2020.10.17  26

妖狐・蛇神・鬼・猫又…新たに紡がれる幻想的で不可思議な物語 ヅカ★ガール秋月公演『妖花迷宮-あやかしはなめいきゅう-』10月22日から日暮里・d-倉庫で上演


 ≫広告掲載のご案内


ヅカ★ガール秋月公演『妖花迷宮-あやかしはなめいきゅう-』
ヅカ★ガール秋月公演『妖花迷宮-あやかしはなめいきゅう-』
 

ヅカ★ガール秋月公演『妖花迷宮-あやかしはなめいきゅう-』10月22日から日暮里・d-倉庫で上演

 
ヅカ★ガールは上智大学劇団リトルスクエアより派生した劇団。
三度の飯より女を愛する主宰・飯塚未生の集めた俳優陣は自称オール・ミューズ。「女」がつくる「女を愛でる」芝居で演劇界に新しい地平を築かんとしており、幻想絵画のような劇空間と、詩的な台詞回しによって独自の世界観を確立している。

『妖花迷宮』は2019年4月に短編オムニバス公演のひとつとして兎亭で上演した作品。今回は新脚本・新キャストで「2つの章」を交互上演する。

妖狐、蛇神にまつわる物語を描いた《白の章》には片山歩美(ヅカ★ガール)、来栖梨紗、池ヶ谷明杜(styleoffice)、太田ナツキなどが出演。

《白の章》(シロの章)
《白の章》(シロの章)

 
そして、もうひとつの《朱の章》では鬼、猫又にまつわる物語を描く。出演は片山歩美(ヅカ★ガール)、石黒乃莉子、かまくらあや(三文姉妹)、青木理歩、小口美雪など。
両作品とも脚本・演出は飯塚未生が手がける。
 
《朱の章》(アケの章)
《朱の章》(アケの章)

 

STORY
―恨み辛み祟り。鬼、生霊、怨霊、神憑り。あれこれ逸話を秘めた一品、悦んで……

御披露目公演『妖花迷宮』から一年半
今秋、新脚本・新キャストを用い、d-倉庫にて《新章》開幕決定!

その名も、
《白の章》(シロの章)
《朱の章》(アケの章)
妖狐・蛇神・鬼・猫又……新たなテーマの元紡がれる幻想的で不可思議な物語の中、“妖明かし“(アヤカシアカシ)の眼と言葉が月光の如く宵闇を照らし、妖怪・怪異・怪奇現象の正体を解き明かす……!

[妖花迷宮 あらすじ]
古物商店〈燐光堂-リンコウドウ-〉の入り口には妙な文言が掲げられている。
ーー恨み辛み祟り。鬼、生霊、怨霊、神憑り。あれこれ逸話を秘めた一品、悦んで……
店主である謎めいた女・環(タマキ)には、もう一つの裏の顔があった。
その名も誰が呼んだか“妖明かし”(アヤカシアカシ)
彼女の怪異・怪奇を解き明かす手腕に縋って、凡ゆる珍品を抱えたお客が都の片隅の小さな店に訪れる。そして今宵も門扉に蒼い火が灯り、異界へ続く門が開く……

《白の章》(シロの章)
「燐光姫抄」:妖狐にまつわる物語
「白蛇の孤悲」:蛇神にまつわる物語

《朱の章》(アケの章)
「紅椿」:鬼にまつわる物語
「星雲鉄道」:猫又にまつわる物語

 

10月24日(土)公演をLIVE配信

以下の日程で本編がLIVE配信される。アーカイブは10月31日(土)23:59まで視聴可能。

10月24日(土)12時《朱の章》
10月24日(土)20時《白の章》

  
チケット・LIVE配信チケットなどの詳細は公式サイトで。
ヅカ★ガール 公式サイト

 
(文:エントレ編集部)

 

公演情報

ヅカ★ガール秋月公演『妖花迷宮-あやかしはなめいきゅう-』

【脚本・演出】飯塚未生

【出演】片山歩美(ヅカ★ガール)、石黒乃莉子、かまくらあや(三文姉妹)、来栖梨紗、青木理歩、浅葉爽香、池ヶ谷明杜(styleoffice)、太田ナツキ、岡田明奈、小口美雪、金子朋未、末永全、鈴乃月葉(少女人形舞台)、高木碧、田渕瀬那、二宮由衣、別當勝輝、三森あかね、森宮ゆず

2020年10月22日 (木)~10月26日 (月)/日暮里・d-倉庫

10月22日(木) 15:00《白の章》/ 20:00《白の章》
10月23日(金) 15:00《朱の章》/ 20:00《朱の章》
10月24日(土) 12:00《朱の章》/ 17:00《白の章》/ 20:00《白の章》
10月25日(日) 18:00《朱の章》
10月26日(月) 13:00《朱の章》/ 17:00《白の章》

公式サイト
ヅカ★ガール 公式サイト

関連記事

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2020 Village Inc.