2018.11.26  10

伊与勢我無、蒼井染らが名作に挑む/佐々木名央プロデュース「今度は愛妻家」12月22日から演劇集団アクト青山アトリエで上演


 ≫広告掲載のご案内


佐々木名央プロデュース「今度は愛妻家」
佐々木名央プロデュース「今度は愛妻家」
 

佐々木名央プロデュース公演「今度は愛妻家」が12月22日(土)から東京・演劇集団アクト青山アトリエで上演される。

 
「佐々木名央プロデュース」は、歌・タップを中心に活動する佐々木名央がライフワークとしているプロデュース公演。
第11回となる今回は、小劇場・新劇で活動する女優・蒼井染とタッグを組み、『何が起こるか分からないこの時代を生きるすべての人へ捧げる』をスローガンに、若手俳優を中心に作り上げる。

あのLead公演「NEWライブ・レボリューション」でも注目を集めたナイロン100℃の伊与勢我無をはじめ、蒼井染、野村亮太、難波なう、畠山真弥が出演。演出は劇団演劇集団アクト青山の小西優司が手掛ける。

 

STORY

「夫婦にはさよならの前にやらなければならないことがある」

2002年に舞台初演2010年に映画化をはじめ、数々の上演を経て多くのファンを持つ、ひとつの夫婦の形を描いた名作。
クリスマスに大切な人に会いたくなる物語を実力派若手俳優を中心としたキャスティングで挑む。

さらに演出には自らも俳優として幅の広い演技で観客を魅了し続ける小西優司氏を迎えて新たな「今度は愛妻家」が誕生する。

 
本作は12月22日(土)から東京・演劇集団アクト青山アトリエで上演される。
詳細は公式サイトで。

 
(文:エントレ編集部)

 

 

公演情報

佐々木名央プロデュース公演「今度は愛妻家」

【原作】中谷まゆみ
【演出】小西優司

【出演】伊与勢我無 蒼井染 野村亮太 難波なう 畠山真弥

2018年12月22日(土)~12月24日(月・祝)/東京・演劇集団アクト青山アトリエ

公式サイト
今度は愛妻家

プレイガイドで検索
カルテットオンライン 

 シェアする

 ツイート

 シェアする


 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2018 Village Inc.