2019.6.17  7

「演劇×音楽」をテーマにした演劇ユニット・劇団天の河神社の舞台『いつか夢見た朝日にさよならを』6月21日から阿佐ヶ谷アルシェで上演


 ≫広告掲載のご案内


劇団天の河神社『いつか夢見た朝日にさよならを』
劇団天の河神社『いつか夢見た朝日にさよならを』
 

劇団天の河神社の舞台『いつか夢見た朝日にさよならを』が6月21日から阿佐ヶ谷アルシェで上演される。

 
劇団天の河神社は、スズカチヒロが脚本、鳥居和真が主宰・構成・演出を手掛ける演劇ユニット。2018年6月に旗揚げ公演『明日の世界の果てにようこそ』を神奈川県立青少年センターで上演した。
鳥居和真が奏でる「演劇×音楽」をテーマに、現代の若者たちの心から消え去った、情熱的な熱さや泥臭さをテーマに活動を続けている。

劇団天の河神社旗揚げ公演『明日の世界の果てにようこそ』
劇団天の河神社旗揚げ公演『明日の世界の果てにようこそ』

 
今回は、スズカチヒロの新作『いつか夢見た朝日にさよならを』を鳥居和真の構成・演出で上演する。
出演は村田啓、鳥居和真、スズカチヒロ、岡田健、猪又友理子。

 

STORY

夢を諦めきれなかった馬鹿な若者たちの革命劇。
主人公の持つその“力”を信じて、明日を夢見て立ち上がる。

 

本作は6月21日(金)から東京・阿佐ヶ谷アルシェで上演される。
詳細は公式サイトで。

 
(文:エントレ編集部)

 

 

公演情報

劇団天の河神社『いつか夢見た朝日にさよならを』

【構成・演出】鳥居和真
【作】スズカ チヒロ

【出演】村田啓 鳥居和真 スズカ チヒロ  岡田健 猪又友理子

2019年6月21日(金)~6月23日(日)/東京・阿佐ヶ谷アルシェ

公式サイト
劇団天の河神社『いつか夢見た朝日にさよならを』

プレイガイドで検索
カルテットオンライン

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2019 Village Inc.