2018.11.21  25

三宅弘城×森川葵 宮藤官九郎演出の「ロミオとジュリエット」が本多劇場で開幕/この後 新潟・大阪・愛知で公演



M&Oplaysプロデュース「ロミオとジュリエット」
M&Oplaysプロデュース「ロミオとジュリエット」三宅弘城、森川葵 撮影:宮川舞子
 

三宅弘城がロミオを、森川葵がジュリエットを演じる舞台「ロミオとジュリエット」が11月20日に本多劇場で開幕した。演出は宮藤官九郎。

 
W・シェイクスピア作品の中でも特に有名な「ロミオとジュリエット」が、宮藤官九郎の演出で上演される。

現在、「マクベス」を原作として宮藤官九郎が新たに脚本化した「メタルマクベス(演出はいのうえひでのり)」が豊洲で上演中だが、宮藤官九郎がシェイクスピア作品を演出するのは初めて。

ロミオ役は三宅弘城、ジュリエット役は森川葵、マキューシオ役は勝地涼、ティボルト役は皆川猿時が演じるほか、小柳友、阿部力、今野浩喜、よーかいくん、篠原悠伸、安藤玉恵、池津祥子、大堀こういち、田口トモロヲと、一筋縄ではいかないユニークで多彩な面々が出演する。

 
M&Oplaysプロデュース「ロミオとジュリエット」 撮影:宮川舞子
M&Oplaysプロデュース「ロミオとジュリエット」 撮影:宮川舞子
 
 

STORY

昔々、ベローナの街にキャピュレット家とモンタギュー家という二つの旧家があり、
この両家は代々お互いを仇だと思っていがみあっていた。

キャピュレット家にはジュリエットという一人娘がおり、モンタギュー家にはロミオという一人息子がいたが、
この二人は舞踏会で出会い、恋に落ちてしまった。
お互いが仇の家の出身だとわかっても二人の想いは変わらず、
両家の仲直りを願うロレンス神父に秘密の結婚式を挙げてもらい、夫婦となった。

 
M&Oplaysプロデュース「ロミオとジュリエット」 撮影:宮川舞子
M&Oplaysプロデュース「ロミオとジュリエット」 撮影:宮川舞子

しかしジュリエットの従兄弟ティボルトにケンカをふっかけられたロミオは、自分の代わりにケンカを買った親友マキューシオを殺され、理性を失ってティボルトを殺してしまい、ベローナから追放される。ロミオの追放を嘆き悲しむジュリエット。

彼女には、パリス伯爵との縁談があり、キャピレット夫妻は何とかこの縁談をまとめたいと思っていた。しかし、すでにロミオと夫婦の誓いをたてたジュリエットはパリスとの結婚を断固として拒む。両親はジュリエットの頑なな態度に腹を立て、言う事をきかないのなら勘当だと言い放った。

事情を話すこともできず、孤立して追い詰められたジュリエットはロレンス神父にすがりついた。ロレンス神父は、「仮死になる薬によって死んだと思わせて霊廟に葬られ、目覚めた時に迎えに来たロミオと二人でベローナから逃げる。」という計画を提案するが――。

 
M&Oplaysプロデュース「ロミオとジュリエット」 撮影:宮川舞子
M&Oplaysプロデュース「ロミオとジュリエット」 撮影:宮川舞子

 

演出:宮藤官九郎

─いよいよ初日です。今の心境をお聞かせ下さい。
面白いとは思います。ただ、自分では正しい「ロミオとジュリエット」のつもりで創っていますが、皆と同じにはやりたくないというのと、同じにはできないので、一般的なロミオとジュリエットとはズレてるんだろうな…と。そのズレが面白ければいいなと思っています。
自分としてはシェイクスピアの戯曲をそのままやっているつもりなのですが、そう見えないだろうなと。

─見どころをお願いします。
ロミオを三宅さんが演じて、ジュリエットを本当に若い森川さんが演じている。そのギャップが、2時間後には気にならなくなってる、というのが今回の作品の魅力だと思います。
皆さん、今までイケメンのロミオを観てきたと思いますが、それによって、見えていなかったものがあったこと、見方が偏っていたことが、今回のロミジュリで明らかになるかと。
人が死ぬということが、悲劇であり、同時にある側面からみると喜劇的であり…という、どちらにも見えるよう、一面的でなく創ったつもりです。今までの「ロミオとジュリエット」ではカットしていた場面を逆にカットしていなかったり…そんなことも楽しんで頂けると思います。

─お客様に向けてPRコメントをお願い致します。
「ロミオとジュリエット」を初めて観るには、この作品がよいのではないかと思います。
僕は、恋愛ドラマがどうも好きになれないんですが、それは恋愛の渦中のある二人ってすごく客観性がなくて、バカみたいな状態なのに、恋愛ドラマでは、バカに見えないように作るものばかりで。僕は恋をしてバカみたいな二人が好きなんです。そういう人間が創ったこの作品は、二人の恋人がちゃんとバカに見えて、なおかつ、可哀そうだなと思える「ロミオとジュリエット」に仕上がっているのではないかと思います。

 
M&Oplaysプロデュース「ロミオとジュリエット」 撮影:宮川舞子
M&Oplaysプロデュース「ロミオとジュリエット」 撮影:宮川舞子

ロミオ役:三宅弘城

─いよいよ初日ですが、今の心境をお聞かせ下さい。
だまされたと思って始まった企画が、とうとうここまで来て、本当にやるんだなと改めて実感しています。宮藤官九郎氏演出のもと、誰も見たことがない「ロミジュリ」、およびシェイクスピア作品になったのではないかなと思っています。シェイクスピア初めての方も、シェイクスピアをよくご覧になる方も、どちらも楽しめると思います。賛否はあると思いますが、賛否あった方が作品として面白いですしね。
このスタッフ・キャストだからこそできた作品だと思います。
今回の作品は一言でいうと「本物の悲喜劇」。喜劇の部分は、ぶっとんでますよ(笑)あまりシェイクスピアをご存知ない方は、宮藤官九郎色でそうなっていると思われるかもしれませんが、シェイクスピア戯曲自体が想像以上にぶっとんでるんです。シェイクスピアもこんな風に考えていたんじゃないかと思います。この作品は、シェイクスピア劇として、はみ出しているようではみ出していないと思います。

─ジュリエット役の森川さんの印象をお聞かせ下さい。
森川さんは、自分の娘でもおかしくない年齢ですし、最初は申し訳ない気持ちでいっぱいだったのですが、稽古を重ねていくにつれて、心で会話できるようになってきて、更にこれから二人の関係が育っていくのではないかと思います。だから、僕のジュリエットですよ!(笑)

─お客様に向けてPRコメントをお願い致します。
シェイクスピアに偏見がある人、僕らがシェイクスピア劇をやるということに偏見がある人、いらっしゃると思います。この作品は、エンターテイメント作品として、とても楽しめると思いますので、そういうこと抜きにして、是非観に来ていただきたいです。約2時間に収まっているので、すごく見やすいですし。
僕はシェイクスピア初挑戦、森川さんは初舞台、宮藤さんは演出のみを手掛けるというのは初。初めてづくしのこの作品、是非、劇場まで見届けに来ていただければと思います。もう「初めて」は今回しかないですから!

 
M&Oplaysプロデュース「ロミオとジュリエット」 撮影:宮川舞子
M&Oplaysプロデュース「ロミオとジュリエット」 撮影:宮川舞子

ジュリエット役:森川葵

─初舞台ですね。
まだ実感がわかないですね…。
映像と違って、舞台では、稽古で決めたことが、数日後、「ここの場面こうしてみよう」と変わることがある。すごく新鮮ですね。答えって1つではないんだなと思いました。
シェイクスピアの台詞は、最初、こんな言葉言えるわけないじゃん!と思っていましたが、稽古を重ねていくうちに、所謂シェイクスピアらしい台詞が、なんの違和感もなく、どんどん感情をのせて言えるようになっていきました。それが気持ちいいんです。
そこが、皆がシェイクスピア劇をやりたいと思うポイントなのかなと思っています。

─本作の見どころをお願い致します。
この宮藤さん版「ロミオとジュリエット」を一言でいうと、「笑いに来たはずなのに…」でしょうか。
私、稽古を観ていて、すごく笑ってしまうんです。でも、人が死ぬってなると、急にすごく悲しくて。
たくさん笑って満たされていたはずなのに、ぽっかり穴が開いたような気持ちになります。
登場人物たちが、あれだけ楽しそうに人生を生きていたからこそ起こる喪失感、お客様にもそれを体感していただけるのではないかと思います。

─ロミオ役を演じる三宅さんの現在の印象はいかがですか?
かつらや衣裳を身に着けて、舞台上に立つ三宅さんは、まるで飛び出す絵本に出てくる主人公のようで、
三宅ロミオに、どんどん愛情がわいてきています(笑)

─お客様に向けてPRコメントをお願い致します。
たくさん笑ってもらいたいのはもちろんですが、こんな「ロミオとジュリエット」ってあっていいんだと思って、帰っていただければ嬉しいです。

M&Oplaysプロデュース「ロミオとジュリエット」 撮影:宮川舞子
M&Oplaysプロデュース「ロミオとジュリエット」 撮影:宮川舞子

M&Oplaysプロデュース「ロミオとジュリエット」 撮影:宮川舞子
M&Oplaysプロデュース「ロミオとジュリエット」 撮影:宮川舞子

 

本作は下北沢・本多劇場で12月16日まで上演。その後、新潟・大阪・愛知でも上演される。
詳細は公式サイトで。

 

(文:エントレ編集部)

 

 

 

公演情報

M&Oplaysプロデュース「ロミオとジュリエット」

【作】W・シェイクスピア  【翻訳】松岡和子  【演出】宮藤官九郎
【出演】三宅弘城、森川葵、勝地涼、皆川猿時、小柳友、阿部力、今野浩喜、よーかいくん、篠原悠伸、安藤玉恵、池津祥子、大堀こういち、田口トモロヲ

【公演情報】
東京公演:2018年11月20日(火)~12月16日(日) @本多劇場
新潟公演:2018年12月19日(水) りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館・劇場
大阪公演:2018年12月22日(土)~24日(月・休) サンケイホールブリーゼ
愛知公演:2018年12月26日(水)、 27日(木) 刈谷市総合文化センター 大ホール

公式サイト
M&Oplaysプロデュース「ロミオとジュリエット」

プレイガイドで検索
ぴあicon ローチケicon

 シェアする

 ツイート

 シェアする


最近の記事

ミュージカル『ダニー・ガール』トライアウト・リーディング公演
想像力、それは希望の光 ミュージカル『ダニー・ガール』トライアウト・リーディング公演が10月21日から高円寺 Studio Kで上演
4
公演日程 10月21日(木) 〜 10月23日(土)
『霧の中のノスフェラトゥ』撮影:圓岡淳
田村升吾、永田聖一朗、前田隆太朗らが出演の舞台『霧の中のノスフェラトゥ〜ドラキュラ伝説〜』9月16日にシアターサンモールで開幕
3
公演終了 09月16日(木) 〜 09月23日(木)
劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『狐晴明九尾狩』 撮影:田中亜紀
【動画3分】安倍晴明・中村倫也 VS 九尾の狐・向井理の熾烈な頭脳戦! 劇団☆新感線『狐晴明九尾狩』が開幕/追加公演決定、10月6日にはライブビューイングも開催
340
公演中 09月17日(金) 〜 11月11日(木)
『LUNGS』
神山智洋(ジャニーズWEST)と谷村美月が二人芝居に挑む! 舞台『LUNGS』10月10日から東京・大阪で上演
239
公演日程 10月10日(日) 〜 11月09日(火)
緒川たまき・仲村トオル 撮影:引地信彦
緒川たまき・仲村トオルが出演した舞台 ケムリ研究室 no.2『砂の女』9月30日から期間限定でオンデマンド配信
14
公演終了 08月22日(日) 〜 09月10日(金)
箱田暁史
「痛快なエンターテインメントとして表現できれば」新国立劇場『イロアセル』箱田暁史インタビュー
3
公演日程 11月11日(木) 〜 11月28日(日)
NODA・MAP番外公演『THE BEE』
阿部サダヲ、長澤まさみ等の出演で9年ぶりに上演! NODA・MAP番外公演『THE BEE』11月1日から東京・大阪で上演
30
公演日程 11月01日(月) 〜 12月26日(日)
KAATカナガワ・ツアー・プロジェクト 第一弾 冒険者たち ~JOURNEY TO THE WEST~
柄本時生、菅原永二らが演じる三蔵法師一行が神奈川県内で大冒険! 『冒険者たち』2022年2月からKAATほか県内6都市を巡演
6
公演日程 02月08日(火) 〜 03月19日(土)
劇団☆新感線『狐晴明九尾狩』10月6日(水)にライブビューイング
中村倫也、吉岡里帆、向井理らが出演の劇団☆新感線『狐晴明九尾狩』10月6日(水)に全国の映画館でライブビューイング生中継
132
公演中 09月17日(金) 〜 11月11日(木)
ミュージカル『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』
鈴木拡樹と三浦宏規がWキャストで出演 ミュージカル『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』がシアタークリエで開幕
9
公演終了 08月26日(木) 〜 09月11日(土)
ピンク・リバティ『とりわけ眺めの悪い部屋』出演者
山西竜矢が主宰するピンク・リバティ 2年半ぶりの新作公演『とりわけ眺めの悪い部屋』11月10日(水)から浅草九劇で上演
8
公演日程 11月10日(水) 〜 11月14日(日)
舞台『ムサシ』
藤原竜也、溝端淳平、鈴木杏らが出演の舞台『ムサシ』8月25日(水)から彩の国さいたま芸術劇場で開幕
15
公演中 08月25日(水) 〜 10月24日(日)
朗読劇 天切り松 闇がたり ~闇の花道~
市川猿之助の新たな演劇プロジェクトに尾上右近、石橋正次らが出演 猿之助と愉快な仲間たち『朗読劇 天切り松 闇がたり ~闇の花道~』9月6日から京都芸術劇場 春秋座で上演
16
公演終了 09月06日(月) 〜 09月08日(水)
緒川たまき・仲村トオル 撮影:引地信彦
緒川たまき・仲村トオル出演舞台 ケムリ研究室 no.2『砂の女』8月22日にシアタートラムで開幕/9月9日から兵庫で上演
2
公演終了 08月22日(日) 〜 09月10日(金)
ミュージカル『オリバー』歌唱披露イベント
【動画5分】市村正親、武田真治、濱田めぐみ、ソニンらが子役たちと共に劇中歌を披露! ミュージカル『オリバー』歌唱披露イベント
119
公演日程 10月07日(木) 〜 12月14日(火)
『ブライトン・ビーチ回顧録』
佐藤勝利らが出演 ニール・サイモンによる心あたたまる自伝的名作『ブライトン・ビーチ回顧録』9月18日(土)から東京・京都で上演
124
公演中 09月18日(土) 〜 10月13日(水)
『Greatest Moment』
レジェンドたちが豪華共演 宝塚歌劇 花組・月組100th anniversary『Greatest Moment』11月3日から大阪・東京で上演
18
公演日程 11月03日(水) 〜 11月22日(月)
KUNIO10『更地』©️吉野洋三
南沢奈央、濱田龍臣が杉原邦生の演出で二人芝居に挑む KUNIO10『更地』10月9日(土)から京都・新潟・東京で上演
10
公演日程 10月09日(土) 〜 11月14日(日)
新国立劇場バレエ団『白鳥の湖』 ©Takuya Uchiyama
演劇的要素が盛り込まれた重厚な作品に 新国立劇場バレエ団『白鳥の湖』10月23日からオペラパレスで上演
19
公演日程 10月23日(土) 〜 11月03日(水)
TEAM909「憧れはいつも隣にいた」
舞台は色のない世界。TEAM909による青春カルトサスペンス『憧れはいつも隣にいた』8月28日、29日にひつじ座にて上演
6
公演終了 08月28日(土) 〜 08月29日(日)
『BROADWAY MUSICAL LIVE 2021』出演者
鈴木壮麻、湖月わたる、大原櫻子らが豪華共演! 『BROADWAY MUSICAL LIVE 2021』 11月13日、14日に東京建物 Brillia HALLで開催
21
公演日程 11月13日(土) 〜 11月14日(日)
ナイロン100℃ 『イモンドの勝負』出演者
ナイロン100°C 約3年ぶりの劇団公演は本道のナンセンスコメディ!『イモンドの勝負』 11 月 20 日(土)から下北沢・本多劇場で上演/兵庫、広島、北九州公演あり
22
公演日程 11月20日(土) 〜 12月26日(日)
左から堤真一、黒木華 中島裕翔(Hey! Say! JUMP)
黒木華、中島裕翔(Hey! Say! JUMP)、堤真一らが出演の舞台『ウェンディ&ピーターパン』8月13日(金)にBunkamuraオーチャードホールで開幕
12
公演終了 08月13日(金) 〜 09月05日(日)
(左から)高畑淳子、渡辺えり
渡辺えり、高畑淳子らが出演の喜劇『老後の資金がありません』8月13日(金)に新橋演舞場で開幕
24
公演終了 08月13日(金) 〜 09月15日(水)
音楽劇『海王星』
寺山修司が「天井棧敷」結成前に書いた未上演作品に山田裕貴、松雪泰子、ユースケ・サンタマリアらが出演! 音楽劇『海王星』12月6日(月)からPARCO劇場で上演
16
公演日程 12月06日(月) 〜 12月30日(木)
slatstick produce petitslat #1「SAME TIME, NEXT YEAR」
大人のロマンチックコメディーの金字塔「セイムタイム・ネクストイヤー」をslatstickプロデュースで8月20日~22日までSPACE9で上演
3
公演終了 08月20日(金) 〜 08月22日(日)
撮影:宮川舞子
のん、村上虹郎、宮藤官九郎ら豪華キャストが歌って踊って生演奏! 大パルコ人4マジロックオペラ『愛が世界を救います(ただし屁が出ます)』PARCO劇場で開幕
26
公演終了 08月09日(月) 〜 09月17日(金)
ブロードウェイ・ミュージカル『エニシング・ゴーズ』左から大野拓朗・紅ゆずる
【動画3分】紅ゆずるが名曲を軽やかに歌い踊る! ミュージカル『エニシング・ゴーズ』8月11日(水)に東京・明治座で開幕
171
公演中 08月11日(水) 〜 10月05日(火)
ミュージカル『CROSS ROAD~悪魔のヴァイオリニスト パガニーニ~』
中川晃教&相葉裕樹/水江建太(Wキャスト)主演 藤沢文翁の新作ミュージカル『CROSS ROAD~悪魔のヴァイオリニスト パガニーニ~』2022年6月、シアタークリエで上演
22
生駒里奈、田村心、池田純矢
【動画3分】生駒里奈×池田純矢W主演 エン*ゲキ#05「-4D-imetor」が紀伊國屋ホールで開幕
24
公演終了 08月05日(木) 〜 08月29日(日)

 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2021 Village Inc.