2019.7.19  210

柚希礼音・新妻聖子・大谷亮平などが出演! ミュージカル「ボディガード」日本人キャストバージョンが2020年春に上演



柚希礼音・新妻聖子・大谷亮平
柚希礼音・新妻聖子・大谷亮平
 

ミュージカル「ボディガード」の日本人キャストバージョンが2020年春に上演される。出演は柚希礼音(Wキャスト)・新妻聖子(Wキャスト)・大谷亮平など。

 
本作は、1992年にケビン・コスナーとホイットニー・ヒューストン主演で世界中で大ヒットを遂げた映画『ボディガード』を舞台化したもの。

グラミー賞受賞曲「I Will Always Love You」をはじめ映画の楽曲をふんだんに使ったこの大型ミュージカルは、「英国ローレンス・オリヴィエ賞」で、最優秀作品賞を含む4部門にノミネートされ、18か月の英国&アイルランドツアーは完売しウェストエンドへ凱旋。
世界各地で上演された後、2019年9月には本場英国キャストによる初の来日公演が予定されている。

 
そして本作の日本人キャストバージョンが、2020年春に上演されることが発表された。
映画ではホイットニー・ヒューストンが演じた謎のストーカーに狙われる人気絶頂のポップシンガー、レイチェル・マロン役は、柚希礼音と新妻聖子がWキャストで演じる。また、映画ではケビン・コスナーが演じたレイチェルを守るボディガード、フランク・ファーマー役をミュージカル初挑戦となる大谷亮平が演じる。

日本オリジナル版を手掛ける演出家は後日発表される。

 

柚希礼音 コメント
日本キャスト版のレイチェル役をさせていただくことになり、この映画が大好きで、素晴らしい楽曲を歌える喜びに震えております。また、ショー要素がたっぷり盛り込まれた作品は久々ですので、とても嬉しく思います。
そして、9月から始まる「ボディガード」来日版には、私が拝見した際、歌声に魅了されたアレクサンドラ・バークさんが出演されます。再びお目にかかれる事を楽しみにしております。
来日版からしっかりバトンを受け取り、作品の素晴らしさを伝えられるようカンパニーの皆さんと一丸となって精いっぱい頑張ります。

 
新妻聖子 コメント
生まれて初めて買った洋楽のアルバムは映画「ボディーガード」のサウンドトラックでした。小学六年生の頃からこのアルバムを聴いて英語を学び、共に歌って勇気をもらってきました。産後の舞台復帰にこの作品とめぐり逢えたこと、運命を感じます。「何があってもステージには背を向けない」。彼女の信念通りに、高みを目指して皆様とこの公演を作り上げていけたらと思います。あの名曲の数々がミュージカルの舞台でどのように生まれ変わるのか、是非楽しみになさっていてください。まずは、日本キャスト版に先駆け上演される英国からの来日公演を、私も楽しみに待ちたいと思います!

 
大谷亮平 コメント
世界中に多くのファンがいる作品「ボディーガード」にフランク・ファーマー役として初舞台を踏める事、まずこの縁と出会いに感謝したいと思います。
長期間の公演になりますが キャスト、スタッフの方々と一丸となって、公演の成功に向け、全身全霊をかけて取り組んで行く所存です。
9月から始まる来日公演も私自身とても楽しみにしていますし、多くの方々に映画とはまた違った「ボディーガード」の魅力を堪能して頂ければと思います。

 

本作は2020年3月19日(木)から大阪・梅田芸術劇場メインホールで上演される。その後、4月に東急シアターオーブで東京公演が行われる。
詳細は公式サイトで。

 
(文:エントレ編集部)

 

 

公演情報

ミュージカル『ボディガード』日本キャスト版公演

【原作】ローレンス・カスダン作 ワーナー・ブラザーズ映画「ボディガード」
【脚本】アレクサンダー・ディネラリス

【出演】柚希礼音/新妻聖子(Wキャスト)、大谷亮平

2020年3月19日(木)~3月29日(日)/大阪・梅田芸術劇場メインホール
2020年4月3日(金)~4月19日(日)/東京・東急シアターオーブ

公式サイト
ミュージカル『ボディガード』日本キャスト版公演

プレイガイドで検索
ぴあicon ローチケicon イープラス

関連記事

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2019 Village Inc.
劇団BDP ミュージカル『KUSHINADA』