2019.6.21  5

政岡泰志、斉藤マッチュ、未来らが出演! なかないで、毒きのこちゃん新作公演「MITUBATU」が7月2日よりOFF・OFFシアターにて上演


 ≫広告掲載のご案内


なかないで、毒きのこちゃん新作公演「MITUBATU」
[イラスト] 町田ひろみ [デザイン] 橋本コーヘイ
 

なかないで、毒きのこちゃんの新作舞台公演「MITUBATU」が7月2日(火)から東京・OFF・OFFシアターで上演される。

 
劇団「なかないで、毒きのこちゃん」は、劇場のみならず野外や古着屋、蕎麦屋、BAR、ツイッターなど劇場以外での公演活動を展開してきた。
今回の劇場公演は、4月5月に下北沢・駅前劇場にて行った2カ月連続公演以来となる。

 
なかないで、毒きのこちゃん
「なかないで、毒きのこちゃん」メンバー

 
「MITUBATU」は、『悔い改め』テーマに、キリスト教の過程で育った男が罪を犯し、長い時間自分の罪を許せないまま死んでいくという「後悔」にまつわる物語だ。

出演は、なかないで、毒きのこちゃんの猪股和磨、森田ガンツに加え、あさぬま美輝(おなかポンポンショー)、植田祥平、斉藤マッチュ(20歳の国)、未来(カムカムミニキーナ)、森耕作、吉田壮辰、芳田遥、政岡泰志(動物電気)が出演する。

 

あらすじ

ある男が、あることをしてしまい、それに対してうんうん悩んだり、考えたり、落ち込んだりしているのを、ああじゃないか、こうじゃないか、と関係ある人や関係ない人が言ったり言わなかったりするお話をします。

 

鳥皮ささみ(作・演出)

こんにちわ、鳥皮ささみです。
7月2日からなかないで、毒きのこちゃんの公演が始まります、今年の劇場での公演はこれで最後です。
ある男がある出来事を起こしてしまいうんうん悩んで悩んで悩んで生きるお話です。不器用で馬鹿で下品だけど憎めない大人が沢山出る大好きな舞台になっています。
ぜひ劇場で一緒に楽しんで頂けたら嬉しいです。

 
本作は7月2日(火)から東京・OFF・OFFシアターで上演される。
詳細は公式サイトで。

 
(文:エントレ編集部)

 

公演情報

なかないで、毒きのこちゃん「MITUBATU」

【作・演出】鳥皮ささみ

【出演】猪股和磨、森田ガンツ(以上なかないで、毒きのこちゃん)、あさぬま美輝(おなかポンポンショー)、植田祥平、斉藤マッチュ(20歳の国)、未来(カムカムミニキーナ)、森耕作、吉田壮辰、芳田遥/政岡泰志(動物電気)

2019年7月2日(火)~7月9日(火)/東京・OFF・OFFシアター

 
公式サイト
MITUBATU

プレイガイドで検索
カルテットオンライン

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2019 Village Inc.