2021.10.28  2422

京本大我がパワフルに舞台を牽引!ミュージカル『ニュージーズ』観劇レビュー



ミュージカル『ニュージーズ』
ミュージカル『ニュージーズ』 写真提供/東宝演劇部
 

京本大我がパワフルに舞台を牽引!ミュージカル『ニュージーズ』観劇レビュー

 
ディズニーの大ヒットミュージカル『ニュージーズ』が東京・日生劇場で上演中だ。
本作品は19世紀末のニューヨークを舞台に新聞販売の少年たち“ニュージーズ”の奮闘を描いた同名映画を原作に、ブロードウェイではディズニー・シアトリカル・プロダクションズの製作により初演。トニー賞8部門にノミネートされ、数々の賞を受賞した。『美女と野獣』、『アラジン』、『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』などのヒット作を手掛けたアラン・メンケンの美しいメロディーと、躍動感溢れるダンス・ナンバーが盛りだくさんのミュージカルだ。日本初演となる今回は、日本のミュージカル界を牽引し続ける小池修一郎(宝塚歌劇団)のもと、新演出版として上演。本来ならば昨年5月に幕を開ける予定であったが、新型コロナウイルスの影響で残念ながらで全公演中止となった経緯もあり、演劇ファンにとっても待望の上演となった。

舞台は19世紀末のニューヨーク。孤児やホームレスの新聞販売少年たち“ニュージーズ”は、決して恵まれた環境・労働条件ではない中でも、路上で懸命に新聞を売り生計を立てていた。そんな中、「ワールド」紙のオーナー・ピュリツァーは他社より儲けようと、販売価格は据え置きでニュージーズへの新聞卸値を引き上げることを宣言。少年たちに不利な条件が突きつけられる。この理不尽な値上げに対し、ニュージーズはリーダー格の少年・ジャックの先導のもと、“ストライキ”を起こそうと団結。権力者と闘う少年たちの姿が力強く描かれる。

ニュージーズのリーダー・ジャックを演じるのは、近年舞台での活躍も目覚ましい京本大我。カリスマ性を感じさせながらも、仲間思いのやさしさや胸の内の熱さが伝わってくるリーダー像を多彩な表現で魅せる。その姿はそのまま「座長」としての大きさにも見え、頼もしい姿が印象に残る。本作はダイナミックなダンスシーンが見どころだが、ずば抜けた身体能力を持つニュージーズのメンバーを率いるリーダーとしても、京本の持ち前のダンススキルが光る。そして何よりも驚いたのは、圧倒的な進化を感じさせられた、伸びやかで力強い歌声だ。筆者は『エリザベート』のルドルフ役以来、約2年ぶりに京本の歌声を耳にしたが、本作での歌いっぷりを観て、「あの作品やあの役でも観てみたい!」と、今後のミュージカルでの活躍の期待が一層高まった。とくに一幕ラスト、ジャックがソロで歌う「Santa Fe」は必聴のナンバーだ。

 
ミュージカル『ニュージーズ』
ミュージカル『ニュージーズ』 写真提供/東宝演劇部

若き女性記者で、ニュージーズを応援するキャサリン役の咲妃みゆは、聡明で自立した女性を魅力的に演じ、その時代に立ち向かっていく姿は誰もが応援したくなるだろう。
キャサリンが劇評を書くため、観劇中にメモを取るシーンがあるのだが、「今、まさに同じことをしている!」と、個人的に親近感が湧く場面に遭遇し、ちょっと愉快な気持ちになったりも。
どんな役を演じていても説得力のある芝居が印象に残る咲妃だが、ジャックとのシーンでは宝塚時代の経験も存分に活きているように見え、京本と組んで踊る姿は「さすが元トップ娘役」といった風情。「これからの時代を共に変えていこう」と希望を感じさせる二人の姿が輝かしく映る。

 
ミュージカル『ニュージーズ』
ミュージカル『ニュージーズ』 写真提供/東宝演劇部

松岡広大が演じるクラッチーは、ジャックの弟的存在で、右足の不自由な少年。ムードメーカー的な一面もあり、彼の笑顔に周囲も安心するような明るさが魅力的だ。ジャックとのバディ感も観ていて心が温まる。常に杖をつきながらという役だが、本来の身体能力の高さがあるからこそ演じられる難役でもあると感じた。役作りで心がけた部分を聞いてみたくなるような、存在感の大きな役どころだ。

父親の失業がきっかけで、弟を連れてニュージーズに加わることになる少年・デイヴィを演じるのは、加藤清史郎。他の少年たちとは違うバックグラウンドがあるからこそ、冷静な視点も持ち合わせる少年をしっかりと演じ、その姿からは子役時代の面影は感じられない。後半では、ジャックを支える頼もしい姿にも注目だ。

ジャックたちを取り巻く“大人勢”の存在も忘れてはならない。
霧矢大夢演じるメッダは、ジャックと互いに信頼を寄せつつ、若者を見守る大人の女性を好演。劇場での歌唱シーンとダンスで魅せる華やかさはさすがの貫禄である。
ニュージーズに立ちはだかる権力者、ピュリツァーを演じる松平健は、立っているだけで威厳を感じる存在の大きさが、作品全体をピリッと締めている。

 
ミュージカル『ニュージーズ』
ミュージカル『ニュージーズ』 写真提供/東宝演劇部

ミュージカル『ニュージーズ』
ミュージカル『ニュージーズ』 写真提供/東宝演劇部

コロナ禍でさらに経済格差が進み顕在化された今、作品のテーマがより現実的なものとして感じられる部分もあったが、ニュージーズたちが放つエネルギッシュでパワフルなステージに、まさに「明日への活力」を貰ったような思いだ。
今回の上演では、話題作ゆえチケット入手が困難だったという話も多く聞く(またこの時世で観劇を断念せざるを得ない方もたくさんいるだろう)。気が早いかもしれないが、今後再演がかかることを今から願わずにはいられない。

 
詳細は公式サイトで。

 
(写真提供:東宝演劇部 文:古内かほ)

このレビューを書いたのは

古内かほ
ふるうち かほ|ライター。観劇の入り口は小劇場から。近年はミュージカル、宝塚歌劇団を中心に観劇していますが、気になる作品はなんでも観ます。最近はバレエへの関心が高まり中。https://auditorium.hatenablog.com

 

古内かほが書いた最近の記事
2021年04月 朝ドラ効果で衣装も新調!? 3年ぶりに山...
2020年02月 井上芳雄ら豪華ミュージカルスターとレジェ...
2019年11月 東宝版20周年!熱狂的に愛され、進化し続...
2018年11月 “妙ージカル”の世界へようこそ!シェイク...
2018年11月 豊かな音楽と共に紡ぐ反戦悲喜劇に中山優馬...

 

 

公演情報

ミュージカル『ニュージーズ』

作曲:アラン・メンケン
作詞:ジャック・フェルドマン
脚本:ハーヴェイ・ファイアスタイン
演出・日本語訳・訳詞:小池修一郎

出演:
京本大我(SixTONES) / 咲妃みゆ、松岡広大、加藤清史郎 / 霧矢大夢、松平健

増澤ノゾム、桜一花、石川新太、松澤重雄 / 平野亙、瀬野和紀、田村雄一、鮫島拓馬、栗山絵美、遠山さやか、新井智貴、大井新生、鯨井未呼斗、酒井航、清水錬、白石拓也、扇国遼、高橋慈生、田中隆雅、中桐聖弥、新原泰佑、畑中竜也、廣瀬喜一、廣瀬孝輔、廣田佳樹、本田大河、松平和希、吉田倭大、米澤賢人、脇卓史、渡辺崇人 / 生出真太郎、西田理人、ポピエルマレック健太朗

2021年10月9日(土)~30日(土)/東京・日生劇場
2021年11月11日(木)~17日(水)/大阪・梅田芸術劇場 メインホール
 
公式サイト
https://www.tohostage.com/newsies

チケットを探す
ぴあicon ローチケicon イープラス

最近の記事

41周年興行『狐晴明九尾狩』完走記念! 劇団☆新感線エグゼクティブプロデューサー・細川展裕がオリジナルNFTを1セット限定で販売
5
音楽劇『海王星』山田裕貴、松雪泰子 撮影:岡千里
【動画3分】山田裕貴、松雪泰子、ユースケ・サンタマリアらが出演の音楽劇『海王星』が12月6日にPARCO劇場で開幕
45
公演中 12月06日(月) 〜 01月27日(木)
音楽劇『夜来香ラプソディ』左から木下晴香、松下洸平、白洲迅
松下洸平、白洲迅、木下晴香が出演する音楽劇『夜来香ラプソディ』2022年3月からBunkamuraシアターコクーンほかで上演
14
COCOON PRODUCTION 2022『広島ジャンゴ2022』
天海祐希×鈴木亮平のダブル主演のウエスタン活劇!?『広島ジャンゴ2022』2022年4月5日からシアターコクーンで上演
6
公演日程 04月30日(土) 〜 05月16日(月)
ゴットサンZ『ミル貝の逆襲』
ゴットサンZ兼子佳那子作品、連続上演第2弾『ミル貝の逆襲』参宮橋トランスミッションで12月17日~19日に上演
13
公演日程 12月17日(金) 〜 12月19日(日)
狂夏の市場『あたま山心中 散ル散ル、満チル』
狂夏の市場が、竹内銃一郎の名作『あたま山心中 散ル散ル、満チル』を尼崎・狂夏の市場劇場で12月3日から12日まで上演
11
公演中 12月03日(金) 〜 12月12日(日)
昭和精吾事務所 誕生月企画公演『氾濫原3』
語りだけで情景を鮮明に想起させる昭和精吾事務所による短篇集『氾濫原3』12月9日(木)から絵空箱で上演
8
もうすぐ 12月09日(木) 〜 12月10日(金)
近藤芳正Solo Work『ナイフ』reboot 特別インタビュー
近藤芳正Solo Work『ナイフ』reboot 特別インタビュー/2022年1月21日から水戸・豊橋・東京・兵庫・山口で上演
4
公演日程 01月21日(金) 〜 02月13日(日)
舞台『あの子より、私。』
黒谷友香主演 理想の物件をめぐる《内見バトル》を描く 舞台『あの子より、私。』2022年1月15日から東京・大阪で上演
4
公演日程 01月15日(土) 〜 02月06日(日)
ナイロン100°C『イモンドの勝負』撮影:引地信彦
ナイロン100°Cによるナンセンスコメディ『イモンドの勝負』が 11 月20日に下北沢・本多劇場で開幕/兵庫、広島、北九州公演あり
4
公演中 11月20日(土) 〜 12月26日(日)
古川雄大主演「シラノ・ド・ベルジュラック」
古川雄大、馬場ふみか、浜中文一らが出演の舞台『シラノ・ド・ベルジュラック』2022年2月7日から東京・大阪で上演
24
公演日程 02月07日(月) 〜 02月27日(日)
unrato#8『薔薇と海賊』
三島由紀夫の異色ファンタジーに霧矢大夢、多和田任益、田村芽実らが挑む unrato#8『薔薇と海賊』2022年3月4日から東京・大阪で上演
4
公演日程 03月04日(金) 〜 03月26日(土)
『マーキュリー・ファー Mercury Fur』メインビジュアル 撮影:設楽光徳
吉沢亮、北村匠海らが出演の舞台『マーキュリー・ファー Mercury Fur』メインビジュアルが公開/2022年1月から上演
51
公演日程 01月28日(金) 〜 03月11日(金)
PLAY/GROUND Creation #2『Navy Pier』
青柳尊哉、中丸シオンらがほぼ全編モノローグの四人芝居に挑む PLAY/GROUND Creation #2『Navy Pier 埠頭にて』12月18日から横浜赤レンガ倉庫で上演
14
公演日程 12月18日(土) 〜 12月26日(日)
FPAPプロデュース『世界は右側でデキている』
2020年4月。世界は一変する。 FPAPプロデュース『世界は右側でデキている』12月18日(土)、19日(日)にレソラNTT夢天神ホールで上演
2
公演日程 12月18日(土) 〜 12月19日(日)
劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『神州無頼街』左から福士蒼汰、宮野真守
福士蒼汰と宮野真守のバディが伝奇時代劇に挑む! 大阪・東京公演に加え静岡公演が決定! 劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『神州無頼街』2022年3月17日から上演
56
公演日程 03月17日(木) 〜 05月28日(土)
ミュージカル『魍魎の匣』 撮影:岩田えり
小西遼生 主演ミュージカル『魍魎の匣』11月10日にオルタナティブシアターで開幕
18
公演終了 11月10日(水) 〜 11月15日(月)
市川海老蔵、戸塚祥太(A.B.C-Z)
六本木歌舞伎2022に市川海老蔵、戸塚祥太(A.B.C-Z)が出演/2月18日から東京・福岡・大阪で上演
3
公演日程 02月18日(金) 〜 03月21日(月)
平 常×宮田 大『Hamlet』、『虫めづる姫君』
東京文化会館が児童・青少年向け舞台公演「シアター・デビュー・プログラム」を開始 12月に平 常×宮田大『Hamlet』、2月に『虫めづる姫君』を上演
1
公演日程 12月18日(土) 〜 12月19日(日)
劇団☆新感線『偽義経冥界歌』特別上映会
劇団☆新感線『偽義経冥界歌』特別上映会が12月3日(金)、4日(土)に博多座で開催/トークゲストはいのうえひでのりと中島かずき
1
公演終了 12月03日(金) 〜 12月04日(土)
劇団☆新感線『狐晴明九尾狩』11月23日(火・祝)に全国の映画館でディレイビューイング
中村倫也、吉岡里帆、向井理らが出演の劇団☆新感線『狐晴明九尾狩』11月23日(火・祝)に全国の映画館でディレイビューイング
45
公演終了 09月17日(金) 〜 11月11日(木)
京都の老舗和菓子屋を舞台に繰り広げられる男女五人の物語 空降る飴玉社『ここは野分前夜、朱の麓』11月13日(土)、14日(日)に新宿眼科画廊で上演
17
公演終了 11月13日(土) 〜 11月14日(日)
gekidanU家公演企画Vol.5 延期公演『TREE』
《部屋の中に大きな樹が立っている家》で2演目を交互上演 gekidanU家公演企画Vol.5 延期公演『TREE』11月20日から南千住のアトリエで上演
17
公演終了 11月20日(土) 〜 11月23日(火)
ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター 北斗の拳』
【動画5分】大貫勇輔らが劇中歌を歌唱披露! ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』製作発表
19
本日初日 12月08日(水) 〜 01月16日(日)
モノミドリpresents『K OF GGG 』
新団体旗揚げ企画! ゴットサンZ/モノミドリpresents『K OF GGG』荻窪小劇場で11月5日~11月7日に上演!
2
公演終了 11月05日(金) 〜 11月07日(日)
TSJ劇団結成15周年記念公演 第一弾 「徳森さんと大森さんと波森さん」
沖縄で活躍するTSJ劇団結成15周年記念公演の二作品が、11月8日から動画配信
6
公演終了 11月08日(月) 〜 11月21日(日)
ミュージカル『ニュージーズ』
京本大我がパワフルに舞台を牽引!ミュージカル『ニュージーズ』観劇レビュー
2422
公演終了 10月09日(土) 〜 11月17日(水)
serial number「すこたん!」
詩森ろばの新作 serial number「すこたん!」は、ふたりの男性が出会い、恋をし、愛の意味を知る30年の物語。10月28日から中野ザ・ポケットにて上演
12
公演中 11月25日(木) 〜 12月12日(日)
ミュージカル『ドン・ジュアン』 撮影:田中亜紀
藤ヶ谷太輔・真彩希帆、魂で惹かれ合う男女が見つけた愛は“真実”か“呪い”か。ミュージカル「ドン・ジュアン」観劇レビュー
243
公演終了 10月07日(木) 〜 11月06日(土)
『異常以上ゴミ未満、又は名もなき君へ』
市川しんぺー、千代田信一、 野口かおる等と共に作り出す《全力投球型ド派手なヘンテコリン世界!》 good morning N°5『異常以上ゴミ未満、又は名もなき君へ』11月25日(木)から下北沢B1で上演
5
公演中 11月25日(木) 〜 12月12日(日)

 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2021 Village Inc.