2019.3.6  20

楽劇座 関口純の演劇論9『ルーシー・フラワーズ ~桃太郎編~』&関口存男『充子の日誌』朗読/3月23日から新宿にて上演!


 ≫広告掲載のご案内


楽劇座「ルーシー・フラワーズは風に乗り、まだ見ぬ世界の扉を開けた ~桃太郎編~」
(C)楽劇座
 

楽劇座による舞台「ルーシー・フラワーズは風に乗り、まだ見ぬ世界の扉を開けた ~桃太郎編~」が3月23日(土)から東京・ローズセラヴィで上演される。

 
ドイツ語学者として著名でありながら、日本演劇界にも多大なる功績を残した関口存男の没後60周年を記念した『存在の男』展(主催:三修社)との連動企画として、現在 楽劇座では『関口純の演劇論』シリーズを連続上演中だ。

この企画は、楽劇座のレパートリーの中でも特に人気が高く社会性の強い作品を作・演出の関口純による解説付で上演するもの。そして関口存男の未発表作品の朗読も同時上演される。
当初は3ヶ月で終了予定だったが、作品解説を通した演劇の見方・歴史、生きる上での哲学や人生観に至るまで多岐に渡る関口純の解説トークが好評を博し、今回で第9弾を迎える。

 
今回の本編はカルト的な人気を誇る楽劇座のオリジナルミュージカル『ルーシー・フラワーズ』シリーズの中でも特に人気が高い<桃太郎編>を新キャストで再演。桃太郎と言えば「鬼退治」。だが一体、本当の鬼はどこにいるのだろう?
一話完結型の物語なので、ルーシーシリーズを観るのが初めての方でも楽しめる内容になっている。

また同時上演の関口存男未発表作品朗読では、長女が誕生した時の育児日記『充子の日誌』から抜粋したエピソードが登場。慶応大学の資料にも収められていない、親族の間でも幻となっていた貴重な文章に注目だ。

 

Youtubeで観る

 

本編<ルーシー・フラワーズは風に乗り、まだ見ぬ世界の扉を開けた ~桃太郎編~>あらすじ

そこは世界の中心にして世界の果て・・・緩(ゆる)やかな小さな村?の、これまた小さなお家に住む、おかしな髪型をした2人の女の子。「前髪切り過ぎた訳じゃないの、サイドが伸びただけ」と言い張る2人は、今日もお気に入りのソファの上で地図を片手に世界を旅する。

2人のもとには今日も世界を揺るがす?重大な問題が持ち込まれる。
でもちょっと待って!朝食のタルティーヌをまだ食べてないから。果たして2人は世界を救う事が出来るのか?!

今回のクライアントベイベーは誰もが知る桃太郎。退治するべき鬼が何処にいるのか探す桃太郎ですが…!?

 
<充子の日誌>解説

ドイツ語学者として著名な関口存男の長女・充子が誕生した際に書かれた、物語調の育児日記。
親族の間でも幻となっていた日記には、厳格なイメージのある関口家の微笑ましいプライベートが綴られていた。

100年前の出産・子育ての様子を知る資料としても貴重な文章を抜粋して朗読致します。

 
公演後には作・演出の関口純による作品解説(トークショー)等も行います。本編と合わせてお楽しみ下さい。

 

五條なつき(出演者(ルー役))

皆様こんにちは!楽劇座の五條なつきです。

楽劇座3月公演ではご好評頂いている楽劇座のオリジナルミュージカル『ルーシー・フラワーズ』シリーズの桃太郎編、そして関口存男先生の長女が誕生した時の日記『充子の日誌』朗読をお届け致します。

関口存男先生と言えば、厳格なドイツ語学者というイメージが強く、これまで関口純の演劇論で朗読してきた作品も文学的なものが多かったのですが、この『充子の日誌』は珍しく関口家のプライベートの様子が分かる資料です。

長女である充子さんの誕生から子育ての様子を物語調に日記に綴っていて、100年前の出産・育児の様子も知る事が出来ます。100年前には一体どんな風に赤ちゃんを育てていたのか…関口存男先生の事をご存知ない方でも、興味深い内容ではないでしょうか?

しかも今回は、この充子さんのやんちゃな部分…そう、お漏らし等の困った部分を抜粋してお届けします(笑)でも、ただお漏らしをしているだけでなく、子供にとってはお漏らしが親とのコミュニケーションの一環になっていたりするんです。その辺りもとても微笑ましくて、厳格な学者の家庭での素顔を感じられますよ。

本編も、この『充子の日誌』朗読も、どちらも初めてでも分かりやすい作品ですので、お気軽に遊びに来て頂ければ嬉しいです。

ローズセラヴィで皆様のお越しをお待ちしております!

 
3月16日(土)までに楽劇座チケットセンターからチケットを購入すると、「出演者直筆メッセージ入り葉書」「関口存男イラスト缶バッジ」がもれなくプレゼントされるのでお見逃しなく。

 
本作は3月23日(土)から東京・ローズセラヴィで上演される。
詳細は公式サイトで。

 
(文:エントレ編集部)

 

公演情報

楽劇座「ルーシー・フラワーズは風に乗り、まだ見ぬ世界の扉を開けた ~桃太郎編~」

【作・演出・音楽】関口純

【出演】五條なつき、齋藤蓉子、大西佐依(準座員)、大向しんじ(外部出演)

2019年3月23日(土)~3月27日(水)/東京・ローズセラヴィ

公式サイト
ルーシー・フラワーズは風に乗り、まだ見ぬ世界の扉を開けた ~桃太郎編~

プレイガイドで検索
楽劇座チケットセンター

新宿三丁目周辺のお店を検索
食べログ ぐるなび Yahoo! ダイニング

 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2019 Village Inc.
「髑髏城の七人」Blu-ray BOX