• HOME
  • 最新情報
  • 舞台・演劇
  • 演劇ユニット #家で出来る演劇による野外劇『狂言山月記』が開幕 中島敦「山月記」をモチーフに新宿区戸山公園にて6月9日まで

演劇ユニット #家で出来る演劇による野外劇『狂言山月記』が開幕 中島敦「山月記」をモチーフに新宿区戸山公園にて6月9日まで


『狂言山月記』舞台写真

演劇ユニット #家で出来る演劇による野外劇『狂言山月記』が新宿区戸山公園にて開幕した

本作は、演劇ユニット#家で出来る演劇の第4回公演。
中島敦の『山月記』をモチーフに、東京都・戸山公園の野外演奏場跡を使って上演する現代演劇だ。

脚本は、「日本のラジオ」の代表である屋代秀樹。
演出は、演劇ユニット「ウンゲツィーファ」主宰の本橋龍。
本橋が他者の脚本を演出するのは初めてのことだ。


『狂言山月記』舞台写真

物語は、中島敦の小説「山月記」を下敷きに、虎になった猟奇殺人犯をめぐって進む。
演出の本橋曰く、歴史的な名作小説と、現在の間の歪みから滲みから生まれた「ネオ純文学」脚本ということだ。


『狂言山月記』舞台写真

あらすじ

羞恥心だとかなんだとか
自分を修辞しないでください
そんな姿になるずっと前から
あなたはもともと持っていた
そのおそろしい爪と牙で
わたしを傷つけていましたよ

(中島敦「山月記」をモチーフとした演劇作品)

 

コメント

企画・日野あかり
#家で出来る演劇としての公演も四回目になりました。
もともとコロナ禍で演劇の上演中止が相次ぐ中、ぽっかり空いた時間に何かできないかとオンラインで戯曲を読み始めたところからのスタートでしたが、気づけば公園で野外劇をやっています。
この場所を最初に演劇の場として使った早稲田の皆さんも同じような気持ちだったのかと、勝手にシンパシーを感じています。
作品を人前に出すという行為は歓喜と恐怖がないまぜで、シーソーのようにぐらついて心を抉ってきます。
李徴もそうだったかもしれないし、生きていることはそのシーソーに乗り続けることなのかも、なんてポエットリーなことをつい考えてしまうほど、趣深い空間です。
ゆったりとお楽しみください。

脚本・屋代秀樹(日本のラジオ)
「山月記」の元ネタである中国の怪奇小説「人虎伝」では、李徴が虎になった理由が「愛人の家族の家に放火したら、その因果応報で」だったりします。
それはさておいても、なんか芸術とか自我がどうこうってウジウジしてるけど、こいつ殺人虎じゃん、っていうしょうもない部分が気になって書きました。
まあそれもさておいて、野外の良い気持ち、良い声、良い演出を楽しんでいってください。
余談ですが「山月記」はもともと「古譚」と呼ばれる連作短編の一つだったのが突出して人気になってしまったものなんですけど、他の作品「狐憑」「木乃伊」「文字禍」もザ・怪奇って雰囲気でかなり面白いです。
青空文庫にあるのでこちらもよろしくお願いします。

演出・本橋龍(ウンゲツィーファ)
はじめまして。演出を担当しています、本橋龍と申します。
主宰の日野さんにお願いしてキャスティングの段階から携わらせて頂きました。
あまり意図はしていなかったのですが集まった家田さん、宝保さん、横手さんは脚本の屋代さんと僕の其々の知り合いでした。
僕と屋代さんはあまり面識がなかったので其々の仕事を繋げる上でとても心強かったです。
特に横手さんは其々の意図を汲み取って助言をくれました。
頂いた脚本はト書きの言葉が端的で、役も性別に依存しないように書かれていて、演出側が自由にプランニングできるようデザインされていました。
かなり自由に演出させて頂きました。屋代さんの意図と反する部分もあると思います。
衣装や小道具を主宰の日野さんがプランニングして揃えてくれました。
今作の世界感を視覚的に構築してくれて、演出のヒントを頂きました。
配役を決める上で、一番最初に中心人物を宝保さんに担って頂こうと決めました。
ニュートラルさの中に秘めた爆弾みたいな感じが今作の根幹の部分に触れてると思います。
家田さんは練習の初日に「山月記読んでよくわからなかった」という旨のことを言ってたのですが、今回のクリエイションはその言葉から始まったような気がします。
作品に込めたことは色々ありますが、この会場が学生のたまり場だと聞いて、夜遅くにコンビニでお酒買って集まって朝方まで話したりしたんだろうなとか想像しました。
友との別れみたいなことを考えたりました。

雨降ってないといいですね!

 
公演は、2024年6月6日(木)~6月9日(日)、戸山公園の陸軍戸山学校軍楽隊 野外演奏場跡で行われる。

詳細は公式サイトで。
https://note.com/playathome/n/n552faed766a1

(文:エントレ編集部)

公演情報

【脚本】屋代秀樹(日本のラジオ)
【演出】本橋龍(ウンゲツィーファ)
【出演】日野あかり(#家で出来る演劇/日本のラジオ)/家田三成(坂井水産)/宝保里実(コンプソンズ)/横手慎太郎(シンクロ少女)

2024年6月6日(木)~6月9日(日)/東京・戸山公園(箱根山地区) 陸軍戸山学校軍楽隊 野外演奏場跡

チケット予約
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02fcrkg3ypk31.html

公式サイト
https://note.com/playathome/n/n552faed766a1

関連記事一覧