2019.6.4  35

『落語』と『長唄』が奇蹟のコラボ! 立川志の春&杵屋佐喜による稽古場ブログ(その1)


 ≫広告掲載のご案内


銀座の街を背にした立川志の春
銀座の街を背にした立川志の春
 

GINZA PLACE “亭”『落語×長唄ミュージカル』6月26日に、『落語と長唄の世界』が6月27日にパノラマスペース common ginzaで上演されます。ここでは、落語家・立川志の春による稽古場ブログをお届けします!

 
これね、どう書こうかなと思ってるんです。

今回の落語×長唄コラボのプロデューサーさんから「イベントに向けて色んな人に興味持ってもらう為に、佐喜さんと交互に稽古場ブログ書きませんか?写真たくさん載せたら文字数そんなに多くなくても大丈夫ですよ!」と言われて「おっ、ならば」と即オッケーしたんですが、考えてみたら私がやるのは落語パートの稽古で、落語の稽古って地味すぎて全く写真映えしないんです。
おっさん一人、部屋の中、半径1メートルぐらいをグルグル回りながらブツブツ言ってるだけで。

しかも集団でやるものでもないんで

「稽古三日目、段々みんなの息が合ってきました。でもその中でもそれぞれの個性がぶつかり合って、とにかく稽古場の熱気がすごい!公演まであと二週間、チーム一丸となって最高のものをお届けします!」

・・・みたいにはならなくて、

「稽古三日目。今日も一人。昨日も一人、明日も一人。本番直前の全体稽古までずっと一人。佐喜さんたち、元気にしてるかな?早く会いたい、、、」ぐらいにしかならない。

淋しい。熱帯魚と同じくらい淋しい。

 
だって佐喜さん、忠三郎さん、雄司さん、左太寿郎さんはちょくちょく集まってる節があるんです。だから多分、写真も充実してるんです。
佐喜さんがジェームズブラウン歌ってるところ、忠三郎さんがトゥーランドット弾いてるところ、雄司さんが肉まん食べてるところ、左太寿郎さんがフリーマーケット状態で何種類もの楽器を並べているところ、、、。

私は、そうだ、とりあえずこれを載っけておこう!

 
落語・長唄ミュージカル
チラシ

今回の公演、何が素敵って、このチラシがすごく素敵ですよね。おもて面、白地にぶっとい赤い文字で「落語×長唄銀座のド真ん中でコラボ!?」の煽り文句に、マジックで書きなぐったようなタッチの佐喜さんと私の似顔絵(これがまたどちらも特徴が出てるんだ!)。すごく挑発的で大好きです!で、裏面には写真。
佐喜さんのシャキーーーン!とした、まさに杵屋シャキーーーン!というようなお顔の横に、私のうすぼんや~~りした顔。その対比を見るにつれ、つくづく落語家という職業を選んでおいて良かったと思います。

 
落語と長唄のコラボの会ってどんな会?
落語×長唄ミュージカルってなんだ?

という質問に言葉で雰囲気まで伝わるように答えるのは難しいのですが、ちょうどこのチラシのおもて面のような雰囲気の会です。まさにこんな会です。
ですから、お気軽に、構えず、期待せず(あ、それは違うか)、エンタメ目的でお越しいただければと思います。
コラボすることで、本寸法とはまた違ったものになるかもしれないけれど、その分わかりやすく魅力が伝わるような、つまりは単純に面白い会にします!

てなわけで、今回まだ稽古始まってなかったので、次回から稽古場ブログ本編、スタートします!

左から立川志の春、杵屋佐喜
左から立川志の春、杵屋佐喜

 
本作は6月26日(水)、27日(木)に、銀座 パノラマスペース common ginzaで上演します。
詳細は公式サイトで。

(文:立川志の春)

 


 
⇒舞台制作スタッフや俳優・観客の役に立つコンテンツ集
制作コラム、映像制作コラムなどの読み物もあります!

 

 

公演情報

GINZA PLACE“亭” 『落語×長唄ミュージカル』&『落語と長唄の世界』

【出演】立川志の春、杵屋佐喜社中

2019年6月26日(水)、27日(木)/東京・銀座 パノラマスペース common ginza

公式サイト
GINZA PLACE“亭” 『落語×長唄ミュージカル』&『落語と長唄の世界』

プレイガイドで検索
ぴあicon ローチケicon イープラス

 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2019 Village Inc.
「髑髏城の七人」Blu-ray BOX