2019.8.26  16

回転舞台で映像と演劇が融合する! StarMachineProject「はじまりの かんじょう そうこう」9月6日から大阪・HEP HALLで上演


 ≫広告掲載のご案内


『Star Machine Project』メインビジュアル
メインビジュアル
 

StarMachineProjectによる舞台「はじまりの かんじょう そうこう」が9月6日(金)から大阪・HEP HALLで上演される。

 
StarMachineProjectは、sunday所属の俳優であり、映像作家の赤星マサノリが、映像と演劇の融合を標榜して2018年に立ち上げた企画。
第3弾『はじまりの かんじょう そうこう』が9月6日(金)~8日(日)にHEP HALL(大阪・梅田)で上演される。

出演は、コトリ会議やTHE ROB CALTON所属の小劇場界の俳優に加え、ダンス界からは海外で経験を積んだタップダンサー細川慶太良、ストリートダンス出身のエンターテイナーChiiといった本格派ダンサーが参戦。さらに、FM802で活躍するDJの豊田穂乃花が出演する。

また、シンガーソングライター・つじあやのが赤星の脚本を元に作詞作曲した楽曲が主題歌・挿入曲として使われるのも注目だ。

  
主題歌を担当するつじあやの
主題歌を担当するつじあやの

 

Youtubeで観る

 

STORY

朝が来ない森の中をずっと歩いている。月明かりを頼りに似たような道を歩いている。
私と私と私、たちはとてもよく似ているね。と私は思う。歩き方だったり、指の形だったり、雨が好きだったり。
私たちの人生はきっと、レコード針みたいなもので繰り返し溝を辿っているのね。と私は言った。

3人の女性のそれぞれの等身大の生活を軸に、繰り返す日々と繰り返す時代を優しく描き出す終わりのない物語。

 

赤星マサノリ

僕たちが高校生の頃、大阪ではFM802のバンパーステッカーが流行りました。ステッカーは自動車だけでなく、通学カバンや自転車にも貼ってたりしていました。ラジオを聴いてステッカーを貼ることが高校での僕達の自慢でもあったと思います。FM802は憧れや親しみのあるラジオ局になっていました。そのFM802のヘビーローテーションは、僕の毎月の楽しみでした。洋楽にハマったり、邦楽に傾いたりと色々と音楽を聴いていた時期でもありました。そのヘビーローテーションで出会った曲の1つがつじさんの曲でした。つじさんの声を聞いた時の優しさや和んだ感じ、女性らしくもあり男の子っぽさもあるその声に惹かれ僕はアルバムを買いに行きました。その当時、電車での行き帰り、仕事終わりや自宅でもずっとつじさんのアルバムを聞いていました。

今回のお芝居を企画した時、楽曲の候補にあがったのがつじさんの曲でした。
改めてつじさんのアルバムを聞いてみると、懐かしい思い出と、昔と今の生活や考え方の変化、しみじみとした感じが心に馴染むのに驚き、そしてなんだか嬉しかったです。そしてつじさんの声の可愛さと切なさも懐かしく新鮮に感じられ、今回のお芝居に合うのではないかと思いました。

今日までつじさんとは全く接点がなかったのですが、細い細い糸を辿って、奇跡的につじさんに辿り着きました。そこからいくつものメールのやり取りの結果、ようやく参加してもらえる事になりました。その答えをもらった時は、実際に手の震えが止まらないほど嬉しかったです。

「はじまりの かんじょう そうこう」は繰り返す映像と音楽、舞台の親和性や偶然性、終わりとはじまりの曖昧さと少しの奇跡を楽しんでもらえるような作品になればと思っています。

 
本作は9月6日(金)から大阪・HEP HALLで上演される。
詳細は公式サイトで。

 
(文:エントレ編集部)

 

公演情報

StarMachineProject「はじまりの かんじょう そうこう」

【作・演出】赤星マサノリ

【出演】豊田穂乃花(FM802) 町田愛 Chii(Crea/WREIKO FAMILY) まえかつと(コトリ会議) 満腹満(THE ROB CARLTON) 細川慶太良 赤星マサノリ

2019年9月6日(金)~9月8日(日)/大阪・HEP HALL

公式サイト
StarMachineProject「はじまりの かんじょう そうこう」

プレイガイドで検索
ぴあicon

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2019 Village Inc.