2019.2.14  289

過激に“マニアック”を貫き通した心意気に賞賛! 安田章大・古田新太・成海璃子らによる音楽劇『マニアック』観劇レビュー



音楽劇『マニアック』
音楽劇『マニアック』古田新太ほか
 

安田章大・古田新太・成海璃子らによる音楽劇『マニアック』観劇レビュー

 
【マニアック】東京公演を観劇してきました~! いやぁ~、観終わった直後「やりおった…!」という言葉しか出てこない。すでに観劇した人には伝わる言葉だけど、まだ観てない人には『なんのこっちゃ?』ですよね。もうね、リミッター装置を破壊してモラルもへったくれもお構いなしに、好きなことやり切った感が半端ないんです! あそこまでぶっ飛んでくれたら清々しいし、忘れたくても忘れられないというのが感想です(笑)。

とはいえ、いや、だからこそ観る側も準備が必要です! お気を付けください。【マニアック】は随所に過激な表現があり、それを笑って観るようなブラックな感覚が必要です。古田先輩のことをよくご存じの方はわかると思いますが、古田先輩が“やりたい作品”をやるってことはだいたい日常から逸脱してるし、現実で起きたら笑えないブラックなものが多い。出演者が素敵な方ばかりだからといって、子供のようなピュアな心で劇場にいったら、トラックに踏まれたヒキガエルみたいになっちゃいますよ(笑)

音楽劇『マニアック』
音楽劇『マニアック』古田新太ほか

手始めに冒頭部分を紹介しておきましょう。切除した盲腸を手にした病院長の八猪不二男(古田新太)は盲腸を切除された患者・花旗一郎(浅野和之)に対して、「(盲腸を)食べますか?」という奇妙な会話から始まります。これだけでダメな人もいることでしょう? でも中には笑ってる人もいます。ダメな人からすると笑ってる人に違和感や嫌悪感を感じる人もいるみたいですが、あくまでも【舞台という虚構の世界】【日常では起こりえない作り物の世界】を楽しむ、と少し頭をチェンジしてみてはどうでしょう? 眼鏡を探してるお父さんのおでこに眼鏡が乗ってるのを見て『ないない!』と笑いながらツッコミを入れるぐらい余裕のある気持ちで(笑)。

 
物語はこういった始まりでジャブを打ってきますが、ずっと続くわけじゃないというか、個人的にはもっと過激なシーンが全編にあると思ってました…(意味深)。親切な作りだなと思うのは、この作品が冒頭からどういったジャンルなのかをわかりやすく提示してくれている点です。

このシーンも「グロいけどギャグですよ~。」だし、テーマソングとなってる曲【マニアック】も、派手なダンスかと思えば地味だけどジワるダンスで「チープ感を楽しんでね~。」とアピール。これらを成立させるには役者の力量が問われますが、手堅い布陣を揃えてて安心して観れました。この面子だからバカバカしさを感じるし、不快な気持ちにもさせてもらえる。

 

Youtubeで観る
Yahoo!映像トピックスで観る

 
個性的(変人)がたくさん出てくる中、一般人代表を演じるのは犬塚アキラを演じる安田章大さん。アキラが気持ちを伝えるために縦横無尽に舞台を動き回ってる姿にとても好感が持てました。中でもメイ(成海璃子)に一目惚れして、アコースティックギター片手に歌い出すシーンは、単純明快で自分好みでした! 全編を通して『笑ゥせぇるすまん』の世界観のような怪しげな雰囲気が漂ってますが、随所に80年代アイドルや有名バンドのパロディが盛り込まれていて、そのちぐはぐ感がより変な作品に仕上がってます。

 
作品ごとに印象が違って観える青木豪さんの作品ですが、一幕が終了して休憩に入って冷静に思い返すと、「展開がわりとオーソドックスだったなぁ。」と正直感じていました。そういう意味では“してやられた”って言うんでしょうね。二幕からが、このレビューの冒頭の感覚。二幕が始まってからの怒涛の展開ならぬ、怒涛の変態! まぁ、遠慮なくぶっこんできました! 「そんなことしていいの!?」「それ事務所的にOK!?」なんて心配までし始めて(笑)。 “マニアック”を貫き通した心意気に賞賛、はたまた真面目に作品を読み解こうとした自分の無意味さに湧き上がる笑い。女性の肩を叩いたらセクハラとか、上司が部下を飲みに誘ったらパワハラとかなりかねない平成も最後を迎える日本で、これを上演したのが小劇場ではなくパルコがプロデュースしてるのがロック!

 
そうそう、マニアックってニッチな印象で書かれてることが多いけど、最後にメイが発した言葉でアキラがマニアックになる可能性、強いては観客に対してそれを投げかけている点は、「さすが青木豪さん、ふざけても締め方が綺麗だな!」と思いました。
この作品、最後まで観ないと意味がないですよ!

当日券情報などの詳細は公式サイトで。

 
(文:かみざともりひと)

 
このレビューを書いたのは

かみざともりひと
演出家。映画監督。エンタメ劇団・骸骨ストリッパー主宰。劇団☆新感線『轟天』シリーズが大好物!
劇団骸骨ストリッパー
Twitter ⇒ @gai_suto

 


 

 

公演情報

パルコ・プロデュース 2019 音楽劇『マニアック』

【作・演出】青木豪
【音楽】浅草ジンタ

【出演】安田章大 古田新太 成海璃子 堀内敬子 小松和重 山本カナコ 宮崎秋人 山崎静代 頼経明子 浅野和之 永沼伊久也 大村真佑 甲斐祐次 斎藤准一郎 中本雅俊 西田欧誼 森山晶之 伊藤彩夏 加藤梨里香 吉田彩美 永石千尋

2019年1月19日(土)~1月29日(火)/大阪・森ノ宮ピロティホール
2019年2月5日 (火)~2月27日 (水)/東京・新国立劇場 中劇場

 
公式サイト
パルコ・プロデュース 2019 音楽劇『マニアック』

プレイガイドで検索
ぴあicon ローチケicon

劇場周辺のお店を検索
食べログ ぐるなび Yahoo! ダイニング ホットペッパー

最近の記事

『関西演劇祭2023』
11月に大阪で開催される つながる演劇祭『関西演劇祭2023』の出演団体を募集中/一次募集の締め切りは4月9日
0
米吉&菊之助
一緒にパーティーメンバー気分で没入観劇体験!『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーX』観劇レビュー
25
公演中 03月04日(土) 〜 04月12日(水)
動物電気30周年記念公演 観客に大笑いしてもらえるようにバカバカしさと人間臭さを突き詰める!『念力!山動く』6月3日(土)から東京・山梨で上演
13
公演日程 06月03日(土) 〜 06月17日(土)
犬儒派リーディングアクト『林檎とセーラー服』チラシ
犬儒派リーディングアクトの新作『林檎とセーラー服』 4月28日(金)からアトリエ三軒茶屋にて上演
5
公演日程 04月28日(金) 〜 04月30日(日)
ミュージカル『SPY×FAMILY』製作:東宝 ©遠藤達哉/集英社
スピード感のある演出とおしゃれな音楽が素敵! ミュージカル『SPY×FAMILY』観劇レビュー
5
公演中 03月08日(水) 〜 05月21日(日)
カミーユ・クローデル没後80年記念公演「ガラテイア」
カミーユ・クローデル没後80年記念公演 幻想芸術集団 Les Miroirsによる舞台『ガラテイア』5月6日(土)に静岡県立美術館にて無料公演
3
公演日程 05月06日(土) 〜 05月06日(土)
写真上段左から︓藤崎卓也、武田知大、咲山類/下段左から︓大薮丘、大野朋来、高田安男(川上和之)
「泣きすぎて、終演後すぐには立ち上がれなかった」と評される三ツ星キッチンの人気作『LOVE』6月14日からザ・ポケットで上演
11
公演日程 06月14日(水) 〜 06月18日(日)
劇団☆新感線『ミナト町純情オセロ~月がとっても慕情篇~』 撮影:田中亜紀
三宅健、松井玲奈、寺西拓人らと劇団員で作り上げる新境地 劇団☆新感線『ミナト町純情オセロ~月がとっても慕情篇~』が開幕/東京公演は3月28日まで
152
公演中 03月10日(金) 〜 05月01日(月)
ガラ劇『ファンタスマゴリ2』
2019年杉並演劇祭で大賞を受賞した劇団「ガラ劇」による珠玉の短編集『ファンタスマゴリ2』3月15日(水)より阿佐ヶ谷シアターシャインにて上演
11
公演終了 03月15日(水) 〜 03月19日(日)
KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『掃除機』
岡田利規の話題作を本谷有希子が演出 舞台『掃除機』がKAAT神奈川芸術劇場<中スタジオ>で開幕/3月22日まで
4
公演終了 03月04日(土) 〜 03月22日(水)
ゲキ×シネ『神州無頼街』Blu-ray
福士蒼汰・宮野真守 特別対談など合計3時間におよぶ豪華特典付き! 劇団☆新感線『神州無頼街』Blu-ray 3月6日からイーオシバイで予約開始/5月19日発売
66
RISU PRODUCE『僕らが見た東京の空は』
様々な理由により東京で暮らし始めた若者達の「上京物語」 RISU PRODUCE『僕らが見た東京の空は』4月19日(水)から赤坂RED/THEATERで上演
11
公演日程 04月19日(水) 〜 04月23日(日)
『関西演劇祭 in Tokyo』
関西演劇祭で最優秀賞を受賞した「激団リジョロ」など6劇団が参加! 『関西演劇祭 in Tokyo』3月21日(火・祝)から新宿シアタートップスで開催
17
公演終了 03月21日(火) 〜 03月26日(日)
溺れた魚の水揚げ式 第伍回公演『ジョンソン』
THE ROB CARLTONの村角太洋の新作書下ろしのラブコメディ! 森光冬、鈴木ありさ出演 溺れた魚の水揚げ式『ジョンソン』3月4日、5日にシアターカフェ信天翁で上演
12
公演終了 03月04日(土) 〜 03月05日(日)
創像工房 in front of. 2月公演『プレイヤ』
これより学級裁判はじめます 創像工房 in front of. 2月公演『プレイヤ』2月23日(木・祝)から慶應義塾大学日吉キャンパスで上演
8
公演終了 02月23日(木) 〜 02月25日(土)
劇団壱劇屋『6人の悩める観客』
小劇場演劇を観劇する6人のお客を観るお芝居? 劇団壱劇屋「Re:play」01『6人の悩める観客』3月3日(金)から大阪・in→dependent theatre 2ndで上演
12
公演終了 03月03日(金) 〜 03月05日(日)
©オフ・ブロードウェイミュージカル『Ordinary Days』/撮影:真来こはる
相葉裕樹主演 失敗してもまたたぐり寄せる幸せ ミュージカル『Ordinary Days』
27
公演終了 02月08日(水) 〜 02月18日(土)
ブロードウェイ・ミュージカル『ドリームガールズ』
大納得のキャストで日本初演!望海風斗主演、ブロードウェイ・ミュージカル『ドリームガールズ』観劇レビュー
64
公演終了 02月05日(日) 〜 03月26日(日)
舞台『笑の大学』
内野聖陽×瀬戸康史 伝説の作品がついに復活! 舞台『笑の大学』2月8日(水)からPARCO劇場を始め合計8都市で上演
45
公演中 02月08日(水) 〜 04月21日(金)
舞台『ケンジトシ』
中村倫也・黒木華が舞台初共演で描く「宮沢賢治と妹トシ」の物語 『ケンジトシ』2月7日(火)にシアタートラムで開幕
269
公演終了 02月07日(火) 〜 03月10日(金)
舞台『トムラウシ』
和太鼓が鳴り響く!《トムラウシ監獄》で繰り広げる数々のエンターテイメント 舞台『トムラウシ』が自由劇場で開幕/2月12日(日)まで
23
公演終了 02月04日(土) 〜 02月12日(日)
『MEAN GIRLS』会見より
演出家とのディスカッションを重ね 生田絵梨花主演『MEAN GIRLS』開幕
38
公演終了 01月30日(月) 〜 02月27日(月)
マグマ∞「南四局は終わらない」
青年座のベテラン俳優たちが集結して新ユニットを結成! マグマ∞『南四局は終わらない』浅草九劇で2月1日(水)に開幕/上演は12日(日)まで
13
公演終了 02月01日(水) 〜 02月12日(日)
『舞台・エヴァンゲリオン ビヨンド』出演者
窪田正孝、石橋静河らの出演でエヴァを舞台化 『舞台・エヴァンゲリオン ビヨンド』5月6日(土)からTHEATER MILANO-Zaで上演
8
公演日程 05月06日(土) 〜 06月19日(月)
三浦涼介、鳥越裕貴、平野良らが豪華共演! CCCreation Presents 舞台『桜姫東文章』5月3日(水)から新宿スペース・ゼロで上演
37
公演日程 05月03日(水) 〜 05月10日(水)
月影番外地その7『暮らしなずむばかりで』 撮影:田中亜紀
素通り出来ない台詞だらけ! 高田聖子の月影番外地その7『暮らしなずむばかりで』下北沢ザ・スズナリで上演中/1月29日まで
4
公演終了 01月18日(水) 〜 01月29日(日)
劇団☆新感線『ミナト町純情オセロ~月がとっても慕情篇~』製作発表より 撮影:田中亜紀
三宅健、松井玲奈、寺西拓人ら 新たな挑戦に意欲 劇団☆新感線『ミナト町純情オセロ~月がとっても慕情篇~』製作発表レポート
182
公演中 03月10日(金) 〜 05月01日(月)
『Dear Me!』出演者インタビュー
川崎のとある夜間保育園で繰り広げられる、ドタバ タな親たちと、それに振り回され続ける保育士たちの物語。青春事情・大野ユウジ氏 の珠玉作『Dear Me!』出演者インタビュー ラゾーナ川崎プラザソルで1月22日から上演!
22
公演終了 01月21日(土) 〜 01月29日(日)
青春事情『キレナイ』初演
川崎のとある美容院で繰り広げられる、何かと“キレナイ”思いを抱える人たちを描く 青春事情・大野ユウジ氏の珠玉作『キレナイ』出演者インタビュー ラゾーナ川崎プラザソルで1月21日から上演!
20
公演終了 01月21日(土) 〜 01月29日(日)
骸骨ストリッパー calavera box vol.7 美女と池袋の怪異譚 『フクロウとネコ』
カフェ公演ならではの空気感を味わおう 骸骨ストリッパー calavera box vol.7 美女と池袋の怪異譚 『フクロウとネコ』1月27日(金)から池袋Honey Beat Studioで上演
1
公演終了 01月27日(金) 〜 01月30日(月)

 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2023 Village Inc.