2019.1.18  16

艶∞ポリス10作目は「お金」がテーマの群像喜劇「PARTY PEOPLE」1月31日(木)から下北沢・駅前劇場にてロングラン上演


 ≫広告掲載のご案内


艶∞ポリス「PARTY PEOPLE」
宣伝美術:三ツ橋勇二 宣伝写真:井上圭佑 宣伝衣装:首藤和香子・澤井俊二
 

艶∞ポリスによる舞台「PARTY PEOPLE」が1月31日(木)から東京・駅前劇場で上演される。

 
艶∞ポリスは、2013年に脚本家・演出家・俳優である岸本鮎佳を主宰とした旗揚げした演劇ユニット。初の下北沢進出となったOFF・OFFシアターでの第3回公演より徐々にファンが増加。昨年夏の第九回公演「顔!!!」は開幕から話題を呼び、千穐楽には当日券のキャンセル待ちが発生するほど好評を博した。

 
艶∞ポリス 第九回公演「顔」 2018年7月上演 撮影:井上涼子
第九回公演「顔」 2018年7月上演 撮影:井上涼子

 
「顔!!!」以来、半年ぶりの本公演となる今作のテーマは「お金」。
豪邸でのホームパーティに集まった人々の「お金」を持つことによって変わる、そして変わってしまった人間関係を描いた群像喜劇を上演する。

今作の主演には、長塚圭史や岩松了などの舞台作品をはじめ、映画「来る」(中島哲也監督)、映画「日日是好日」(大森立嗣)などにも出演する川村紗也、『美少女戦士セーラームーン』タキシード仮面役、『仮面ライダー響鬼』イブキ役を演じた渋江譲二、日本テレビ系「人生が楽しくなる幸せの法則」に皆本佳恵役でレギュラー出演中の小林きな子などが出演。

作・演出は、1月スタートのドラマ「私のおじさん~WATAOJI~」(テレビ朝日 主演:岡田結実)のメイン脚本を手掛けるなど、映像分野にも活動の幅を広げている艶∞ポリス主宰・岸本鮎佳が手掛ける。さらに、ELLE On Lineエディターなどライターでも活躍するファッションエディターの首藤和香子が、フライヤービジュアルに加え舞台の衣裳スタイリングにも参加している。

 

STORY

「お金で買えないものなんてない。」

お金があるから、欲しいものが手に入る。お金があるから、美人になれる。
お金があるから、性格が良くなる。お金があるから、健康でいられる。

もう充分?いや…まだ足りない…人生は一度きりしかないんだから…

「世の中には、お金で買えないものもあるんだよ?」……冗談でしょ。笑

もっと…もっと…ちょうだい…
そうしたら、もっと人生が豊かになって、幸せになれるから…
幸せな女だって、思われたい…

これは寂しい金持ちの話でも、愛にあふれた貧乏人の話でもない、
ごくごくふつうのお金が大好きな人たちの群像劇。

 

岸本鮎佳(艶∞ポリス 主宰/脚本家・演出家・俳優)

艶∞ポリスを立ち上げて、ちょうど10回目の本公演となる今回の舞台…何をやろうか考えた時に、今自分が一番興味がある事を常にやってきた私は、迷わず「お金」の話にしようと思いました。

私はお金は人をダメにするとか、お金で買えないものがある、というありきたりな言葉なんかに踊らされず、私の考えるお金について、素直に描きたいと思いました。

 
本作は1月31日(木)から東京・駅前劇場で上演される。
詳細は公式サイトで。

 
(文:エントレ編集部)

 

 

公演情報

艶∞ポリス「PARTY PEOPLE」

【作・演出】岸本鮎佳

【出演】川村紗也  岸本鮎佳 奥村佳代 彩木りさ子 小林きな子 関絵里子 中山まりあ 石井エリカ 河野安郎 藤田晃輔 谷戸亮太 / 渋江譲二

2019年1月31日(木)~2月11日(月・祝)/東京・駅前劇場

公式サイト
PARTY PEOPLE

プレイガイドで検索
CoRich

 シェアする

 ツイート

 シェアする


 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2019 Village Inc.
「髑髏城の七人」Blu-ray BOX