2019.4.22  22

満島ひかり、坂口健太郎らが出演の舞台『お気に召すまま』7月30日から芸劇で上演


 ≫広告掲載のご案内


舞台『お気に召すまま』
舞台『お気に召すまま』
 

満島ひかり、坂口健太郎らが出演する舞台『お気に召すまま』が7月30日から東京芸術劇場プレイハウス他、各地で上演される。

 
『お気に召すまま』はシェイクスピアの恋愛喜劇。
満島ひかりがロザリンド役を、坂口健太郎がオーランドー役を演じるほか、満島真之介、温水洋一、萩原利久、碓井将大、テイ龍進、Yuqi、広岡由里子、久保酎吉、山路和弘、小林勝也、中村蒼、中嶋朋子が出演する。演出は熊林弘高が手掛ける。

 

STORY

青年オーランドー(坂口健太郎)は追放された前公爵の娘・ロザリンド(満島ひかり)と恋に落ちるが、父の遺産を継いだ実の兄オリヴァー(満島真之介)に命を狙われていると知り、アーデンの森に逃げる。同じくロザリンドも、伯父である新公爵に追放されることに。

彼女はオーランドーを追って、従妹で新公爵の娘シーリア(中嶋朋子)と、召使のタッチストーン(温水洋一)を伴い森に向かう。 女道中では危険だからと、ロザリンドは男装して“ギャニミード”と名乗る。森で暮らすオーランドーはロザリンドのことばかり想っている。 そこに”ギャニミード”が登場して彼の恋の悩み相談に乗る。

ついには「自分をロザリンドだと思って口説いてごらん」と言い、オーランドーは彼が実はロザリンドだと知らずに、思いのたけを告白。二人の恋愛ごっこは次第にエスカレートしていく……。

 
本作は7月30日(火)から東京芸術劇場プレイハウスで上演。その後、豊橋、新潟、兵庫、熊本、北九州で上演される。
詳細は公式サイトで。

(文:エントレ編集部)

 

 

公演情報

舞台『お気に召すまま』

【作】ウィリアム・シェイクスピア
【翻訳】早船歌江子
【ドラマターグ】田丸一宏
【演出】熊林弘高

【出演】満島ひかり 坂口健太郎 満島真之介 温水洋一
萩原利久 碓井将大 テイ龍進 Yuqi 広岡由里子 久保酎吉
山路和弘 小林勝也 中村蒼 中嶋朋子

2019年7月30日(火)~8月18日(日)/東京・東京芸術劇場プレイハウス
2019年8月22日(木)~25日(日)/豊橋・穂の国とよはし芸術劇場PLAT主ホール
2019年8月31日(土)~9月1日(日)/新潟・りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館 劇場
2019年9月4日(水)~8日(日)/兵庫・兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
2019年9月11日(水)/熊本・熊本県立劇場 演劇ホール
2019年9月14日(土)~15日(日)/北九州・北九州芸術劇場 中劇場

公式サイト
舞台『お気に召すまま』

プレイガイドで検索
ぴあicon ローチケicon

劇場周辺のお店を検索
食べログ ぐるなび Yahoo! ダイニング

 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2019 Village Inc.
「髑髏城の七人」Blu-ray BOX