2022.12.26  9

[スタジオ術Ⅲ] 音響装置としての移動スタジオ 〜 スタジオを持って街に出よう! 編 〜 第3回 機材の選定(2) 〜エフェクターについて〜



エフェクター

 

第3回機材の選定(2)〜エフェクターについて〜

 

さて、今回は“リアルタイムな音響生成(音加工&変化)”の本丸、エフェクターに切り込んでみたいと思います。

“エフェクター”と聞いてどんな物を思い出すか?は人それぞれだと思いますが、今回は学生諸君(そして、バイトに追われる演劇青年)の“懐具合”に配慮し、比較的安価なタイプのエフェクターを念頭においてお話したいと思います。

エフェクターと一言で申しましても、その種類は様々で、また“種類”とは申しましても“効果の違い“といった意味での”種類“もありますが、ラックタイプやコンパクトタイプ等、”形状的な違い“といった意味での”種類“もあったりします。

今回は、コンパクトタイプのエフェクターを念頭に話を進めて行きたいと思います。その理由は、①比較的安価なのと、ザックリ言ってしまえば②1台1機能かつ③アナログ的な操作性を持つものが主流なので、音響に“リアルタイムな変化”を施す上で都合が良いということが挙げられます。

“中古”ということで言えば、ラック型のエフェクターも現在はかなりお安く入手できると思いますので、値段的な問題で言えば“選択肢”に入りそうなものですが、お安いラック型エフェクターはほぼデジタルエフェクターかと思われますので、瞬間的な操作に難があるのです。要するに、数値(効果のかかり具合等)を変更したくても、いちいち小さな液晶ディスプレイに変更したい項目のページを表示させ、その上で数値を変更し、OK(確定)ボタンを押さなければなりません。これだと“リアルタイムな変化”が出来ません。
 

エフェクター
筆者がかつて使用していたデジタルエフェクター(ラックタイプ)。この小さな液晶に機能を呼び出して、ダイヤルを回して数値を入力し、再度ボタンを押して効果やそのかかり具合を決定する。瞬時に耳で効果を確認しながら操作できないので、今回の様な使い方をする上ではとりあえず却下。

ちなみに、ラック型のエフェクターの中にもアナログ仕様のモノは存在します。ですが、中古市場でも概ね“高額”と言えます。70年代〜80年代半ば(これ以降はほぼデジタルに移行)のものが多いかと思いますが、こうしたものは“中古“ではなく、”ヴィンテージ“などと呼ばれ、普通に7~8万円、高いものだと数十万円ぐらいします。ですので、基本、こちらは選択肢から外しておいて良いと思われます。
 

デジタルエフェクター(ラックタイプ)
筆者所有のアナログエフェクター(ラックタイプ)。上はローランドのデジタルディレイSDE-2000。こちらはデジタルではあるものの、コンパクトエフェクター同様、比較的アナログライクな使い方ができる機種。下はローランドのステレオフランジャーSBF-325。こちらはアナログ機。4つのダイヤルで瞬時にエフェクトのかかり具合が操作できる。ちなみに、“効果”自体の切り替えダイヤル(中央、緑ランプ横のEFECTMODEダイヤル)でフランジャー3種&コーラス1種が瞬時に切り替えられる。楽劇座の公演ではアナログシンセサイザー用のエフェクターとして常に使用。

そこいくと、コンパクトエフェクターは優秀です。お財布にも優しいですし、直感的な操作も可能です。なんたって、ダイヤルが3〜4つ付いているだけですから。で、それを左右どちらかに回すだけ。効果のかかり具合さえ覚えてしまえば、極端に言えば“目をつぶってでも”操作できます。デジタル・アナログ問わず使い勝手はまずそんな感じです。

そうそう、今更ではありますが、外観的なイメージは、よくギタリストが足で踏んでいるヤツです。まあ、イメージも何も“あれこそがコンパクトエフェクター”です。ですから“ギター用エフェクター”と言ってもそう差し支えありません。

実際、楽器屋さんに行ってお買い求めになる際には、音響機材コーナーではなく、ギターコーナーに行かないと置いてありませんのでご注意下さい。まあ、“激安中古”を探すのであれば、そもそも楽器店ではなく、メルカリやネットオークション、古道具屋さんの方が良いかも知れませんがね。

 
さて、いよいよ実際のエフェクターと“その効果”についてお話していこうと思います。

まず揃えて頂きたいのものの一つがディレイとなります。いわゆる“山びこ効果”を生み出す機材です。例えば「はい!」と入力すれば「はいはいはいはいはいはい・・・」と繰り返してくれるわけです。で、ツマミを回せば「はい・・・はい・・・はい・・・はい・・・」といった様に、繰り返しのタイミングが遅くなったりもします。
 
デジタルディレイBOSS DD-5(コンパクトエフェクター)
筆者所有のデジタルディレイBOSS DD-5(コンパクトエフェクター)。

まあ、メーカー(ないしは機種)の違いによって若干の機能の違いと言うか、付いている機能や付いていない機能があったりもしますので、購入に際してはその辺りもチェックしてみるべきかとは思いますが、上記の様な効果は共通です。いずれにしろ汎用性の高いエフェクターであることは間違いありません。

そして定番エフェクターと言えばやっぱりリバーブでしょうか。これは様々な残響を付けることができる機材です。例えば、“お風呂場で歌う時の感じ”をイメージして頂きたい。あの響き。あれがリバーブ効果です。

別の例で言えば、誰もいない体育館なり教会等(大きな空間)で大きな声を出してみる時と、自宅のトイレ(小さな空間)で大きな声を出してみるのとでは、同じ大きな声を出してみても“響(残響)”が違う訳です。そうした様々なタイプの残響を作り出すことができるのがこのエフェクターです。

演劇的に用いるならば、実際の空間の残響をシミュレートするだけに限りません。例えば、こうした効果をとても深くかければ、広い宇宙空間を漂っている感じが表現できるかも知れません。まあ、この場合、実際に宇宙でそう響くという意味(再現)ではなく、あくまでも“なんとなくそんな感じ“といった程度の乱暴なイメージに過ぎませんが・・・。ただ、そんな”架空の空間の演出“にも使えるよ!といったお話です。

ちょっと真面目な使い方を言えば、奥行き感を出したりする際にも使ったりします。まあ、この辺りは“音響さんの仕事”の範疇だったりもしますが・・・

いずれにしろ、このリバーブも汎用性の高いエフェクターと言えるでしょう。

さて、ここからが飛び道具の紹介となります。

もちろん、あれもこれも紹介できるスペースはありませんし、あったとしても“音”を“言葉”で表現すること自体に限界がありますので、比較的、言葉で伝え易いような効果を持つエフェクターを紹介するといった嫌いがあることをご承知ください。

一番良いのは、実際に楽器屋さんで音を聞かせてもらうことです。まあ、その場合、ギター売り場での視聴になると思いますので、ギターの音で効果を確かめることになると思いますが・・・まあ、最近は通販専門の楽器屋さんのサイトなんかでも動画をアップしたりしておりますので、そうした動画を参考になさっても良いかと思います。ああ、それが一番良いかも!

てな訳で、先ずはフェイザーのご紹介。
 
フェイザーBOSS PH-2(コンパクトエフェクター)
筆者所有のフェイザーBOSS PH-2(コンパクトエフェクター)。

これは“シュワ〜”といったような音で“うねる”ような効果が得られます。これもステレオタイプな表現で言えば、ちょっと“宇宙的”ないしは“SF的”な感じかしら?まあ、これを用いれば自然界には無いような“響”になることは確かです。

フェイザーと似て非なるものにフランジャーというものもあります。フィードバックの値を上げれば、やはり金属的な強いうねり効果が得られます。まあ、フェイザーとフランジャーの“うねり”の感じの違いは・・・まあ、実際に聴き比べてみる方が早いと思います。

フランジャーBOSS BF-2(コンパクトエフェクター)
筆者所有のフランジャーBOSS BF-2(コンパクトエフェクター)。

私個人の中では、音色的な特徴(比較)として、フランジャーは「ディ〜ン」で、フェイザーが「シュワ〜」といった響を持っているという位置付けなのですが、こんなのは「シクシク痛い」とか「ジンジン痛い」とかそういった個人の感覚的な話なのであまり意味はないかなと。まあ、これが“音”を“言葉”で表現する際の限界というヤツです。

他にもフランジャーと同じような仕組みを持つエフェクターにコーラスというものがあります。これはザックリ言えば、1人の声(ないしは演奏)に2人以上の声(演奏)を重ねたような厚みを与えてくれます。使い方や機種にもよりますが、私のイメージ的には、変な音に加工するというよりは、太く良い音にするといった感じでしょうか。ですから、架空の世界までをも演出する“演劇的な飛び道具”といった意味では、フェイザーやフランジャーの方がオススメかなと。

個人的に使用頻度が高いのはディレイ機能の付いたピッチシフターで、ザックリ言えば、入力された音声の音程を変える機能を持つエフェクターです。ハモったりなんかの効果も作れます。

 
ピッチシフターPS-3(コンパクトエフェクター)
筆者所有のピッチシフターBOSS PS-3(コンパクトエフェクター)。楽劇座のホール公演時には、テルミン(本来、単音しか出ない)にかけてテルミンを和音で演奏?!していた。

で、次にご紹介したいのが、本命中の本命の飛び道具KORGのKAOSSPAD(カオスパッド)です。

 
本命中の本命の飛び道具KORGのKAOSSPAD(カオスパッド)
筆者所有のKORG KAOSSPAD2。真ん中の四角いタッチパネルを指で触ることで効果のかかり具合をリアルタイムに変化させることができるスグレもの。楽劇座の公演ではこれを2台セット。主に効果音マシンとして使用したが、実は裏の顔?も・・・なんと、この音が舞台監督の役割も担っていたのだ。別の言い方をすれば、私はこのカオスパッドを指揮棒代りに、演奏ブースから演劇を指揮していたという訳である。ちなみに意外と丈夫。3.11東日本大震災の時なんか、部屋の隅から隅まで対角線上に吹っ飛んだ(流石に箱には入っていたが)ものの、今(11年経った2022年現在)のところ特に問題なし。

これは正確にはコンパクトエフェクターではありませんが、多機能な割にコンパクトで直感的な操作性が魅力です。これ一台に様々な機能が詰め込まれています。リバーブ、ディレイはもちろん、ボコーダーやらシンセ音、挙げ句の果てにはドラムのリズムまで。パッドを指で触って音を出したり、エフェクト効果を付けたりするのですが、パッドのどの位置を触るかで効果が変わります。なかなか面白い楽器です。

そう、なんとなく“機材”というより“楽器”と呼びたくなる感じなのです。まあ、これも“感覚的な話”ではありますが・・・ただ、実際のところ“操作”というよりも“演奏する“といった側面が強いように思われますので、そういった意味では”楽器(電子楽器)“と表現した方が良いのかも知れません。

実はこのカオスパッド、20年近く前から愛用しておりまして、2010年の楽劇座第1回公演の際に中古(上演したホール近くの楽器店に並んでいたので、リハーサルの休憩時に購入)でもう1台追加したほど。

その後の楽劇座の公演ではお馴染みの音(主に2種類の音を使用)となりました。この音(“ポンっ”という音)で空間を演出していたと言っても過言ではありません。また、“出”のきっかけの合図であるとか、舞台監督的な役割も担ってくれておりました。もちろん、そうした一連の操作(演奏?)は全て私の担当です。要するに、そうしたことの意味を身をもって知っているからこそ、こうして“リアルタイムな音響生成”によるパフォーマンスに言及しているようなところもあるぐらいです。

さて、このカオスパッドにはフィルター、モジュレーション、ディレイ、リバーブ、SFX、ドラム(リズム)パターン、シンセ音、ボコーダー(入力した音声をロボットボイスにしてくれる)などのモードがダイヤルを回すことで選択できます。それに、サンプリングタイムこそ短い(約6秒)ものの、2種類の音をサンプリングすることも可能ですし、ボタン一つで再生することもできますので、演劇で使用するにはなかなか便利なのではないかと思います。

ちなみに、一般的に音楽的な意味での“サンプリング”とは、まあ、単純に言ってしまえば“音を録音する機能”であり、通常の録音機(MD、テープレコーダー等)との違いは、そうして収録した音に加工などを施してシンセサイザー等の楽器の音と同等に使用できるという点ではないでしょうか。例えば、机を叩いた音をサンプリングし、音程を低めるなどしてバスドラムの音として使用するとか、そういった使い方ができます。

カオスパッドのサンプリング機能に関しては、再生スピードを変化させたり、逆再生などの加工を施すことができますが、電源を落とすとせっかくサンプリングした音が失われてしまいますので、公演の度(上演前)に毎回サンプリングし直さなければならなりません。まあ、その辺りが面倒くさいと言えば面倒くさい。だから誰かの足にでも引っ掛けて電源ケーブルが抜けてしまったなんて日にゃ、せっかく用意した音が跡形もなく消えてしまう。ですから、私自身はそうした使い方(サンプリング)はほとんどしていませんでした。

まあ、学生演劇なら音響ブースにマッキーの太字で「ケーブル抜いたら罰金1万円!」と書いておくとか?まあ、気をつければ良いだけのことではありますが・・・ちなみに「罰金100万円!」はやめておきましょう。“100万円”だと、リアルじゃなくなっちゃうので、却って効果がありません。

そう言えば、かつて1,000万円以上したフェアライトCMIというサンプリングマシンをステージで使用していたミュージシャンのブースには「壊したら弁償」みたいな注意書きがあったような(笑)スタッフは緊張しますね。

まあ、それは兎も角、カオスパッドの場合、停電なんかでもサンプリングした音が消えてしまいますので、その辺りの対処を予め考えておく必要があるのは確かです。

もちろん、サンプリング系の機材に関しては、現在はもっと便利なものが販売されているので、財布に余裕のある方はそうした現行商品から選択すれば良いと思いますが、今回の“お財布に優しい”を考えると、これ(カオスパッド)1台で至れり尽くせりといった感じではないでしょうか?

ちなみに、この記事を書いている2022年10月現在、ヤフオクの中古相場は100円台〜6000円といったところでしょうか。まあ、お手頃ですね。

ですので、中古のカオスパッドに、操作の段取り上、「必要だな」と思えるコンパクトエフェクターを追加すればまあまあ“創造的なこと”ができるのではないでしょうか。

最後にシンセサイザーをエフェクター的に使用するケースにも触れておきたいと思います。

その場合、外部入力を持つシンセサイザーが前提となります。外部から入力された音(例えば声など)をそのシンセサイザーのフィルターセクション等で加工するということになります。スターウォーズのR2D2の声はARP2600というシンセサイザーで作られた音とされますが、おそらく、外部入力から声を入力し、それを加工したものかと思われます。
 

セミ・モジュラーシンセサイザーARP2600
筆者の所有するセミ・モジュラーシンセサイザーARP2600。スターウォーズの他にも、初期の「機動戦士ガンダム」の効果音にも使われていたそうです。音色の傾向としては、金属的な音を得意とします。写真のフルサイズモデルはもともと生産数が極端に少なく、発売時より入手が困難を極め、現在はすでに販売終了しておりますが、これをサイズダウンした廉価版ARP2600M(ミニサイズモデル/本体のみ)は19万8千円で日本のシンセサイザーメーカーKORGから販売されています。

ARP2600はかなり高額なシンセサイザーですが、外部入力を持つシンセサイザー自体(※“外部入力”と一口に言っても、機種によって様々な仕様があるかと思いますので、ご購入に際してはご自身の使用目的に適ったものかどうか?を“よくお調べの上”お選び下さい)は、KORGのMS20mini等、新品でも4万円台ぐらいから存在すると思いますので、財布に余裕のある時にでも、そうしたものを購入しておくと、かなりいろいろなことができると思います。効果音も自由自在に作れますし、楽音としてメロディ等を弾くこともできます。
 

MS20
筆者の所有するMS20(写真)は、厳密にはフィジカルコントローラーで、音源自体はコンピューター上のソフトを使用するタイプのものです。

要するに、シンセサイザーは、仕込み(スタジオないし自宅での作業)にもライブ(公演)にも使える“万能調味料”です。

鍵盤が付いてるので鍵盤楽器と思われる方が多いかもしれませんが、本質的にはあくまでも“音を合成する機械”であり、鍵盤は音を鳴らすスイッチでしかありません。ですので、弾ける弾けないはあまり関係ありません。

実際、最近流行のモジュラーシンセサイザーは鍵盤を使用しない形で使用している人の方が多いと思われます。まあ、それなりのお値段だったりしますので、今回はあえてご紹介しておりませんが・・・お財布に余裕のある方には是非試して頂きたいところではあります。

まあ、兎にも角にも、自分にとっての“遊び心”を誘発してくれる様な機材を選ぶ(巡り合う)ことが何より大切かと思われます。

いわば、機材と自らの創造性のコラボレーションです!

 


 
⇒舞台制作スタッフや俳優・観客の役に立つコンテンツ集
制作コラム、映像制作コラムなどの読み物もあります!

 

 
(文:関口純 ※文章・写真の無断転載を禁じます)

この記事を書いたのは

関口純
劇作・演出・作曲家。楽劇座芸術監督として7年間で100作品以上の演出を担当する。曽祖父は新劇の演出家、祖母はギタリスト、父は新劇プロデューサー、母は女優という芸術一家に生まれる。幼少期よりピアノ、十代の頃より音大教授に作曲を師事。その後、クラシックからポップス、劇音楽に至るまで幅広い分野でミュージシャンとして活動する傍ら、劇作・演出家の津上忠氏のもとで演出の研鑽を積む。日本テレビ音楽(株)顧問(サウンドプロデューサー)等を経て、現職。

 

 

最近の記事

月影番外地その7『暮らしなずむばかりで』 撮影:田中亜紀
素通り出来ない台詞だらけ! 高田聖子の月影番外地その7『暮らしなずむばかりで』下北沢ザ・スズナリで上演中/1月29日まで
4
公演終了 01月18日(水) 〜 01月29日(日)
劇団☆新感線『ミナト町純情オセロ~月がとっても慕情篇~』製作発表より 撮影:田中亜紀
三宅健、松井玲奈、寺西拓人ら 新たな挑戦に意欲 劇団☆新感線『ミナト町純情オセロ~月がとっても慕情篇~』製作発表レポート
182
公演日程 03月10日(金) 〜 05月01日(月)
『Dear Me!』出演者インタビュー
川崎のとある夜間保育園で繰り広げられる、ドタバ タな親たちと、それに振り回され続ける保育士たちの物語。青春事情・大野ユウジ氏 の珠玉作『Dear Me!』出演者インタビュー ラゾーナ川崎プラザソルで1月22日から上演!
22
公演終了 01月21日(土) 〜 01月29日(日)
青春事情『キレナイ』初演
川崎のとある美容院で繰り広げられる、何かと“キレナイ”思いを抱える人たちを描く 青春事情・大野ユウジ氏の珠玉作『キレナイ』出演者インタビュー ラゾーナ川崎プラザソルで1月21日から上演!
20
公演終了 01月21日(土) 〜 01月29日(日)
骸骨ストリッパー calavera box vol.7 美女と池袋の怪異譚 『フクロウとネコ』
カフェ公演ならではの空気感を味わおう 骸骨ストリッパー calavera box vol.7 美女と池袋の怪異譚 『フクロウとネコ』1月27日(金)から池袋Honey Beat Studioで上演
1
千穐楽 01月27日(金) 〜 01月30日(月)
青年座『時をちぎれ』
土田英生書き下ろし新作 室町幕府を偏愛する社長とその会社を描いたコメディ! 青年座『時をちぎれ』1月20日(金)から東京芸術劇場シアターウエストで上演
13
公演終了 01月20日(金) 〜 01月29日(日)
ミュージカル『スクルージ』
クリスマスを嫌う男が起こす最高な奇跡 ミュージカル『スクルージ~クリスマス・キャロル~』観劇レビュー
4
公演終了 12月07日(水) 〜 12月25日(日)
ゲキ×シネ「神州無頼街」ポスター
【全国生中継あり】ゲキ×シネ『神州無頼街』福士蒼汰、宮野真守が登壇する舞台挨拶が1月14日(土)に新宿バルト9で開催/ゲキ×シネ『髑髏城の七人』Season月の特別上映も
108
公演中 01月13日(金) 〜 02月02日(木)
秋吉織栄・松村彩永・結瀬ことり
秋吉織栄・松村彩永・結瀬ことりの女優3人組ユニット・おごチャン企画第1弾『戦隊!鷺ノ宮元子』1月19日から下北沢シアター711で上演
6
公演終了 01月17日(火) 〜 01月22日(日)
月影番外地その7『暮らしなずむばかりで』
明日を想えば、死がちらつく! そんな五十路の逆噴火物語! 高田聖子の月影番外地その7『暮らしなずむばかりで』1月18日(水)から下北沢ザ・スズナリで上演
5
公演終了 01月18日(水) 〜 01月29日(日)
劇団佐賀さわげが「九州若手劇団アワード!2022」を受賞
劇団佐賀さわげが「九州若手劇団アワード!2022」を受賞/寄付金を引き続き募集中
2
Ring-Bong第10回公演「さなぎになりたい子どもたち」
中学校の保健室に集う子供たちとその事情を描く Ring-Bong第10回公演『さなぎになりたい子どもたち』 1月18日(水)から座・高円寺1で上演
7
公演終了 01月18日(水) 〜 01月22日(日)
CEDAR×僕たち私たち『The Birthday Party』
大鶴義丹、​藤田朋子、​大森博史らが不条理でミステリアスなハロルド・ピンター作品に挑む CEDAR×僕たち私たち『The Birthday Party』12月17日 (土) から新宿シアターモリエールで上演
13
公演終了 12月17日(土) 〜 12月25日(土)
古田新太、天海祐希らの熱演で完走した劇団☆新感線『薔薇とサムライ2−海賊女王の帰還−』12月13日(火)にディレイビューイングを開催
80
公演終了 12月13日(火) 〜 12月13日(火)
八王子ユースシアター2022全舞台一斉上演会『TAMARIBA』
コンセプトは「つくる、タマリバ。」 八王子ユースシアター『全舞台一斉上演会“TAMARIBA”』12月16日(金)~18日(日)に八王子市文化会館で開催
20
公演終了 12月16日(金) 〜 12月18日(日)
製作委員会第13回公演 『メイン通りの妖怪』
60代からの「自分との折り合いのつけ方」をテーマにしたコメディ 製作委員会 第13回公演 『メイン通りの妖怪』が12月2日に新宿シアター・ミラクルで開幕
10
公演終了 12月02日(金) 〜 12月08日(木)
劇団チャリT企画『アベベのベ 2』撮影:鈴木 淳
風刺か? 冒涜か? 4者にムチ打つ茶番コメディ! 劇団チャリT企画『アベベのベ 2』が下北沢・駅前劇場で開幕/上演は12月4日(日)まで!
8
公演終了 11月30日(水) 〜 12月04日(日)
中村倫也主演ミュージカル『ルードヴィヒ~Beethoven The Piano~』
【予告動画あり】中村倫也主演ミュージカル『ルードヴィヒ~Beethoven The Piano~』2023年2月24日から全国11館の映画館で上映
160
公演日程 02月24日(金) 〜 (木)
『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』 撮影:田中亜紀
虚飾の城の裸の王様のものがたり『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』観劇レビュー
23
公演終了 11月23日(水) 〜 12月11日(日)
『ルーシーフェス/大盤振舞』
楽劇座10周年記念公演をオンラインで開催! 公演映像2本+生配信6回の『ルーシーフェス/大盤振舞』12月10日から1ヶ月にわたり開催
17
公演終了 12月10日(土) 〜 01月10日(火)
お座敷コブラ『TRIANGLE』
チームTartaglia 出演者インタビュー 『非対面芝居』がさらに進化! 濃密な会話サスペンス リモート取材の裏に隠された17年前の未解決事件。衝撃のラストは必見! お座敷コブラ『TRIANGLE』2022年11月30日から溝ノ口劇場で上演
37
公演終了 11月30日(水) 〜 12月04日(日)
劇団B-Stage『どうか私と黄泉の果てまで』
劇団B-Stageが初のオリジナル作品に挑戦! 舞台『どうか私と黄泉の果てまで』12月9日(金)~11日(日)に北翔大学札幌円山キャンパス多目的ホールにて上演
5
公演終了 12月09日(金) 〜 12月11日(日)
ゲキ×シネ「神州無頼街」ポスター
【予告編動画あり】福士蒼汰・宮野真守の最強バディに映画館でまた会える! ゲキ×シネ『神州無頼街』2023年1月13日から全国上映
86
公演終了 01月13日(金) 〜 (木)
音楽劇『ジェイド・バイン』
アンドロイドの世界、人間の熱で今伝えたいメッセージ 音楽劇『ジェイド・バイン』観劇レビュー
25
公演終了 11月17日(木) 〜 11月23日(水)
made by nakice
モノと生息し、身体を含む物質が持つ現象と形跡を表出させる nakice『ABITA@京都芸術センター』12月16日~18日に開催
9
公演終了 12月16日(金) 〜 12月18日(日)
令和座 第5回公演『バビロンに死す』
劇場の区域一帯までを作品の背景に仕立てようと画策する 令和座 第5回公演『バビロンに死す』12月7日(水)からシアターバビロンの流れのほとりにて で上演
21
公演終了 12月07日(水) 〜 12月11日(日)
T-works#5『三文姉妹』左から久馬歩、丹下真寿美
【動画7分】そわそわしてドキドキする展開に期待大! 丹下真寿美と久馬歩インタビュー T-works #5『三文姉妹』2023年1月24日から東京・愛知・大阪・福岡で上演
24
公演中 01月24日(火) 〜 02月23日(木)
劇団チャリT企画『アベベのベ2』
風刺か? 冒涜か? 4者にムチ打つ茶番コメディ! 劇団チャリT企画『アベベのベ 2』11月30日(水)から東京・下北沢・駅前劇場で上演
10
公演終了 11月30日(水) 〜 12月04日(日)
製作委員会第13回公演 『メイン通りの妖怪』
60代からの「自分との折り合いのつけ方」をテーマにしたコメディ 製作委員会 第13回公演 『メイン通りの妖怪』12月2日から新宿シアター・ミラクル、12月8日に座・高円寺2にて上演
9
公演終了 12月02日(金) 〜 12月08日(木)
『歌妖曲〜中川大志之丞変化〜』
【動画2分】中川大志が昭和歌謡版リチャード三世を縦横無尽に演じる! 音楽劇『歌妖曲〜中川大志之丞変化〜』が明治座で開幕/東京公演は11月30日まで
27
公演終了 11月06日(日) 〜 12月25日(日)

 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2023 Village Inc.