうすぐ 01月21日(金) 〜 02月13日(日)
舞台『あの子より、私。』
黒谷友香主演 理想の物件をめぐる《内見バトル》を描く 舞台『あの子より、私。』2022年1月15日から東京・大阪で上演
4
公演中 01月15日(土) 〜 02月06日(日)
ナイロン100°C『イモンドの勝負』撮影:引地信彦
ナイロン100°Cによるナンセンスコメディ『イモンドの勝負』が 11 月20日に下北沢・本多劇場で開幕/兵庫、広島、北九州公演あり
4
公演終了 11月20日(土) 〜 12月26日(日)
古川雄大主演「シラノ・ド・ベルジュラック」
古川雄大、馬場ふみか、浜中文一らが出演の舞台『シラノ・ド・ベルジュラック』2022年2月7日から東京・大阪で上演
25
公演日程 02月07日(月) 〜 02月27日(日)
unrato#8『薔薇と海賊』
三島由紀夫の異色ファンタジーに霧矢大夢、多和田任益、田村芽実らが挑む unrato#8『薔薇と海賊』2022年3月4日から東京・大阪で上演
4
公演日程 03月04日(金) 〜 03月26日(土)
『マーキュリー・ファー Mercury Fur』メインビジュアル 撮影:設楽光徳
吉沢亮、北村匠海らが出演の舞台『マーキュリー・ファー Mercury Fur』メインビジュアルが公開/2022年1月から上演
51
公演日程 01月28日(金) 〜 03月11日(金)
PLAY/GROUND Creation #2『Navy Pier』
青柳尊哉、中丸シオンらがほぼ全編モノローグの四人芝居に挑む PLAY/GROUND Creation #2『Navy Pier 埠頭にて』12月18日から横浜赤レンガ倉庫で上演
14
公演終了 12月18日(土) 〜 12月26日(日)
FPAPプロデュース『世界は右側でデキている』
2020年4月。世界は一変する。 FPAPプロデュース『世界は右側でデキている』12月18日(土)、19日(日)にレソラNTT夢天神ホールで上演
2
公演終了 12月18日(土) 〜 12月19日(日)
劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『神州無頼街』左から福士蒼汰、宮野真守
福士蒼汰と宮野真守のバディが伝奇時代劇に挑む! 大阪・東京公演に加え静岡公演が決定! 劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『神州無頼街』2022年3月17日から上演
56
公演日程 03月17日(木) 〜 05月28日(土)
ミュージカル『魍魎の匣』 撮影:岩田えり
小西遼生 主演ミュージカル『魍魎の匣』11月10日にオルタナティブシアターで開幕
18
公演終了 11月10日(水) 〜 11月15日(月)
市川海老蔵、戸塚祥太(A.B.C-Z)
六本木歌舞伎2022に市川海老蔵、戸塚祥太(A.B.C-Z)が出演/2月18日から東京・福岡・大阪で上演
3
公演日程 02月18日(金) 〜 03月21日(月)
平 常×宮田 大『Hamlet』、『虫めづる姫君』
東京文化会館が児童・青少年向け舞台公演「シアター・デビュー・プログラム」を開始 12月に平 常×宮田大『Hamlet』、2月に『虫めづる姫君』を上演
1
公演終了 12月18日(土) 〜 12月19日(日)
劇団☆新感線『偽義経冥界歌』特別上映会
劇団☆新感線『偽義経冥界歌』特別上映会が12月3日(金)、4日(土)に博多座で開催/トークゲストはいのうえひでのりと中島かずき
1
公演終了 12月03日(金) 〜 12月04日(土)
劇団☆新感線『狐晴明九尾狩』11月23日(火・祝)に全国の映画館でディレイビューイング
中村倫也、吉岡里帆、向井理らが出演の劇団☆新感線『狐晴明九尾狩』11月23日(火・祝)に全国の映画館でディレイビューイング
45
公演終了 09月17日(金) 〜 11月11日(木)
京都の老舗和菓子屋を舞台に繰り広げられる男女五人の物語 空降る飴玉社『ここは野分前夜、朱の麓』11月13日(土)、14日(日)に新宿眼科画廊で上演
17
公演終了 11月13日(土) 〜 11月14日(日)

 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2022 Village Inc.