2018.11.15  103

豊かな音楽と共に紡ぐ反戦悲喜劇に中山優馬らが挑む!森新太郎演出『The Silver Tassie 銀杯』観劇レビュー



世田谷パブリックシアター『The Silver Tassie 銀杯』撮影:細野晋司
世田谷パブリックシアター『The Silver Tassie 銀杯』撮影:細野晋司
 

豊かな音楽と共に紡ぐ反戦悲喜劇に中山優馬らが挑む!森新太郎演出『The Silver Tassie 銀杯』観劇レビュー

 
アイルランドの劇作家ショーン・オケイシーが書いた『The Silver Tassie 銀杯』は、民衆の姿をアイロニーいっぱいに描いた反戦悲喜劇。近年舞台での活躍が目覚ましい中山優馬さんを主人公に、森新太郎さん演出のもと、戦時下を生き抜いた人々を繊細かつエネルギッシュに描いたこの秋注目の作品です。

 

洗練された舞台セットに注目!

幕が開き、まず目を見張ったのが、白い柱に縁どられた箱庭のような舞台セット。右側に上がった傾斜、そして油絵のような質感で塗られた赤色の壁の部屋に、一瞬にして“物語”が立ち現われます。
森新太郎さん演出の舞台はいつも洗練された美術が印象的ですが、今回も期待を裏切らない、実にハイセンスなセット。

「この傾斜には、どんな意味があるのか……」

と、さっそく考察を始めたくなるほど、独創的かつ魅力的な劇空間に引き込まれます。

世田谷パブリックシアター『The Silver Tassie 銀杯』撮影:細野晋司
世田谷パブリックシアター『The Silver Tassie 銀杯』撮影:細野晋司

このどこか絵画のようなヒーガン家で、シルベスター(山本亨)とサイモン(青山勝)という二人の初老の男性が喜劇的な会話を繰り広げ、観客はそこからこの舞台となる、“第一次世界大戦中のアイルランド”の空気、背景を感じ取っていきます。
このおじさん二人組、同じような動きをしたり、シンメトリーのポーズを取ったり、まるで漫才師のような“名コンビ”っぷり。

そこへやってくる、信仰心に厚く、見目麗しいのに堅物な娘・スージー(浦浜アリサ)との丁々発止なやり取りもコミカルでクスっと笑える場面になっています。
そんな彼らの元に、ヒーガン家の上に住むフォーラン夫人(長野里美)や夫のテディ(横田栄司)もやってきて、てんやわんやな(本当にてんやわんやな!)形相と共に市井の人々の“暮らし”が描かれていきます。

世田谷パブリックシアター『The Silver Tassie 銀杯』撮影:細野晋司
世田谷パブリックシアター『The Silver Tassie 銀杯』撮影:細野晋司

そんな中、銀杯(優勝カップ)を抱えたハリー・ヒーガン(中山優馬)が試合から仲間たちと共に歓喜の声の中 帰ってきます。中山さん演じる主人公のハリーは、フットボールの花形選手。休暇をもらい戦地から故郷ダブリンに帰還中の身であり、この試合のあった日は、まさに休暇最後の日。

ハリーは自身の活躍により一点差で試合を制したことを興奮気味に語り、友人のバーニー(矢田悠祐)に銀杯にワインを継ぐように促します。

銀杯からワインを飲み干すハリーの姿は、若さと輝きの頂点に君臨している姿そのもの。
そんな明るく活気にあふれた時間も束の間、ハリー達には戦地へ戻る船の出航時間が迫っていて――。

自らを鼓舞するように、タイトルソングのスコットランド民謡『シルバー・タッシー』を盛大に歌いながらハリーたちは戦地へ向かいます。予期せぬ“未来”が待ち受けていることを、この時はまだ誰も知る由のないまま……。

 

人形だからこそ描ける戦争の“リアリティ”

世田谷パブリックシアター『The Silver Tassie 銀杯』撮影:細野晋司
世田谷パブリックシアター『The Silver Tassie 銀杯』撮影:細野晋司

二幕は一変、舞台は戦場の前線へ。塹壕の世界は灰色に包まれ、不穏さの象徴のように大砲のシルエットが浮かび上がります。
そしてここでは兵士たちが“人形”として登場するという、意表を突いた描かれ方に驚かされることに。
この人形、四等身で顔が大きく、青白い顔色の上に目や口が不気味にデフォルメされ、決して「かわいい」類の人形ではないのですが、どこか人形ならではのファニーさがあり、不思議な魅力と力強さが宿っています。疲れ果て消耗しきった兵士たちを人形が演じることで、“戦場”という異質な空間をより視覚に訴え、観る者の想像力を掻き立てるような役割を果たしているようにも見えます。舞台の上手では、唯一人間の姿のバーニーが縛られた姿で存在し、その対比もまた、様々な憶測を刺激される構図になっています。

 
世田谷パブリックシアター『The Silver Tassie 銀杯』撮影:細野晋司
世田谷パブリックシアター『The Silver Tassie 銀杯』撮影:細野晋司

ハッとさせられたのは、歌っていた兵士4体がピタっと静かになり、まっすぐに客席と向かい合った場面。
人形が、“真顔”になった、と感じた瞬間でした。
人形なのだからずっと同じ顔であるはずなのに、シーンや照明、角度でまるで表情が変わって見えたのは、能を観賞した時に面が「表情を持った」ように見えた時と通じるものがあり、演劇の持つ魔力にゾクゾクさせられるシーンでした。

 

人々は踊り、次の時代を希望と共に切り拓く

世田谷パブリックシアター『The Silver Tassie 銀杯』撮影:細野晋司
世田谷パブリックシアター『The Silver Tassie 銀杯』撮影:細野晋司

戦争から帰還したハリーは下半身不随の体になり、人生が一変。
半ば自暴自棄になり、当たり散らすように叫ぶハリーの姿は痛々しく、そこにはかつて眩い光を放った生命力にあふれる青年の姿はどこにもありません。

心も蝕まれてしまったハリーを中山さんが鬼気迫る表情で魅せ、その鋭い眼光からしばらく目を逸らせなくなってしまったほど、休憩後の後半はグッと引き込まれていくシーンの連続でした。
戦争が奪うものは人間の肉体だけではく、“関係性”まで破壊していく、ということを劇中でまざまざと感じさせられる終盤は、反戦劇のストレートなメッセージそのものが劇を彩っていると言えるかもしれません。

世田谷パブリックシアター『The Silver Tassie 銀杯』撮影:細野晋司
世田谷パブリックシアター『The Silver Tassie 銀杯』撮影:細野晋司

一方、戦争で心身を損なわれずにすんだ者たちは、次の時代へと希望を持って前進していく姿が最終幕の4幕ではダンスのシーンとして描かれます――。その描写には、人間の逞しさを感じずにはいられないと同時に、3.11の震災後に感じた「早く日常を取り戻したい」という強い希求が自分自身の中にも沸き上がった、あの時の“感情”も思い出されました。
遠い国の遠い出来事ではなく、この作品の持つ普遍的で力強いメッセージはこれからも観客の心に届き続けるだろう、そう感じさせるパワーに溢れた作品です。

公演は11月25日(日)まで、世田谷パブリックシアターにて上演。
多彩なキャスト陣による卓越した芝居、そして聞きごたえのある音楽をぜひ劇場で味わっていただきたいと思います。

 

(文:古内かほ)


 
この記事を書いたのは

古内かほ
ふるうち かほ|ライター。小劇場からミュージカルまで、幅広く舞台鑑賞をしています。自分なりに舞台芸術の魅力を伝えていけたらと思っています。https://twitter.com/kahonfuu

 

 

 

公演情報

舞台『The Silver Tassie 銀杯』

【作】ショーン・オケイシー 【翻訳・訳詞】フジノサツコ
【演出】森新太郎

【出演】
中山優馬 矢田悠祐 横田栄司 浦浜アリサ 安田聖愛 土屋佑壱
麻田キョウヤ 岩渕敏司 今村洋一 チョウ ヨンホ 駒井健介 天野勝仁
鈴木崇乃 吉田久美 野田久美子 石毛美帆 永石千尋 秋山みり
山本亨 青山勝 長野里美 三田和代

2018年11月9日(金)~11月25日(日)/東京・世田谷パブリックシアター

公式サイト
舞台『The Silver Tassie 銀杯』

プレイガイドで検索
ぴあicon ローチケicon

 シェアする

 ツイート

 シェアする


最近の記事

劇団フルタ丸『ねむる広告塔』
2年ぶりの本公演は驚きと温かみのある新作コメディ! 劇団フルタ丸『ねむる広告塔』11月19日からAPOCシアターで上演
4
公演日程 11月19日(金) 〜 11月21日(日)
ミュージカル『ダニー・ガール』トライアウト・リーディング公演
想像力、それは希望の光 ミュージカル『ダニー・ガール』トライアウト・リーディング公演が10月21日から高円寺 Studio Kで上演
4
公演日程 10月21日(木) 〜 10月23日(土)
『霧の中のノスフェラトゥ』撮影:圓岡淳
田村升吾、永田聖一朗、前田隆太朗らが出演の舞台『霧の中のノスフェラトゥ〜ドラキュラ伝説〜』9月16日にシアターサンモールで開幕
3
公演終了 09月16日(木) 〜 09月23日(木)
劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『狐晴明九尾狩』 撮影:田中亜紀
【動画3分】安倍晴明・中村倫也 VS 九尾の狐・向井理の熾烈な頭脳戦! 劇団☆新感線『狐晴明九尾狩』が開幕/追加公演決定、10月6日にはライブビューイングも開催
340
公演中 09月17日(金) 〜 11月11日(木)
『LUNGS』
神山智洋(ジャニーズWEST)と谷村美月が二人芝居に挑む! 舞台『LUNGS』10月10日から東京・大阪で上演
239
公演日程 10月10日(日) 〜 11月09日(火)
緒川たまき・仲村トオル 撮影:引地信彦
緒川たまき・仲村トオルが出演した舞台 ケムリ研究室 no.2『砂の女』9月30日から期間限定でオンデマンド配信
14
公演終了 08月22日(日) 〜 09月10日(金)
箱田暁史
「痛快なエンターテインメントとして表現できれば」新国立劇場『イロアセル』箱田暁史インタビュー
3
公演日程 11月11日(木) 〜 11月28日(日)
NODA・MAP番外公演『THE BEE』
阿部サダヲ、長澤まさみ等の出演で9年ぶりに上演! NODA・MAP番外公演『THE BEE』11月1日から東京・大阪で上演
30
公演日程 11月01日(月) 〜 12月26日(日)
KAATカナガワ・ツアー・プロジェクト 第一弾 冒険者たち ~JOURNEY TO THE WEST~
柄本時生、菅原永二らが演じる三蔵法師一行が神奈川県内で大冒険! 『冒険者たち』2022年2月からKAATほか県内6都市を巡演
6
公演日程 02月08日(火) 〜 03月19日(土)
劇団☆新感線『狐晴明九尾狩』10月6日(水)にライブビューイング
中村倫也、吉岡里帆、向井理らが出演の劇団☆新感線『狐晴明九尾狩』10月6日(水)に全国の映画館でライブビューイング生中継
132
公演中 09月17日(金) 〜 11月11日(木)
ミュージカル『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』
鈴木拡樹と三浦宏規がWキャストで出演 ミュージカル『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』がシアタークリエで開幕
9
公演終了 08月26日(木) 〜 09月11日(土)
ピンク・リバティ『とりわけ眺めの悪い部屋』出演者
山西竜矢が主宰するピンク・リバティ 2年半ぶりの新作公演『とりわけ眺めの悪い部屋』11月10日(水)から浅草九劇で上演
8
公演日程 11月10日(水) 〜 11月14日(日)
舞台『ムサシ』
藤原竜也、溝端淳平、鈴木杏らが出演の舞台『ムサシ』8月25日(水)から彩の国さいたま芸術劇場で開幕
15
公演中 08月25日(水) 〜 10月24日(日)
朗読劇 天切り松 闇がたり ~闇の花道~
市川猿之助の新たな演劇プロジェクトに尾上右近、石橋正次らが出演 猿之助と愉快な仲間たち『朗読劇 天切り松 闇がたり ~闇の花道~』9月6日から京都芸術劇場 春秋座で上演
16
公演終了 09月06日(月) 〜 09月08日(水)
緒川たまき・仲村トオル 撮影:引地信彦
緒川たまき・仲村トオル出演舞台 ケムリ研究室 no.2『砂の女』8月22日にシアタートラムで開幕/9月9日から兵庫で上演
2
公演終了 08月22日(日) 〜 09月10日(金)
ミュージカル『オリバー』歌唱披露イベント
【動画5分】市村正親、武田真治、濱田めぐみ、ソニンらが子役たちと共に劇中歌を披露! ミュージカル『オリバー』歌唱披露イベント
119
公演日程 10月07日(木) 〜 12月14日(火)
『ブライトン・ビーチ回顧録』
佐藤勝利らが出演 ニール・サイモンによる心あたたまる自伝的名作『ブライトン・ビーチ回顧録』9月18日(土)から東京・京都で上演
124
公演中 09月18日(土) 〜 10月13日(水)
『Greatest Moment』
レジェンドたちが豪華共演 宝塚歌劇 花組・月組100th anniversary『Greatest Moment』11月3日から大阪・東京で上演
18
公演日程 11月03日(水) 〜 11月22日(月)
KUNIO10『更地』©️吉野洋三
南沢奈央、濱田龍臣が杉原邦生の演出で二人芝居に挑む KUNIO10『更地』10月9日(土)から京都・新潟・東京で上演
10
公演日程 10月09日(土) 〜 11月14日(日)
新国立劇場バレエ団『白鳥の湖』 ©Takuya Uchiyama
演劇的要素が盛り込まれた重厚な作品に 新国立劇場バレエ団『白鳥の湖』10月23日からオペラパレスで上演
19
公演日程 10月23日(土) 〜 11月03日(水)
TEAM909「憧れはいつも隣にいた」
舞台は色のない世界。TEAM909による青春カルトサスペンス『憧れはいつも隣にいた』8月28日、29日にひつじ座にて上演
6
公演終了 08月28日(土) 〜 08月29日(日)
『BROADWAY MUSICAL LIVE 2021』出演者
鈴木壮麻、湖月わたる、大原櫻子らが豪華共演! 『BROADWAY MUSICAL LIVE 2021』 11月13日、14日に東京建物 Brillia HALLで開催
21
公演日程 11月13日(土) 〜 11月14日(日)
ナイロン100℃ 『イモンドの勝負』出演者
ナイロン100°C 約3年ぶりの劇団公演は本道のナンセンスコメディ!『イモンドの勝負』 11 月 20 日(土)から下北沢・本多劇場で上演/兵庫、広島、北九州公演あり
22
公演日程 11月20日(土) 〜 12月26日(日)
左から堤真一、黒木華 中島裕翔(Hey! Say! JUMP)
黒木華、中島裕翔(Hey! Say! JUMP)、堤真一らが出演の舞台『ウェンディ&ピーターパン』8月13日(金)にBunkamuraオーチャードホールで開幕
12
公演終了 08月13日(金) 〜 09月05日(日)
(左から)高畑淳子、渡辺えり
渡辺えり、高畑淳子らが出演の喜劇『老後の資金がありません』8月13日(金)に新橋演舞場で開幕
24
公演終了 08月13日(金) 〜 09月15日(水)
音楽劇『海王星』
寺山修司が「天井棧敷」結成前に書いた未上演作品に山田裕貴、松雪泰子、ユースケ・サンタマリアらが出演! 音楽劇『海王星』12月6日(月)からPARCO劇場で上演
16
公演日程 12月06日(月) 〜 12月30日(木)
slatstick produce petitslat #1「SAME TIME, NEXT YEAR」
大人のロマンチックコメディーの金字塔「セイムタイム・ネクストイヤー」をslatstickプロデュースで8月20日~22日までSPACE9で上演
3
公演終了 08月20日(金) 〜 08月22日(日)
撮影:宮川舞子
のん、村上虹郎、宮藤官九郎ら豪華キャストが歌って踊って生演奏! 大パルコ人4マジロックオペラ『愛が世界を救います(ただし屁が出ます)』PARCO劇場で開幕
26
公演終了 08月09日(月) 〜 09月17日(金)
ブロードウェイ・ミュージカル『エニシング・ゴーズ』左から大野拓朗・紅ゆずる
【動画3分】紅ゆずるが名曲を軽やかに歌い踊る! ミュージカル『エニシング・ゴーズ』8月11日(水)に東京・明治座で開幕
171
公演中 08月11日(水) 〜 10月05日(火)
ミュージカル『CROSS ROAD~悪魔のヴァイオリニスト パガニーニ~』
中川晃教&相葉裕樹/水江建太(Wキャスト)主演 藤沢文翁の新作ミュージカル『CROSS ROAD~悪魔のヴァイオリニスト パガニーニ~』2022年6月、シアタークリエで上演
22

 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2021 Village Inc.