2016.9.9  63

ずっとずっと聴いていたかった!ブレヒト最大の問題作・音楽劇「マハゴニー市の興亡」観劇レビュー


舞台「マハゴニー市の興亡」舞台写真
音楽劇「マハゴニー市の興亡」舞台写真

ずっとずっと聴いていたかった!ブレヒト最大の問題作・音楽劇「マハゴニー市の興亡」観劇レビュー

三文オペラで有名な、ベルトルト・ブレヒトとクルト・ヴァイルが組んだ、オペラ「マハゴニー市の興亡」が音楽劇としてKAAT神奈川芸術劇場で蘇る!
On7(オンナナ)青年座の尾身美詞が観劇レビューをお届けします。

 
ブレヒト最大の問題作と呼ばれている今作は、1933年にナチスが上演を禁止し以降1960年、70年代に再注目され欧州では著名となっていましたが、日本ではほとんど上演例がありません。なので、今回の上演は貴重な機会になること間違いなしの注目の公演です!
私自身も「三文オペラ」は何度となく観劇してきましたが、「マハゴニー市の興亡」は初めての観劇でした。

KAAT芸術監督の白井晃さんの演出によって、より現代の感覚に近づけるための演出がふんだんに盛り込まれている、とてもお洒落な舞台に作り込まれていました。

 

お洒落な生演奏と、怪しい雰囲気・・・!

音楽劇「マハゴニー市の興亡」
音楽劇「マハゴニー市の興亡」舞台写真

かなり全面まで張り出された舞台に怪しいジャズの音色が響き、青い防護服に身を包んだアンサンブルキャストと共にピンクの車が走り込んできます。

今回、より現代の感覚に引き寄せるため、ヴァイルの音楽をフリージャズのスガダイロー氏が再構成されているそうですが、お洒落な生演奏と怪しい雰囲気によりオープニングからゾクッと様々な感覚が研ぎすまされます。
そして車から降りて来たのは、大ベテランの中尾ミエさん、上條恒彦さん、そして古谷一行さん…
もうそれだけで、ものすごい迫力!これからどんな世界が繰り広げられるのか…それだけでワクワクが止まりません。

 

売春と詐欺の容疑で指名手配中の逃亡犯であるベグビック(中尾ミエ)、ファッティ(古谷一行)、モーゼ(上條恒彦)が乗った車が故障し、立ち往生…3人は大金を稼ぐため、人々の欲望を叶えられる街”マハゴニー”(網を張る街)を作り出し、街の中心に”気まま亭”という名の酒場を作り出したところから物語は始まります。
酒、ギャンブル、ドラッグ、セックス…この地なら全ての欲望が叶う!と瞬く間にマハゴニー市の噂は広まり、まずその地に降り立ったのは売春婦たち。

セクシーな衣裳を見にまとい、キャリーケースをゴロゴロと引きずり、「♪アラバマ・ソング」を歌い踊りながら颯爽と現れます。数々のミュージカルで活躍されてきたマルシアさんのセクシーな歌と迫力にまたまた圧倒されます。
今作の振り付けは若手のストリートダンサーRuu氏。
振り付けがとてもセクシーでお洒落で個性的!舞台上のどこを見ても楽しませてくれます。

 

熱狂するマハゴニー市・・・。「それが人間だ!」

音楽劇「マハゴニー市の興亡」
音楽劇「マハゴニー市の興亡」舞台写真

そして、世界中から欲望が叶う楽園マハゴニーに憧れた沢山の若者たちが押し寄せてきます。

マハゴニーに来るために7年間必死でアラスカで木こりをしていた若者ジム(山本耕史)と3人の男達。
個性的でチャーミングな仲間たちと、山本耕史さんのさすがのかっこよさ!
様々なストレートプレイのみならずミュージカルでも存在感を示してきた山本耕史さんの力強く美しい歌声に魅了されます。

マハゴニー市は世界中の欲望を吸収して人々の夢と希望を貪り膨張していきます。
ところが、人間は欲望が達成されると、それでは満足出来ず、さらに…さらに…と欲を強めていく…

荒稼ぎが目的の気まま亭の経営者であるビグベッグたちは、何もかもの値をつり上げ、気まま亭をルールで縛り上げる。
マハゴニーが物足りなくなったジムは、俺はこの地に来るまでに7年間も必死で金を溜めてきたんだ!!!その大切な金を使うに値する地なのか?!ものたりない!!とんだ見込み違いだ!と嘆き、更なる理想を追い求めます。

そこに巨大な台風がやってきて、命の危機にさらされた市民達は「死んだらそれまでだ!!」と更なる欲望の膨張を正当化し、マハゴニー市は”何でも好きなことをしていい街”へと更なる変貌を遂げて行きます。

「死んだら全ておしまい、救いなんてどこにもない」「何でも好きなことをしていい」「やりたいことをやれ」
「金の価値は大きい」「短い人生、人生に悔いはなし」

マハゴニー市の熱狂ぶりを見ながら、拝金主義にまみれた現代社会へのブレヒトからの悲しい警告を感じずにはいられません。

台風、地震、デモ…
86年以上前に書かれた作品とは思えないほど、現代を感じさせられる内容ですが、白井氏の演出によりさらに身近に現代社会に迫ってきます。
ルールとは、秩序とは、自由とは、欲望とは…

「それが人間だ!」と突きつけられ、人間の果てのない欲望を考えると同時に…生きる意味を考えずにはいられません。

 

怪しく美しいヴァイルの楽曲

音楽劇「マハゴニー市の興亡」
音楽劇「マハゴニー市の興亡」舞台写真

難しい題材ではありますが、ベテランキャスト陣がこぞって「音が難しすぎる、耳になじむまで時間がかかった」と口を揃えるヴァイルの楽曲は、怪しく美しく…終演後もずっとずっと聴いていたかった!と感じるほど!
ジャズの生演奏とセクシーで斬新な踊りも、本当に美しく!カッコ良く!お洒落で!終始楽しませてくれました!!!
個人的には、クラシックの「乙女の祈り」が街と人々の精神が壊れていくとともに転調し崩れていくという、楽曲中のアレンジが最強にカッコ良く、しびれました。
娼館マンダレーで娼婦たちが男達の性欲の処理をする、という「♪愛に時間はいらない」の、7枚のベットマット上で繰り広げられる男女カップルの振り付けも秀逸!
まさに、各アーティストの魅力が存分に生かされ、舞台は総合芸術だ!と嬉しくなる舞台でした。

 

オススメ!「マハゴニー市民席」

音楽劇「マハゴニー市の興亡」
音楽劇「マハゴニー市の興亡」舞台写真

そして、何と言ってもお伝えせねばならないのは、広い舞台の両サイドに設置された「マハゴニー市民席」という名の客席です。
かなり舞台の奥まで客席が並び、役者をかぶりつきで見ることができ、迫力も満点!さらには、”劇場全体が街である”というコンセプトとともに、市民席の方々は市民として舞台上に借り出されるシーンもあり、舞台を一緒に楽しみたい方々にはオススメのお席です!!

観客も含めて作品となっている、まさに総合芸術の「マハゴニー市の興亡」。
改めて、KAATの上演作品は意欲的で挑戦的。何より、劇場空間も本当に素晴らしく、東京とは一線を画した劇場だ!と再認識させられました。

ぜひぜひ、見て・聴いて・感じて・考えて…頭と心と感覚をフル活動して、マハゴニー市を体感してきてください!!

(文:尾身美詞)

公演情報

舞台「マハゴニー市の興亡」

【作】ベルトルト・ブレヒト  
【作曲】クルト・ヴァイル  
【翻訳】酒寄進一
【演出・上演台本・訳詞】白井晃  
【音楽監督】スガダイロー  
【振付】Ruu

【出演】
山本耕史 マルシア
中尾ミエ 上條恒彦 古谷一行

細見大輔 櫻井章喜 辰巳智秋 / Ruu
明樂哲典 伊勢大貴 加藤義宗 岸田研二 木村雅彦 今野晶乃 
SALLY 鈴木崇乃 遠山悠介 長友郁真 NAMImonroe 橋本由希子 
早瀬マミ 村田慶介 薬丸翔 山﨑将平 吉田哲也 立崇なおと

2016年9月6日(火)~22日(木・祝)/神奈川・KAAT神奈川芸術劇場<ホール>

舞台「マハゴニー市の興亡」 公式サイト
ぴあでチケットを購入icon
ローチケでチケットを購入icon

東京・劇場マップ/仕事帰りの趣味⇒舞台・演劇を観よう!

 シェアする

 ツイート

 シェアする


最近の記事

41周年興行『狐晴明九尾狩』完走記念! 劇団☆新感線エグゼクティブプロデューサー・細川展裕がオリジナルNFTを1セット限定で販売
5
音楽劇『海王星』山田裕貴、松雪泰子 撮影:岡千里
【動画3分】山田裕貴、松雪泰子、ユースケ・サンタマリアらが出演の音楽劇『海王星』が12月6日にPARCO劇場で開幕
45
公演中 12月06日(月) 〜 01月27日(木)
音楽劇『夜来香ラプソディ』左から木下晴香、松下洸平、白洲迅
松下洸平、白洲迅、木下晴香が出演する音楽劇『夜来香ラプソディ』2022年3月からBunkamuraシアターコクーンほかで上演
14
COCOON PRODUCTION 2022『広島ジャンゴ2022』
天海祐希×鈴木亮平のダブル主演のウエスタン活劇!?『広島ジャンゴ2022』2022年4月5日からシアターコクーンで上演
6
公演日程 04月30日(土) 〜 05月16日(月)
ゴットサンZ『ミル貝の逆襲』
ゴットサンZ兼子佳那子作品、連続上演第2弾『ミル貝の逆襲』参宮橋トランスミッションで12月17日~19日に上演
13
公演日程 12月17日(金) 〜 12月19日(日)
狂夏の市場『あたま山心中 散ル散ル、満チル』
狂夏の市場が、竹内銃一郎の名作『あたま山心中 散ル散ル、満チル』を尼崎・狂夏の市場劇場で12月3日から12日まで上演
11
公演中 12月03日(金) 〜 12月12日(日)
昭和精吾事務所 誕生月企画公演『氾濫原3』
語りだけで情景を鮮明に想起させる昭和精吾事務所による短篇集『氾濫原3』12月9日(木)から絵空箱で上演
8
もうすぐ 12月09日(木) 〜 12月10日(金)
近藤芳正Solo Work『ナイフ』reboot 特別インタビュー
近藤芳正Solo Work『ナイフ』reboot 特別インタビュー/2022年1月21日から水戸・豊橋・東京・兵庫・山口で上演
4
公演日程 01月21日(金) 〜 02月13日(日)
舞台『あの子より、私。』
黒谷友香主演 理想の物件をめぐる《内見バトル》を描く 舞台『あの子より、私。』2022年1月15日から東京・大阪で上演
4
公演日程 01月15日(土) 〜 02月06日(日)
ナイロン100°C『イモンドの勝負』撮影:引地信彦
ナイロン100°Cによるナンセンスコメディ『イモンドの勝負』が 11 月20日に下北沢・本多劇場で開幕/兵庫、広島、北九州公演あり
4
公演中 11月20日(土) 〜 12月26日(日)
古川雄大主演「シラノ・ド・ベルジュラック」
古川雄大、馬場ふみか、浜中文一らが出演の舞台『シラノ・ド・ベルジュラック』2022年2月7日から東京・大阪で上演
24
公演日程 02月07日(月) 〜 02月27日(日)
unrato#8『薔薇と海賊』
三島由紀夫の異色ファンタジーに霧矢大夢、多和田任益、田村芽実らが挑む unrato#8『薔薇と海賊』2022年3月4日から東京・大阪で上演
4
公演日程 03月04日(金) 〜 03月26日(土)
『マーキュリー・ファー Mercury Fur』メインビジュアル 撮影:設楽光徳
吉沢亮、北村匠海らが出演の舞台『マーキュリー・ファー Mercury Fur』メインビジュアルが公開/2022年1月から上演
51
公演日程 01月28日(金) 〜 03月11日(金)
PLAY/GROUND Creation #2『Navy Pier』
青柳尊哉、中丸シオンらがほぼ全編モノローグの四人芝居に挑む PLAY/GROUND Creation #2『Navy Pier 埠頭にて』12月18日から横浜赤レンガ倉庫で上演
14
公演日程 12月18日(土) 〜 12月26日(日)
FPAPプロデュース『世界は右側でデキている』
2020年4月。世界は一変する。 FPAPプロデュース『世界は右側でデキている』12月18日(土)、19日(日)にレソラNTT夢天神ホールで上演
2
公演日程 12月18日(土) 〜 12月19日(日)
劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『神州無頼街』左から福士蒼汰、宮野真守
福士蒼汰と宮野真守のバディが伝奇時代劇に挑む! 大阪・東京公演に加え静岡公演が決定! 劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『神州無頼街』2022年3月17日から上演
56
公演日程 03月17日(木) 〜 05月28日(土)
ミュージカル『魍魎の匣』 撮影:岩田えり
小西遼生 主演ミュージカル『魍魎の匣』11月10日にオルタナティブシアターで開幕
18
公演終了 11月10日(水) 〜 11月15日(月)
市川海老蔵、戸塚祥太(A.B.C-Z)
六本木歌舞伎2022に市川海老蔵、戸塚祥太(A.B.C-Z)が出演/2月18日から東京・福岡・大阪で上演
3
公演日程 02月18日(金) 〜 03月21日(月)
平 常×宮田 大『Hamlet』、『虫めづる姫君』
東京文化会館が児童・青少年向け舞台公演「シアター・デビュー・プログラム」を開始 12月に平 常×宮田大『Hamlet』、2月に『虫めづる姫君』を上演
1
公演日程 12月18日(土) 〜 12月19日(日)
劇団☆新感線『偽義経冥界歌』特別上映会
劇団☆新感線『偽義経冥界歌』特別上映会が12月3日(金)、4日(土)に博多座で開催/トークゲストはいのうえひでのりと中島かずき
1
公演終了 12月03日(金) 〜 12月04日(土)
劇団☆新感線『狐晴明九尾狩』11月23日(火・祝)に全国の映画館でディレイビューイング
中村倫也、吉岡里帆、向井理らが出演の劇団☆新感線『狐晴明九尾狩』11月23日(火・祝)に全国の映画館でディレイビューイング
45
公演終了 09月17日(金) 〜 11月11日(木)
京都の老舗和菓子屋を舞台に繰り広げられる男女五人の物語 空降る飴玉社『ここは野分前夜、朱の麓』11月13日(土)、14日(日)に新宿眼科画廊で上演
17
公演終了 11月13日(土) 〜 11月14日(日)
gekidanU家公演企画Vol.5 延期公演『TREE』
《部屋の中に大きな樹が立っている家》で2演目を交互上演 gekidanU家公演企画Vol.5 延期公演『TREE』11月20日から南千住のアトリエで上演
17
公演終了 11月20日(土) 〜 11月23日(火)
ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター 北斗の拳』
【動画5分】大貫勇輔らが劇中歌を歌唱披露! ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』製作発表
19
本日初日 12月08日(水) 〜 01月16日(日)
モノミドリpresents『K OF GGG 』
新団体旗揚げ企画! ゴットサンZ/モノミドリpresents『K OF GGG』荻窪小劇場で11月5日~11月7日に上演!
2
公演終了 11月05日(金) 〜 11月07日(日)
TSJ劇団結成15周年記念公演 第一弾 「徳森さんと大森さんと波森さん」
沖縄で活躍するTSJ劇団結成15周年記念公演の二作品が、11月8日から動画配信
6
公演終了 11月08日(月) 〜 11月21日(日)
ミュージカル『ニュージーズ』
京本大我がパワフルに舞台を牽引!ミュージカル『ニュージーズ』観劇レビュー
2422
公演終了 10月09日(土) 〜 11月17日(水)
serial number「すこたん!」
詩森ろばの新作 serial number「すこたん!」は、ふたりの男性が出会い、恋をし、愛の意味を知る30年の物語。10月28日から中野ザ・ポケットにて上演
12
公演中 11月25日(木) 〜 12月12日(日)
ミュージカル『ドン・ジュアン』 撮影:田中亜紀
藤ヶ谷太輔・真彩希帆、魂で惹かれ合う男女が見つけた愛は“真実”か“呪い”か。ミュージカル「ドン・ジュアン」観劇レビュー
243
公演終了 10月07日(木) 〜 11月06日(土)
『異常以上ゴミ未満、又は名もなき君へ』
市川しんぺー、千代田信一、 野口かおる等と共に作り出す《全力投球型ド派手なヘンテコリン世界!》 good morning N°5『異常以上ゴミ未満、又は名もなき君へ』11月25日(木)から下北沢B1で上演
5
公演中 11月25日(木) 〜 12月12日(日)

 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2021 Village Inc.