2019.2.6  7

楽劇座の人気ミュージカル『ルーシー・フラワーズ ~白雪姫ちゃんクライシス!!』関口純の解説付で2月24日から上演!



楽劇座ミュージカル『ルーシー・フラワーズ ~白雪姫ちゃんクライシス!!』
(C)楽劇座
 

楽劇座による舞台「ルーシー・フラワーズは風に乗り、まだ見ぬ世界の扉を開けた ~白雪姫ちゃんクライシス!!~」が2月24日(日)から東京・ローズセラヴィで上演される。

 
関口存男没後60周年を記念した『存在の男』展(主催:三修社)との連動企画として、現在 楽劇座では『関口純の演劇論』シリーズを連続上演中だ。
この企画は、楽劇座のレパートリーの中でも特に人気が高く社会性の強い作品を作・演出の関口純による解説付で上演するもの。当初は3ヶ月で終了予定だったが、作品解説のみならず新劇発祥の歴史にまで及ぶ「演劇と社会の関わり」についてのトークが好評を博し、今回で第8弾を迎える。

今回はカルト的な人気を誇る楽劇座のオリジナルミュージカル『ルーシー・フラワーズ』シリーズの中でも特に人気が高い<白雪姫ちゃんクライシス!!編>を新キャストで再演。現代社会をメルヘンの世界で皮肉たっぷりに描いている本作の中で、あの白雪姫は一体何に悩んでいるのか?
一話完結型の物語なので、ルーシーシリーズを観るのが初めての方でも楽しめる内容になっている。

 

Youtubeで観る

 

STORY

そこは世界の中心にして世界の果て・・・緩(ゆる)やかな小さな村?の、これまた小さなお家に住む、おかしな髪型をした2人の女の子。「前髪切り過ぎた訳じゃないの、サイドが伸びただけ」と言い張る2人は、今日もお気に入りのソファの上で地図を片手に世界を旅する。

2人のもとには今日も世界を揺るがす?重大な問題が持ち込まれる。

でもちょっと待って!朝食のタルティーヌをまだ食べてないから。果たして2人は世界を救う事が出来るのか?!

今回のクライアントベイベーは誰もが知る童話のヒロイン・白雪姫ちゃん。美しが丘ダンス教室で7人の子供ダンサーズと共にダンスを極める彼女のお悩みとは…!?

一話完結型なので、初めてご覧になる方もお楽しみ頂けます。

 

五條なつき(出演者(ルー役))

皆様こんにちは!『ルーシー・フラワーズは風に乗り、まだ見ぬ世界の扉を開けた』でピンク色の髪の毛の女の子・ルー役を演じている五條なつきです。

この『ルーシー・フラワーズ』シリーズは、POPで可愛いメルヘンな世界観!…と思いきや、実は中身は皮肉たっぷりで哲学的。白雪姫という誰もが知る童話のヒロインが登場したかと思うと、昨日ワイドショーで聞いたあの事件が当たり前のように出てきます。表面的な可愛さの中に溢れるブラックジョークの数々…。他にはない、とても不思議な世界観なんです。

劇場自体も小さなルーシーのお家をイメージしているので、お客様には「観劇に来た」というよりは「ルーシーのお家に遊びに来た」という気分を味わって頂ければと思っています。

今回は作演出の関口純による作品解説トークがございますので、ルーシーが初めて、楽劇座が初めてという方でも安心です。「この作品はこうやって観ればいいんだ!」という<観方のヒント>が分かるので、きっと表面の楽しさだけでなく、この作品の奥深~くまで楽しめるはず!!

メルヘンなのにブラック、白雪姫なのに超現実的!?

他では体験できないこの不思議な空間に、ぜひ遊びにいらして下さいね。皆様のご来場をお待ちしております!!

 
なお、2月17日までに楽劇座チケットセンターでチケットを購入すると、「出演者直筆メッセージ入り葉書」「関口存男イラスト缶バッジ」がもれなくプレゼントされる。

本作は2月24日(日)から東京・ローズセラヴィで上演される。
詳細は公式サイトで。

 
(文:エントレ編集部)

 

公演情報

楽劇座「ルーシー・フラワーズは風に乗り、まだ見ぬ世界の扉を開けた ~白雪姫ちゃんクライシス!!~」

【作・演出・音楽】関口純

【出演】五條なつき、齋藤蓉子、大西佐依(準座員)、大向しんじ(外部出演)

2019年2月24日(日)~2月27日(水)/東京・ローズセラヴィ

公式サイト
ルーシー・フラワーズは風に乗り、まだ見ぬ世界の扉を開けた ~白雪姫ちゃんクライシス!!~

プレイガイドで検索
楽劇座チケットセンター

こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2019 Village Inc.