2019.10.7  36

言葉は世界に羽ばたく、想いは世界を変える。ミュージカル「FACTORY GIRLS ~私が描く物語~」観劇レビュー



ミュージカル「FACTORY GIRLS(ファクトリー・ガールズ) ~私が描く物語~」柚希礼音
ミュージカル「FACTORY GIRLS ~私が描く物語~」柚希礼音 写真撮影:岡千里
 

言葉は世界に羽ばたく、想いは世界を変える。ミュージカル「FACTORY GIRLS ~私が描く物語~」観劇レビュー

 
まずはじめに。

この物語は2019年の現代ではなく、19世紀産業革命期のアメリカが舞台の物語であるということです。

産業革命といえばイギリスでの方が世界史の授業レベルではフューチャーされてますが、アメリカでも同様に綿工業で産業形態が変わってきていて多くの労働力を求めていて、かたや自分の力でお金を稼ぎたいという女性たちが一旗あげようと集まってきた。そんな時代の物語です。

 
工場とそこの女性労働者、といえば日本的には「野麦峠」(こちらも日本の産業革命期の話でこちらは絹糸工場ですが)がパッと思い浮かびますが、ここはアメリカ、戦って自分たちの国すら手に入れた自由の国の娘たちは一筋縄じゃあいきません。

女は強い?女だから?女なのに?いえいえ、女だけど、彼女たちは人として強い。かつての女工、ルーシー(剣幸/清水くるみ)の回想で物語は進みます。私の憧れたアイドル、ハリエット・ファーリー(ソニン)と、私たちの「ヒーロー」サラ・バグリー(柚希礼音)について。

 
ミュージカル「FACTORY GIRLS(ファクトリー・ガールズ) ~私が描く物語~」柚希礼音、ソニン
ミュージカル「FACTORY GIRLS ~私が描く物語~」柚希礼音、ソニン 写真撮影:岡千里

 
ここで働くために来ている女性たちは事情は人それぞれではありますが、皆自分自身で選んで自分の人生をただ進むのではなく切り拓くためにと言ってもいいぐらいの気持ちできています。夢がある、家庭の、家族の事情。玉の輿狙いであったり。

しかし「自分で選んだ」というのは時に枷にもなるというのは現代に生きる私たちも思い当たる節があるのではないでしょうか。

サラも実家の事情があり、教師から工場労働者に転職して街に出てきます。そして面食らうのです、現実に。

 

技術の進歩は良いことも悪いことも連れてくる

ミュージカル「FACTORY GIRLS(ファクトリー・ガールズ) ~私が描く物語~」原田優一、⼾井勝海 写真撮影:岡千里
ミュージカル「FACTORY GIRLS(ファクトリー・ガールズ) ~私が描く物語~」原田優一、⼾井勝海 写真撮影:岡千里

アボット工場長(こういう役を演じたらピカイチの原田優一)が鯨油ランプを工場に導入したのは「会社」としては「競合他社に対抗」「売り上げ」最優先なのも会社としてはごもっとも。彼女たちの労働条件とかそんなの関係ない!と主張しそうですが、工場の仕事は別に慈善事業ではないのだから生産力をつけるための工夫をする事は当然の話ではあります。

しかし現代でもパソコンやインターネット、スマートフォンの進化が日常生活に革新を与えて便利になる反面、仕事がどこまでも24時間ついてくるようになったのと同じで、お日様が降りたら終わりだった労働時間はどんどん延びていきます。だって、作業ができるんですから。

 
ミュージカル「FACTORY GIRLS(ファクトリー・ガールズ) ~私が描く物語~」柚希礼音 写真撮影:岡千里
ミュージカル「FACTORY GIRLS(ファクトリー・ガールズ) ~私が描く物語~」柚希礼音 写真撮影:岡千里

 
「地獄への道は善意で舗装されている」というのはよく言ったもので、結果的に地獄のような状況になっていくきっかけは「悪意」ではないのです。そして、地獄への道行きを加速するのはむしろ「共喰い」。

サラが契約と違うと主張したことに対して男性労働者たちの「俺たちだって同じ条件でやってるんだ」と言ってサラに食いかかるシーン。あぁこれ現代でもある、「俺たちだって同じぐらいの条件、私たちのほうがもっとしんどい、だからなんでお前らは我慢しないんだ」地獄に勝手に落ちていく負の連鎖です。論点はそこじゃないのに!

 

想いは言わないと伝わらない、だけど、ただ叫ぶだけでも伝わらない

ミュージカル「FACTORY GIRLS(ファクトリー・ガールズ) ~私が描く物語~」柚希礼音 写真撮影:岡千里
ミュージカル「FACTORY GIRLS(ファクトリー・ガールズ) ~私が描く物語~」柚希礼音 写真撮影:岡千里

 
サラはもちろん「ヒロイン」ではなく「ヒーロー」なのです。明らかにおかしいことを指摘し、声を上げ、その声を剣とする言葉を武器に変える力を持つ。けれどもこれは私自身が「一組織の労働者」であることを経験したからこそ思うのです。たとえ剣を持っていたとしても、使い方を間違えたら己を傷つけてしまうことも。けれども声を上げるのはやめられない、辞めてはいけない。声を大声で上げて叫んでも聞き入れてもらえない状況にまでたとえ追い込まれようとも、声を上げ続ける。

人は言います。

「なんでこんなになるまで放っておいたの」

「だってあなた方は聴こうとしていなかったじゃない」

声を上げることは恐ろしい。
けれど助けてくれる「誰か」を待つぐらいなら「わたし」が声を上げる。

 
ミュージカル「FACTORY GIRLS(ファクトリー・ガールズ) ~私が描く物語~」ソニン ほか 写真撮影:岡千里
ミュージカル「FACTORY GIRLS(ファクトリー・ガールズ) ~私が描く物語~」ソニン ほか 写真撮影:岡千里

 
ハリエットの立場は劇中でどんどん「悪く」なります。けれどもそれが単純な「悪役」になり得ないのはおそらく会社「組織」を意識して働いたことがある人ならばわかるのではないでしょうか。もともとは仕事の延長線上にあった自己実現を仕事と並行して成し遂げた。与えられた工場労働者としての仕事ではなく、己の手の積み重ねによって「ローウェル・オファリング」編集長に抜擢された。

だけど社内での立場や編成が変わろうと「雇用される側」であることには変わりないのです。仕事で認め「られたはずなのに」上からも下からもプレッシャー。でも仕事で認められた「からこそ」できる方策を模索する。ベストとは言い難いかもしれないけれど、長期戦かもしれないけれど、でも結果が出るように種を蒔く。

 
ミュージカル「FACTORY GIRLS(ファクトリー・ガールズ) ~私が描く物語~」実咲凜音 写真撮影:岡千里
ミュージカル「FACTORY GIRLS(ファクトリー・ガールズ) ~私が描く物語~」実咲凜音 写真撮影:岡千里

 
直接的な攻撃だけが戦術ではないけれど、それでも何もせずにはいられない。
戦い方は1つだけではないのです。

その戦いの結果は舞台を観ていただくことにして、どういう結果であれ、これは彼女たちの、そして私たちの選択の結果、描いた道だと言えます。
作中の人物や舞台は実在のもので、サラ・バグリーは実際に10時間労働を掲げて戦ったし、ストーリー上「悪役」扱いではありますがローウェルの工場は紡績の仕事を「賃金が払われる工場労働」として体系化したというところは今日にもつながっていたり、実際に明治維新後の岩倉使節団も視察に行ってたようで私たちが見ている現在の世界に繋がってるのか!というところもひとつの物語。

 
ミュージカル「FACTORY GIRLS(ファクトリー・ガールズ) ~私が描く物語~」 写真撮影:岡千里
ミュージカル「FACTORY GIRLS(ファクトリー・ガールズ) ~私が描く物語~」 写真撮影:岡千里

 
そしてこの作品が、ここ数年「#me too」運動をはじめとして女性が声を上げて世論が、世界が動いたことがあった今だからこそ、考えさせられるものがあります。

私たちは、「自分で」世界を変えられる。

 
(文:藤田侑加)

このレビューを書いたのは

藤田侑加
ふじた ゆか|兵庫県神戸市出身。武蔵野美術大学で舞台美術を専攻後、卒業後演劇の制作として活動を開始。現在はフリーで演劇の企画・広報・制作から海外の演劇祭などにも参画中。https://twitter.com/Yukarienne

 


 
[PR]あなたの公演も『観劇レビュー』を掲載しませんか?
ご依頼はこちらへ!

 

 

公演情報

新作ロックミュージカル「FACTORY GIRLS ~私が描く物語~」

【音楽/作詞】クレイトン・アイロンズ&ショーン・マホニー
【日本版脚本・演出】板垣恭⼀

【出演】
柚希礼音 ソニン
実咲凜音 清水くるみ 石田ニコル
原田優⼀ 平野 良 猪塚健太
⻘野紗穂 谷口ゆうな 能條愛未
⼾井勝海 剣 幸 他

2019年9月25日(水)~10月9日(水)/東京・TBS赤坂ACTシアター
2019年10月25日(金)~10月27日(日)/大阪・梅田芸術劇場メインホール

公式サイト
新作ロックミュージカル「FACTORY GIRLS ~私が描く物語~」

プレイガイドで検索
ぴあicon ローチケicon イープラス

劇場周辺のお店を検索
食べログ ぐるなび Yahoo! ダイニング ホットペッパー

最近の記事

Art-Loving 舞台『かもめ』
2年の時を経て大作へ挑む Art-Loving プロデュース公演『かもめ』3月24日からラゾーナ川崎プラザソルで上演
15
公演日程 03月24日(木) 〜 03月27日(日)
福士蒼汰
福士蒼汰と宮野真守、バディもので念願の舞台共演へ! 劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『神州無頼街』製作発表レポート
38
公演日程 03月17日(木) 〜 05月28日(土)
劇団アフリカ座 u-you.company 27th STAGE 『アルキミコ』
真田一族の葛藤を女優のみで描く人気作 劇団アフリカ座 u-you.company『アルキミコ』1月26日(水)からZAIKOで無観客生配信
21
公演中 01月26日(水) 〜 01月30日(日)
ミュージカル『リトル・プリンス』
【動画3分】加藤梨里香、土居裕子のWキャストで名作を上演! ミュージカル『リトルプリンス』1月8日に日比谷シアタークリエで開幕
45
公演中 01月08日(土) 〜 02月06日(日)
『ミネオラ・ツインズ』宮川舞子撮影
性格は正反対の双子姉妹を大原櫻子が演じ分ける! 舞台『ミネオラ・ツインズ』1月7日にスパイラルホールで開幕
11
公演中 01月07日(金) 〜 01月31日(月)
『META歌舞伎 Genji Memories』
中村壱太郎、中村隼人出演 リアルとバーチャルが融合する仮想空間の歌舞伎公演『META歌舞伎 Genji Memories』1月下旬に配信予定
1
劇団☆新感線『乱鶯』『けむりの軍団』Blu-rayが2022年3月17日(木)に同時発売
古田新太主演の2作 劇団☆新感線『乱鶯』『けむりの軍団』Blu-rayが2022年3月17日(木)に同時発売
3
『怪盗☆ドラゴンカンパニーvol.2 グレイン島のレジスタンスと禁断の果実』
あいつらが、帰ってくる! たやのりょう一座公演に内木志、天木じゅんらが出演! 『怪盗☆ドラゴンカンパニーvol.2 グレイン島のレジスタンスと禁断の果実』1月19日からCBGKシブゲキ!!で上演
11
公演終了 01月19日(水) 〜 01月23日(日)
PLAY/GROUND Creation #2『Navy Pier 埠頭にて』稽古場レポート
PLAY/GROUND Creation # 2『Navy Pier 埠頭にて』稽古場レポート
33
公演終了 12月18日(土) 〜 12月26日(日)
コンテンポラリーダンス公演『awayness』
坂田有妃子が長年想い描いていた構想を実現する コンテンポラリーダンス公演『awayness』12月21日から千葉市美術館さや堂ホールで開催
10
公演終了 12月21日(火) 〜 12月23日(木)
Japan Musical Festival 2022 ライブ・ビューイング
中川晃教、加藤和樹らが出演のミュージカルコンサート『Japan Musical Festival 2022』が1月28日に全国の映画館でライブビューイング
74
公演終了 01月28日(金) 〜 01月28日(金)
41周年興行『狐晴明九尾狩』完走記念! 劇団☆新感線エグゼクティブプロデューサー・細川展裕がオリジナルNFTを1セット限定で販売
6
音楽劇『海王星』山田裕貴、松雪泰子 撮影:岡千里
【動画3分】山田裕貴、松雪泰子、ユースケ・サンタマリアらが出演の音楽劇『海王星』が12月6日にPARCO劇場で開幕
51
公演終了 12月06日(月) 〜 01月27日(木)
音楽劇『夜来香ラプソディ』左から木下晴香、松下洸平、白洲迅
松下洸平、白洲迅、木下晴香が出演する音楽劇『夜来香ラプソディ』2022年3月からBunkamuraシアターコクーンほかで上演
14
COCOON PRODUCTION 2022『広島ジャンゴ2022』
天海祐希×鈴木亮平のダブル主演のウエスタン活劇!?『広島ジャンゴ2022』2022年4月5日からシアターコクーンで上演
6
公演日程 04月30日(土) 〜 05月16日(月)
ゴットサンZ『ミル貝の逆襲』
ゴットサンZ兼子佳那子作品、連続上演第2弾『ミル貝の逆襲』参宮橋トランスミッションで12月17日~19日に上演
13
公演終了 12月17日(金) 〜 12月19日(日)
狂夏の市場『あたま山心中 散ル散ル、満チル』
狂夏の市場が、竹内銃一郎の名作『あたま山心中 散ル散ル、満チル』を尼崎・狂夏の市場劇場で12月3日から12日まで上演
11
公演終了 12月03日(金) 〜 12月12日(日)
昭和精吾事務所 誕生月企画公演『氾濫原3』
語りだけで情景を鮮明に想起させる昭和精吾事務所による短篇集『氾濫原3』12月9日(木)から絵空箱で上演
8
公演終了 12月09日(木) 〜 12月10日(金)
近藤芳正Solo Work『ナイフ』reboot 特別インタビュー
近藤芳正Solo Work『ナイフ』reboot 特別インタビュー/2022年1月21日から水戸・豊橋・東京・兵庫・山口で上演
4
公演中 01月21日(金) 〜 02月13日(日)
舞台『あの子より、私。』
黒谷友香主演 理想の物件をめぐる《内見バトル》を描く 舞台『あの子より、私。』2022年1月15日から東京・大阪で上演
4
公演中 01月15日(土) 〜 02月06日(日)
ナイロン100°C『イモンドの勝負』撮影:引地信彦
ナイロン100°Cによるナンセンスコメディ『イモンドの勝負』が 11 月20日に下北沢・本多劇場で開幕/兵庫、広島、北九州公演あり
4
公演終了 11月20日(土) 〜 12月26日(日)
古川雄大主演「シラノ・ド・ベルジュラック」
古川雄大、馬場ふみか、浜中文一らが出演の舞台『シラノ・ド・ベルジュラック』2022年2月7日から東京・大阪で上演
25
公演日程 02月07日(月) 〜 02月27日(日)
unrato#8『薔薇と海賊』
三島由紀夫の異色ファンタジーに霧矢大夢、多和田任益、田村芽実らが挑む unrato#8『薔薇と海賊』2022年3月4日から東京・大阪で上演
4
公演日程 03月04日(金) 〜 03月26日(土)
『マーキュリー・ファー Mercury Fur』メインビジュアル 撮影:設楽光徳
吉沢亮、北村匠海らが出演の舞台『マーキュリー・ファー Mercury Fur』メインビジュアルが公開/2022年1月から上演
51
公演中 01月28日(金) 〜 03月11日(金)
PLAY/GROUND Creation #2『Navy Pier』
青柳尊哉、中丸シオンらがほぼ全編モノローグの四人芝居に挑む PLAY/GROUND Creation #2『Navy Pier 埠頭にて』12月18日から横浜赤レンガ倉庫で上演
14
公演終了 12月18日(土) 〜 12月26日(日)
FPAPプロデュース『世界は右側でデキている』
2020年4月。世界は一変する。 FPAPプロデュース『世界は右側でデキている』12月18日(土)、19日(日)にレソラNTT夢天神ホールで上演
2
公演終了 12月18日(土) 〜 12月19日(日)
劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『神州無頼街』左から福士蒼汰、宮野真守
福士蒼汰と宮野真守のバディが伝奇時代劇に挑む! 大阪・東京公演に加え静岡公演が決定! 劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『神州無頼街』2022年3月17日から上演
56
公演日程 03月17日(木) 〜 05月28日(土)
ミュージカル『魍魎の匣』 撮影:岩田えり
小西遼生 主演ミュージカル『魍魎の匣』11月10日にオルタナティブシアターで開幕
18
公演終了 11月10日(水) 〜 11月15日(月)
市川海老蔵、戸塚祥太(A.B.C-Z)
六本木歌舞伎2022に市川海老蔵、戸塚祥太(A.B.C-Z)が出演/2月18日から東京・福岡・大阪で上演
3
公演日程 02月18日(金) 〜 03月21日(月)
平 常×宮田 大『Hamlet』、『虫めづる姫君』
東京文化会館が児童・青少年向け舞台公演「シアター・デビュー・プログラム」を開始 12月に平 常×宮田大『Hamlet』、2月に『虫めづる姫君』を上演
1
公演終了 12月18日(土) 〜 12月19日(日)

 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2022 Village Inc.