2019.11.11  55

世田谷パブリックシアター『お勢、断行』倉科カナ・江口のりこ・倉持裕インタビュー



写真左から江口のりこ、倉科カナ、倉持裕(作・演出)
写真左から江口のりこ、倉科カナ、倉持裕(作・演出)
 

江戸川乱歩の小説を原案として、倉持裕が新たに創作する舞台『お勢、断行』。本作に出演する倉科カナ、江口のりこ、そして倉持裕の3人にインタビュー取材した。

 
2017年に上演された『お勢登場』以来3年ぶり・4度目となる”世田谷パブリックシアター×演出家・倉持裕”のタッグによる舞台『お勢、断行』が、2020年2月~3月に上演される。
江戸川乱歩の小説をそのまま舞台化するのではなく、乱歩的美意識やユーモラスでミステリアスな登場人物たちをモチーフに、倉持裕 独自の感性で新たな新作現代演劇を作り上げる。

音楽を手掛けるのは斎藤ネコ。出演者には倉科カナ、上白石萌歌、江口のりこ、柳下大、池谷のぶえ、粕谷吉洋、千葉雅子、大空ゆうひ、正名僕蔵、梶原善。個性豊かな俳優陣にも注目が集まっている。

 
2019年9月に都内スタジオで行われたビジュアル撮影後、演出家・倉持裕さん、お勢役・倉科カナさん、女中役・江口のりこさんの対談が実現。
お互いの印象や今作の見どころ、演劇に対する思いなどをたっぷりと語ってくれた。(以下3名とも名字で表記、敬称略)

写真左から江口のりこ、倉持裕(作・演出)、倉科カナ
写真左から江口のりこ、倉持裕(作・演出)、倉科カナ

 
――まずは、お互いの印象を教えてください。

江口「倉持さんは、以前の作品の稽古での印象では、簡単に笑わない人だなぁと思いました。倉科さんは今日はじめてお会いしたんですが、明るい方だなと。」

倉科「倉持さんは、前にご一緒した時に感情が表面に表れないので、最初は嫌われてるのかも・・・と心配したんですが、心はすごく情熱的で男気のある方だなという印象です。江口さんも、倉持さんと少し似ているかんじ。飄々としていて正直な方というイメージです。」

倉科カナ
倉科カナ

倉持「江口さんと初めてご一緒したのは10年以上前。クールな印象でした。(自分も)人のこと言えないけど、あんまり表情のない人だなぁと。いじわるなとこがあるのかなと思ったりもしたけど(笑)そういうところが役者としてすごく好きです。倉科さんはもう、可愛い人。きれいだなあと思います。いつもニヤニヤしてる印象があって、それがいいなと思います。」

倉科「あはは(笑)」

倉持「今回のキャスティングの理由のひとつでもあるんですけど、ニヤニヤしてるのが似合うな、とか、そういう人が悪い人をやったら怖いなぁと思って。」

倉科カナ
倉科カナ

――ご本人の日常的な印象も役に影響してくるということでしょうか?

倉持「そうですね。江口さんも、今回の『お勢、断行』は、悪い人がたくさん出て来る話だから、そこに江口さんみたいな人がいてほしいと思って声をかけました。本当は色々思ってるくせに黙ってるような役が何人か欲しくて、そのうちのひとり。正直に本心を言う人間がいる中で、それを言わない人間がその周りにいた方がいいから。」

倉科「なるほど。確かに私、ずっとニヤニヤしてるんです。悲しい時も笑っちゃうタイプなんですよ。そういうところは悪い面でもあるかもしれないけど、作品に活かせるのであればおもしろいですよね。」

江口「まだわからない部分も多いけれど、お話を聞いていて、あ、そうか、わたしそういう役なんだなと思いました。」

江口のりこ
江口のりこ

 

”生”の演劇。その醍醐味とは

――お三方はそれぞれ、テレビ、映画、舞台等、さまざまなジャンルでご活躍されていますが、その中でも演劇の魅力って何だと思いますか?

江口「そのときしかできないこと、っていうところですかね。観る人はその時のものしか観られないし。それってものすごく特別なことだと思います。」

江口のりこ
江口のりこ

倉科「私もそう思います。生のフルーツジュースみたいな。フルーツジュースって、同じ味を再現しようとしても2度と作れないんですって。」

江口「同じフルーツでも?」

倉科「そう、同じフルーツでもだめ。舞台はいろんなことが変わっていく”生感”が独特で、観ていても演じていても、その空気が振動していくのを肌で感じられるところが好きです。毎回新しい気持ちでチャレンジできるのも舞台ならではですね。」

倉持裕
倉持裕(作・演出)

倉持「長い時間やれるのもいいよね。舞台なら例えば30分とか1時間のシーンっていうのが成り立つじゃないですか。映像の脚本を書いていると、1ページにどれだけ情報を詰め込んで、状況を分からせるか、という作業が必要なんだけど、舞台ではどこかだらだら書けるというか(笑)そういう時間を成立させることができる。黙っている時間とか。」

倉科「黙ってるだけって、映像だとだめですもんね。どんどん説明台詞入れたり。」

倉持「そう。本当はできると思うんだけどね・・・そういう、黙ってるとかも。あとは、観客の立場からすると、いろんなところを好き勝手に観られるのも舞台のいいところだと思います。喋ってる人じゃなくて、じっと座ってる人の方を見てもいいわけだし。」

倉科「映画とかドラマって最近規制がかかり始めていて、色々狭くなってきてるけど、舞台だともうちょっとメッセージ性の強いことでも発信できたりもしますよね。」

倉持「ほうほう。コンプライアンスみたいな?」

倉科「そうそう。だからすごくやりがいを感じます。」

倉科カナ
倉科カナ

 

今作『お勢、断行』について

それぞれに聞いてみたいことはありますか?と質問すると「おいくつになりました?」と和やかな会話が始まったりと、3人の作る雰囲気は終始ほのぼの。
今作『お勢、断行』では、登場人物のほとんどが悪人と聞いていたので、このギャップに少し驚いた。

 
現在公表されているあらすじには、

大正末期、資産家の松成千代吉の屋敷に身を寄せた女流作家、お勢(倉科)がいる。
その屋敷には、千代吉の娘(上白石)と住み込みの女中(江口)、そして千代吉と小姑(池谷)からの圧力に苦しむ後妻(大空)がいた。
ある日、千代吉に屈辱を受けた代議士(梶原)は、後妻と結託し、松成家の財産をすべて奪い去ろうと、千代吉を狂人に仕立て上げる計画を練る。女中、精神病院の医院長(正名)、貧しい電灯工事夫(柳下)らを巻き込み、首尾よく進むかに見えたが、第一の殺人がおき、計画は思わぬ惨劇へと突き進む――。

 
とある。

 
この物語の中心となる、倉科さん演じるお勢がどのような人物として描かれているのか、倉持さんが答えてくれた。

倉持「お勢はある種、純粋なんじゃないかな。自分は悪人だけど、その悪は許さない。というような、悪人なりの倫理観みたいなものを持っていて、この倫理観を持っているのは登場人物の中で唯一お勢だけ。他の人は単純に悪事を働いているだけ。ただ、それは彼女だけの理屈で他の人には理解できないことなのかもしれない。そんなお勢の倫理観が、他人の行動を変えていってしまう。だけどお勢自身は変わらない。その辺が恐ろしいところなんです。」

倉科カナ
倉科カナ

 
――2017年に上演された『お勢登場』から、今回『お勢、断行』とタイトルが変わりましたが、この意味とは?

倉持「今作は、『お勢登場』の続編ではなく、別の物語。断行というタイトルはストーリーからきています。物語が進んでいくにつれて、目的は達成されていくように見えるけれど、お勢にとっては「でも、決めたことはやってないじゃない。」という思いがある。じゃあそれをやりましょう、という意味の『断行』ですね。」

倉持裕
倉持裕(作・演出)

 
――最後に、今作をどのような方に観てもらいたいですか?

江口「どのような方、っていうのはないですね。子供も、おじいちゃんもおばあちゃんも、誰にでも観て欲しいなって思いますし、誰が観てもおもしろいって思ってもらえるんじゃないかな。」

倉科「うん、本当に!誰が観ても、楽しんでいただける作品になると思いますのでたくさんの方に来ていただきたいです。」

倉持「今まで明るい演劇とか、健康的な演劇だけしか観てきませんでした、っていう方にぜひ観て欲しいかな。みんな悪いことばっかりしてて結構殺されちゃったりするので。倉持の作品ではコメディしか観てないって方にはぜひ。」

江口「え、これコメディじゃないんですか?」

倉持「コメディなとこもあるかもしれないけど(笑)どコメディではないじゃない。」

江口「そっか(笑)」

倉持「笑いはあるんだろうけど、ゲラゲラ笑えるってことじゃなくて、どこかおかしみがある、って感じですね。だから、コメディが好きな人にはこういうのもありますよって言えたらいいなぁと思います。」

 
世田谷パブリックシアター『お勢、断行』
世田谷パブリックシアター『お勢、断行』フライヤー
 
 
取材当時、倉持さんの頭の中にあった物語は、どのように昇華されていくのだろうか。

本作の上演は来年2月28日から、世田谷パブリックシアターにて上演。さらに、愛知、島根、兵庫、香川、長野で上演される。
詳細は公式サイトで。

 
(撮影・文:志田彩香)
 

志田彩香
しだ あやか|千葉県生まれ。報道写真家の祖父の影響で、写真を始める。
武蔵野美術大学卒業後、アシスタントを経て、2016年 フリーランス。https://www.instagram.com/shidaayaka_/

  

 

公演情報

世田谷パブリックシアター 『お勢、断行』

【原案】江戸川乱歩
【作・演出】倉持裕
【音楽】斎藤ネコ

【出演】倉科カナ、上白石萌歌、江口のりこ、柳下大、池谷のぶえ、粕谷吉洋、千葉雅子、大空ゆうひ、正名僕蔵、梶原善

2020年2月28日(金)~3月11日(水)/東京・世田谷パブリックシアター

公式サイト
世田谷パブリックシアター 『お勢、断行』

チケット
世田谷パブリックシアターオンラインチケット ぴあicon ローチケicon イープラス

最近の記事

音楽劇『夜来香ラプソディ』左から木下晴香、松下洸平、白洲迅
松下洸平、白洲迅、木下晴香が出演する音楽劇『夜来香ラプソディ』2022年3月からBunkamuraシアターコクーンほかで上演
7
COCOON PRODUCTION 2022『広島ジャンゴ2022』
天海祐希×鈴木亮平のダブル主演のウエスタン活劇!?『広島ジャンゴ2022』2022年4月5日からシアターコクーンで上演
6
公演日程 04月30日(土) 〜 05月16日(月)
ゴットサンZ『ミル貝の逆襲』
ゴットサンZ兼子佳那子作品、連続上演第2弾『ミル貝の逆襲』参宮橋トランスミッションで12月17日~19日に上演
13
公演日程 12月17日(金) 〜 12月19日(日)
狂夏の市場『あたま山心中 散ル散ル、満チル』
狂夏の市場が、竹内銃一郎の名作『あたま山心中 散ル散ル、満チル』を尼崎・狂夏の市場劇場で12月3日から12日まで上演
11
本日初日 12月03日(金) 〜 12月12日(日)
昭和精吾事務所 誕生月企画公演『氾濫原3』
語りだけで情景を鮮明に想起させる昭和精吾事務所による短篇集『氾濫原3』12月9日(木)から絵空箱で上演
8
もうすぐ 12月09日(木) 〜 12月10日(金)
近藤芳正Solo Work『ナイフ』reboot 特別インタビュー
近藤芳正Solo Work『ナイフ』reboot 特別インタビュー/2022年1月21日から水戸・豊橋・東京・兵庫・山口で上演
4
公演日程 01月21日(金) 〜 02月13日(日)
舞台『あの子より、私。』
黒谷友香主演 理想の物件をめぐる《内見バトル》を描く 舞台『あの子より、私。』2022年1月15日から東京・大阪で上演
4
公演日程 01月15日(土) 〜 02月06日(日)
ナイロン100°C『イモンドの勝負』撮影:引地信彦
ナイロン100°Cによるナンセンスコメディ『イモンドの勝負』が 11 月20日に下北沢・本多劇場で開幕/兵庫、広島、北九州公演あり
4
公演中 11月20日(土) 〜 12月26日(日)
古川雄大主演「シラノ・ド・ベルジュラック」
古川雄大、馬場ふみか、浜中文一らが出演の舞台『シラノ・ド・ベルジュラック』2022年2月7日から東京・大阪で上演
24
公演日程 02月07日(月) 〜 02月27日(日)
unrato#8『薔薇と海賊』
三島由紀夫の異色ファンタジーに霧矢大夢、多和田任益、田村芽実らが挑む unrato#8『薔薇と海賊』2022年3月4日から東京・大阪で上演
4
公演日程 03月04日(金) 〜 03月26日(土)
『マーキュリー・ファー Mercury Fur』メインビジュアル 撮影:設楽光徳
吉沢亮、北村匠海らが出演の舞台『マーキュリー・ファー Mercury Fur』メインビジュアルが公開/2022年1月から上演
51
公演日程 01月28日(金) 〜 03月11日(金)
PLAY/GROUND Creation #2『Navy Pier』
青柳尊哉、中丸シオンらがほぼ全編モノローグの四人芝居に挑む PLAY/GROUND Creation #2『Navy Pier 埠頭にて』12月18日から横浜赤レンガ倉庫で上演
14
公演日程 12月18日(土) 〜 12月26日(日)
FPAPプロデュース『世界は右側でデキている』
2020年4月。世界は一変する。 FPAPプロデュース『世界は右側でデキている』12月18日(土)、19日(日)にレソラNTT夢天神ホールで上演
2
公演日程 12月18日(土) 〜 12月19日(日)
劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『神州無頼街』左から福士蒼汰、宮野真守
福士蒼汰と宮野真守のバディが伝奇時代劇に挑む! 大阪・東京公演に加え静岡公演が決定! 劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『神州無頼街』2022年3月17日から上演
56
公演日程 03月17日(木) 〜 05月28日(土)
ミュージカル『魍魎の匣』 撮影:岩田えり
小西遼生 主演ミュージカル『魍魎の匣』11月10日にオルタナティブシアターで開幕
18
公演終了 11月10日(水) 〜 11月15日(月)
市川海老蔵、戸塚祥太(A.B.C-Z)
六本木歌舞伎2022に市川海老蔵、戸塚祥太(A.B.C-Z)が出演/2月18日から東京・福岡・大阪で上演
3
公演日程 02月18日(金) 〜 03月21日(月)
平 常×宮田 大『Hamlet』、『虫めづる姫君』
東京文化会館が児童・青少年向け舞台公演「シアター・デビュー・プログラム」を開始 12月に平 常×宮田大『Hamlet』、2月に『虫めづる姫君』を上演
1
公演日程 12月18日(土) 〜 12月19日(日)
劇団☆新感線『偽義経冥界歌』特別上映会
劇団☆新感線『偽義経冥界歌』特別上映会が12月3日(金)、4日(土)に博多座で開催/トークゲストはいのうえひでのりと中島かずき
1
本日初日 12月03日(金) 〜 12月04日(土)
劇団☆新感線『狐晴明九尾狩』11月23日(火・祝)に全国の映画館でディレイビューイング
中村倫也、吉岡里帆、向井理らが出演の劇団☆新感線『狐晴明九尾狩』11月23日(火・祝)に全国の映画館でディレイビューイング
45
公演終了 09月17日(金) 〜 11月11日(木)
京都の老舗和菓子屋を舞台に繰り広げられる男女五人の物語 空降る飴玉社『ここは野分前夜、朱の麓』11月13日(土)、14日(日)に新宿眼科画廊で上演
17
公演終了 11月13日(土) 〜 11月14日(日)
gekidanU家公演企画Vol.5 延期公演『TREE』
《部屋の中に大きな樹が立っている家》で2演目を交互上演 gekidanU家公演企画Vol.5 延期公演『TREE』11月20日から南千住のアトリエで上演
17
公演終了 11月20日(土) 〜 11月23日(火)
ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター 北斗の拳』
【動画5分】大貫勇輔らが劇中歌を歌唱披露! ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』製作発表
19
もうすぐ 12月08日(水) 〜 01月16日(日)
モノミドリpresents『K OF GGG 』
新団体旗揚げ企画! ゴットサンZ/モノミドリpresents『K OF GGG』荻窪小劇場で11月5日~11月7日に上演!
2
公演終了 11月05日(金) 〜 11月07日(日)
TSJ劇団結成15周年記念公演 第一弾 「徳森さんと大森さんと波森さん」
沖縄で活躍するTSJ劇団結成15周年記念公演の二作品が、11月8日から動画配信
6
公演終了 11月08日(月) 〜 11月21日(日)
ミュージカル『ニュージーズ』
京本大我がパワフルに舞台を牽引!ミュージカル『ニュージーズ』観劇レビュー
2422
公演終了 10月09日(土) 〜 11月17日(水)
serial number「すこたん!」
詩森ろばの新作 serial number「すこたん!」は、ふたりの男性が出会い、恋をし、愛の意味を知る30年の物語。10月28日から中野ザ・ポケットにて上演
12
公演中 11月25日(木) 〜 12月12日(日)
ミュージカル『ドン・ジュアン』 撮影:田中亜紀
藤ヶ谷太輔・真彩希帆、魂で惹かれ合う男女が見つけた愛は“真実”か“呪い”か。ミュージカル「ドン・ジュアン」観劇レビュー
243
公演終了 10月07日(木) 〜 11月06日(土)
『異常以上ゴミ未満、又は名もなき君へ』
市川しんぺー、千代田信一、 野口かおる等と共に作り出す《全力投球型ド派手なヘンテコリン世界!》 good morning N°5『異常以上ゴミ未満、又は名もなき君へ』11月25日(木)から下北沢B1で上演
5
公演中 11月25日(木) 〜 12月12日(日)
上山竜治×腹筋善之介 舞台『アイ・ロン』
ベルリンの壁を崩壊に導いた2人の男の物語 上山竜治×腹筋善之介 舞台『アイ・ロン』なかのZERO小ホールで 11月11日(木)に1ステージ限りの上演/アーカイブ配信あり
2
公演終了 11月11日(木) 〜 11月11日(木)
ミュージカル『マドモアゼル・モーツァルト』
明日海りおが全身全霊で挑む、天才作曲家の人生。ミュージカル『マドモアゼル・モーツァルト』観劇レビュー
22
公演終了 10月10日(日) 〜 10月31日(日)

 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2021 Village Inc.