2021.10.13  22

明日海りおが全身全霊で挑む、天才作曲家の人生。ミュージカル『マドモアゼル・モーツァルト』観劇レビュー



ミュージカル『マドモアゼル・モーツァルト』
ミュージカル『マドモアゼル・モーツァルト』
 

明日海りおが全身全霊で挑む、天才作曲家の人生。ミュージカル「マドモアゼル・モーツァルト」観劇レビュー

 
原作は、「天才作曲家・モーツァルトが、実は女だった」という大胆な発想で人気を博した福山庸治の傑作漫画『マドモアゼル・モーツァルト』。
1991年に、日本オリジナルミュージカルを牽引してきた音楽座で上演され、代表作として幾度も再演され続けて来ました。そして初演から30年の時を経た今年、演出・小林香×モーツァルト・明日海りおによる、新たな『マドモアゼル・モーツァルト』の物語が誕生します!

ミュージカル『マドモアゼル・モーツァルト』

「ピアノが好きだから、ピアニストになりたい!」「人々の心に響く音楽を作る人になりたい!」なんて夢は、“誰だって”自由に持っていい。しかも、天から与えられた類い稀なる才能があるというのならなおさら、その音楽は世に放たれるべきものである。
でもそれは、現代を生きる私たちの思想であって、本作で描かれるのは、そうはいかない“絶対的な壁”のある時代。

ただひたすらに音楽が大好きで、自分から溢れる音を彩り豊かに奏でる少女・エリーザ。彼女は明らかに普通ではない能力を持っていましたが、当時は「“女”は才能があっても相手にはされない」という時代。それゆえに頭を悩ませていた父・レオポルト(戸井勝海)ですが、ある日、あまりにも大胆な考えを娘に投げかけます。「髪を切り、男になれ」と。その結果彼女は、“娘”エリーザとしてではなく、 “息子”ヴォルフガング・アマデウス(神の申し子)・モーツァルトとして生きる運命を背負うことになるのです。

ミュージカル『マドモアゼル・モーツァルト』

ミュージカル『マドモアゼル・モーツァルト』

今回、主人公のモーツァルト(エリーザ)を演じるのは、明日海りおさん。宝塚歌劇団でトップスターを務めていたころも、中性的な美しさと透明感が魅力的な方だと思っていましたが、今回はその魅力が前面に押し出されて、むしろ個人的にはちょっと戸惑ったほど。冒頭、かわいらしい洋服を着て無邪気な笑い声をあげ、元気いっぱいに走り回る少女が明日海さんであると私の脳が理解するまでだいぶ時差があったと思います。(先に確認しておけって話ですが、「あれ、子役さんいたっけ?」と首をかしげたくらいでした) 

そんなこんなで、“今まで見たことのない明日海りお”を大放出されて溺れかけた私は、男装をした少年・モーツァルトとして登場した姿に逆に安心感を覚えてしまったりしたのですが…共感してくださる方、どれくらいいらっしゃるでしょうか(苦笑)。

ミュージカル『マドモアゼル・モーツァルト』

ミュージカル『マドモアゼル・モーツァルト』

月日は流れ、天才作曲家・モーツァルトの名前は国中に知れ渡り、人々はその才能に熱狂。時代の寵児として宮中でもてはやされるようになっていました。そんな中、宮廷作曲家のサリエリ(平方元基)は、モーツァルトの音楽に否定的。曲も、モーツァルト自身も、「自惚れ」だと不信感を抱く一方、どこか気になる存在でもある様子。その心の引っかかりの謎を解くため、愛人・カテリーナ(石田ニコル)にモーツァルトを誘惑するようけしかけます。

ミュージカル『マドモアゼル・モーツァルト』

平方さんの演じるサリエリは、知的さも感じる落ち着いた大人という印象。今までプリンスな平方さんにキュンキュンさせられることは多々ありましたが、今回はもっと男性的な色気にドキドキさせられる感じ。モーツァルト側から見ると、嫉妬に燃える厳格な敵役として描かれることも多いサリエリですが、今回は嫉妬よりもモーツァルトへの興味のほうが濃く描かれていて、少し新しいサリエリ像かなという気がします。

ミュージカル『マドモアゼル・モーツァルト』

モーツァルトが下宿するウェーバー家の娘・コンスタンツェ役は、宝塚歌劇団で明日海さんとトップコンビを務めた経験もある華優希さん。在団当時からマシュマロのように柔らかいオーラを放ち、どんな役でも懸命かつ繊細に演じる姿が愛らしかった華さん。私情を挟みますが、正直、退団されたらどうするのかということが予想しにくく、「もう会えないのではないか。私は妖精でも見ていたのではないか」と、なぜだかそんな杞憂を勝手に抱いていたんです。なので今回の配役が発表されたときは本当に嬉しかったですし、新たな1歩を踏み出す華さんを明日海さんが見守っていてくださるなんて、みり華がこんな形で復活するなんて、夢かと思いました。(なんならちょっと泣いた。)

モーツァルトにとって、コンスタンツェは良き友人。ですが、年頃の女の子であるコンスタンツェにとって彼は、恋心を抱く存在。その恋に気がついたウェーバー家の母親が、モーツァルトの成功にあやかろうと2人を無理矢理結婚させ、コンスタンツェは憧れの新婚生活の始まりに心を躍らせます。

ですが、女を隠したままの結婚がうまくいくはずがなく、限界を感じたモーツァルトは勇気を振り絞って自分が女であることを告白。彼を本当に愛していたコンスタンツェは大きなショックを受けますが、苦悩の末、モーツァルトを支えることを決意します。
コンスタンツェといえば歴史上で“世界三大悪妻”のひとりとして知られていますが、本作に登場する彼女は、そんなイメージを少し考えさせられる存在でした。相当な覚悟を持って、そして彼女しか注ぐことの出来ない愛情でモーツァルトを支え続けるたくましさが、今思い出しても胸を打ちます。

ミュージカル『マドモアゼル・モーツァルト』

しかしある日を境に、コンスタンツェはモーツァルトの弟子・フランツ(鈴木勝吾)と惹かれ合い、爆発的だったモーツァルトの人気は薄れていくばかり。夫としても作曲家としてもどう生きていくべきなのか…、そう低迷する彼の元に衝撃の知らせが届きます。“ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト”を生み出した父・レオポルトが亡くなったのです。

ミュージカル『マドモアゼル・モーツァルト』

そこからの変貌ぶりが凄い! 自由になることを決意したモーツァルトは、パンツスタイルからドレスに着替え、戸惑うコンスタンツェをよそに、“エリーザ”として演奏会に出席。女性として見る世界の新鮮さに目を輝かせる彼女は、まだ純粋無垢だった少女時代の魂が戻ったように見えました。

ミュージカル『マドモアゼル・モーツァルト』

すると、そんな彼女の清らかな美しさに、まさかのサリエリが一目惚れ。エリーザもまた、真っ正面から愛を伝えるサリエリの思いに今まで感じたことのなかった高揚感に浮かれます。ですが、やはり彼女に流れた作曲家としての血は止まることを知りません。結局、モーツァルトとして大劇場支配人のシカネーダー(Lead 古屋敬多)からの作曲依頼を受け、何かにとりつかれたかのように作曲を続けてしまうのです。本当に少しずつモーツァルトの身が削れて小さくなっていくような気がして、見ていて苦しかったです。

ミュージカル『マドモアゼル・モーツァルト』

「女を捨て、男として音楽を続けること」「音楽を捨て、女としての喜びを得て生きること」、才能のある女性が生きにくかった時代に生まれた少女が、どちらの選択をしたほうが幸福だったのか、私にはわかりません。そもそも彼女にとって、才能があったことは恵まれたことだったのかすら…。でもきっとこの作品が教えてくれたことは、「周りの目も、ルールも気にしなくていい。自分の心が命ずるまま、自由に生きなさい」ということなんだと思います。

ミュージカル『マドモアゼル・モーツァルト』

時に細やかに時にダイナミックに場面を盛り上げる、モーツァルトの名曲と小室哲哉さんが制作した楽曲。そして、舞台上を変幻自在に舞うダンサーたちと華やかな映像が、視覚的にも聴覚的にも登場人物たちの心情に寄り添う演出となって、非常に濃密な空間でマドモアゼル・モーツァルトの人生を見届けることが出来ました。

 
本作は、東京建物Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)で10月31日(日)まで上演されます。
詳細は公式サイトで。

 
(写真提供:東宝演劇部、文:越前葵)

このレビューを書いたのは

越前葵
えちぜん あおい|舞台・演劇は酸素。生きるために必要な要素のひとつ。趣味は、観劇・お城巡り・御朱印集め。劇団☆新感線の「髑髏城の七人」に影響されて、絶賛殺陣を習い中。

 

越前葵が書いた最近の記事
2022年11月 静寂の中で聞こえた、苦悩と希望。中村倫也...
2022年06月 人生は賭けの連続。運命の女神が見せる、夢...
2021年10月 藤ヶ谷太輔・真彩希帆、魂で惹かれ合う男女...
2021年03月 魂を揺さぶる、生命の舞。早乙女太一プロデ...
2021年01月 3年の時を経て、エドガーが蘇った。明日海...

 

 

公演情報

ミュージカル『マドモアゼル・モーツァルト』

原作:福山庸治『マドモアゼル・モーツァルト』
演出:小林香

<音楽座ミュージカルオリジナルプロダクション>
総指揮:相川レイ子
演出:ワームホールプロジェクト
脚本:横山由和、ワームホールプロジェクト
作曲・編曲:
小室哲哉、高田浩、山口琇也
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
アントニオ・サリエリ
製作著作:ヒューマンデザイン

【出演】
モーツァルト/エリーザ:明日海りお
サリエリ:平方元基
コンスタンツェ:華 優希
シカネーダー:古屋敬多(Lead)
カテリーナ:石田ニコル
フランツ:鈴木勝吾
レオポルト:戸井勝海

大久保芽依 鍛治直人 加藤さや香 草場有輝 島田連矢 武田晶穂 徳垣友子 中嶋紗希 永松樹 西尾真由子 練子隼人 松田未莉亜 吉田萌美 渡辺謙典

2021年10月10日(日)~31日(日)/東京・東京建物Brilliaホール
 
公式サイト
ミュージカル『マドモアゼル・モーツァルト』

チケットを探す
ぴあicon ローチケicon イープラス

最近の記事

マグマ∞「南四局は終わらない」
青年座のベテラン俳優たちが集結して新ユニットを結成! マグマ∞『南四局は終わらない』浅草九劇で2月1日(水)に開幕/上演は12日(日)まで
10
公演中 02月01日(水) 〜 02月12日(日)
『舞台・エヴァンゲリオン ビヨンド』出演者
窪田正孝、石橋静河らの出演でエヴァを舞台化 『舞台・エヴァンゲリオン ビヨンド』5月6日(土)からTHEATER MILANO-Zaで上演
7
公演日程 05月06日(土) 〜 06月19日(月)
三浦涼介、鳥越裕貴、平野良らが豪華共演! CCCreation Presents 舞台『桜姫東文章』5月3日(水)から新宿スペース・ゼロで上演
37
公演日程 05月03日(水) 〜 05月10日(水)
月影番外地その7『暮らしなずむばかりで』 撮影:田中亜紀
素通り出来ない台詞だらけ! 高田聖子の月影番外地その7『暮らしなずむばかりで』下北沢ザ・スズナリで上演中/1月29日まで
4
公演終了 01月18日(水) 〜 01月29日(日)
劇団☆新感線『ミナト町純情オセロ~月がとっても慕情篇~』製作発表より 撮影:田中亜紀
三宅健、松井玲奈、寺西拓人ら 新たな挑戦に意欲 劇団☆新感線『ミナト町純情オセロ~月がとっても慕情篇~』製作発表レポート
182
公演日程 03月10日(金) 〜 05月01日(月)
『Dear Me!』出演者インタビュー
川崎のとある夜間保育園で繰り広げられる、ドタバ タな親たちと、それに振り回され続ける保育士たちの物語。青春事情・大野ユウジ氏 の珠玉作『Dear Me!』出演者インタビュー ラゾーナ川崎プラザソルで1月22日から上演!
22
公演終了 01月21日(土) 〜 01月29日(日)
青春事情『キレナイ』初演
川崎のとある美容院で繰り広げられる、何かと“キレナイ”思いを抱える人たちを描く 青春事情・大野ユウジ氏の珠玉作『キレナイ』出演者インタビュー ラゾーナ川崎プラザソルで1月21日から上演!
20
公演終了 01月21日(土) 〜 01月29日(日)
骸骨ストリッパー calavera box vol.7 美女と池袋の怪異譚 『フクロウとネコ』
カフェ公演ならではの空気感を味わおう 骸骨ストリッパー calavera box vol.7 美女と池袋の怪異譚 『フクロウとネコ』1月27日(金)から池袋Honey Beat Studioで上演
1
公演終了 01月27日(金) 〜 01月30日(月)
青年座『時をちぎれ』
土田英生書き下ろし新作 室町幕府を偏愛する社長とその会社を描いたコメディ! 青年座『時をちぎれ』1月20日(金)から東京芸術劇場シアターウエストで上演
13
公演終了 01月20日(金) 〜 01月29日(日)
ミュージカル『スクルージ』
クリスマスを嫌う男が起こす最高な奇跡 ミュージカル『スクルージ~クリスマス・キャロル~』観劇レビュー
4
公演終了 12月07日(水) 〜 12月25日(日)
ゲキ×シネ「神州無頼街」ポスター
【全国生中継あり】ゲキ×シネ『神州無頼街』福士蒼汰、宮野真守が登壇する舞台挨拶が1月14日(土)に新宿バルト9で開催/ゲキ×シネ『髑髏城の七人』Season月の特別上映も
108
公演終了 01月13日(金) 〜 02月02日(木)
秋吉織栄・松村彩永・結瀬ことり
秋吉織栄・松村彩永・結瀬ことりの女優3人組ユニット・おごチャン企画第1弾『戦隊!鷺ノ宮元子』1月19日から下北沢シアター711で上演
6
公演終了 01月17日(火) 〜 01月22日(日)
月影番外地その7『暮らしなずむばかりで』
明日を想えば、死がちらつく! そんな五十路の逆噴火物語! 高田聖子の月影番外地その7『暮らしなずむばかりで』1月18日(水)から下北沢ザ・スズナリで上演
5
公演終了 01月18日(水) 〜 01月29日(日)
劇団佐賀さわげが「九州若手劇団アワード!2022」を受賞
劇団佐賀さわげが「九州若手劇団アワード!2022」を受賞/寄付金を引き続き募集中
2
Ring-Bong第10回公演「さなぎになりたい子どもたち」
中学校の保健室に集う子供たちとその事情を描く Ring-Bong第10回公演『さなぎになりたい子どもたち』 1月18日(水)から座・高円寺1で上演
7
公演終了 01月18日(水) 〜 01月22日(日)
CEDAR×僕たち私たち『The Birthday Party』
大鶴義丹、​藤田朋子、​大森博史らが不条理でミステリアスなハロルド・ピンター作品に挑む CEDAR×僕たち私たち『The Birthday Party』12月17日 (土) から新宿シアターモリエールで上演
13
公演終了 12月17日(土) 〜 12月25日(土)
古田新太、天海祐希らの熱演で完走した劇団☆新感線『薔薇とサムライ2−海賊女王の帰還−』12月13日(火)にディレイビューイングを開催
80
公演終了 12月13日(火) 〜 12月13日(火)
八王子ユースシアター2022全舞台一斉上演会『TAMARIBA』
コンセプトは「つくる、タマリバ。」 八王子ユースシアター『全舞台一斉上演会“TAMARIBA”』12月16日(金)~18日(日)に八王子市文化会館で開催
20
公演終了 12月16日(金) 〜 12月18日(日)
製作委員会第13回公演 『メイン通りの妖怪』
60代からの「自分との折り合いのつけ方」をテーマにしたコメディ 製作委員会 第13回公演 『メイン通りの妖怪』が12月2日に新宿シアター・ミラクルで開幕
10
公演終了 12月02日(金) 〜 12月08日(木)
劇団チャリT企画『アベベのベ 2』撮影:鈴木 淳
風刺か? 冒涜か? 4者にムチ打つ茶番コメディ! 劇団チャリT企画『アベベのベ 2』が下北沢・駅前劇場で開幕/上演は12月4日(日)まで!
8
公演終了 11月30日(水) 〜 12月04日(日)
中村倫也主演ミュージカル『ルードヴィヒ~Beethoven The Piano~』
【予告動画あり】中村倫也主演ミュージカル『ルードヴィヒ~Beethoven The Piano~』2023年2月24日から全国11館の映画館で上映
160
公演日程 02月24日(金) 〜 (木)
『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』 撮影:田中亜紀
虚飾の城の裸の王様のものがたり『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』観劇レビュー
23
公演終了 11月23日(水) 〜 12月11日(日)
『ルーシーフェス/大盤振舞』
楽劇座10周年記念公演をオンラインで開催! 公演映像2本+生配信6回の『ルーシーフェス/大盤振舞』12月10日から1ヶ月にわたり開催
17
公演終了 12月10日(土) 〜 01月10日(火)
お座敷コブラ『TRIANGLE』
チームTartaglia 出演者インタビュー 『非対面芝居』がさらに進化! 濃密な会話サスペンス リモート取材の裏に隠された17年前の未解決事件。衝撃のラストは必見! お座敷コブラ『TRIANGLE』2022年11月30日から溝ノ口劇場で上演
37
公演終了 11月30日(水) 〜 12月04日(日)
劇団B-Stage『どうか私と黄泉の果てまで』
劇団B-Stageが初のオリジナル作品に挑戦! 舞台『どうか私と黄泉の果てまで』12月9日(金)~11日(日)に北翔大学札幌円山キャンパス多目的ホールにて上演
5
公演終了 12月09日(金) 〜 12月11日(日)
ゲキ×シネ「神州無頼街」ポスター
【予告編動画あり】福士蒼汰・宮野真守の最強バディに映画館でまた会える! ゲキ×シネ『神州無頼街』2023年1月13日から全国上映
86
公演終了 01月13日(金) 〜 (木)
音楽劇『ジェイド・バイン』
アンドロイドの世界、人間の熱で今伝えたいメッセージ 音楽劇『ジェイド・バイン』観劇レビュー
25
公演終了 11月17日(木) 〜 11月23日(水)
made by nakice
モノと生息し、身体を含む物質が持つ現象と形跡を表出させる nakice『ABITA@京都芸術センター』12月16日~18日に開催
9
公演終了 12月16日(金) 〜 12月18日(日)
令和座 第5回公演『バビロンに死す』
劇場の区域一帯までを作品の背景に仕立てようと画策する 令和座 第5回公演『バビロンに死す』12月7日(水)からシアターバビロンの流れのほとりにて で上演
21
公演終了 12月07日(水) 〜 12月11日(日)
T-works#5『三文姉妹』左から久馬歩、丹下真寿美
【動画7分】そわそわしてドキドキする展開に期待大! 丹下真寿美と久馬歩インタビュー T-works #5『三文姉妹』2023年1月24日から東京・愛知・大阪・福岡で上演
24
公演中 01月24日(火) 〜 02月23日(木)

 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2023 Village Inc.