2019.4.19  23

睨むと風を起こせる「目」を持つ男を野口オリジナルが好演! くちびるの会『疾風のメ』吉祥寺シアターで開幕/22日(月)まで!


 ≫広告掲載のご案内


くちびるの会「疾風のメ」撮影:林亮太
くちびるの会「疾風のメ」撮影:林亮太
 

くちびるの会の舞台『疾風のメ』が4月17日に吉祥寺シアターで開幕した。出演は野口オリジナル(ポップンマッシュルームチキン野郎)、藤尾勘太郎、佐藤修作、橘花梨、丸山厚人など。

 
くちびるの会は劇作家・演出家 山本タカによるプロデュースユニット。「こどもの目で見る、おとなの絵本」を合言葉に、ファンタジー作品を創作している。

2017年のクォータースターコンテストでは演劇動画作品「ポスト、夢みる」で参加し、げきぴあ賞を受賞。2017年7月に開催された「第8回せんがわ劇場演劇コンクール」で上演した『プールサイドの砂とうた』が【オーディエンス賞】を受賞した。

 
くちびるの会「疾風のメ」撮影:林亮太
くちびるの会「疾風のメ」撮影:林亮太

 
《ファンタジー作品の旗手》として注目が高まってきている くちびるの会の今作は、睨むと風が起きる奇怪な「目」の持ち主である男を主人公にした物語だ。
出演はポップンマッシュルームチキン野郎の野口オリジナルをはじめ、藤尾勘太郎、佐藤修作、橘花梨、丸山厚人など。作・演出は山本タカが手掛ける。

本作が、4月17日(水)に、吉祥寺シアターで開幕した。

 
くちびるの会「疾風のメ」撮影:林亮太
くちびるの会「疾風のメ」撮影:林亮太

 

STORY

男は、実は一隻の船だった!
社会の寝返り打ったさざ波で、おいそれと転覆する小さな小さな船だった!
そして船は、東京都内の公園で、意味深に座礁していた。
鞄ひとつ。右に他人、左に工事。

ならばせめてと見上げた空は、春の曇天!
ギラリと睨みをきかせれば、風が吹く!
やるせなさの気圧が生んだ、風が吹く!
襲い来るは受難、受難、また受難!もひとつ受難に、おまけの受難!

「これは、このどん詰まりの世の中に、ふつりと空いた、風のメなのだ」

くちびるの会 3年ぶりに吉祥寺シアターに上陸!
総勢12名のキャストと共に、第6弾の本公演!
怒涛のような世知辛さを、心細くも図太く乗り切る人間賛歌!

 
くちびるの会「疾風のメ」撮影:林亮太
くちびるの会「疾風のメ」撮影:林亮太

くちびるの会「疾風のメ」撮影:林亮太
くちびるの会「疾風のメ」撮影:林亮太

くちびるの会「疾風のメ」撮影:林亮太
くちびるの会「疾風のメ」撮影:林亮太
 

 
本作は吉祥寺シアターで4月22日(月)まで上演される。
詳細は公式サイトで。

 
(文:エントレ編集部)

 

 

公演情報

くちびるの会『疾風のメ』

【作・演出】山本タカ

【出演】野口オリジナル(ポップンマッシュルームチキン野郎) 藤尾勘太郎 佐藤修作 橘花梨 鈴真紀史(はえぎわ) 加藤ひろたか(柿喰う客) 木村圭介(劇団献身) 丸山港都 東谷英人(DULL-COLORED POP) 石黒光(演劇集団 円) 聖香 丸山厚人

2019年4月17日(水)~4月22日(月)/東京・吉祥寺シアター

公式サイト
くちびるの会『疾風のメ』

プレイガイドで検索
こりっち カンフェティ (公財)武蔵野文化事業団チケット

 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2019 Village Inc.
繰り返し上演される代表作 中野劇団『10分間』