2019.4.18  812

小池徹平×三浦春馬 ミュージカル「キンキーブーツ」観劇レビュー



三浦春馬
三浦春馬とエンジェルス
 

小池徹平×三浦春馬 ミュージカル「キンキーブーツ」観劇レビュー

 

4月15日、東急シアターオーブにてブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」の公開ゲネプロが行われた。

「キンキーブーツ」は、イギリスの田舎町にある老舗の靴工場の後継ぎ息子チャーリーがドラァグクイーンのローラと出会い、経営難に陥った靴工場を立て直していく過程を描いた物語。
日本では2016年に小池徹平・三浦春馬主演で初演。今回は3年ぶりに同主演での再演となる。

 
この作品の話をする上で、まず最初にあがるのは三浦春馬演じるドラァグクイーン・ローラについてだろう。

ローラは、好きなもの=自分ということをよく知っている。
好きだからやるし、できる。好きってそういうこと!これが自分!と、愛と情熱を惜しげも無くふりまく。

三浦春馬
三浦春馬

表舞台で歌い踊るローラは誰もが憧れる魅力的なドラァグクイーンだ。
魅力は引力であり、重力。だがその中心にいる者は、憧れられることの孤独も知っている。

小池徹平、三浦春馬
小池徹平、三浦春馬

物語が進んでいくにつれて、ローラの内側の部分が描かれていく。
ローラが出会い育てた「好き」は子供のまま大きくなったように純粋。
よくメイクやファッションは武器であり鎧だ、と言うが、ローラはまさにドラァグクイーンという美しく強い姿で、心許なくて壊れそうな「好き」を守っている。
舞台上の時間が進んでいくにつれ、それを知ってしまう観客は、ローラの優しい微笑みも、目を見開いた迫力ある表情も、ローラのすべてが儚く見えて切なくなる。
だからみんなローラを好きになるのだ。

三浦春馬
三浦春馬

でも実は、この物語はローラが与えるばかりの物語ではない。
見た目の美しさや迫力で目がいってしまうのはローラだが、
おそらく本人も気づかないうちにローラを認めて勇気と可能性を与え、
ローラを含む全ての登場人物の物語を進めていくのは、小池徹平演じるチャーリーなのだ。

小池徹平
小池徹平

好きなものだけを追いかけて自分を作り上げたローラと、いつも状況に流されながら自分を作ろうとしていくチャーリー。
どうすれば良いのかわかって行動するのがローラ。どうするべきかわからないけれど行動するのがチャーリー。
正反対なようにも見えるが、このふたりは似ている。
どちらも「本当の自分ってなんだろう。」という考えを心の中の大切なひと部屋にしまっているように見える。

小池徹平、三浦春馬
小池徹平

もしかしたらその問いは、このふたりだけではなく、観客であるわたしたちも、常に抱えているものなのかもしれない。

生まれたままの自分が本当の自分だと思うこともあれば、
生きていくうちに自分で見つけた自分が本当の自分と思うこともある。

新しい自分に出会った時、もしも今までの自分にさよならすることになったとしても悪いことじゃない。
自分や周りを責めないで、受け入れることで世界は広がる。ふたりはそう教えてくれた気がする。

この作品のテーマのひとつに、「互いを受け入れ、自分が変われば世界も変わる」というメッセージがあるとゲネプロ前の会見で聞いた。
それはまさにこのことなのだろうと感じた。

小池徹平、三浦春馬 ほか
小池徹平、三浦春馬 ほか

「好き」という情熱を認めてくれたチャーリーに対して、ローラは喜ぶ。
そして自分も応えたいと、挑戦するローラ。
その姿はとてもいじらしく、かわいい。

でもその行為は、いわば素肌をむき出しにするようなもの。
大切に磨かれた肌は美しいが、些細な刺激で傷ついてしまう。心も同じだ。
それでもローラはチャーリーへ伝えたいことがあったからそうした。
チャーリーなら受け入れてくれると信じたのだろう。

だが、それを笑うひとがいることも、ローラはもちろん知っていた。
その対処を、ローラは半ば諦め気味で、ドライにこなしてしまおうとする。
でもそこで終わらせなかったのはチャーリーだ。(おそらくいつものようにチャーリーは気づいていないが、そこがチャーリーの魅力なのだ。)

大人ぶって無かったことにしてしまえばこれ以上不快なことは起きない。
だが、そこで終わりにしないことで、新しい何かが芽生えることだってある。
少なくともこの物語において、時間を止めなかったからこそ出会えた景色は、ひとりで見ていた頃では想像できなかった景色だった。

そんなひとりひとりの美しい景色が、舞台の上に色鮮やかに描かれていく。

三浦春馬、勝矢
三浦春馬、勝矢

あれこれ書いてきたが、正直なところ、観覧後の筆者の感想は
「かっこよすぎて・・・泣けた!!!」それだけだった。
出演者全員が笑顔なのに涙が出てくるなんて、初めての体験だった。
それくらいすべてがどストレートで、シンプルで、とにかくめちゃくちゃにかっこいいのだ。

この物語の中に、そのまま教訓となるような難しいセリフはない。
そうではなくて、例えるなら、ひとつひとつのセリフや仕草、照明、衣装、音楽などの要素が一輪ずつの花で、
それらが集まって大きな花束になり、その花束に込められた花言葉のような優しい考えを提案されている感覚。

三浦春馬
三浦春馬

それができるのは、すべての演者とスタッフの技術や人間力によるもので、そう感じさせないほどの練習量があるからだろう。
まず冷静に考えてあの高さのヒールを履きながら涼しい顔で踊るなど、大抵の努力ではできない。
(個人的には、あの高さで美しく歩くことすら不可能だと感じている。)
また、踊りの振り自体は単純なものが多いため、各キャラクターそれぞれの性格に合わせた仕草や角度を研究しつくされている印象を受けた。
同じ踊りでもキャラクターによってオリジナリティを感じられるのでぜひひとりひとりをじっくり見てみてほしい。

ミュージカル「キンキーブーツ」
ミュージカル「キンキーブーツ」

主演ふたりはもちろん、ふたりを支えるすべてのキャストが表情豊かで魅力的。

小池徹平、ひのあらた
小池徹平、ひのあらた

ソニン
ソニン

三浦春馬、勝矢
三浦春馬、勝矢

好きなものってしあわせ。
一生懸命「大好き!」をしている姿はかわいくて、素敵だということ、
そして、信じることの強さを、キンキーブーツは教えてくれる。
その直射日光のようなあついメッセージの色はきっと、キンキーブーツのような鮮やかな赤!

キンキーブーツは、観るものそれぞれが守ってきた、大切な心のひと部屋のドアを優しく開いてくれる。
「あなたの人生の主役はあなた!こわくない!」と言われている気持ちになる、強くて優しい作品だった。

小池徹平、三浦春馬
小池徹平、三浦春馬

三浦春馬
三浦春馬

 
family!

キンキーブーツ family!
family!

 
東京公演の当日券情報はこちら。

 
(撮影・文:志田彩香)

 
このレビューを書いたのは

志田彩香
しだ あやか|千葉県生まれ。報道写真家の祖父の影響で、写真を始める。
武蔵野美術大学卒業後、アシスタントを経て、2016年 フリーランス。https://www.instagram.com/shidaayaka_/

 


 
[PR]あなたの公演も『観劇レビュー』を掲載しませんか?
ご依頼はこちらへ!

 

 

公演情報

ブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」

脚本:ハーヴェイ・ファイアスタイン
音楽・作詞:シンディ・ローパー
演出・振付:ジェリー・ミッチェル
日本版演出協力/上演台本:岸谷五朗
訳詞:森 雪之丞

【出演】
チャーリー・プライス・・・小池徹平
ローラ / サイモン・・・三浦春馬
ローレン・・・ソニン
ニコラ・・・玉置成実
ドン・・・勝矢
ジョージ・・・ひのあらた

飯野めぐみ、白木美貴子、施鐘泰(JONTE)、穴沢裕介、森 雄基、風間由次郎、森川次朗、遠山裕介、浅川文也、佐久間雄生、藤浦功一、佐々木誠、高原紳輔、中村百花、丹羽麻由美、舩山智香子、清水隆伍、加藤潤一

【公演日程】
2019年4月16日(火)~5月12日(日)/東京・東急シアターオーブ
2019年5月19日(日)~5月28日(火)/大阪・オリックス劇場

公式サイト
ブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」

プレイガイドで検索
ぴあicon ローチケicon

 シェアする

 ツイート

 シェアする


最近の記事

Art-Loving 舞台『かもめ』
2年の時を経て大作へ挑む Art-Loving プロデュース公演『かもめ』3月24日からラゾーナ川崎プラザソルで上演
15
公演日程 03月24日(木) 〜 03月27日(日)
福士蒼汰
福士蒼汰と宮野真守、バディもので念願の舞台共演へ! 劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『神州無頼街』製作発表レポート
38
公演日程 03月17日(木) 〜 05月28日(土)
劇団アフリカ座 u-you.company 27th STAGE 『アルキミコ』
真田一族の葛藤を女優のみで描く人気作 劇団アフリカ座 u-you.company『アルキミコ』1月26日(水)からZAIKOで無観客生配信
21
公演中 01月26日(水) 〜 01月30日(日)
ミュージカル『リトル・プリンス』
【動画3分】加藤梨里香、土居裕子のWキャストで名作を上演! ミュージカル『リトルプリンス』1月8日に日比谷シアタークリエで開幕
45
公演中 01月08日(土) 〜 02月06日(日)
『ミネオラ・ツインズ』宮川舞子撮影
性格は正反対の双子姉妹を大原櫻子が演じ分ける! 舞台『ミネオラ・ツインズ』1月7日にスパイラルホールで開幕
11
公演中 01月07日(金) 〜 01月31日(月)
『META歌舞伎 Genji Memories』
中村壱太郎、中村隼人出演 リアルとバーチャルが融合する仮想空間の歌舞伎公演『META歌舞伎 Genji Memories』1月下旬に配信予定
1
劇団☆新感線『乱鶯』『けむりの軍団』Blu-rayが2022年3月17日(木)に同時発売
古田新太主演の2作 劇団☆新感線『乱鶯』『けむりの軍団』Blu-rayが2022年3月17日(木)に同時発売
3
『怪盗☆ドラゴンカンパニーvol.2 グレイン島のレジスタンスと禁断の果実』
あいつらが、帰ってくる! たやのりょう一座公演に内木志、天木じゅんらが出演! 『怪盗☆ドラゴンカンパニーvol.2 グレイン島のレジスタンスと禁断の果実』1月19日からCBGKシブゲキ!!で上演
11
公演終了 01月19日(水) 〜 01月23日(日)
PLAY/GROUND Creation #2『Navy Pier 埠頭にて』稽古場レポート
PLAY/GROUND Creation # 2『Navy Pier 埠頭にて』稽古場レポート
33
公演終了 12月18日(土) 〜 12月26日(日)
コンテンポラリーダンス公演『awayness』
坂田有妃子が長年想い描いていた構想を実現する コンテンポラリーダンス公演『awayness』12月21日から千葉市美術館さや堂ホールで開催
10
公演終了 12月21日(火) 〜 12月23日(木)
Japan Musical Festival 2022 ライブ・ビューイング
中川晃教、加藤和樹らが出演のミュージカルコンサート『Japan Musical Festival 2022』が1月28日に全国の映画館でライブビューイング
74
公演終了 01月28日(金) 〜 01月28日(金)
41周年興行『狐晴明九尾狩』完走記念! 劇団☆新感線エグゼクティブプロデューサー・細川展裕がオリジナルNFTを1セット限定で販売
6
音楽劇『海王星』山田裕貴、松雪泰子 撮影:岡千里
【動画3分】山田裕貴、松雪泰子、ユースケ・サンタマリアらが出演の音楽劇『海王星』が12月6日にPARCO劇場で開幕
51
公演終了 12月06日(月) 〜 01月27日(木)
音楽劇『夜来香ラプソディ』左から木下晴香、松下洸平、白洲迅
松下洸平、白洲迅、木下晴香が出演する音楽劇『夜来香ラプソディ』2022年3月からBunkamuraシアターコクーンほかで上演
14
COCOON PRODUCTION 2022『広島ジャンゴ2022』
天海祐希×鈴木亮平のダブル主演のウエスタン活劇!?『広島ジャンゴ2022』2022年4月5日からシアターコクーンで上演
6
公演日程 04月30日(土) 〜 05月16日(月)
ゴットサンZ『ミル貝の逆襲』
ゴットサンZ兼子佳那子作品、連続上演第2弾『ミル貝の逆襲』参宮橋トランスミッションで12月17日~19日に上演
13
公演終了 12月17日(金) 〜 12月19日(日)
狂夏の市場『あたま山心中 散ル散ル、満チル』
狂夏の市場が、竹内銃一郎の名作『あたま山心中 散ル散ル、満チル』を尼崎・狂夏の市場劇場で12月3日から12日まで上演
11
公演終了 12月03日(金) 〜 12月12日(日)
昭和精吾事務所 誕生月企画公演『氾濫原3』
語りだけで情景を鮮明に想起させる昭和精吾事務所による短篇集『氾濫原3』12月9日(木)から絵空箱で上演
8
公演終了 12月09日(木) 〜 12月10日(金)
近藤芳正Solo Work『ナイフ』reboot 特別インタビュー
近藤芳正Solo Work『ナイフ』reboot 特別インタビュー/2022年1月21日から水戸・豊橋・東京・兵庫・山口で上演
4
公演中 01月21日(金) 〜 02月13日(日)
舞台『あの子より、私。』
黒谷友香主演 理想の物件をめぐる《内見バトル》を描く 舞台『あの子より、私。』2022年1月15日から東京・大阪で上演
4
公演中 01月15日(土) 〜 02月06日(日)
ナイロン100°C『イモンドの勝負』撮影:引地信彦
ナイロン100°Cによるナンセンスコメディ『イモンドの勝負』が 11 月20日に下北沢・本多劇場で開幕/兵庫、広島、北九州公演あり
4
公演終了 11月20日(土) 〜 12月26日(日)
古川雄大主演「シラノ・ド・ベルジュラック」
古川雄大、馬場ふみか、浜中文一らが出演の舞台『シラノ・ド・ベルジュラック』2022年2月7日から東京・大阪で上演
25
公演日程 02月07日(月) 〜 02月27日(日)
unrato#8『薔薇と海賊』
三島由紀夫の異色ファンタジーに霧矢大夢、多和田任益、田村芽実らが挑む unrato#8『薔薇と海賊』2022年3月4日から東京・大阪で上演
4
公演日程 03月04日(金) 〜 03月26日(土)
『マーキュリー・ファー Mercury Fur』メインビジュアル 撮影:設楽光徳
吉沢亮、北村匠海らが出演の舞台『マーキュリー・ファー Mercury Fur』メインビジュアルが公開/2022年1月から上演
51
公演中 01月28日(金) 〜 03月11日(金)
PLAY/GROUND Creation #2『Navy Pier』
青柳尊哉、中丸シオンらがほぼ全編モノローグの四人芝居に挑む PLAY/GROUND Creation #2『Navy Pier 埠頭にて』12月18日から横浜赤レンガ倉庫で上演
14
公演終了 12月18日(土) 〜 12月26日(日)
FPAPプロデュース『世界は右側でデキている』
2020年4月。世界は一変する。 FPAPプロデュース『世界は右側でデキている』12月18日(土)、19日(日)にレソラNTT夢天神ホールで上演
2
公演終了 12月18日(土) 〜 12月19日(日)
劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『神州無頼街』左から福士蒼汰、宮野真守
福士蒼汰と宮野真守のバディが伝奇時代劇に挑む! 大阪・東京公演に加え静岡公演が決定! 劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『神州無頼街』2022年3月17日から上演
56
公演日程 03月17日(木) 〜 05月28日(土)
ミュージカル『魍魎の匣』 撮影:岩田えり
小西遼生 主演ミュージカル『魍魎の匣』11月10日にオルタナティブシアターで開幕
18
公演終了 11月10日(水) 〜 11月15日(月)
市川海老蔵、戸塚祥太(A.B.C-Z)
六本木歌舞伎2022に市川海老蔵、戸塚祥太(A.B.C-Z)が出演/2月18日から東京・福岡・大阪で上演
3
公演日程 02月18日(金) 〜 03月21日(月)
平 常×宮田 大『Hamlet』、『虫めづる姫君』
東京文化会館が児童・青少年向け舞台公演「シアター・デビュー・プログラム」を開始 12月に平 常×宮田大『Hamlet』、2月に『虫めづる姫君』を上演
1
公演終了 12月18日(土) 〜 12月19日(日)

 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2022 Village Inc.