2019.11.29  16

加藤清史郎主演、オフ・ブロードウェイ・ミュージカル「KID VICTORY」12月25日から東京・上野ストアハウスで上演!



オフ・ブロードウェイ・ミュージカル「KID VICTORY」
オフ・ブロードウェイ・ミュージカル「KID VICTORY」
 

オフ・ブロードウェイ・ミュージカル「KID VICTORY」が12月25日(水)から東京・上野ストアハウスで上演される。主演は加藤清史郎。

 
『シカゴ』や『キャバレー』で知られる作曲家 ジョン・カンダーと、彼の大学の(かなり離れた)後輩にあたる脚本家 グレッグ・ピアースとのコンビで執筆された『KID VICTORY』は、誘拐・監禁事件の被害者の「その後」を描いた作品だ。
カンダーの美しい楽曲と繊細なストーリーが絡み、オフ・ブロードウェイでも話題となった作品が、日本初上陸する。

演出は、『エリザベート』『プリシラ』など役者としても活躍しており、『スペリング・ビー』『BKLYN』などブロードウェイの佳作も意欲的に演出している、奥山寛が手掛ける。

主演には、3年ぶりの舞台出演となる加藤清史郎を迎え、その両親を森田浩平、尹嬉淑が演じる。

  

STORY

カンザス州の小さな町に両親と暮らす、ヨット好きの高校生、ルーカス。1年間行方不明となっていた彼が戻り、家族や友人は喜ぶが、彼は、町を離れていた間に自身に降りかかった出来事のフラッシュバックに苦しみ、日常生活に戻れずにいた。忘れることのできない辛い出来事を経験し、心に深い傷を負った後、人はどう日常を取り戻すのか。自分だけが変わってしまった時、日常に戻ることはできるのか。

 

奥山寛(演出)

エントレをご覧の皆様
初めまして。
この度、『KID VICTORY』演出を担当させて頂きます、奥山 寛です。

主演に加藤 清史郎さんをお迎えし、実力派の出演者・ミュージシャン・スタッフが揃いました。
本作品の作曲家 ジョン・カンダー氏は、かつて私が演出を勤めましたミュージカル『蜘蛛女のキス』の作曲家でもあり、何かしらのご縁も感じております。
魅惑的な楽曲で、皆様の心の一部となれますよう出演者一同、切磋琢磨しつつ作品を創り上げてまいります。

年末のお忙しい時期ではございますが、劇場まで足をお運びください。

 
本作は12月25日(水)から東京・上野ストアハウスで上演される。
詳細は公式サイトで。

 
(文:エントレ編集部)

 

公演情報

「KID VICTORY」

【作】グレッグ・ピアース
【音楽】ジョン・カンダー
【演出】奥山寛

【出演】加藤清史郎、森田浩平、尹嬉淑、中山昇、塚本直、舩山智香子、菊地まさはる、井上花菜、坂口湧久

2019年12月25日(水)~12月29日(日)/東京・上野ストアハウス

公式サイト
KID VICTORY

チケット
カルテット・オンライン

関連記事

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2019 Village Inc.
劇団BDP ミュージカル『KUSHINADA』