2018.10.30  12

話題の“対話型”鑑賞で不条理劇の傑作「ダム・ウェイター」を一緒に読み解こう! 11月2日から東京・Prayers Studioで上演



Prayers Studio「ダム・ウェイター」
Prayers Studio「ダム・ウェイター」
 

ハロルド・ピンターによる不条理演劇の傑作「ダム・ウェイター」が11月2日から東京・Prayers Studioで『対話型形式』で上演される。

 
Prayers Studioは、品川区にあるアーティストのシェアアトリエビルの一室に劇場を構える劇団。
『対話型形式』という特殊な公演を行っており、観客は

1)公演を観るだけ
2)対話型鑑賞にも参加
3)同じ台本を観客も読んでみる体験ワークショップにも参加《ドラマトライアル》

という3通りの楽しみ方を選ぶことができる。

3)の劇団オリジナルの企画「ドラマトライアル」では、『今観た作品の台本をもって、観客が舞台セットの中に入り実際にセリフを読んでみる(※各回、希望者の中から数名に限る)』という体験をすることも可能だ。

 
Prayers Studio「ダム・ウェイター」

 
今回の演目は公演はノーベル賞作家ハロルド・ピンターの書いた不条理演劇の傑作「ダム・ウェイター」。ただ観ただけではよくわからないと言われることが多いこの作品を『対話型形式』を用いてひも解いていくという仕掛けだ。

 

STORY

ベンとガスは、とある部屋である指令を待ち続けていた。

二人の仕事は殺し屋。
しかし、待てども待てども来ない指令にガスはだんだんとしびれをきらしはじめる。

淡々と命令をこなすベンとは対照的に、 ガスは色々なことを考えていた。
先日殺した女の事。ここはどこか。何故指令が来ないのか。
そして、今日のターゲットは誰なか・・・

ふと頭をよぎる、疑問と、疑惑。

その時、大きな音と共に突然料理昇降機が降りてきた!!

 

蔭山恵美(Prayers Studio 女優)

私達はリアルで自然で、観客の心を揺さぶる演技がしたい!と考えて作品を作ってきました。
とても小さな空間で、セリフではなく、その空気感や存在感で役の思っていることが伝わるような・・・ 
お陰様で、ストーリーを超えて、お客様に色々考えたり感じたりしていただけ、とても興味深い話が毎回飛び出すので、私達自身も楽しませていただいております。

俳優体験も、お芝居なんてはじめて!という方ですら とても素敵なシーンを何度も見せていただきました。
観ている側も、やっている側も、心が動く、心で遊ぶ、そんなとても楽しい時間です。

是非一度遊びにお出かけください!
お待ちしております!

 
本作は11月2日から東京・Prayers Studioで上演される。
詳細は公式サイトで。

 
(文:エントレ編集部)

 

 

公演情報

Prayers Studio「ダム・ウェイター」

【作】ハロルド・ピンター
【演出】渡部朋彦

【出演】小八重智 北口哲也

2018年11月2日、11月4日/東京 中延・Prayers Studio

11月2日(金) 19時~
公演 + 謎解き座談会
公演のみ:3000円
座談会:別途2000円(軽食付き)
※座談会のみの参加はできません

11月4日(日)
公演 + ぷち俳優体験ワークショップ「ドラマトライアル」
3500円
※ワークショップ内で対話型鑑賞も実施。舞台にあがれる方は希望者の中から数名に限ります。
ワークショップ込み3時間~3時間半予定

開催場所
Prayers Studio 
品川区戸越6-23-21-201
都営浅草線・東急大井町線「中延」駅 徒歩1分

 
公式サイト
ダム・ウェイター

プレイガイドで検索
劇団 予約ページ
※各回限定15席。ご予約はお早めに!

 シェアする

 ツイート

 シェアする


 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2018 Village Inc.