2019.12.23  13

中野劇団の人気作『楽屋ちゃん』を尾道の演劇集団ワークスが上演! 2020年3月13日から尾道中学校・高等学校演劇部アトリエで上演


 ≫広告掲載のご案内


演劇集団ワークス「楽屋ちゃん」
第26回公演『楽屋ちゃん』フライヤー
 

演劇集団ワークスによる舞台「楽屋ちゃん」が3月13日(金)から広島県・尾道中学校・高等学校演劇部アトリエで上演される。

 
演劇集団ワークスは1997年に結成。モア・エンターテイメントをコンセプトに、広島県尾道市で20年以上活動を続けている社会人劇団だ。
総裁ハラダサトシの新作を軸に、笑いあり感動ありの舞台を創り続けている。

 
第25回公演『サマータイムマシン・ブルース』の様子
第25回公演『サマータイムマシン・ブルース』の様子

 

Youtubeで観る

 
今回は、京都を拠点に活躍を続ける中野劇団の作品『楽屋ちゃん』を尾道中学校・高等学校演劇部アトリエで上演する。

とある劇団の本番中の楽屋に現れる、『楽屋ちゃん』と呼ばれる謎の存在・・・。
軽快なリズムで展開されるバカバカしくも切ないストーリーとなっている。
また、全編大阪弁での上演は劇団史上初めての挑戦となる。

出演は森壮寛、山下華奈、千田道、冠野隼人、かがあかり、佐藤詩織、石田光、多留恵子、ハラダサトシ。
演出はハラダサトシが手掛ける。

 

STORY

本番中。出番を終えた役者が控える楽屋には、
誰もその姿を見たことがない「楽屋ちゃん」が出るという。
果たして、これはフェイク(芝居)なのか?
それとも、リアル(現実)なのか?
舞台の裏側から劇団とその人々を覗く、笑いと感動の物語。

 

灰垣和展(制作担当)

見どころは、築30年は超えていると思われる
小ホールの楽屋を完全再現した舞台装置です。
姿見はもちろんのこと、フィッティングスペースや
実際に水が使える洗面化粧台まで
完全再現する予定です。

前回公演『サマータイムマシン・ブルース』を
超える、抱腹絶倒の舞台にご期待ください!

 
本作は3月13日(金)から広島県・尾道中学校・高等学校演劇部アトリエで上演される。
詳細は公式サイトで。

 
(文:エントレ編集部)

 

公演情報

演劇集団ワークス「楽屋ちゃん」

【作】中野守(中野劇団)
【演出】ハラダサトシ

【出演】森壮寛 山下華奈 千田 道 冠野隼人 かがあかり 佐藤詩織 石田光 多留恵子 ハラダサトシ

2020年3月13日(金)~3月15日(日)/広島県・尾道中学校・高等学校演劇部アトリエ

公式サイト
演劇集団ワークス

チケット
演劇集団ワークス事務所

関連記事

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2020 Village Inc.