2019.8.6  15

楽劇座の人気ミュージカル『ルーシー・フラワーズ』<外伝>が8月24日から新宿ローズセラヴィで上演


 ≫広告掲載のご案内


楽劇座「<外伝>ルーシー・フラワーズは風に乗り、まだ見ぬ世界の扉を開けた」
(C)楽劇座
 

楽劇座による舞台「<外伝>ルーシー・フラワーズは風に乗り、まだ見ぬ世界の扉を開けた ~破戒と悪夢が織りなす幻の祭典~」が8月24日(土)から東京・新宿ローズセラヴィで上演される。

 
日本のオリジナルミュージカルとしてカルト的な人気を誇りながらも、惜しまれつつシリーズ最後の公演を終えた楽劇座(がくげきざ)の『ルーシー・フラワーズは風に乗り、まだ見ぬ世界の扉を開けた』。7月に引き続き、8月も<外伝>が上演される。

一見、絵本のようなメルヘンで可愛らしい世界なのに、ルー(五條なつき)の元に世界中から届く手紙には現実社会で話題になっているリアルな相談が綴られていたり、お伽噺の登場人物達が私達と同じ様なお悩みを抱えていたり・・・。まるで童話の世界なのに現実以上に現実的な、絶妙なバランスを楽しめる。

作・演出・音楽の全てを手掛けるのは楽劇座芸術監督の関口純。
ムード歌謡に民族音楽、アイドル風ポップス等々・・・。日本のオリジナルミュージカルとしては珍しい、ジャンルに囚われない多彩な楽曲も『ルーシー・フラワーズ』シリーズの魅力のひとつだ。

 

STORY

そこは世界の中心にして世界の果て・・・緩(ゆる)やかな小さな村?の、これまた小さなお家に住む、おかしな髪型をした2人の女の子。「前髪切り過ぎた訳じゃないの、サイドが伸びただけ」と言い張る2人は、今日もお気に入りのソファの上で地図を片手に世界を旅する。

2人のもとには今日も世界を揺るがす?重大な問題が持ち込まれる。

でもちょっと待って!朝食のタルティーヌをまだ食べてないから。果たして2人は世界を救う事が出来るのか?!

今回はこの『ルーシー・フラワーズ』の外伝を上演。

シーの偽物が登場し、ベンジャミンが動き出す!?
新たな魔法の呪文は「フニクリフニクラ」!?

もうひとつの『ルーシー・フラワーズ』の物語をお楽しみ下さい。

一話完結型なので、初めてご覧になる方もお楽しみ頂けます。

 

五條なつき(出演者(ルー役))

皆様、こんにちは!楽劇座の五條なつきです。

8月も先月に引き続き、『ルーシー・フラワーズ<外伝>』の物語を上演致します。

一話完結型なので、これまでの公演をご覧になった事がない方でもお楽しみ頂けるのですが…初めての方のために、簡単にこれまでのあらすじをご説明させて下さい。

おかしな髪型の女の子、ルーとシー。2人の元にはいつも様々なお悩み相談が届きます。

シーが不在の間、ルーの退屈を少しでも紛らわそうと愛猫のベンジャミンが執事に変身!?実はベンジャミン、アメリカンショートヘアー&タキシードキャット合衆国の元大統領。しかも魔法まで使えるのです!

毎回、八の字眉幸子というかなり濃いキャラクターが(勝手に)悩める御伽の国の住人を連れて来るのですが…今回は一体どんな物語になるのでしょうか?

ストレスだらけの現代社会に疲れてしまった方は、ぜひ『ルーシー・フラワーズ』の世界に遊びにいらして下さいね。きっと笑っているうちに貴方のお悩みも解決しているはずです!!

 
(c)楽劇座
(C)楽劇座

 
公演は8月24日より、新宿のシアターローズセラヴィにて。
なお、8月17日までに楽劇座チケットセンターから前売チケットを購入すると、特典としてキャストの直筆入り葉書とスペシャル缶バッジ(非売品)がプレゼントとなる。

詳細は公式サイトで。

 
(文:エントレ編集部)

 

公演情報

楽劇座「<外伝>ルーシー・フラワーズは風に乗り、まだ見ぬ世界の扉を開けた ~破戒と悪夢が織りなす幻の祭典~」

【作・演出・音楽】関口純

【出演】五條なつき、大西佐依、大向しんじ(外部出演)、山口みお(外部出演)

2019年8月24日(土)~8月27日(水)/東京・新宿ローズセラヴィ

公式サイト
<外伝>ルーシー・フラワーズは風に乗り、まだ見ぬ世界の扉を開けた ~破戒と悪夢が織りなす幻の祭典~

プレイガイドで検索
楽劇座チケットセンター

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2019 Village Inc.