【動画3分】舞台『Change the World』がサンシャイン劇場で開幕 秦 建日子が脚本を担当・自身の小説を最速で舞台化 上演は6月18日まで


『Change the World』舞台写真

秦 建日子が自身の小説を書き下ろした舞台『Change the World』がサンシャイン劇場で開幕した

本作は、「HERO」「アンフェア」などのヒット作を持ち、脚本家・劇作家である秦 建日子が、23年に発表した自身の小説『Change the World』(河出書房新社刊)を自ら書き下ろし、過去に何度かタッグを組んでいるAsk主催によって最速で舞台化されたもの。
『サイレント・トーキョー』のタイトルで映画化もされた『And so this is Xmas』の続編で、三部作構成の二作目となる。

とある大事件が起きた『And so this is Xmas』で描かれた世界から二年後の東京を舞台に、すでに二年前の大惨事を忘れたかのような日々を送る人々と、それに怒りをもおぼえる二年前の事件の担当刑事たちが、新たな事件に巻き込まれる様を描く。


『Change the World』舞台写真

演出は、演劇プロデュースユニット、Moratorium Pants(通称:モラパン)の主宰、橋本昭博。
主人公のベテラン刑事・世田志乃夫を演じるのは、ボーカルをつとめるロックバンド SOPHIAが今年結成30周年を迎え、来年はデビュー30周年となる松岡 充。
作中では、SOPHIA の「あなたが毎日直面している 世界の憂鬱」(TOY’S FACTORY)がテーマソングして登場する。
また、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、剛力彩芽、日向野 祥、福圓美里、田中尚輝、塚本凌生、渡辺みり愛、槙尾ユウスケ(かもめんたる)、大林素子、金子 昇ほか、総勢27名が出演する。

本作の公開舞台稽古が行われた。動画はこれを収録・編集したもの。【動画3分】

あらすじ

日本史上最悪と云われた渋谷ハチ公前広場の爆弾テロ事件から二年。
錦糸町にあるとある公園で、小学校の女性教師が殺害された。

かつて、渋谷テロ事件解決の立役者となった刑事の 世田志乃夫は、元警視庁サイバー班の奇抜すぎる女性刑事・天羽史(あもうふみ)とともに、その女性教師 殺害事件を追ううちに、AR爆破シミュレーション 「アイコ」 というスマホ用アプリケーションの存在を知る。

二年前のテロ事件の真犯人と同じ名前なのは偶然なのか?

やがて、被害者と関わりのあるらしいレストラン経営者の自宅が目の前で爆破され、その家で家庭教師をしていた世田のかつての相棒・泉の恋人が重傷を負う。

連鎖する事件。難航する捜査。

事件のキーワードは、どうやら世界的な人気を誇る漫画『ツリー・ブランチ』。
その『ツリー・ブランチ』の大規模イベントが、近々、東京ドームで行われるという。

新たなる爆弾テロを予感した世田は、必死に真犯人を探すのだが・・・・・・

 
公演は、2024年6月8日(土)~16日(日)に、東京・サンシャイン劇場にて上演される。
また、既に執筆中の続編(『Across the Universe』)も、本公演開幕と同時刊行が決定しており、三部作が揃って劇場に並ぶ予定だ。

詳細は公式サイトで。
http://askcoltd.com/ctw-stage/

(文:エントレ編集部)

公演情報

『Change the World』

【原作・脚本】秦 建日子
【出演】松岡 充 辰巳雄大(ふぉ~ゆ~) 剛力彩芽 大林素子 金子 昇 他

2024年6月8日(土)~16日(日)/東京・サンシャイン劇場

公式サイト
http://askcoltd.com/ctw-stage/

関連記事一覧