2019.3.25  33

繰り返し上演されるコメディの傑作が5月10日から大阪・東京で再演! 中野劇団『10分間2019』インタビュー


 ≫広告掲載のご案内


繰り返し上演されるコメディの傑作 5月に大阪・東京で再演 中野劇団『10分間 2019』インタビュー
中野劇団『10分間 2019』インタビュー
 

京都を拠点に活動している中野劇団の舞台『10分間2019』が5月10日から大阪・東京で上演される。

 
中野劇団は、主宰・中野守が2003年に京都で旗揚げした“笑い”が主体の劇団。代表作である「10分間~タイムリープが止まらない~」は平成29年度 希望の大地の戯曲「北海道戯曲賞」優秀賞に選出された。
また、第6回クォータースターコンテスト(QSC)では「隣人が」がノミネート作品に選出され、全81作品中第2位にあたる優秀賞を受賞した。

 

QSC6優秀賞受賞作品「隣人が」動画

 
本作「10分間」は2006年に初演、2010年、2016年と上演されブラッシュアップを重ねてきた劇団の代表作。
4度目の上演となる今回は大阪・東京の2都市でツアー上演される。

 
本作の作・演出を手掛ける中野守と、劇団員の俳優・三条上ルにインタビュー取材し、今作の見どころについて聞いた。

 
右から中野守、三条上ル
右から中野守、三条上ル

 

まず、中野劇団について教えてください。

中野「大学で演劇をしていて、その後は社会人として働いていましたが、29歳の時に『やっぱり自分のやりたいことをやるべきや』と思って大学時代の仲間や後輩と一緒に京都で劇団を旗揚げしました。動きは必要最低限、会話を重視して、一幕モノのシチュエーションコメディや短編コントのオムニバス公演などを作っています。」

 

シチュエーション・状況設定が面白いですよね。

中野「自分が『こういう芝居が観たい!』という設定が脚本を書く起点となっています。日常にありそうでない、なさそうであるようなシチュエーションを誇張してみたりして、あまり演劇を観ていないお客さんでもチラシを見たらパッとわかるような設定を意識して作っていますね。」


ありそうでない、なさそうであるような絶妙な作品 中野劇団『進路相談』
そのほかの動画はこちら

 

今回上演される『10分間』について教えてください。

中野「大学の時に映画研究部に所属していたOB・OGが年に1、2回集まるという会があって、その居酒屋というのが場所の設定です。そのうちの一人が《これから人が集まってくるという10分間》を何回も何回も繰り返してしまうんです。繰り返しから抜けようとしても抜け出せずにもがくというストーリーですね。」

三条「僕は初演以来ずっと同じ役で出演していて、一番繰り返してます。最初にやった2006年は「文化祭」というイベントで、本当は1回で終わる予定だったんですが、お客さんからも評判が良くて。繰り返すごとにブラッシュアップしたくなるような作品なんですよね。」


⇨中野劇団『10分間』2010年版が、観劇三昧で配信中

 

だから何度も繰り返し再演されているんですね。

三条「最初は新鮮味がないんちゃうかなと思ってたんですけど、アガリスクエンターテイメントさんの『ナイゲン』という何回もやってらっしゃる作品があるのを知って、ブラッシュアップしながら何回もやるのもええかなと思ったんです。東京の方にどれくらい受け入れられるのか楽しみです。」

中野「今回は、2016年版から比べてゲスト出演者がごっそり入れ替わっているので、登場人物の雰囲気もガラッと変える予定です。今回で完成するかどうかわからないですけど、『これがやりたかった!』というものを目指して作って行きたいと思います。」

 
右から中野守、三条上ル
右から中野守、三条上ル

 

笑いを作る上で大切にしていることは?

中野「とにかく、あざとさをなくして行きたいですね。狙いすぎるとお客さんは冷めてしまうけど、狙わないとウケないという部分もある。一見矛盾しているようやけども両立できるはずやと思うんです。ウソやねんけども、それっぽいよねというところを探していってるんです。」

三条「中野からよく指摘されるのは、何回もやっているから予備動作が出てしまっているというか。ストーリー上、繰り返しているわけなので、《これから、これを言う》とうのは知ってるはずがないんです。なのに、それがコンマ何秒でも先に表情が動いてしまっていると、お客さんはそれを感じてしまう、そういう微妙なことを気をつけています。
手前味噌ですが脚本がよくできていて、設計図通りにやれば必ず笑いが来るようにロジカルになっているんです。僕はその通りに、忠実に演技するというのを心がけています。」

 

観たことがあるお客さんも繰り返し楽しめそうですね。

中野「自分がまず飽き性なので、同じものを観て『同じやったな』だと面白くないと思うんです。面白いところはしっかり損なわず、ドラマの部分も深めて両立させていきたいなと思っています。
この作品は居酒屋の個室という狭い空間から出ずに、深く深く掘り下げていく話なので、その過程を楽しんで頂きたいですね。」

 


 

本作は5月10日(金)から大阪・HEP HALLで上演される。
詳細は公式サイトで。

 
(撮影・文:森脇孝/エントレ)

 

 

公演情報

中野劇団『10分間 2019』

【作・演出】中野守

【出演】三条上ル 川原悠 延命聡子(以上、中野劇団)
河口仁(シアターシンクタンク万化) 丹下真寿美(T-works) 桐山篤 濱辺緩奈 長橋秀仁
湯川知行(5/10のみ) 真野絵里(5/11のみ) 桐山泰典(5/12のみ) 金田一央紀(Hauptbahnhof)(東京公演のみ)

2019年5月10日(金)~5月12日(日)/大阪・HEP HALL
2019年5月24日(金)~5月26日(日)/東京・こまばアゴラ劇場

公式サイト
中野劇団『10分間 2019』

プレイガイドで検索
大阪公演(こりっち) 東京公演(こりっち)

こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2019 Village Inc.