2019.5.27  106

福圓美里・井俣太良・末原拓馬らの語り部たちと一緒に物語を体験! おぼんろ『かげつみのツミ』が王子で上演中/6月2日まで!


 ≫広告掲載のご案内


おぼんろ『かげつみのツミ』
おぼんろ『かげつみのツミ』
 

おぼんろ幕間の物語『かげつみのツミ』が5月22日(水)から王子ベースメントモンスターで開幕した。上演は6月2日(日)まで。

 
おぼんろ は、2006年、早稲田大学在学中、末原拓馬を中心に結成。
客席と舞台を分けない独自のスタイルを持ち、語り部(キャスト)たちは時に観客の真横に腰掛け、時に真上から見下ろし、前後左右、上下を迫力満点に動き回る。
大人のための寓話を紡ぎ出すことを特徴とし、その物語性の高さで多くの観客を魅了してきた。

 
今回の『かげつみのツミ』は、かつて愛されていた人形たちが行きつく場所での物語。
迷路のように入り組んだ地下空間が広がる王子BASEMENT MONSTARで、物語が同時多発的に展開され、観客は物語の世界に巻き込まれていくという趣向だ。

おぼんろ『かげつみのツミ』
おぼんろ『かげつみのツミ』

 
出演は、おぼんろの末原拓馬、わかばやしめぐみ さひがしジュンペイ 高橋倫平に加え、福圓美里(クロジ) 井俣太良(少年社中)。
さらに渡辺翔史(バトントワーリング)、堀田聖奈(エアリアルシルク)、miotchery(ジャズダンス、コンテンポラリー、モダンダンス)、権田菜々子(コンテンポラリー、チア、ジャズ、アクロバット)、山﨑大輔(ドラム・パーカッション)など多彩なパフォーマーが出演する。

 
おぼんろ『かげつみのツミ』
おぼんろ『かげつみのツミ』

 

STORY

影を摘むように、積むように、紡ぐ、人形たちの物語
あの人形はどこに行った?愛されていた人形たちの行き着く場所で彼らは語る。
玉どめを、外した。「リッパーはいらないわ。今夜この瞬間から私はなるべく喋るし、笑うし、たまに泣くかもしれないし、動いたりもすると思う。ただの布と中身だけだった私を縫い合わせて私を人形という上等な存在にしていたこの糸は、きっと、そんなこんなでちょっとずつちょっとずつほどけていく。私、再びなんでもないものになるの。ただし、私は楽しみにしています。だって、どうしても知りたいのです。私の中に詰まっているものが、一体なんであるのかについて。」
かつてお気に入りの人形を持っていたすべてのあなたに贈る物語。

 
おぼんろ『かげつみのツミ』
おぼんろ『かげつみのツミ』

おぼんろ『かげつみのツミ』
おぼんろ『かげつみのツミ』

おぼんろ『かげつみのツミ』
おぼんろ『かげつみのツミ』

 
本作は5月22日(水)から東京・王子BASEMENT MONSTARで上演される。
詳細は公式サイトで。

(文:エントレ編集部)

 

 

公演情報

おぼんろ『かげつみのツミ』

【演出】末原拓馬

【出演】福圓美里(クロジ) 井俣太良(少年社中)
末原拓馬 わかばやしめぐみ さひがしジュンペイ 高橋倫平
渡辺翔史 堀田聖奈 miotchery 権田菜々子 山﨑大輔

2019年5月22日(水)~6月2日(日)/東京・王子BASEMENT MONSTAR

公式サイト
おぼんろ『かげつみのツミ』

プレイガイドで検索
ローチケicon 各種企画チケットの詳細は公式サイトで

 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2019 Village Inc.
BSP「戦場の翼」