2022.11.30  23

虚飾の城の裸の王様のものがたり『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』観劇レビュー



『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』 撮影:田中亜紀
『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』 撮影:田中亜紀
 

虚飾の城の裸の王様のものがたり『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』観劇レビュー

 
2017年の「リチャード三世」以来の佐々木蔵之介&ルーマニアの鬼才演出家・プルカレーテとのタッグとなる『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』。この5年間で来日公演、日本人チームへの演出公演ともに行われて東京芸術祭の目玉とも言える作品です。
「リチャード三世」では「演劇人としてとても幸せな時間だった」と参加した俳優陣からも充実した声が上がっていたようで、過去に参加した俳優・今回が初参加の俳優と織り混ざっての座組。否応なしに期待が高まります。

『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』 撮影:田中亜紀
『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』 撮影:田中亜紀

モリエール生誕400年の今年、上演作品として選ばれたのは「守銭奴」。
そもそも守銭奴という単語自体、フィクションの世界の方が恒常的に使われている印象ありませんか?
今作の主役、金貸しのアルパゴンは初演ではモリエール自身が演じていた役らしいのですが、この400年近くで数多の守銭奴キャラおれど、ぶっちぎりの守銭奴、単独一位です。金を払わない使わない使わせない妻が子供達に残した正当な遺産すら子供は親の所有物だから自分のもの。17世紀の段階ですでにコンプライアンス違反です。そんなこんなで息子のクレアント(竹内將人)は恋人と結婚したいのにドケチな親父のせいで、実家は金持ちなのに父親に内緒でこっそり借金をすることとなり、その算段を立てている途中で発覚するドタバタひと騒動な「喜劇」です。

 

改めて喜劇とは何か

「四大喜劇」の一作に数えられる「守銭奴」ですが、改めて「喜劇」「コメディ」とは何でしょう。「笑える話のことでは?」と単純化されがちですが、その定義を掘り下げると意外と難しい。
パッと思いつく印象でコメディといえば・・・を考えると、その場に居る人間の共通言語として「わかりやすく」笑えるセリフを言う、面白い動きや予想もつかない動きをするいわゆるモノボケ的な笑い。もしくは落語のように、本人たちは大真面目に大真面目なことをやっているだけ、別に「笑い」の生まれる状況では無いはずなのに一周回って笑ってしまう。観客は俯瞰で見ているからこそ「おーい!!何言ってるんだー!!」「違うって!それはアカンアカン!!」とツッコミを入れたくなる笑いだったり。どちらかといえば今作は後者の「喜劇」です。

『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』 撮影:田中亜紀
『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』 撮影:田中亜紀

セリフだけ聞いていると一見噛み合っている会話のように見せかけて、実際は1ミリも噛み合っていないのにそれぞれ納得してお互い違う方向に爆走して行ったり、間に入っている人間のどちらにもいい顔して二枚舌外交していると最悪なパターンとなったり。
そしてこれが1人だけがやってるのではなくて全員がピーチクパーチク大真面目にやってるものだから「落ち着いて!!なんでそうなった!?」という混乱ぶりが笑いを誘います。そこに対しての「動き」も「そういう返しで行くんかい!!」とツッコミの手が止まらない笑いです。
取りもち婆のフロジーヌ(壤 晴彦)、召使のラ・フレーシュ(手塚とおる)、娘のエリーズ(大西礼芳)の実は恋人であり執事のヴァレール、(加治将樹)…それぞれ当事者なのに本音と建前を使い分けようとした二枚舌外交が噛み合わないのに変に噛み合ってしまう。第三者のふりをしてやりすごそうとするともうしっちゃかめっちゃか。

観客にツッコミの手を止めさせないままノンストップで走り切るモリエール。決して「古典作品」の「王道」な演出ではありませんが、だからこそ「なんかすごいものを見せられた・・・」という印象を観劇後に毎回持つのがプルカレーテ作品です。

 

”いつものタッグ”見どころポイント

『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』 撮影:田中亜紀
『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』 撮影:田中亜紀

プルカレーテ作品に限らず、この演出家にはこのスタッフというタッグがあるようにプルカレーテ作品をより深く楽しむための個人的見どころポイントもご紹介。

舞台美術&照明&衣装の担当はドラゴッシュ・ブハジャール氏。美術、衣装、照明のみならずメイクまで、「目に映るもの」はこの人の担当。照明と美術って兼任できるポジションなんですね…確かに美術が立たないと照明プラン立てられないから合理的といえば合理的な判断では・・・?(制作目線)
白く粉が塗されたようなメイクと衣装は前回の「リチャード三世」でも見られましたがホームのルーマニアでの他の公演でもお馴染みのビジュアルです。「それ着るの!?」とびっくりするような衣装や体張って演技しているところに突然登場するギミックなど、目がひとときも休まることはありません。
舞台に広がる燻んだ世界は、ビニールの可動式の屋敷。壁の部屋は一見してさまざまな様子を見せますが、その実がない虚飾の城のよう。

『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』 撮影:田中亜紀
『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』 撮影:田中亜紀

そしてプルカレーテ作品は「途中でみんなが歌い出す」んです。ミュージカル調ではなく、だいたい歌います。そして楽器を途中で弾くシーンも。生演奏です!という形よりはむしろ、演技の中に自然に溶け込んでいて、今回は劇中で淡々と笛の練習をしているのがエリーズの心情変化のキーワードなのでご注目を。この奏でている音楽&歌を担当するのはヴァシル・シリー氏、こちらもいつものタッグです。なぜこれをわざわざ書くか?
プルカレーテ作品の観劇の記録はあとあと目にだけではなく、耳にも残るから。

『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』 撮影:田中亜紀
『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』 撮影:田中亜紀

物語自体は「作品の東西を問わず『実は!!』という切り出し方で話のオチをつけるの、不思議なぐらい古今東西共通の古典作品よくある話」ではあります。これをハッピーエンドの大団円です、で終わらせないのがプルカレーテ流。
「わらう」という日本語を漢字で書くと「笑う」だけではないことを思い知らされます。
幕が降りる最後のその瞬間まで、“彼”にとっては悲劇なのか、それとも喜劇なのか。

答えは観客の想像力の中に。

 
(撮影:田中亜紀、文:藤田侑加)

このレビューを書いたのは

藤田侑加
ふじた ゆか|兵庫県神戸市出身。武蔵野美術大学で舞台美術を専攻後、卒業後演劇の制作として活動を開始。現在はフリーで演劇の企画・広報・制作から海外の演劇祭などにも参画中。https://twitter.com/Yukarienne

 

藤田侑加が書いた最近の記事
2019年11月 「もし、カフカの未発表の原稿が見つかっ...
2019年10月 新国立劇場 演劇研修所 試演会『会議』稽...
2019年10月 言葉は世界に羽ばたく、想いは世界を変え...
2019年07月 光秀はいつ来るの、show must g...
2018年12月 自分の未来は、運命は、自ら立って掴み取る...

 

 

公演情報

『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』

【作】モリエール
【翻訳】秋⼭伸⼦
【演出】シルヴィウ・プルカレーテ

【出演】
佐々木蔵之介/加治将樹 竹内將人 大西礼芳 天野はな/茂手木桜子 菊池銀河 安東信助/
長谷川朝晴 阿南健治 手塚とおる 壤 晴彦

2022年11月23日 (水・祝) ~12月11日 (日) /東京芸術劇場プレイハウス
 
公式サイト
https://www.purcarete-fes.jp/shusendo

チケットを探す
ぴあicon ローチケicon イープラス

最近の記事

月影番外地その7『暮らしなずむばかりで』 撮影:田中亜紀
素通り出来ない台詞だらけ! 高田聖子の月影番外地その7『暮らしなずむばかりで』下北沢ザ・スズナリで上演中/1月29日まで
4
公演終了 01月18日(水) 〜 01月29日(日)
劇団☆新感線『ミナト町純情オセロ~月がとっても慕情篇~』製作発表より 撮影:田中亜紀
三宅健、松井玲奈、寺西拓人ら 新たな挑戦に意欲 劇団☆新感線『ミナト町純情オセロ~月がとっても慕情篇~』製作発表レポート
182
公演日程 03月10日(金) 〜 05月01日(月)
『Dear Me!』出演者インタビュー
川崎のとある夜間保育園で繰り広げられる、ドタバ タな親たちと、それに振り回され続ける保育士たちの物語。青春事情・大野ユウジ氏 の珠玉作『Dear Me!』出演者インタビュー ラゾーナ川崎プラザソルで1月22日から上演!
22
公演終了 01月21日(土) 〜 01月29日(日)
青春事情『キレナイ』初演
川崎のとある美容院で繰り広げられる、何かと“キレナイ”思いを抱える人たちを描く 青春事情・大野ユウジ氏の珠玉作『キレナイ』出演者インタビュー ラゾーナ川崎プラザソルで1月21日から上演!
20
公演終了 01月21日(土) 〜 01月29日(日)
骸骨ストリッパー calavera box vol.7 美女と池袋の怪異譚 『フクロウとネコ』
カフェ公演ならではの空気感を味わおう 骸骨ストリッパー calavera box vol.7 美女と池袋の怪異譚 『フクロウとネコ』1月27日(金)から池袋Honey Beat Studioで上演
1
千穐楽 01月27日(金) 〜 01月30日(月)
青年座『時をちぎれ』
土田英生書き下ろし新作 室町幕府を偏愛する社長とその会社を描いたコメディ! 青年座『時をちぎれ』1月20日(金)から東京芸術劇場シアターウエストで上演
13
公演終了 01月20日(金) 〜 01月29日(日)
ミュージカル『スクルージ』
クリスマスを嫌う男が起こす最高な奇跡 ミュージカル『スクルージ~クリスマス・キャロル~』観劇レビュー
4
公演終了 12月07日(水) 〜 12月25日(日)
ゲキ×シネ「神州無頼街」ポスター
【全国生中継あり】ゲキ×シネ『神州無頼街』福士蒼汰、宮野真守が登壇する舞台挨拶が1月14日(土)に新宿バルト9で開催/ゲキ×シネ『髑髏城の七人』Season月の特別上映も
108
公演中 01月13日(金) 〜 02月02日(木)
秋吉織栄・松村彩永・結瀬ことり
秋吉織栄・松村彩永・結瀬ことりの女優3人組ユニット・おごチャン企画第1弾『戦隊!鷺ノ宮元子』1月19日から下北沢シアター711で上演
6
公演終了 01月17日(火) 〜 01月22日(日)
月影番外地その7『暮らしなずむばかりで』
明日を想えば、死がちらつく! そんな五十路の逆噴火物語! 高田聖子の月影番外地その7『暮らしなずむばかりで』1月18日(水)から下北沢ザ・スズナリで上演
5
公演終了 01月18日(水) 〜 01月29日(日)
劇団佐賀さわげが「九州若手劇団アワード!2022」を受賞
劇団佐賀さわげが「九州若手劇団アワード!2022」を受賞/寄付金を引き続き募集中
2
Ring-Bong第10回公演「さなぎになりたい子どもたち」
中学校の保健室に集う子供たちとその事情を描く Ring-Bong第10回公演『さなぎになりたい子どもたち』 1月18日(水)から座・高円寺1で上演
7
公演終了 01月18日(水) 〜 01月22日(日)
CEDAR×僕たち私たち『The Birthday Party』
大鶴義丹、​藤田朋子、​大森博史らが不条理でミステリアスなハロルド・ピンター作品に挑む CEDAR×僕たち私たち『The Birthday Party』12月17日 (土) から新宿シアターモリエールで上演
13
公演終了 12月17日(土) 〜 12月25日(土)
古田新太、天海祐希らの熱演で完走した劇団☆新感線『薔薇とサムライ2−海賊女王の帰還−』12月13日(火)にディレイビューイングを開催
80
公演終了 12月13日(火) 〜 12月13日(火)
八王子ユースシアター2022全舞台一斉上演会『TAMARIBA』
コンセプトは「つくる、タマリバ。」 八王子ユースシアター『全舞台一斉上演会“TAMARIBA”』12月16日(金)~18日(日)に八王子市文化会館で開催
20
公演終了 12月16日(金) 〜 12月18日(日)
製作委員会第13回公演 『メイン通りの妖怪』
60代からの「自分との折り合いのつけ方」をテーマにしたコメディ 製作委員会 第13回公演 『メイン通りの妖怪』が12月2日に新宿シアター・ミラクルで開幕
10
公演終了 12月02日(金) 〜 12月08日(木)
劇団チャリT企画『アベベのベ 2』撮影:鈴木 淳
風刺か? 冒涜か? 4者にムチ打つ茶番コメディ! 劇団チャリT企画『アベベのベ 2』が下北沢・駅前劇場で開幕/上演は12月4日(日)まで!
8
公演終了 11月30日(水) 〜 12月04日(日)
中村倫也主演ミュージカル『ルードヴィヒ~Beethoven The Piano~』
【予告動画あり】中村倫也主演ミュージカル『ルードヴィヒ~Beethoven The Piano~』2023年2月24日から全国11館の映画館で上映
160
公演日程 02月24日(金) 〜 (木)
『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』 撮影:田中亜紀
虚飾の城の裸の王様のものがたり『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』観劇レビュー
23
公演終了 11月23日(水) 〜 12月11日(日)
『ルーシーフェス/大盤振舞』
楽劇座10周年記念公演をオンラインで開催! 公演映像2本+生配信6回の『ルーシーフェス/大盤振舞』12月10日から1ヶ月にわたり開催
17
公演終了 12月10日(土) 〜 01月10日(火)
お座敷コブラ『TRIANGLE』
チームTartaglia 出演者インタビュー 『非対面芝居』がさらに進化! 濃密な会話サスペンス リモート取材の裏に隠された17年前の未解決事件。衝撃のラストは必見! お座敷コブラ『TRIANGLE』2022年11月30日から溝ノ口劇場で上演
37
公演終了 11月30日(水) 〜 12月04日(日)
劇団B-Stage『どうか私と黄泉の果てまで』
劇団B-Stageが初のオリジナル作品に挑戦! 舞台『どうか私と黄泉の果てまで』12月9日(金)~11日(日)に北翔大学札幌円山キャンパス多目的ホールにて上演
5
公演終了 12月09日(金) 〜 12月11日(日)
ゲキ×シネ「神州無頼街」ポスター
【予告編動画あり】福士蒼汰・宮野真守の最強バディに映画館でまた会える! ゲキ×シネ『神州無頼街』2023年1月13日から全国上映
86
公演終了 01月13日(金) 〜 (木)
音楽劇『ジェイド・バイン』
アンドロイドの世界、人間の熱で今伝えたいメッセージ 音楽劇『ジェイド・バイン』観劇レビュー
25
公演終了 11月17日(木) 〜 11月23日(水)
made by nakice
モノと生息し、身体を含む物質が持つ現象と形跡を表出させる nakice『ABITA@京都芸術センター』12月16日~18日に開催
9
公演終了 12月16日(金) 〜 12月18日(日)
令和座 第5回公演『バビロンに死す』
劇場の区域一帯までを作品の背景に仕立てようと画策する 令和座 第5回公演『バビロンに死す』12月7日(水)からシアターバビロンの流れのほとりにて で上演
21
公演終了 12月07日(水) 〜 12月11日(日)
T-works#5『三文姉妹』左から久馬歩、丹下真寿美
【動画7分】そわそわしてドキドキする展開に期待大! 丹下真寿美と久馬歩インタビュー T-works #5『三文姉妹』2023年1月24日から東京・愛知・大阪・福岡で上演
24
公演中 01月24日(火) 〜 02月23日(木)
劇団チャリT企画『アベベのベ2』
風刺か? 冒涜か? 4者にムチ打つ茶番コメディ! 劇団チャリT企画『アベベのベ 2』11月30日(水)から東京・下北沢・駅前劇場で上演
10
公演終了 11月30日(水) 〜 12月04日(日)
製作委員会第13回公演 『メイン通りの妖怪』
60代からの「自分との折り合いのつけ方」をテーマにしたコメディ 製作委員会 第13回公演 『メイン通りの妖怪』12月2日から新宿シアター・ミラクル、12月8日に座・高円寺2にて上演
9
公演終了 12月02日(金) 〜 12月08日(木)
『歌妖曲〜中川大志之丞変化〜』
【動画2分】中川大志が昭和歌謡版リチャード三世を縦横無尽に演じる! 音楽劇『歌妖曲〜中川大志之丞変化〜』が明治座で開幕/東京公演は11月30日まで
27
公演終了 11月06日(日) 〜 12月25日(日)

 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2023 Village Inc.