CCCreation『白蟻』櫛本を演じる平野良

平野良、多和田任益が交互配役でW主演 4公演をLIVE配信/堀越涼 脚本・演出の新作舞台『白蟻』6月6日がKAAT神奈川芸術劇場 大スタジオで開幕

CCCreation『白蟻』
CCCreation Presents『白蟻』

CCCreation Presents 新作舞台『白蟻』が6月6日にKAAT神奈川芸術劇場で開幕した。脚本・演出は堀越涼。出演は平野良、多和田任益など。4公演をLIVE配信。

 
本作は、あやめ十八番の作・演出を務める俳優、堀越涼が脚本・演出を手掛ける舞台。2022年12月公演「沈丁花」に続く、CCCreation Presentsによる新作だ。
 
そして、今回上演される『白蟻』のテーマは、「AI と葬儀(弔い)」。
物語は、一週間しか存在しなかった昭和64年(1989年)に始まり、2000年代の高校生活と、2024年から2025年を交互に行き来しながら、人間の根底にある死生観と、これから世界と人間を蹂躙していくであろう人工知能AI(Artificial Intelligence(アーティフィシャル インテリジェンス))が登場人物を突き動かしていく。

『白蟻』は、『沈丁花』と同様、音楽と効果音まですべて楽隊による生演奏という「あやめ十八番」が得意とする手法を用い、あやめ十八番の音楽監督の吉田能が演奏を指揮。振付は、木皮成。アンサンブルらによるコンテンポラリーダンスを組み合わせた身体表現をもちい、様々なシーンを表現する。

CCCreation『白蟻』櫛本を演じる平野良
CCCreation Presents『白蟻』

物語のキーマンとなる“人類の時計を百年進めた天才”の櫛本悟と、葬儀社を継いだ勢堂直哉の二役を、平野良と多和田任益が「交互配役」で演じるところも本作の見どころのひとつ。
また、前作の2022年12月公演「沈丁花」より引き続き出演する松島庄汰は、主役二人と高校時代を共に過ごすが、家業の寺を継いで住職となり、“アナザーストーリー”を描く役を演じる。

『白蟻』インタビュー記事はこちら

本作が6月6日(木)にKAAT神奈川芸術劇場 大スタジオで開幕した。

CCCreation『白蟻』
CCCreation Presents『白蟻』

CCCreation『白蟻』
CCCreation Presents『白蟻』

CCCreation『白蟻』
CCCreation Presents『白蟻』

4公演をLIVE配信/チケット発売中

以下の日程でライブ配信が行われる。

6/6(木) 19時〜
6/7(金) 14時〜 
6/9(日) 12時〜
6/9(日) 16時〜

通常視聴券は4,500円(税込)。後日、パンフレットが送られてくるパンフ付き視聴券は6,300円(税込)で販売されている。
詳細はこちら。
https://eplus.jp/shiroari/

 
 
公演詳細は公式サイトにて。
https://www.cccreation.co.jp/stage/shiroari/

(文:エントレ編集部)

公演情報

CCCreation Presents
提携=KAAT神奈川芸術劇場
舞台『白蟻』

【脚本・演出】堀越涼(あやめ十八番)
【音楽監督】吉田能(あやめ十八番)
【出演】平野良 多和田任益
松島庄汰 島田惇平 谷戸亮太 今村美歩 山森信太郎 保坂エマ 内田靖子 溝畑藍 齊藤広大 伊藤南咲 酒井和哉 笹川幹太 竹内麻利菜 藤江花
【楽隊】
吉田能/キーボード
吉田悠/パーカッション
福岡丈明/ギター

【アンダースタディ】國崎史人 熊野ふみ

2024年6月6日(木)〜6月9日(日)/神奈川・KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ

公式サイト
https://www.cccreation.co.jp/stage/shiroari/
公式X
https://x.com/ccc202007

関連記事一覧