2021.8.13  12

黒木華、中島裕翔(Hey! Say! JUMP)、堤真一らが出演の舞台『ウェンディ&ピーターパン』8月13日(金)にBunkamuraオーチャードホールで開幕



左から堤真一、黒木華 中島裕翔(Hey! Say! JUMP)
左から堤真一、黒木華 中島裕翔(Hey! Say! JUMP)
 

黒木華、中島裕翔(Hey! Say! JUMP)、堤真一らが出演の舞台『ウェンディ&ピーターパン』が8月13日(金)にBunkamuraオーチャードホールで開幕する。

 
イギリス・スコットランドの作家、ジェームス・マシュー・バリーが20世紀初頭に書いた世界的傑作戯曲「ピーターパン」。この「ピーターパン」をロンドンで注目の若手作家であり演出家でもあるエラ・ヒクソンが新たにウェンディの視点から翻案し、2013年に英国ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの新作公演『WENDY&PETER PAN』として上演した。
台詞に加えてダンスやフライング、小道具、美術、映像などを駆使した“フィジカルシアター”のスタイルと、スペクタクルとマジカル満載の美しい舞台が話題となり、2015年にはウエストエンドで再演を果たした。

本作の日本初演となる今回、演出を手掛けるのは『るつぼ』(16)、『民衆の敵』(18・ともにBunkamuraシアターコクーン)で社会的テーマを力強く描き、日本の観客を魅了したジョナサン・マンビィ。
タイトルロールであるウェンディとピーターパンを演じるのは、今回が初共演となる黒木華とHey! Say! JUMPの中島裕翔。
さらに、ウェンディの弟・ジョンは平埜生成、マイケルは前原滉、ティンクは富田望生、タイガー・リリーは山崎紘菜、海賊・スミーは玉置孝匡、ミセス・ダーリングは石田ひかりが演じる。そしてフック船長とミスター・ダーリングの二役は堤真一が演じる。

開幕に先立って、黒木華、中島裕翔(Hey! Say! JUMP)、堤真一が登壇し、取材会が行われた。
コメントは以下の通り。

黒木華
無事に幕を開けられることと、ようやく皆さんに観ていただけることが、とても嬉しく感慨深く思います。カンパニーはとても和気あいあいとしていて、年齢が近いキャストも多く、稽古中にはみんなでジップザップというゲームをやったりしながら、仲を深めていました。中島さんは、本当に身体能力が高く、ピーターパンの身軽さややんちゃさを兼ね備えているので、役にとても合っていると思います。演出のジョナサンと今回またご一緒できるのが嬉しく、とても楽しみでした。稽古場では皆さんから出てくるアイデアが本当にクリエイティブで充実していたので、ウェンディならではの想像力や、成長を一つ一つ逃さないようにしていました。素敵な舞台になっているので、このような状況ではありますが、観にきてくださる方には、この時間だけでも心の底から楽しんで帰っていただけたらと思います。『ウェンディ&ピーターパン』の世界にひたひたに浸かりにきてください。

 
中島裕翔(Hey! Say! JUMP)
最初は全然実感がわかなかったんですが、いよいよ明日初日なんだなと。こういう状況の中で公演ができることに本当にいろいろな方に感謝したいです。黒木さんは、「かわいくて静かな顔」というセリフがあるんですが、本当にそのまんまで。それでいて、どこか勇敢で逞しいところもあり、ちょっぴりお茶目でユーモアさがあってウェンディにぴったりな方だと思います。僕自身は、まさかピーターパンを演じられるとは思っていなくて。でも、グループのなかでは子ども扱いされることも多く、そういうところはあっていると思います(笑)ピーターパンを無邪気にできるかなと不安もありますが、カンパニーの皆さんとコミュニケーションをとったり、話を聞いたり、観察することで、自分の感情が動いた瞬間に気づくときがあって、そういう感情を活かして演じられればと思います。
見に来ていただいた方には、この先どうなるか分からない鬱憤やストレスなど、発散になればなと思いますし、いろんな要素が詰まっている作品なので、純粋に楽しんでいただければと思います。千秋楽まで全員で突っ走っていきたいです。

 
堤真一
イギリス人演出家のジョナサンの稽古場は、学校みたいな感じなんです。やりたいことを自由にやっていい環境なので、とにかくコミュニケーションがよく取れていました。若い人が多くて、本当に自由にやっていて。自分が思ったことをどんどん口に出していける稽古場だったので、僕から見ていても、うらやましいくらいだったし、嬉しかったですね。
中島くんは、予備知識なくお会いして、最初の印象はかっこいいなと。聞いたら、Hey!Say! JUMPで、グループでもセンターじゃないと。(こんなにカッコいいのに)どういうことよ!と(笑)黒木さんとはジョナサンの舞台でご一緒しているのですが、しっかりした演技力の持ち主だと改めて思いました。
僕が21、22歳の頃、「天守物語」という坂東玉三郎さんの舞台で黒子をやらせていただきました。そこで目にした空間の美しさと自由度と、ぶっ飛んだ世界観に感動して、一生、舞台に関わっていきたいと思ったんです。今作は、その時を思い出すようなすごい空間で、自由ですし、照明から何から何まで、見るだけで涙が出てしまうんです。
どうしても「ピーターパン」というと子供向けだと思われるかもしれないですが、女性の自立も描いていたり、大人の方にも是非ご覧いただきたい作品です。僕は本当に見ていて涙が止まらないです。

 
詳細は公式サイトで。

 
(文・エントレ編集部)

 

 

公演情報

DISCOVER WORLD THEATRE vol.11
『ウェンディ&ピーターパン』

【作】エラ・ヒクソン(J.M.バリー原作より翻案)
【翻訳】目黒条
【演出】ジョナサン・マンビィ
【美術・衣裳】コリン・リッチモンド

【出演】
黒木華 中島裕翔(Hey! Say! JUMP)
平埜生成 前原滉 富田望生 山崎紘菜
新名基浩 田中穂先 中西南央 下川恭平 本折最強さとし 井上尚 坂本慶介 保土田寛
宮河愛一郎 原田みのる 乾直樹 近藤彩香 浜田純平 渡辺はるか
玉置孝匡 石田ひかり
堤真一

2021年8月13日(金)~9月5日(日)/東京・Bunkamuraオーチャードホール

公式サイト
https://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/21_WPP/

チケットを探す
ぴあicon ローチケicon イープラス

最近の記事

ミュージカル『リトル・プリンス』
【動画3分】加藤梨里香、土居裕子のWキャストで名作を上演! ミュージカル『リトルプリンス』1月8日に日比谷シアタークリエで開幕
45
公演中 01月08日(土) 〜 02月06日(日)
『ミネオラ・ツインズ』宮川舞子撮影
性格は正反対の双子姉妹を大原櫻子が演じ分ける! 舞台『ミネオラ・ツインズ』1月7日にスパイラルホールで開幕
11
公演中 01月07日(金) 〜 01月31日(月)
『META歌舞伎 Genji Memories』
中村壱太郎、中村隼人出演 リアルとバーチャルが融合する仮想空間の歌舞伎公演『META歌舞伎 Genji Memories』1月下旬に配信予定
1
劇団☆新感線『乱鶯』『けむりの軍団』Blu-rayが2022年3月17日(木)に同時発売
古田新太主演の2作 劇団☆新感線『乱鶯』『けむりの軍団』Blu-rayが2022年3月17日(木)に同時発売
3
『怪盗☆ドラゴンカンパニーvol.2 グレイン島のレジスタンスと禁断の果実』
あいつらが、帰ってくる! たやのりょう一座公演に内木志、天木じゅんらが出演! 『怪盗☆ドラゴンカンパニーvol.2 グレイン島のレジスタンスと禁断の果実』1月19日からCBGKシブゲキ!!で上演
11
もうすぐ 01月19日(水) 〜 01月23日(日)
PLAY/GROUND Creation #2『Navy Pier 埠頭にて』稽古場レポート
PLAY/GROUND Creation # 2『Navy Pier 埠頭にて』稽古場レポート
33
公演終了 12月18日(土) 〜 12月26日(日)
コンテンポラリーダンス公演『awayness』
坂田有妃子が長年想い描いていた構想を実現する コンテンポラリーダンス公演『awayness』12月21日から千葉市美術館さや堂ホールで開催
10
公演終了 12月21日(火) 〜 12月23日(木)
Japan Musical Festival 2022 ライブ・ビューイング
中川晃教、加藤和樹らが出演のミュージカルコンサート『Japan Musical Festival 2022』が1月28日に全国の映画館でライブビューイング
74
公演日程 01月28日(金) 〜 01月28日(金)
41周年興行『狐晴明九尾狩』完走記念! 劇団☆新感線エグゼクティブプロデューサー・細川展裕がオリジナルNFTを1セット限定で販売
6
音楽劇『海王星』山田裕貴、松雪泰子 撮影:岡千里
【動画3分】山田裕貴、松雪泰子、ユースケ・サンタマリアらが出演の音楽劇『海王星』が12月6日にPARCO劇場で開幕
51
公演中 12月06日(月) 〜 01月27日(木)
音楽劇『夜来香ラプソディ』左から木下晴香、松下洸平、白洲迅
松下洸平、白洲迅、木下晴香が出演する音楽劇『夜来香ラプソディ』2022年3月からBunkamuraシアターコクーンほかで上演
14
COCOON PRODUCTION 2022『広島ジャンゴ2022』
天海祐希×鈴木亮平のダブル主演のウエスタン活劇!?『広島ジャンゴ2022』2022年4月5日からシアターコクーンで上演
6
公演日程 04月30日(土) 〜 05月16日(月)
ゴットサンZ『ミル貝の逆襲』
ゴットサンZ兼子佳那子作品、連続上演第2弾『ミル貝の逆襲』参宮橋トランスミッションで12月17日~19日に上演
13
公演終了 12月17日(金) 〜 12月19日(日)
狂夏の市場『あたま山心中 散ル散ル、満チル』
狂夏の市場が、竹内銃一郎の名作『あたま山心中 散ル散ル、満チル』を尼崎・狂夏の市場劇場で12月3日から12日まで上演
11
公演終了 12月03日(金) 〜 12月12日(日)
昭和精吾事務所 誕生月企画公演『氾濫原3』
語りだけで情景を鮮明に想起させる昭和精吾事務所による短篇集『氾濫原3』12月9日(木)から絵空箱で上演
8
公演終了 12月09日(木) 〜 12月10日(金)
近藤芳正Solo Work『ナイフ』reboot 特別インタビュー
近藤芳正Solo Work『ナイフ』reboot 特別インタビュー/2022年1月21日から水戸・豊橋・東京・兵庫・山口で上演
4
もうすぐ 01月21日(金) 〜 02月13日(日)
舞台『あの子より、私。』
黒谷友香主演 理想の物件をめぐる《内見バトル》を描く 舞台『あの子より、私。』2022年1月15日から東京・大阪で上演
4
公演中 01月15日(土) 〜 02月06日(日)
ナイロン100°C『イモンドの勝負』撮影:引地信彦
ナイロン100°Cによるナンセンスコメディ『イモンドの勝負』が 11 月20日に下北沢・本多劇場で開幕/兵庫、広島、北九州公演あり
4
公演終了 11月20日(土) 〜 12月26日(日)
古川雄大主演「シラノ・ド・ベルジュラック」
古川雄大、馬場ふみか、浜中文一らが出演の舞台『シラノ・ド・ベルジュラック』2022年2月7日から東京・大阪で上演
25
公演日程 02月07日(月) 〜 02月27日(日)
unrato#8『薔薇と海賊』
三島由紀夫の異色ファンタジーに霧矢大夢、多和田任益、田村芽実らが挑む unrato#8『薔薇と海賊』2022年3月4日から東京・大阪で上演
4
公演日程 03月04日(金) 〜 03月26日(土)
『マーキュリー・ファー Mercury Fur』メインビジュアル 撮影:設楽光徳
吉沢亮、北村匠海らが出演の舞台『マーキュリー・ファー Mercury Fur』メインビジュアルが公開/2022年1月から上演
51
公演日程 01月28日(金) 〜 03月11日(金)
PLAY/GROUND Creation #2『Navy Pier』
青柳尊哉、中丸シオンらがほぼ全編モノローグの四人芝居に挑む PLAY/GROUND Creation #2『Navy Pier 埠頭にて』12月18日から横浜赤レンガ倉庫で上演
14
公演終了 12月18日(土) 〜 12月26日(日)
FPAPプロデュース『世界は右側でデキている』
2020年4月。世界は一変する。 FPAPプロデュース『世界は右側でデキている』12月18日(土)、19日(日)にレソラNTT夢天神ホールで上演
2
公演終了 12月18日(土) 〜 12月19日(日)
劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『神州無頼街』左から福士蒼汰、宮野真守
福士蒼汰と宮野真守のバディが伝奇時代劇に挑む! 大阪・東京公演に加え静岡公演が決定! 劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『神州無頼街』2022年3月17日から上演
56
公演日程 03月17日(木) 〜 05月28日(土)
ミュージカル『魍魎の匣』 撮影:岩田えり
小西遼生 主演ミュージカル『魍魎の匣』11月10日にオルタナティブシアターで開幕
18
公演終了 11月10日(水) 〜 11月15日(月)
市川海老蔵、戸塚祥太(A.B.C-Z)
六本木歌舞伎2022に市川海老蔵、戸塚祥太(A.B.C-Z)が出演/2月18日から東京・福岡・大阪で上演
3
公演日程 02月18日(金) 〜 03月21日(月)
平 常×宮田 大『Hamlet』、『虫めづる姫君』
東京文化会館が児童・青少年向け舞台公演「シアター・デビュー・プログラム」を開始 12月に平 常×宮田大『Hamlet』、2月に『虫めづる姫君』を上演
1
公演終了 12月18日(土) 〜 12月19日(日)
劇団☆新感線『偽義経冥界歌』特別上映会
劇団☆新感線『偽義経冥界歌』特別上映会が12月3日(金)、4日(土)に博多座で開催/トークゲストはいのうえひでのりと中島かずき
1
公演終了 12月03日(金) 〜 12月04日(土)
劇団☆新感線『狐晴明九尾狩』11月23日(火・祝)に全国の映画館でディレイビューイング
中村倫也、吉岡里帆、向井理らが出演の劇団☆新感線『狐晴明九尾狩』11月23日(火・祝)に全国の映画館でディレイビューイング
45
公演終了 09月17日(金) 〜 11月11日(木)
京都の老舗和菓子屋を舞台に繰り広げられる男女五人の物語 空降る飴玉社『ここは野分前夜、朱の麓』11月13日(土)、14日(日)に新宿眼科画廊で上演
17
公演終了 11月13日(土) 〜 11月14日(日)

 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2022 Village Inc.