2021.4.7  14

TEAM909によるB級クライムサスペンス演劇『夢も希望もないのなら弾丸だけ握りしめておけばいいんじゃない?』4月24日、25日に早稲田クローバースタジオで上演


 ≫広告掲載のご案内


TEAM909番外公演vol.2「夢も希望もないのなら弾丸だけ握りしめておけばいいんじゃない?」
TEAM909番外公演vol.2『夢も希望もないのなら弾丸だけ握りしめておけばいいんじゃない?』
 

TEAM909番外公演vol.2『夢も希望もないのなら弾丸だけ握りしめておけばいいんじゃない?』が4月24日(土)、25日(日)に東京・早稲田クローバースタジオで上演される。

 
TEAM909は、横浜国立大学劇団三日月座OBで普段は映像広告ディレクターとして働くBobsonが、2017年7月に新宿で結成。
2018年2月に新宿演劇祭にて第1回公演「川の流れにイシをぶつけろ!!!」を上演後、「夏の夜からホタルは消えた」「世界一かわいいのは絶対私で後はみんなブスばっか。」「愛されたいとか言ってる奴は全員死ね」「負け犬だけど生きてていいですか?」など人目を惹く長いタイトルの公演を次々に上演。

「点が線になるカラフルエンターテインメント」を劇団キャッチコピーとして、個性的なキャラクターを用いて現代的なテーマをポップな世界観に昇華させた伏線回収劇を得意としている。

そんなTEAM909の最新作『夢も希望もないのなら弾丸だけ握りしめておけばいいんじゃない?』は電光石火のB級クライムミーティング。
犯罪組織を舞台に、悪い奴だけど憎めない強烈なキャラクターたちの思惑が交差する作戦会議が開かれる。キャラクターたちが織り成す怒涛の展開が見どころだ。

 

 

STORY

江寺夏帆(えでらかほ)は死にかけていた。

真面目に、無難に、順当に、生きてきたはずだった。彼に会うまでは。
男に貢ぐため、勤め先の銀行の金に手をつけ、解雇され、風俗に堕ち、それでも貢ごうと、ヤクザの金にまで手をつけ、命を狙われ、男にも逃げられた。

「思えば、クソみたいな人生だった。」

死を覚悟した瞬間、運命の悪戯が夏帆を救う。
目の前に現れたのは、銀行員時代の後輩、新延公橙(にいのべこうだい)。
彼の正体は、犯罪請負会社「株式会社ジョンドゥ」の社長補佐だった。

公橙は、ジョンドゥ役員でもあり、闇医者でもある出水虎白(でみずこはく)を紹介。
臓器移植で命を拾われ、そのまま社長の意向で会社役員に大抜擢される。
右も左も分からぬまま、奇奇怪怪なメンバーと共に大企業要人の国外逃亡作戦の役員会議に加わることになるが……。

上品な物語にはもう飽きた!?
血みどろ、汗だく、泥まみれ、
電光石火のB級クライムミーティング!!!

 

Bobson(TEAM909主宰)

ただ生きていく、そのことが大変な時代になりました。
あっという間に当たり前のことが当たり前でなくなりました。

こうやって公演告知のご挨拶をさせて頂ける。
ただそれだけのことがこんなに嬉しく、なんとありがたいことかと。
本当に我々はみなさまのお力添えがあってこそ作品をつくることができているのだ、と胸に刻んでいる日々でございます。

公演の延期や中止を経て、この1年、映像や広告、演劇に携わる人間として「健康で文化的な最低限度の生活」の「文化的」ってなんだろうととても頭を悩ましたりしました。
今回の作品の根底に流れているテーマはそんなようなものです。
そしてオンライン演劇の出現などで演劇って何だろうという本質を考える機会も多くなりました。
私は広告映像と演劇の二足の草鞋を履いている人間なので、なおさら、そこへの意識は強かったかもしれません。
そんなたくさんのもやもやがスタート地点です。

と、ここまで前置きを書いておいてなんですが、テーマのことは忘れてください。笑
私は高尚な芸術家でもなければ、上品な文筆家でもありません。
低俗で下卑た恥晒しなエンタメ屋です。
……あまり悪い言い方をすると同業の方に失礼ですね。笑

とまぁ、今回も、いつも通り、下から下から、低いところから、ただ面白いと思えるものをつくるために、うねうねうねうね試行錯誤しております。

こんなご時世だからこそ、ただただ好きなものをいつもよりも多めに詰め込んでみようと思います。

楽しんで頂けますと幸いです!

こういう情勢ですので、ご無理なさらずに、
可能であれば、みなさまに劇場でお会いできますことを。

 
本作は4月24日(土)から東京都・早稲田クローバースタジオで上演される。
詳細は公式サイトで。

 
(文:エントレ編集部)

 

公演情報

TEAM909【番外公演vol.2】「夢も希望もないのなら弾丸だけ握りしめておけばいいんじゃない?」

【作・演出】Bobson

【出演】きたはらさき、倉石真、笹森あき 、原山啓吾、山中杏一、久岡信也

2021年4月24日(土)、25日(日)/東京・早稲田クローバースタジオ

公式サイト
TEAM909

チケット
カルテット・オンライン

関連記事

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2021 Village Inc.