2020.3.2  5

顔の美醜はどこから来るか 令和座『FACE -百億の顔とエレファントマンの孤独-』観劇レビュー



令和座「FACE -百億の顔とエレファントマンの孤独-」
令和座「FACE -百億の顔とエレファントマンの孤独-」
 
 
 改元の年に誕生した令和座。劇団の旗揚げ公演は、『エレファントマン』に着想を得た顔を巡る物語である。

自他から恣意的に美醜が判断される顔。人はその良し悪しによって、充実し幸せな人生が送れるかが左右されると思ってしまう。また性格を含めた内面性やそれまでの生き方が、顔に顕れるとも言われる。いずれにせよ、顔は人間性を推し量る第一材料となりがちである。いかに人は顔に囚われているかが描かれた作品であった。

 
令和座「FACE -百億の顔とエレファントマンの孤独-」
令和座「FACE -百億の顔とエレファントマンの孤独-」

 人口200人あまりの小さな山奥の集落。ここには、顔に傷やアザのある者たちが肩を寄せ合って暮らしている。仮面を被り独自の儀式を行う村人は、顔の美醜へのこだわりが強い。顔の左半分に黒く大きなアザがあるカノン(松本真愛)は、美容整形手術でアザを取り除き、コンプレックスを解消したいと思っている。だからこそ村でただ一人、アザがなく周囲からも美人に見られる白濱優香(中村玲菜)を激しく虐げる。

令和座「FACE -百億の顔とエレファントマンの孤独-」
令和座「FACE -百億の顔とエレファントマンの孤独-」

魔女狩りのごとく迫害された優香は、山奥でホームレス暮らしを余儀なくされている。美しい顔を紙袋で隠すように命令された彼女は、みじめな状況に置かれているのは自らのせいであり、当然だと思い込んで受け入れている。生きる価値がない醜い者だと、自己規定しているのだ。そして村にはもう一人、顔面が奇形で生まれてきたフィム(赤塚幹夫)がいる。醜悪さが際立つフィムは、鍵がかかった小屋に監禁され続けてきた。

令和座「FACE -百億の顔とエレファントマンの孤独-」
令和座「FACE -百億の顔とエレファントマンの孤独-」

それでいて村の重要な財源は、フィムの生体データを売ることで成り立っている。優香とフィムを見た目で迫害する村人たちは、内面までもが醜い。対して、他者への心優しさを失わずに生き続けている優香は、フィムに分け隔てなく接する。俳優になって世界中で活躍する夢を抱き続けるフィムも、純真な心の持ち主だ。

 
令和座「FACE -百億の顔とエレファントマンの孤独-」
令和座「FACE -百億の顔とエレファントマンの孤独-」

 そんな閉鎖された村落に、2人の医療従事者がやってくる。彼らの仕事は、村人の身体を調査して都会に報告すること。大学病院で医療研究をしていた三澤謙吾(近江秀一)は、真面目で倫理的な正しさを重んじる人物。三澤は、迫害されている白濱を保護しようと務める。対する徳永和正(実熊倫礼)は、この村での勤務は左遷された結果だと感じている。そのことに不満を抱く徳永は、もう一度都会の仕事に就くことを虎視眈々と狙う野心家。

令和座「FACE -百億の顔とエレファントマンの孤独-」
令和座「FACE -百億の顔とエレファントマンの孤独-」

2人はフィムと出会うが、上昇志向が強い徳永が本作では重要な役割を担う。組織に従順な三澤は都会に報告しようとするが、徳永はそれを阻止する。どこにもいないフィムのような存在からは、貴重な研究データが得られる。徳永はそれを独占して一儲けしようと企むからだ。世間を斜に見て常に人を小ばかにする徳永は、何事も自分の利益や出世の道具に使うことしか考えていない。徳永の貌には特にアザなどない。それでも醜悪に見えるのは、彼の内面を含んだ人間性が顔に集約されて顕れるからだ。実熊の演技は、顔の美醜がどこから来るのかと、顔の多様性を説得力を持って表現した。

ラスト、登場人物全員が仮面を被る。人は誰しもが何かの目的や思惑を持っており、それぞれに顔という名の仮面を付けて生きていることを示す。 

 
令和座「FACE -百億の顔とエレファントマンの孤独-」
令和座「FACE -百億の顔とエレファントマンの孤独-」
 

 小さなイベントスペースに山奥の村落を表現するべく、三方の壁一面を木の葉で埋め、切り株を設定した舞台空間。西洋の道化風の仮面も独特で手が込んでおり、丁寧に作品を創っていることが伝わる。

令和座「FACE -百億の顔とエレファントマンの孤独-」
令和座「FACE -百億の顔とエレファントマンの孤独-」

中でも、顔面奇形児のフィムが目を引く。演じた赤塚はカーテンコールも含めて、グロテスクなマスクを頭から被ったままであった。見た目の異形さに反して、弱々しい声と控えめな挙動のフィムは、さながら映画『犬神家の一族』でのスケキヨ。赤塚は作品世界に徹する役割を果たした。

令和座「FACE -百億の顔とエレファントマンの孤独-」
令和座「FACE -百億の顔とエレファントマンの孤独-」

小劇場演劇は、等身大の人間が交わす日常会話劇が主流になって久しい。それに反して本作は、強烈な劇性を押し出す作風であった。旗揚げにして、劇団の路線がはっきりと打ち出されていたと言えよう。

 
 
(文:藤原央登)

このレビューを書いたのは

藤原央登
ふじわら ひさと|劇評家。1983年大阪府出身。劇評ブログ『現在形の批評』主宰、演劇批評誌『シアターアーツ』編集部。小劇場を中心に現代演劇の批評を行っている。https://twitter.com/hisato_fuji

 


 

公演情報

令和座『FACE -百億の顔とエレファントマンの孤独-』

【作・演出】浅間伸一郎
【美術】はじり孝奈

【出演】中村玲菜、近江秀一、実熊倫礼、赤塚幹夫、松本真愛

2020年2月20日(木)~2月24日(月)/東京・cafe & bar 木星劇場

公式サイト
FACE -百億の顔とエレファントマンの孤独-

チケット
CoRich舞台芸術!

最近の記事

Art-Loving 舞台『かもめ』
2年の時を経て大作へ挑む Art-Loving プロデュース公演『かもめ』3月24日からラゾーナ川崎プラザソルで上演
15
公演日程 03月24日(木) 〜 03月27日(日)
福士蒼汰
福士蒼汰と宮野真守、バディもので念願の舞台共演へ! 劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『神州無頼街』製作発表レポート
38
公演日程 03月17日(木) 〜 05月28日(土)
劇団アフリカ座 u-you.company 27th STAGE 『アルキミコ』
真田一族の葛藤を女優のみで描く人気作 劇団アフリカ座 u-you.company『アルキミコ』1月26日(水)からZAIKOで無観客生配信
21
公演中 01月26日(水) 〜 01月30日(日)
ミュージカル『リトル・プリンス』
【動画3分】加藤梨里香、土居裕子のWキャストで名作を上演! ミュージカル『リトルプリンス』1月8日に日比谷シアタークリエで開幕
45
公演中 01月08日(土) 〜 02月06日(日)
『ミネオラ・ツインズ』宮川舞子撮影
性格は正反対の双子姉妹を大原櫻子が演じ分ける! 舞台『ミネオラ・ツインズ』1月7日にスパイラルホールで開幕
11
公演中 01月07日(金) 〜 01月31日(月)
『META歌舞伎 Genji Memories』
中村壱太郎、中村隼人出演 リアルとバーチャルが融合する仮想空間の歌舞伎公演『META歌舞伎 Genji Memories』1月下旬に配信予定
1
劇団☆新感線『乱鶯』『けむりの軍団』Blu-rayが2022年3月17日(木)に同時発売
古田新太主演の2作 劇団☆新感線『乱鶯』『けむりの軍団』Blu-rayが2022年3月17日(木)に同時発売
3
『怪盗☆ドラゴンカンパニーvol.2 グレイン島のレジスタンスと禁断の果実』
あいつらが、帰ってくる! たやのりょう一座公演に内木志、天木じゅんらが出演! 『怪盗☆ドラゴンカンパニーvol.2 グレイン島のレジスタンスと禁断の果実』1月19日からCBGKシブゲキ!!で上演
11
公演終了 01月19日(水) 〜 01月23日(日)
PLAY/GROUND Creation #2『Navy Pier 埠頭にて』稽古場レポート
PLAY/GROUND Creation # 2『Navy Pier 埠頭にて』稽古場レポート
33
公演終了 12月18日(土) 〜 12月26日(日)
コンテンポラリーダンス公演『awayness』
坂田有妃子が長年想い描いていた構想を実現する コンテンポラリーダンス公演『awayness』12月21日から千葉市美術館さや堂ホールで開催
10
公演終了 12月21日(火) 〜 12月23日(木)
Japan Musical Festival 2022 ライブ・ビューイング
中川晃教、加藤和樹らが出演のミュージカルコンサート『Japan Musical Festival 2022』が1月28日に全国の映画館でライブビューイング
74
公演終了 01月28日(金) 〜 01月28日(金)
41周年興行『狐晴明九尾狩』完走記念! 劇団☆新感線エグゼクティブプロデューサー・細川展裕がオリジナルNFTを1セット限定で販売
6
音楽劇『海王星』山田裕貴、松雪泰子 撮影:岡千里
【動画3分】山田裕貴、松雪泰子、ユースケ・サンタマリアらが出演の音楽劇『海王星』が12月6日にPARCO劇場で開幕
51
公演終了 12月06日(月) 〜 01月27日(木)
音楽劇『夜来香ラプソディ』左から木下晴香、松下洸平、白洲迅
松下洸平、白洲迅、木下晴香が出演する音楽劇『夜来香ラプソディ』2022年3月からBunkamuraシアターコクーンほかで上演
14
COCOON PRODUCTION 2022『広島ジャンゴ2022』
天海祐希×鈴木亮平のダブル主演のウエスタン活劇!?『広島ジャンゴ2022』2022年4月5日からシアターコクーンで上演
6
公演日程 04月30日(土) 〜 05月16日(月)
ゴットサンZ『ミル貝の逆襲』
ゴットサンZ兼子佳那子作品、連続上演第2弾『ミル貝の逆襲』参宮橋トランスミッションで12月17日~19日に上演
13
公演終了 12月17日(金) 〜 12月19日(日)
狂夏の市場『あたま山心中 散ル散ル、満チル』
狂夏の市場が、竹内銃一郎の名作『あたま山心中 散ル散ル、満チル』を尼崎・狂夏の市場劇場で12月3日から12日まで上演
11
公演終了 12月03日(金) 〜 12月12日(日)
昭和精吾事務所 誕生月企画公演『氾濫原3』
語りだけで情景を鮮明に想起させる昭和精吾事務所による短篇集『氾濫原3』12月9日(木)から絵空箱で上演
8
公演終了 12月09日(木) 〜 12月10日(金)
近藤芳正Solo Work『ナイフ』reboot 特別インタビュー
近藤芳正Solo Work『ナイフ』reboot 特別インタビュー/2022年1月21日から水戸・豊橋・東京・兵庫・山口で上演
4
公演中 01月21日(金) 〜 02月13日(日)
舞台『あの子より、私。』
黒谷友香主演 理想の物件をめぐる《内見バトル》を描く 舞台『あの子より、私。』2022年1月15日から東京・大阪で上演
4
公演中 01月15日(土) 〜 02月06日(日)
ナイロン100°C『イモンドの勝負』撮影:引地信彦
ナイロン100°Cによるナンセンスコメディ『イモンドの勝負』が 11 月20日に下北沢・本多劇場で開幕/兵庫、広島、北九州公演あり
4
公演終了 11月20日(土) 〜 12月26日(日)
古川雄大主演「シラノ・ド・ベルジュラック」
古川雄大、馬場ふみか、浜中文一らが出演の舞台『シラノ・ド・ベルジュラック』2022年2月7日から東京・大阪で上演
25
公演日程 02月07日(月) 〜 02月27日(日)
unrato#8『薔薇と海賊』
三島由紀夫の異色ファンタジーに霧矢大夢、多和田任益、田村芽実らが挑む unrato#8『薔薇と海賊』2022年3月4日から東京・大阪で上演
4
公演日程 03月04日(金) 〜 03月26日(土)
『マーキュリー・ファー Mercury Fur』メインビジュアル 撮影:設楽光徳
吉沢亮、北村匠海らが出演の舞台『マーキュリー・ファー Mercury Fur』メインビジュアルが公開/2022年1月から上演
51
公演中 01月28日(金) 〜 03月11日(金)
PLAY/GROUND Creation #2『Navy Pier』
青柳尊哉、中丸シオンらがほぼ全編モノローグの四人芝居に挑む PLAY/GROUND Creation #2『Navy Pier 埠頭にて』12月18日から横浜赤レンガ倉庫で上演
14
公演終了 12月18日(土) 〜 12月26日(日)
FPAPプロデュース『世界は右側でデキている』
2020年4月。世界は一変する。 FPAPプロデュース『世界は右側でデキている』12月18日(土)、19日(日)にレソラNTT夢天神ホールで上演
2
公演終了 12月18日(土) 〜 12月19日(日)
劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『神州無頼街』左から福士蒼汰、宮野真守
福士蒼汰と宮野真守のバディが伝奇時代劇に挑む! 大阪・東京公演に加え静岡公演が決定! 劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『神州無頼街』2022年3月17日から上演
56
公演日程 03月17日(木) 〜 05月28日(土)
ミュージカル『魍魎の匣』 撮影:岩田えり
小西遼生 主演ミュージカル『魍魎の匣』11月10日にオルタナティブシアターで開幕
18
公演終了 11月10日(水) 〜 11月15日(月)
市川海老蔵、戸塚祥太(A.B.C-Z)
六本木歌舞伎2022に市川海老蔵、戸塚祥太(A.B.C-Z)が出演/2月18日から東京・福岡・大阪で上演
3
公演日程 02月18日(金) 〜 03月21日(月)
平 常×宮田 大『Hamlet』、『虫めづる姫君』
東京文化会館が児童・青少年向け舞台公演「シアター・デビュー・プログラム」を開始 12月に平 常×宮田大『Hamlet』、2月に『虫めづる姫君』を上演
1
公演終了 12月18日(土) 〜 12月19日(日)

 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2022 Village Inc.