2018.10.24  24

本山由乃の劇団ロオル 酒と女と愛を描いた舞台「まぼろしの薔薇」11月22日(木)から明石スタジオで上演



劇団ロオル「まぼろしの薔薇」
劇団ロオル「まぼろしの薔薇」
 

本山由乃の劇団ロオルの第6回公演「まぼろしの薔薇」が11月22日(木)から明石スタジオで上演される。

 
劇団ロオルは女優の本山由乃が主宰する表現団体。2011年に第一回公演「M」を上演。「麗しさに秘められた鋭い棘で、その刹那を刺す」をテーマに、女性キャストのみで、空想・幻想・現実を描いている。

 
劇団ロオル 過去作品より
劇団ロオル 過去作品より

劇団ロオル 過去作品より
劇団ロオル 過去作品より

 
今回上演される劇団ロオル 3年ぶりの新作公演『まぼろしの薔薇』のテーマは「繊細な呼吸で紡ぐ、あばずれの想い」。とある酒場を舞台に、音楽と共に女と愛を描く。
作・演出は本山由乃。柚木成美、星宏美、津村美帆、伊井ひとみ、水川美波、滝口果歩、藤堂はな、仙葉由季、三村伸子、本山由乃が出演する。
 

STORY

繊細な呼吸 あばずれの恋
まぼろしの薔薇よ あなたのかげをもとめては わたしのむねに花ひらく
男女が薫る場末の酒場に 女が歌うは愛の歌
偽物の恋に 死にかけの愛に 女は狂おしく咲き誇る

劇団ロオル3年ぶりの新作公演!
私は一体誰だろう、
女は酩酊に失った記憶を辿る。
愛した男と、愛した人々、それは美しい思い出。
本当にそれは事実なのか?
―――音楽にのせて伝う微睡の言葉、刹那の心情に迫る―――

  
詳細は公式サイトや、稽古場ブログで。

(文:エントレ編集部)

 

 

 

公演情報

劇団ロオル第6回本公演 「まぼろしの薔薇」

【作・演出】本山由乃
【出演】柚木成美、星宏美、津村美帆、伊井ひとみ、水川美波、滝口果歩、藤堂はな、仙葉由季、三村伸子、本山由乃

2018年11月22日 (木) ~ 2018年11月25日 (日)/東京・高円寺 明石スタジオ

公式サイト
劇団ロオル第6回本公演 「まぼろしの薔薇」

プレイガイドで検索
カルテットオンライン

 シェアする

 ツイート

 シェアする


 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2018 Village Inc.