2019.6.13  40

次世代の俳優たちに《魂と想い》を伝える! 腹筋善之介と西川浩幸による演劇ワークショップが7月24日・25日に東京・虎の門で開催


 ≫広告掲載のご案内


演劇ワークショップ「TORANOMON DE ACTORS WORKSHOP」
演劇ワークショップ「TORANOMON DE ACTORS WORKSHOP」
 

腹筋善之介と西川浩幸による演劇ワークショップが7月24日(水)、25日(木)に東京・虎の門にある株式会社クリーク・アンド・リバー社で開催される。

 
株式会社クリーク・アンド・リバー社は、2018年3月、舞台芸術事業部を立ち上げ、舞台芸術家のためのエージェンシー事業をスタート。演劇界の振興と理念である「舞台芸術家の生涯価値の向上」の実現を目指して、7月24日(水)、25日(木)に同社内で演劇ワークショップを開催する。

7月24日(水)の講師は劇団「惑星ピスタチオ」の元座長・腹筋善之介。25日(木)の講師は、先日解散が発表された演劇集団キャラメルボックスの看板俳優・西川浩幸が務める。

演劇界の時代を切り拓いてきた二人が、次世代の俳優たちに《魂と想い》を伝える演劇ワークショップになるという。

 

ワークショップ概要

【日時】
2019年7月24日(水) 
昼の部 15:00~17:00 夜の部 18:00~20:00

2019年7月25日(木) 
昼の部 15:00~17:00 夜の部 18:00~20:00
*会場へは開始30分前よりお入りいただけます

【場所】
株式会社クリーク・アンド・リバー社 本社5階 ホールA
住所:東京都港区新橋四丁目1番1号 新虎通りCORE
地図:https://www.cri.co.jp/about_us/map.html

【受講料】1コマ 4,000円 (税込)
【参加条件】16歳以上・経験不問
【定員】各回20名(先着となります)

 

腹筋善之介
腹筋善之介(ふっきん・ぜんのすけ)
【担当:7月24日(水)昼の部・夜の部】

脚本家・演出家・俳優。1965年生まれ。
劇団「惑星ピスタチオ」の座長として、細胞から宇宙まで肉体のみで表現するパワーマイムで多くのファンを魅了。『ロボ・ロボ』『破壊ランナー』『ナイフ』など解散までの間、多数名作を残した。現在は「IQ5000」と大阪拠点の「劇団FUKKEN」にて作・演出を手がける。2019年3月「岡山子ども未来ミュージカル」にて演出を務めた。

コメント
お芝居がド下手な私。でも振り返ると、ラジオドラマ番組を20年もさせていただいたり、NHK「世界遺産への招待状」のナレーションをさせていただいたり、CMのためにハリウッドに行かせてもらったり。感謝の連続でした。がむしゃらに走ってきました。ただ一つ気をつけていたことがあります。『観客のイマジネーションをかきたてる演技をする』。皆さんに伝えることができるのは、圧倒的な創造力と表現方法です。手に入れてください。

 
西川浩幸
西川浩幸(にしかわ・ひろゆき)
【担当:7月25日(木)昼の部・夜の部】

俳優 1964年生まれ。
演劇集団キャラメルボックス所属。入団以来、劇団の看板俳優として観客の絶大な支持を集めている。代表作は『銀河旋律』『サンタクロースが歌ってくれた』『ブリザード・ミュージック』『容疑者χの献身』『流星ワゴン』など多数。

コメント
演劇バーベキューを開催します。
もちろん本当のバーベキューじゃなくて、知らない同士が集まってのBBQ的ワークショップ。
持ち寄る食材は、あなた自身。飲み食べ放題。おしゃべり自由。ご用意したのは素敵な場所と素敵なゲストだけ。台本はありません。全力のおもてなしをお届けします。どんな出会いが生まれるか。

 
このワークショップは、7月24日(水)から東京・株式会社クリーク・アンド・リバー社 本社5階 ホールAで上演される。
詳細は公式サイトで。

 
(文:エントレ編集部)

 

 

公演情報

演劇ワークショップ「TORANOMON DE ACTORS WORKSHOP」

【講師】腹筋善之介・西川浩幸

2019年7月24日(水)、7月25日(木)/東京・株式会社クリーク・アンド・リバー社 本社5階 ホールA

公式サイト
演劇ワークショップ「TORANOMON DE ACTORS WORKSHOP」

 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2019 Village Inc.
「髑髏城の七人」Blu-ray BOX