2019.10.21  4

32年前の名作ドラマが甦る! 吉川威史 企画・演出舞台『君にささげる歌2019』11月1日から下北沢・駅前劇場で上演


 ≫広告掲載のご案内


吉川威史Presents『君にささげる歌2019』
吉川威史Presents『君にささげる歌2019』
 

吉川威史Presents 舞台『君にささげる歌2019』が11月1日から下北沢・駅前劇場で上演される。

 
「東芝日曜劇場・君にささげる歌」は、1987年に放送されたテレビドラマで、寺尾聰と当時デビューしたばかりの有森也実が主演を務めた。
夢を失ったサラリーマン、消えてしまった恋人を待つ女を描いた作品で、『1988年 日本民間放送連盟賞 優秀賞』を受賞した。

 
そして今回、30年以上の時を経て、吉川威史の企画・演出で舞台化される。脚本はブラジリィー・アン・山田。
浅野雅博(文学座)、熊坂理恵子をはじめ、吉田芽吹、伊藤俊輔(ONEOR8)、山口森広(ONEOR8)、佐藤貴史、森田学が出演する。

以下は、本作の宣伝映像の第1話、第2話だ。

 

Youtubeで観る

 


Youtubeで観る

 

STORY

脚本家を目指していた主人公の哲朗は、夢を抱いて九州から東京へ上京した。

その頃同棲していた女性には、必ず迎えに行くよと言い残したが、夢は挫折し、結果的には、彼女には連絡もせず“棄てた”形になる。

そんなニガイ記憶を心に残したまま、哲朗は平凡な中年サラリーマンになった。

そんなある日、あの頃ギターを弾きながら、二人で歌った「あの歌」を聞いた瞬間、哲朗に「あの頃」の心が戻って来る。

さらに、東京へ出て行った男をひっそりと待つ女性に、偶然に出会い、そして哲朗は・・・・・

 

有森也実

希望の中身には、何かに包まれている寂しさや、切なさがある
『君にささげる歌』は、私にとってのその何かなのだと思います。
思い出の詰まった、大好きな作品と、32年の年月を経て、舞台となって再会できるなんて…
繋がっていく嬉しさに空を見上げずにはおれません。公演、楽しみにしています

 
本作は11月1日(金)から東京・下北沢 駅前劇場で上演される。
詳細は公式サイトで。

 
(文:エントレ編集部)

 

 

公演情報

吉川威史Presents『君にささげる歌2019』

【原作】市川森一 (MBS毎日放送 東芝日曜劇場「君にささげる歌」より)
【脚本】ブラジリィー・アン・山田
【演出】吉川威史

【出演】浅野雅博(文学座) 熊坂理恵子 吉田芽吹 伊藤俊輔(ONEOR8) 山口森広(ONEOR8) 佐藤貴史 森田学

2019年11月1日(金)~11月5日(火)/東京・下北沢 駅前劇場

公式サイト
吉川威史Presents『君にささげる歌2019』

チケット
イープラス カンフェティ 予約フォーム

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2019 Village Inc.