• HOME
  • 最新情報
  • 舞台・演劇
  • PRAY▶ vol.4×篠井英介 超攻撃型新派劇『天守物語』8月22日(木)から東京芸術劇場 シアターウエストで上演
PRAY天守物語 新ビジュアル(篠井英介&安里勇哉)

PRAY▶ vol.4×篠井英介 超攻撃型新派劇『天守物語』8月22日(木)から東京芸術劇場 シアターウエストで上演

PRAY天守物語 新ビジュアル(篠井英介&安里勇哉)
PRAY天守物語 新ビジュアル(篠井英介&安里勇哉)

PRAY▶ vol.4×篠井英介 超攻撃型新派劇『天守物語』が8月22日(木)から東京芸術劇場 シアターウエストで上演される。出演は篠井英介、安里勇哉など。

PRAY▶は、新派劇の手法を軸に、日本古典劇の様式を繊細に踏まえつつも、古今東西の様式を柔軟に用いた現代に鮮烈に”刺さる”新演出で現代中小劇場に最適化する「RENOVATION」に挑戦してきた。Vol4となる今回では、世界観に共鳴した篠井英介氏との共作として、また古典演劇の”総本山”松竹株式会社からの協力を経てシアターウエストに進出する。

「歌舞伎」と「リアリズム」という互いに相反する様式を見事に融合させた唯一無二の演劇「新派劇」の手法を軸に、能・アングラ・日本舞踊・コンテンポラリーダンス・ポエトリーラップ・邦楽・ロック・歌謡等、あらゆる古今東西の手法を融合し”斬新”でありつつ、その実極めて古典的である「今ここにしかない」演劇を作り出す。軽やかかつ重厚、ひいては演劇界に次代を切り開く新ジャンルの創出と確立を狙う作品を目指す。

PRAY天守物語
PRAY天守物語

あらすじ

白鷺城の最上階にある異界の主こと天守夫人の富姫が、侍女たちと語り合っているところへ、富姫を姉と慕う亀姫が現れ、宴を始める。その夜、鷹匠の姫川図書之助(ずしょのすけ)は、藩主播磨守の鷹を逃した罪で切腹するところ、鷹を追って天守閣最上階に向かえば命を救うと言われ、天守の様子を窺いにやってくる。
しかし富姫に二度と来るなと戒められて立ち去るが、手燭の灯りを消してしまい、再び最上階へと戻り火を乞う。すると富姫は最上階に来た証として、藩主秘蔵の兜を図書之助に与える。この兜から図書之助は賊と疑われ、追われるままに三度最上階へ戻ってくる。
いつしか図書之助に心奪われた富姫は、喜んで彼を匿うが、異界の人々の象徴である獅子頭の目を追手に傷つけられ、二人は光を失ってしまう。そこへ、近江の匡の工人桃六が現れ、再び獅子頭の目を掘り二人に光を取り戻させ、祝福をする。

 
詳細は公式サイトで
https://www.pray2024tensyu-monogatari.com/

(文:エントレ編集部)

PRAY▶ vol.4×篠井英介
超攻撃型新派劇『天守物語』

【作】泉鏡花
【構成・演出】桂佑輔(PRAY▶ 劇団新派)
【ドラマターグ】長紀榮

【出演】
篠井英介、安里勇哉
林佑樹、木許恵介、マメ山田、石原舞子、喜多村次郎 / 長谷川稀世
PRAY▶ 澤魁士・プリティ太田・山口祥平・中村湊人・渡邉秀夫・鈴木那夫  ほか

2024年8月22日(木)~27日(火)/東京・東京芸術劇場 シアターウエスト

公式サイト
https://www.pray2024tensyu-monogatari.com/

関連記事一覧