2020.9.18  9

いつものエンタメ路線と一線を画すミステリーホラー! 裏骸骨ストリッパー『-less(レス)』Wチーム制で10月7日から中野ザ・ポケットで上演


 ≫広告掲載のご案内


裏骸骨ストリッパー『-less(レス)』10月7日から中野ザ・ポケットで上演
裏骸骨ストリッパー『-less(レス)』
 

裏骸骨ストリッパー『-less(レス)』がWチーム制で10月7日(水)から中野ザ・ポケットで上演される。

 
骸骨ストリッパーは、30オーバーの漢たちで結成された劇団。劇場全体を使い暴れまくる疾走感、ド派手なアクション、豪快なギャグ。
ネット上で爆発的な人気を博したアーティスト403が手掛けるオリジナル楽曲に乗せた、ライブ感溢れるエンターテインメントが好評を博している。

 
しかし、今回上演される『-less(レス)』は地震によって閉じ込められた八人が次々と消えていくミステリーホラー。
劇団名も《裏骸骨ストリッパー》とし、普段のエンタメ路線とは一線を画す作品を作り上げるという。
そして今回の音楽はファミコン付マスクを頭に被り、ゲーム音楽をチップチューンの音色で演奏するサカモト教授が坂本健太郎として降臨する。

出演者はダブルチーム制。チーム《L》には吉岡大輔、kiki、森岳亜弥、潮見勇輝、七海なな等が出演。
そしてチーム《R》には下塚恭平、伊田麻友香、夏目彩加、本田晋、shaoなどが出演する。

 

Youtubeで観る
 
 

STORY

突如として起こった地震に、非常階段を駆け下りた人々。パニックの中、地下の部屋まで下りてしまった人々は急いで地上階に上がろうとするが、余震により扉が閉ざされた。不安が立ち込める中、誘導した看護師の松井は責められるが、いまは現状を把握して救助を待つことが最優先だと山中が冷静に水の確保を始める。苛立つ斉藤、事なかれ主義の田上、大学生の乾、間もなく子供が生まれる岡本夫婦、そしてはじめからこの部屋にいた伊達。決して共通点のない偶然に鉢合わせた人物たちの身に、まるで誰かが仕込んだかのような事件が起き始める。十分にあった食糧が消え、密室空間で清水が消え、生まれたばかりの子供も…

そんなミステリー本の最後の一章を書き終えることなく純文学作家の伊達が失踪。編集者の坂下はホラー作家の小泉、夢野のふたりに続きを依頼する。小泉と夢野は適当にオチをつけて終わらせるはずだったが、本を読み解くうちに部屋に隠された秘密に気付く…

 
チケット詳細はこちらのサイトで。
https://stage.corich.jp/stage/108848

(文:エントレ編集部)

 

 

公演情報

劇団骸骨ストリッパー(裏)『-less (レス)』

【作・演出】かみざともりひと

【出演】
《L》吉岡大輔、kiki、森岳亜弥、潮見勇輝、七海なな、井上将、照沼サラ、本田晋、安澤直人、久野みずき、佐河ゆい、久次米主税、
《R》下塚恭平、伊田麻友香、夏目彩加、本田晋、shao、星野誠、毎田紗羽、池上恵、佐藤結美、川瀬誠、潮見勇輝、尾崎礼香

2020年10月7日(水)〜10月11日(日)/中野・ザ・ポケット

公式サイト
劇団骸骨ストリッパー(裏)『-less (レス)』

関連記事

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2020 Village Inc.